【2021最新】給湯器交換の費用と依頼前のチェックポイント

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      給湯器の調子が悪い! 修理or交換チェック

      修理or交換チェック

      給湯器の調子が悪いとき、修理がいいのか、交換すべきか迷います。「できることなら、自分で安くDIY修理できないものか」と考える方もおられるかもしれませんね。

      本稿では、給湯器が不具合を起こしたときに「修理・交換・DIY修理」のどれがいいのか選択する際の目安をご紹介します。修理や交換前に知っておいていただきたいことや、費用相場もまとめました。

      給湯器の調子が悪いとお悩みの方は、最後までご覧いただき対応の参考にしてください。

      修理・交換・DIYの判断基準

      まずは、DIYで直せるかどうか判断する際の基準からご紹介しましょう。

      そもそも、給湯器はDIYで修理してもよいのでしょうか?資格は要らないのでしょうか?

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      じつは、給湯器を修理するだけなら資格は要りません。しかしながら、ガス機器は取り扱いが難しいので資格や知識のない方が修理をおこなうのは非常に危険です。

      メーカーの認定講習や委託指定を受けていない者が工事した場合は、メーカー保証の対象外になることも十分考えられます。給湯器の修理は、専門の修理業者に任せましょう。

      なお、交換工事やガス管接続工事は資格が必要です。一例をご紹介しましょう。

      工事種 必要な資格等
      排気筒が必要な器具の設置工事 ガス消費機器設置工事監督者
      ガス配管工事 ガス供給事業者の指示に従う
      ネジ接続のガス配管接続工事 ガス可とう管接続工事監督者
      都市ガスの金属可とう管・強化ガスホース等を用いた接続工事 都市ガス事業者が認定した者もしくはガス機器設置スペシャリスト(GSS)、ガス可とう管接続工事監督者、簡易内管施工士、内管工事士のいずれか
      プロパンガスの金属可とう管・強化ガスホース等を用いた接続工事 液化石油ガス設備士
      給水給湯配管工事 各地の給水条例に従い水道局の指定を受けた指定工事店、給水装置工事主任技術者
      電気配線工事 電力会社の指定工事店、電気工事士(2種)

      大事なことなので、もう一度お伝えします。資格も経験もない方がガス給湯器の修理をDIYでおこなうのは、たいへん危険です。プロに任せましょう。

      では、修理と交換の判断はどのようにすればいいのでしょうか。

      じつは、その判断の手助けになる基準がいくつかあります。そのうちのひとつが利用年数で、給湯器の故障が疑われるときは以下の表を目安にしていただくとよいでしょう。

      利用年数 判断基準
      メーカー保証の期間内 メーカー修理を検討
      保証期間終了~7年以下 交換も視野に入れて修理を検討
      8年以上~10年以下 交換を念頭に置いて、場合によっては修理
      11年以上 交換するほうが安心

      修理または交換の判断をする際は「利用年数10年」をひとつの目安にしていただくとよいでしょう。10年以上ご利用の給湯器が故障したときは、主に交換をご検討ください。

      ではなぜ「10年」なのか、その理由はメーカーの「修理部品保有期間」と「設計標準使用期間」にあります。詳しくはこちらの記事で解説していますので、ご興味ある方はご覧ください。

      トラブル症状別!原因と対処法

      給湯器のトラブルによっては、修理や交換をしなくても、ご利用者様がご自分で復旧できるものもあります。まずは、自分でトラブルが解消できないか、試してみるとよいでしょう。

      よくある給湯器トラブルの症状別に、原因と対処方法をご紹介します。

      リモコンにエラーコードが表示されている

      給湯器に何らかの不具合が生じたとき、リモコンに数字やアルファベットで2~3桁のコードが表示されます。これは「エラーコード」と呼ばれ、不具合の原因や場所をみつける手がかりになります。

      エラーコードが表示されたら、その都度取扱説明書や給湯器メーカーのホームページで内容を確認してください。発生原因や対処方法が書かれているので、それに従って対応していただくとよいでしょう。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      エラーの中には、ご利用者様自ら復旧していただけるものがたくさんあります。給湯器をリセットすると、復旧できるケースもあります。

      エラーコードの対処方法をご確認いただき、ご自身で対応できそうにない場合や、指示どおり操作しても復旧しない場合は、業者に点検を依頼して下さい。

      リモコンのエラーコードについては、こちらもあわせてご覧ください。

      なお、エラーコードの桁数は、給湯器の機種によって変わります。

      給湯機能のみの給湯器は、2桁表示。自動湯張り・追い焚き・暖房などの機能がある給湯器(オート・フルオート)やふろ暖房給湯器は、3桁表示です。

      また、エラーコードの数字は、2桁表示の場合は故障原因のみ。3桁表示の場合は、故障原因とその場所を示します。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      左から2桁が故障の原因を、3桁目が故障の場所を表します。

      参考まで、リンナイ製給湯器の3桁目の意味をご紹介しましょう。

      3桁目の数字 0 1 2 3 4
      給湯暖房機 共通 給湯 ふろ(追焚) 暖房 末端
      ユッコUF・ユーアール 共通 給湯 ふろ

      給湯器メーカーが違っても、同じエラーコードなら不具合の内容は基本的に同じです。ただし、一部のエラーコードは各社で不具合の表現が違います。

      例えば エラーコード「71」と「710」は「給湯器制御に伴う回路や基盤の故障」を表しますが、給湯器メーカー各社で以下のように表現が変ります。

      • リンナイ ⇒ 電装ユニット異常
      • ノーリツ ⇒ 燃焼制御回路やガス電磁弁駆動回路故障
      • パロマ ⇒ 元リレー回路異常
      • パーパス ⇒ ガス電磁弁駆動回路異常

      念のため、インターネットでエラーコードを確認する場合は、違うメーカーのホームページを参照しないようにしましょう。

      お湯が出ない

      水栓(蛇口)やシャワーからお湯が出ない場合は、原因究明において状況を細かく把握することが重要です。以下の4つのパターンのどれに当てはまるか、確認してください。

      1. 一部の水栓からお湯が出ない
      2. 全部の水栓からお湯が出ない
      3. 一部の水栓から水もお湯も出ない
      4. 全部の水栓から水もお湯も出ない

      一部の水栓からお湯が出ない場合で、かつその水栓がサーモスタット付きであれば、設定温度が低くなっていないでしょうか。低温に設定されている場合は、適温まで設定温度を上げてください。

      全部の水栓からお湯が出ない場合は、ガス栓が閉栓しているか給湯器が停止しているかもしれません。ガス栓の開栓や給湯器の復旧操作で回復できる場合があります。

      水栓から水もお湯も出ない場合は、断水や凍結、あるいは該当水栓を閉栓している可能性が考えられます。断水や凍結は、時間が経てば復旧します。閉栓している場合は、開栓してください。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      原因が分からない場合や、復旧捜査をしても改善しない場合は、無理に直そうとせず修理業者に点検を依頼しましょう。

      なお、お湯が出ない場合の対処方法は、こちらで詳しくご紹介しています。もっと知りたい方は、あわせてご覧ください。

      給湯温度が一定にならない

      給湯温度が一定にならない場合も、お湯が出ない場合と同様に原因を探っていく必要があります。ひとまず、給湯温度が安定しないのが一部の水栓なのか全部の水栓なのか、ご確認ください。

      一部の水栓のみ給湯温度が安定しない場合は、水栓の不具合が考えられます。水道業者へ点検をご依頼いただき、必要に応じて修理または交換を実施してください。

      全部の水栓の給湯温度が安定しない場合は、検討すべき原因が複数あります。一例をご紹介しましょう。

      • リモコンの電源がOFFになった(誤操作、停電、落雷など)
      • ガス栓や給水元栓が全開になっていない
      • 給湯器本体の電源プラグが抜け落ちた
      • ガスの供給が遮断されている
      • 台所と浴室のリモコン優先権を切り替えた(設定温度が異なった状態で)
      • 出湯量を絞り過ぎた
      • 給湯器またはリモコンの故障

      「給湯器またはリモコンの故障」以外は、原因を解消していただくことで給湯温度が安定します。復旧しない場合や故障が考えられる場合、原因が分からない場合は修理業者に点検を依頼してください。

      なお、給湯温度が一定にならない場合の対処方法も、以下の記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

      異音がする

      給湯器の運転を開始すると、給湯器内部や配管などから何かしらの音が聞こえます。音の種類によっては異常のサインかもしれませんので、聞き慣れない音がするときはご注意ください。

      参考まで、給湯器から聞こえる音の例をご紹介しましょう。

      正常音の例 異常音の例
      • ブーン
      • ピヨピヨ
      • グワン
      • ウーン
      • クックックー
      • ジュージュー
      • ピーッ
      • ボンッ
      • キーン
      • ゴーッ
      • ポコンポコン

      音は聞く人によって音量や感じ方が違い、正常または異常の見極めが困難です。給湯器からの異音だと思っていたら、実は室外機やマンション共用部からの共鳴音だった事例も少なくありません。

      大切なのは「おかしい」と思ったら躊躇なくプロの業者に相談することです。危険な不完全燃焼を起こしているケースも考えられますので、一刻も早い対応を心がけましょう。

      なお、給湯器の異音については以下の記事で詳しく解説しています。もっと知りたい方は、あわせてご覧ください。

      異臭がする

      給湯器から異臭を感じるときは、非常に危険な状態かもしれません。とくにガス臭かったり焦げ臭かったりする場合は、爆発的な火災や一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があると認識しましょう。

      ガス漏れの可能性が疑われるときは、換気やガス栓閉栓などの初動対応が極めて重要です (※換気扇のスイッチは絶対に触らないでください)。ガス臭いと感じた時にとるべき行動は、以下のとおりです。

      1. 全ての火を消す(給湯器やガスコンロのガス機器全般)
      2. 全てのガス栓を閉める
      3. ガスボンベのバルブを閉める(プロパンガスの場合)
      4. 換気する(屋内で臭う⇒窓を開ける/屋外で臭う⇒窓を閉める)
      5. 火気を使用しない(たばこやライター、マッチなど)
      6. 周囲に知らせる(必要に応じて)
      7. 契約しているガス会社へ連絡する
      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      大事なことなのでもう一度言いますが、ガス臭いときの換気は窓を使いましょう。換気扇を回すと、スイッチが原因で漏れたガスに着火する恐れがあります。

      ガス臭いと感じたときの対処方法に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

      追い焚きができない

      追い焚きができない原因の多くは、浴槽内の水位不足や掃除不足です。日頃から少し気をつけるだけで、追い焚きができない症状はほとんど発生しなくなります。

      • 原因1:浴槽内の水位不足(循環アダプターがお湯で十分に満たされていない)
      • 原因2:循環アダプター内にあるフィルターの掃除不足(汚れや異物の詰まり)

      追い焚きができないときは、エラーコードが表示されている可能性が高いので、給湯器リモコンをご確認ください。復旧作業の手がかりになります。

      主な対処方法をご紹介しましょう。

      • 水位不足 ⇒ 循環アダプターが浸かるレベルまで水を入れる
      • 掃除不足 ⇒ 循環アダプターのフィルターを取り外して異物をブラシなどで取り除く

      水位不足を解消し、フィルターを清掃しても症状が改善しない場合は、給湯器の故障が考えられます。業者に点検を依頼して下さい。

      追い焚きができないときの原因と対象方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

      お風呂のお湯がぬるい

      浴槽に湯はりするときに「設定温度よりもお湯がぬるい」と感じるときは、原因の大半が掃除不足です。循環アダプターのフィルターが汚れていないか、異物が詰まっていないかご確認ください。

      フィルターをきれいにすると改善するケースが多いですが、異物を取り除いてもお風呂のお湯がぬるい場合は、給湯器の故障が考えられます。業者に点検を依頼して下さい。

      給湯器の交換前に確認しておく5つのポイント

      給湯器の交換前に確認

      ご利用者様が自分で給湯器の不具合を解消できず、かつ修理も難しい場合は、交換していただくことになります。

      交換前に確認しておくべき5つのポイントをご紹介します。確認が難しい方やお忙しい方は、給湯器駆けつけ隊(ミズテック)にてお調べしますので、お気軽にお問合せください。

      1)設置場所

      ガス給湯器の設置方法は複数ありますが、以下のような条件によって制限を受け、選択肢が限定されます。特にマンションやアパートなどの集合住宅は制限を受けやすいので、注意が必要です。

      • 排ガスの排気方法
      • 物件の管理規約や設置スペース
      • 戸建てや集合住宅(アパート・マンション)などの住宅様式

      代表的な設置方法と概要をご紹介します。ご自宅に合うものがどれか、確認しておきましょう。

      屋外壁掛

      屋外壁掛 給湯器を建物の外壁に設置する方法です。屋外壁掛タイプは「設置フリー型」とも呼ばれ、新築・既築を問わず、限られたスペースでも設置できます。

      屋外据置

      屋外据置 給湯器を外壁に沿って地面に据え置きする設置方法です。屋外据置は、浴槽の穴が1つの「据置タイプ」と、浴槽の穴が2つの「浴槽隣接タイプ」があります。

      近年では、1つ穴の据置タイプが主流になりつつあります。2つ穴の浴槽隣接タイプから1つ穴の据置タイプへ交換することも可能です。

      PS標準設置

      PS標準設置 給湯器を玄関脇のパイプスペース(パイプシャフト)内に設置する方法です。主に集合住宅向で採用されています。

      屋内設置

      屋内設置 給湯器を屋内の壁面に設置する方法です。屋内設置の給湯器は、3タイプの給排気方式「上方排気式(FE)・上方給排気式(FF)・後方給排気式(FF)」があり、それぞれ給気と排気方法に違いがあります。

      PS屋内設置(前方排気)

      PS屋内設置(前方排気) 給湯器を玄関脇のパイプスペース(パイプシャフト)内に設置し、丸い筒状の排気口から前方へ排気する設置方法です。

      給湯器をパイプスペースの扉内に収納するので、排気口以外は見えません。

      PS扉内設置(上方排気)

      PS扉内設置(上方排気) 給湯器を玄関脇のパイプスペース(パイプシャフト)内に設置し、給湯器の上方の排気パイプを通して排ガスを屋外へ排気する設置方法です。

      給湯器をパイプスペースの扉内に完全に収納するため、外から本体が見えません。

      2)種類

      ガス給湯器の種類は、大きく分けて5つあります。ガス以外にも灯油を燃料とした石油給湯器や、電気で動く電気温水器、エコキュートなどがあります。

      ここでは、ガス給湯器5種類と石油給湯器1種類をご紹介します。現在ご利用中の給湯器の種類と、交換したい給湯器の種類を把握しておきましょう。

      ガス給湯器

      ガス給湯器

      ガス給湯器は「ガス給湯専用」と「高温水供給式」の2種類あります。

      ガス給湯専用は、お湯を供給するだけのシンプルな機能の給湯器です。キッチンやシャワーなどの給湯が可能です。

      高温水供給式は「給湯機能・浴槽の自動湯はり機能・おいだき機能」を備えた給湯器です。浴槽のお湯がぬるくなると自動で高温水を供給してくれるので、追い焚き気分を味わえます。

      ガスふろ給湯器(給湯+追い焚き)

      ガスふろ給湯器(給湯+追い焚き)

      ガスふろ給湯器(給湯+追い焚き)は「給湯・自動湯はり・自動追い焚き・自動保温」など、お風呂の便利機能が充実している給湯器です。

      このタイプの給湯器は「オート」と「フルオート」の2種類あり、フルオートは自動で足し湯もできます。詳しくは後述の「5)オート性能」をご覧ください。

      給湯暖房熱源機(給湯+追い焚き+暖房)

      給湯暖房熱源機(給湯+追い焚き+暖房)

      給湯暖房熱源機(給湯+追い焚き+暖房)は「給湯・自動湯はり・自動追い焚き・自動保温・暖房」ができる給湯器です。

      暖房機能は「床暖房・温水ルームヒーター・浴室暖房乾燥機・パネルヒーター」など、温水を循環させて室内を暖める端末機に対応しています。

      バランス型ふろ釜

      バランス型ふろ釜

      バランス型ふろ釜は浴槽のすぐ隣りに設置するタイプの給湯設備で、給湯と追い焚き機能を備えています。燃焼時の給気と排気のバランスがよいことから、この名前が付いたと言われています。(BF式とも呼ばれます)

      公営住宅でよく設置されていましたが、浴槽が狭くシャワーの水圧が低いので、現在新規で採用されることはほとんどありません。(シャワーが付いていない、追い焚き専用のものもあります)

      壁貫通型給湯器

      壁貫通型給湯器

      壁貫通型給湯器は、浴槽に隣接して設置するタイプの給湯器です。この給湯器は「ガス給湯専用」と「ガスふろ給湯器」の2種類のタイプがあります。

      壁貫通型は給湯器本体が浴室の壁面内に収まるので、浴槽が狭くならずに済みます。先述の「バランス型ふろ釜」を交換する際は、この「壁貫通型給湯器」へ換えるケースが多いです。

      石油給湯器

      石油給湯器

      石油給湯器は灯油を燃料とする給湯器で、機能はガス給湯器とほぼ同じです。給湯や追い焚き、暖房など、機種によって機能が異なります。

      ガスとの大きな違いは「直圧式」と「セミ貯湯式」の2種類の給湯方式があることです。

      • 直圧式 ⇒ 水道の圧力をそのまま利用して給湯
      • セミ貯湯式 ⇒ お湯を貯湯槽にためてから給湯

      セミ貯湯式では水道の圧力をそのまま利用できないので、減圧させるための減圧弁と安全弁が必要です。

      3)メーカー

      国内のガス給湯器のシェアは、約8割をリンナイとノーリツが分け合い、パーパスとパロマがあとに続きます。各社の給湯器はいずれも高品質で、基本性能や機能、耐用年数の差はほぼありません。

      とは言え、メーカーによってこだわりポイントが違います。性能や機能に差が無い分、各社のこだわりを確認しておくことは給湯器を選ぶうえで重要です。

      ちなみに、給湯器メーカーに交換を依頼すると、別のメーカーに変更できません。いろいろなメーカーの中から選びたい方は、給湯器専門業者にご相談ください。

      リンナイ

      リンナイ

      リンナイは、国内で給湯器トップシェアを誇る人気No.1の給湯器メーカーです。給湯器に使用されているネジや部品は全て国内で生産されており、徹底した品質管理をおこなっています。

      リンナイが開発したハイブリッド給湯暖房器「ECO ONE (エコワン)」は、年間のガス消費量を基準給湯器より約40%も削減。業界トップの高い省エネ性によって、リンナイの技術は高く評価されています。

      リンナイについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

      ノーリツ

      ノーリツ

      ノーリツは、国内で2番目のシェアを誇る給湯器メーカーです。他社に先駆けて導入した入浴事故を防ぐ機能や、入浴サポート機能の充実が高く評価されています。

      ノーリツは環境省による「エコファースト制度」の認定企業で、エコに対する意識が高く、環境分野でも業界をリードしています。

      ノーリツについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

      パーパス

      パーパス

      パーパスは、国内で初めて「エコジョーズ」を開発した給湯器メーカーです。エコジョーズはガス給湯器の中で最も熱効率が高く、今ではガス給湯器の主流です。

      その他、井戸水に対応した給湯器を開発するなど、幅広いユーザーに対応しています。モノづくりの高い品質と技術力は、定評がある企業です。

      パロマ

      パロマ

      パロマは、ガス業界の中で最も歴史あるメーカーです。数々のグッドデザイン賞を受賞していて、デザイン性が高い企業として認識されています。

      「安全第一主義」が根付いた企業であり、多くの安全装置の搭載を標準化しています。安全性の追求は、業界内No.1と言っても過言ではないでしょう。

      4)号数

      給湯器は「号数」で給湯能力を表します。ご利用中の給湯器の号数と、交換後に必要な号数を確認しておきましょう。

      号数はとても大事ですので、もう少し詳しく解説しておきます。

      号数とは?

      各給湯器メーカーは、様々な号数のガス給湯器を製造しています。日本のご家庭で普及している一般的な号数は「16号・20号・24号」の3タイプです。

      この「号数」は、お湯をつくる能力を表しています。つまり、「号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができる」ということです。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      号数の数値は「水温+25℃のお湯が1分間に出る量」を表し、例えば「24号」なら「水温+25℃のお湯を1分間に24L給湯できる」という意味です。
      給湯器の号数

      水温は季節による変動があり、夏は高く、冬は低くなります。そのため、号数と給湯温度が同じでも、冬より夏のほうがたくさん給湯できます。

      年間通して、常に同じ湯量が給湯できるわけではないということも知っておきましょう。

      号数の計算方法

      つづいて、ご自宅の給湯器の最適な号数をどのように決めればいいのか、解説していきます。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      あなたのご家庭に合わない号数の給湯器を設置すると、給湯能力が足りず困ったことになります。

      まずは、出湯量から計算する方法をご紹介します。給湯器の必要な号数の目安は、次の式で計算できます。

      号数 = 毎分出湯量 × (設定温度 - 水温) ÷ 25

      一般的な「毎分出湯量」と「設定温度」の目安は、以下のとおりです。

      給湯場所 毎分出湯量 設定温度
      シャワー 10L 42℃
      台所や洗面所 5L 35℃

      水温については、お湯を使う頻度が高く、水温が低い冬を基準にして計算するようにしましょう。冬を基準に給湯器の号数を選んでおけば、他の季節も問題なく使用できます。

      では水温は「5℃」として、シャワーと台所で同時に給湯する場合に必要な号数を計算してみましょう。

      • シャワー:10L × (42℃ - 5℃) ÷ 25 = 14.8号
      • 台所:5L × (35℃ - 5℃) ÷ 25 = 6号
      • シャワーと台所:14.8号 + 6号 = 20.8号

      上述の条件では、16号の給湯器では給湯量が足りないとわかります。シャワーと台所で同時にお湯を使いたいのであれば、20号か24号の給湯器を設置する必要があります。

      号数の決め方

      上述の計算方法で、ご自宅の給湯器に必要な号数の目安がわかります。計算が面倒だと感じる方は、以下の図解を参考にしてください。

      給湯器に必要な号数の目安

      日本のご家庭でよく普及しているのは、上の図解にある「16号・20号・24号」の3種類です。それぞれどのような家族構成に適しているのか、もう少し補足説明しておきましょう。

      16号 16号は、単身世帯向けです。一度に複数の場所でお湯を使わないので、号数は少なくても十分です。ただし、たっぷりお湯を使いたい場合は、20号にしておくほうがよいでしょう。
      20号 20号は、2人家族向けです。複数の場所でお湯を使う可能性はありますが、一気に大量のお湯を使うことがないのであれば20号が適しています。
      24号 24号は、4人以上の家族向けです。子供がシャワーを使っている間に大人が台所で食器を洗うなど、複数の場所で同時にお湯を使うことが多いでしょう。使用するお湯の量も多くなるので、24号が適しています。

      現在ご利用中の給湯器の号数と使用感から号数を決めるのも、よい方法です。

      まずは、今使用している給湯器の号数を確認しましょう。給湯器の号数は、本体に貼ってあるシールを見ることで確認できます。

      シールには型式や型番が明記されていて、アルファベットの次の数値が号数を表します。例として、いくつかの型式や型番から号数を確認してみましょう。

      • パーパスのガス給湯器「GS-H1602W-1」⇒ 16号
      • リンナイのガス給湯器「RUF-A2005SAW(B)」⇒ 20号
      • ノーリツのガス給湯器「GT-C2462SAWX BL」⇒ 24号

      号数が確認できたら、現在の給湯能力で足りているのか検討してみましょう。現在の給湯量で特に不足を感じていないのであれば、同じ号数を選べば問題ありません。

      給湯能力が足りないと感じている、あるいは今後家族が増える予定がある方は、大きな号数に変えてもよいでしょう。逆に、子供が独り立ちするなど、家族が減る場合は小さい号数に変えることも検討してみましょう。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      ここでご紹介した号数の決め方は、あくまで参考です。最終的にはプロに相談して最適な号数を決めましょう。

      5)オート性能

      ガスふろ給湯器と給湯暖房熱源機には「オート」と「フルオート」と呼ばれる2種類の異なるタイプがあります。

      この2つは、自動でおこなえることが違います。交換後の機種に必要なのは「オート」か「フルオート」か、検討しておきましょう。

      「オート」と「フルオート」の機能の違いを、表でまとめておきます。

      機能 オート フルオート
      湯はり 自動 自動
      追い焚き 自動 自動
      保温 自動 自動
      足し湯 手動 自動
      追い焚き配管洗浄 機能なし 自動
      沸きあげ 機能なし 自動
      残り湯沸かし直し(※1) 自動 自動

      ※1 残り湯沸かし直しをおこなうと、湯量にばらつきが発生します。(フルオートは残り湯の量によります)

      オートとフルオートについて、もう少し詳しくご紹介しましょう。

      オート

      オート機能はあらかじめ設定した湯量までお湯はりをおこない、追い焚きや保温も自動でおこないます。手動操作で約20Lの注湯をおこなう「足し湯機能」もついています。

      入浴に必要な機能が自動化されているので、手間なく快適なバスタイムを楽しめます。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      給湯器を交換する際は「オート⇒オート」にすることも「オート⇒フルオート」にすることも可能です。

      フルオート

      フルオート機能は、お湯はりや追い焚き、保温、足し湯まで全自動でおこないます。おいだき配管の自動洗浄や、ぬるくなったお湯を自動的に沸き上げる機能も備えています。

      フルオートの給湯器を導入すると、快適さと清潔さが手間なく実現できます。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      給湯器を交換する際は「フルオート⇒フルオート」にすることも「フルオート⇒オート」にすることも可能です。
      +1ポイント
      一戸建てにお住まいの方は、エコキュートもおすすめです。
      エコキュートの概要やお役立ち情報はこちら

      気になる費用の相場を一覧表にしました

      費用の相場

      つづいて、給湯器の修理費用と交換費用の目安をご紹介します。

      経年劣化した給湯器は故障を頻発することがあり、修理回数が重なると「交換のほうがお得だった」という事態になりかねません。それぞれの価格を参考に、どちらがお得かご検討ください。

      修理の場合

      まずは、修理費用の目安をご紹介します。

      • 部品代:2,000円~30,000円程度
      • 技術料:3,000円~12,000円程度
      • 出張費:2,000円~3,000円程度

      給湯器を修理すると、おおよそ「7,000~45,000円」くらいの費用がかかります。故障原因が複数ある場合は、さらに費用がかかります。

      なお、故障診断のみで修理をしない場合でも「故障診断料(点検診断料) + 出張費」が「8,000~10,000円」くらいかかることは注意が必要です。

      「修理をしない場合」とは、作業員の説明を受けてお客様が「修理しない」と判断された場合だけでなく、点検の結果「修理できない(廃番で部品がない、回復が見込めない)」と判明した場合も該当します。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      給湯器は10年以上ご利用いただくと修理不能になる可能性が高まるので、点検せず、最初から交換をご検討いただくのもひとつの方法です。

      もう少し詳しく、故障原因別に修理費用の相場をご紹介していきましょう。

      なお、給湯器の故障は原因が複数箇所にまたがる場合もあります。機種や修理業者によっても費用が変わりますので、参考程度にご覧ください。

      電装系の修理費用の相場

      電装系の修理は、配線や電装基板などが主な対象となります。修理費用の目安は「7,000~45,000円」くらいです。

      項目 費用
      部品代 2,000~30,000円
      技術料 3,000~12,000円
      出張費 2,000~3,000円
      概算費用合計 7,000~45,000円

      電装系の修理は、おどろくほど高額になることもあります。とくに電装基盤の交換は部品だけで1~3万円程度かかり、技術料や出張料も合わせると40,000円以上かかるケースもあります。

      燃焼系の修理費用の相場

      燃焼系の修理は、ガスの供給を抑制するガス電磁弁やガスの量を抑制するガス比例弁、バーナーなどが主な対象となります。修理費用の目安は「14,000~30,000円」くらいです。

      項目 費用
      部品代 7,000~15,000円
      技術料 5,000~12,000円
      出張費 2,000~3,000円
      概算費用合計 14,000~30,000円

      燃焼系の修理は、部品代や技術料がやや高めです。概算として、20,000円前後かかると考えておくとよいでしょう。

      水量制御系の修理費用の相場

      水量制御系の修理は、通水量を計測する水量センサーや出湯を安定させる水量サーボなどが主な対象となります。修理費用の目安は「12,000~38,000円」くらいです。

      項目 費用
      部品代 5,000~20,000円
      技術料 5,000~15,000円
      出張費 2,000~3,000円
      概算費用合計 12,000~38,000円

      水量制御系の修理は、修理箇所によっては部品代や技術料が高額になります。10年以上ご利用いただいている給湯器であれば、交換を検討していただくのもひとつの方法です。

      安全装置系の修理費用の相場

      安全装置系の修理は、何らかの原因で途中失火した場合にガスを遮断する立ち消え安全装置や、給湯器内部の異常高温を防止する過熱防止装置などが主な対象となります。

      修理費用の目安は「7,000~38,000円」くらいです。

      項目 費用
      部品代 2,000~20,000円
      技術料 3,000~15,000円
      出張費 2,000~3,000円
      概算費用合計 7,000~38,000円

      安全装置系の修理も、修理箇所によっては部品代や技術料が高額になります。10年以上ご利用いただいている給湯器であれば、交換も視野に入れて検討するとよいでしょう。

      中和器の修理費用

      エコジョーズタイプの給湯器に搭載されている中和器は、酸性のドレン排水を中和して機外に排出する役割を担っています。

      中和器は消耗品で寿命は10年くらいですが、本体の設置環境や湯の利用量によってはもっと早く交換が必要になることもあります。リモコンに表示されるエラーコード(290、920、930)を目安に、定期的に交換してください。

      中和器の交換費用の目安は、以下のとおりです。

      項目 費用
      部品代 3,000~8,000円
      技術料 7,000~15,000円
      出張費 2,000~3,000円
      概算費用合計 12,000~25,000円

      エコジョーズ本体の型式によって、搭載されている中和器や取付構造が変わります。よって部品代や技術料も変わるので、交換費用は機種ごとに違います。

      交換の場合

      つづいて、給湯器の交換費用の目安をご紹介します。交換する際は給湯器本体の代金と工事代金がかかりますので、それぞれ分けてご紹介します。

      ガス給湯器本体は、従来型(非エコジョーズ)とエコジョーズで価格帯が違いますので、これもわけてご紹介します。

      従来型(非エコジョーズ)給湯器

      まずは、従来型給湯器の参考価格からご紹介します。

      種類 号数 相場
      給湯専用 壁掛け型 16号 25,000~55,000円
      20号 30,000~75,000円
      24号 50,000~90,000円
      据置き型 16号 70,000~100,000円
      20号 80,000~125,000円
      24号 90,000~150,000円
      ふろ給湯(オートタイプ) 壁掛け型 16号 70,000~150,000円
      20号 85,000~160,000円
      24号 95,000~180,000円
      据置き型 16号 75,000~150,000円
      20号 90,000~170,000円
      24号 110,000~200,000円
      ふろ給湯(フルオートタイプ) 壁掛け型 16号 75,000~170,000円
      20号 100,000~180,000円
      24号 110,000~190,000円
      据置き型 16号 90,000~180,000円
      20号 110,000~190,000円
      24号 110,000~200,000円
      ふろ給湯暖房(オートタイ) 壁掛け型 16号 120,000~170,000円
      20号 120,000~170,000円
      24号 130,000~190,000円
      ふろ給湯暖房(フルオートタイプ) 壁掛け型 16号 130,000~180,000円
      20号 150,000~200,000円
      24号 160,000~220,000円

      エコジョーズ給湯器

      つづいて、エコジョーズの参考価格をご紹介しましょう。

      種類 号数 相場
      給湯専用 壁掛け型 16号 80,000~100,000円
      20号 80,000~110,000円
      24号 90,000~120,000円
      据置き型 16号 壁掛け型と同様
      20号
      24号
      ふろ給湯(オートタイプ) 壁掛け型 16号 90,000~160,000円
      20号 90,000~160,000円
      24号 111,000~200,000円
      据置き型 16号 111,000~200,000円
      20号 111,000~200,000円
      24号 120,000~260,000円
      ふろ給湯(フルオートタイプ) 壁掛け型 16号 100,000~190,000円
      20号 110,000~200,000円
      24号 110,000~200,000円
      据置き型 16号 110,000~220,000円
      20号 120,000~280,000円
      24号 120,000~290,000円
      ふろ給湯暖房(オートタイプ) 壁掛け型 16号 130,000~200,000円
      20号 130,000~200,000円
      24号 140,000~220,000円
      ふろ給湯暖房(フルオートタイプ) 壁掛け型 16号 140,000~230,000円
      20号 150,000~250,000円
      24号 160,000~260,000円

      給湯器本体は「定価の5割引」が当たり前で、8割引している販売業者も少なくありません。

      業者別にみると、給湯器専門業者が6~8割引で、他の業態を圧倒する安さで販売しています。いっぽう、ガス会社は割引率が低い傾向にあり、特に大手になると最大でも2割引程度です。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      給湯器本体の販売価格は、ガス会社より給湯器専門業者のほうがリーズナブルです。

      交換工事費用の相場

      工事費用は「標準工事費」と「標準工事費以外の工事費」の2種類あります。

      標準工事費の相場は「25,000~60,000円」です。標準工事費にふくまれる項目と、各項目の費用目安は以下のとおりです。

      項目 相場 備考
      機器撤去処分費 3,000~5,000円
      機器設置工事費 5,000~15,000円 ネジやアンカーの取り付け費含む
      配管接続費 25,000~45,000円 配管の加工費含む
      保温復旧費 2,000~5,000円
      試運転調整費 3,000~5,000円 リモコン操作など機器の取り扱い説明含む
      諸経費 5,000~10,000円 移動車輛の経費や有料駐車場代など
      ドレン排水工事 5,000~10,000円 エコジョーズタイプの給湯器設置のみ

      ガス会社は、主な収益源が本体やガス代であることから、工賃は安く設定しています。給湯専用の給湯器であれば、工賃10,000円で交換してくれる会社があるほどです。

      いっぽう給湯器専門業者は、主な収益源が交換工事であることから、ガス会社よりやや高めの工賃に設定しています。最低でも35,000円以上かかると考えておきましょう。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      給湯器を安く交換したいときは「本体価格+工賃」で確認しましょう。

      つづいて、標準工事費以外の工事費をご紹介します。この工事費の相場は「20,000~30,000円」で、工事費にふくまれる項目と各項目の費用目安は以下のとおりです。

      項目 相場 備考
      搬入費・足場設置費 3,000~5,000円 足場設置50,000円~
      壁貫通工事費 5,000~10,000円
      配管・雑資材費 5,000~25,000円 経年劣化に伴う配管の交換など
      電源コンセント増設費 3,000~10,000円
      オプション追加費 10,000~20,000円 配管カバー設置や排気方向の変更など

      標準工事以外の工事は、工事現場の状況しだいで必要かどうか変わります。見積もりの段階で、標準工事以外にどんな工事が必要なのか、これ以上追加費用はかからないか、シッカリ確認しておきましょう。

      給湯器交換はどこに頼むのがベスト?

      給湯器交換はどこに頼む

      給湯器の交換を依頼できる事業者は、主に次の3業態です。

      1. ガス会社
      2. 給湯器メーカー
      3. ガス給湯器販売・工事業者

      上述の3業態の特徴について、もう少し補足説明しておきましょう。業者選びの参考にしてください。

      ガス会社

      ガス会社は、ガスを販売・供給している会社です。日頃から給湯器メーカーと密接に情報交換をおこなっているので、ガス機器の幅広い知識があります。

      ガス販売の特性上、消費者から給湯器の交換や修理の依頼を受けやすく、工事経験が豊富です。給湯器本体の価格は、他の業者よりも高い傾向にあります。

      ガスの供給で給湯器の利用者と継続的につながりがあるため、困ったときはすぐに呼べる安心感があります。定期的なアフターフォローも万全です。

      給湯器メーカー

      給湯器メーカーは、主にガス給湯器を製造している会社です。ガス機器全般に渡って技術や知識を蓄積しているので、故障時の修理は的確です。

      給湯器メーカーは直接交換業務をおこなっていないので、メーカーの認定を受けた関連会社が工事を担当します。

      ガス給湯器販売・工事業者

      ガス給湯器販売・工事業者は、給湯器の交換を主な業務にしている会社です。各給湯器メーカーの商品を幅広く取り扱っているので、自分に合った給湯器の選択がしやすいでしょう。

      ガス給湯器販売・工事業者は、ガス会社やメーカーと比べて格安で給湯器を交換できます。業者によっては、給湯器本体と工事に対して無償で独自保証(最長で10年程度)も付けています。

      ガス給湯器販売・工事業者は、インターネットで探すとみつかります。WEB上でいつでもコンタクト可能な環境を整えている会社もあり、コミュニケーションも安心です

      事業者選びのポイントは7つ

      つづいて、事業者選びのポイントを7つご紹介します。以下のポイント参考に業者選びをしていただくと、不誠実な会社にだまされにくいでしょう。

      ①スタッフの対応

      電話やメールなどで連絡を取ったとき、スタッフの対応はいかがでしたか?親身になって丁寧に話を聞き、言葉一つ一つに誠実さが伝わってくるような方だったら安心です。

      スタッフの応対から、その会社の風通しのよさを感じることもできます。安心して給湯器の交換を任せたいなら、応対がよいスタッフがいる会社に依頼しましょう。

      ②保有資格

      給湯器の交換では、ガス関連の資格はもちろんのこと「給水・給湯・電気」や、工事によっては「排気筒」の交換ができる各種資格が必要です。

      過去に、無資格者が給湯器の交換作業をおこなっていた事例も確認されています。法令遵守意識が低い業者はおすすめできませんので、事前にホームページ等で確認しておきましょう。

      なお、工事内容によっては不要な資格もあります。必要な資格は以下をご参照ください。

      工事内容 必要な資格
      LP(プロパン)ガス機器の設置工事等
      • 液化石油ガス設備士
      • ガス機器設置スペシャリスト(GSS)
      都市ガス機器の接続工事
      • ガス消費機器設置工事監督者
      • ガス可とう管接続工事監督者
      • ガス機器設置スペシャリスト(GSS)
      • 簡易内管施工士
      給水・給湯・電気工事
      • 給水装置工事主任技術者
      • 第二種電気工事士

       

      ③交換費用相場

      交換費用が安いかどうかよりも、相場に対して見積額がかけ離れていないことを重要視しましょう。相場の目安は、上述の「給湯器の交換費用と相場」をご参照ください。

      ④施工実績

      施工実績は、交換事業者のノウハウや経験を確認できるひとつの指標です。多くの経験や知識を持ち、技量に優れた業者なら、どのような状況の現場でもうまく対応してくれるでしょう。

      ホームページなどで、施工実例の詳細やクチコミなどを確認しておきましょう。

      ⑤保証とアフターサービス

      給湯器の修理や交換費用は、決して安くありません。給湯器本体や取付工事に長期保証を付けている業者なら、まんがいち給湯器が故障したときも安心です。

      メーカー保証は1~2年で切れます。業者を選ぶときは、その後の保証制度がどうなっているか確認しましょう。

      ⑥対応可能エリア

      業者によって、対応できるエリアは様々です。苦労して見つけた業者であっても、お住まいのエリアに対応していなければ、諦めて他を探さざるを得ません。

      無駄に時間を浪費しないためにも、まず、お住まいのエリアに対応しているかどうか確認しておきましょう。

      ⑦対応スピード

      給湯器は毎日のように使用する機器です。ですから、故障したときは一刻も早く交換をしてくれる業者に依頼したいところです。

      交換依頼から交換完了までにかかる時間は、とても重要です。即日交換対応してもらえる業者か、交換までに時間がかかるのであれば代替機器を取り付けてくれる業者を選びましょう。

      安心の保証と実績で選ぶなら駆けつけ隊(ミズテック)がおすすめな理由

      安心の保証と実績で選ぶなら駆けつけ隊

      弊社・ミズテックでは給湯器の修理・交換を承っております。給湯器のことでお困りの方は、お気軽に弊社までご相談ください。

      最後に、弊社の特徴をご紹介します。

      【迅速】最短30分で訪問

      ミズテックは、給湯器でお困りの方のために即日対応しており、最短30分で駆けつけられます。急なご依頼にも迅速に対応しますので、お気軽にご相談ください。

      「給湯器が壊れてお湯が出ない」「給湯器から異音がして怖い」といったトラブルや緊急時には、どこよりも早く対応させていただきます。

      まんがいち天候や道路状況によってお時間がかかる場合は、訪問までにどれくらい時間がかかるか、事前にお伝えさせていただきます。

      【格安】メーカー直仕入れで格安価格を実現

      ミズテックでは、ガス給湯器や電気温水器などの機器をメーカーから直接仕入れています。メーカーから直接かつ大量に仕入れているので、機器の価格を抑えてご提供できます。

      また、給湯器の点検や取り付け工事を当社の専門スタッフが行うことで、工事の経費も少なく抑えています。このようなコスト削減努力によって、他店よりも安い販売価格を実現しています。

      【安心】確かな技術と経験で高品質なサービスをご提供

      ミズテックの専門スタッフは、高度な技術と確かな経験を持った給湯器のプロフェッショナルとして、今まで数多くのお客様から高評価を頂いております。

      常に向上心を持って技術を磨き、お客様に高品質なサービスをご提供してまいります。

      本体&施工10年保証!

      給湯器のメーカー保証期間は「1~2年間」で、この期間の自然故障は無償で修理してもらえます。(一部のメーカーでは、給湯器購入時に所有者登録をおこなうことで保証期間を「3~5年」に延長可能)

      メーカー保証の期間を過ぎた給湯器の修理は、基本的に有償です。ただし、一部のメーカーは有料の保証制度を設けていて、加入すると最大10年まで保証期間が延長されます。

      いっぽう、弊社ミズテックは「本体と施工」両方に対して、無料で10年間の保証をご用意しています。生活に欠かせない給湯器を、末永く安心してご利用ください。

      確かな技術力

      ミズテックは、ノーリツとリンナイから「正規販売店」として認定されています。給湯器メーカーが公認する確かな技術力で、お客様にサービスをご提供しています。

      また、高品質な作業を行うために「ガス機器設置スペシャリスト・ガス消費機器設置工事監督者・給水装置工事主任技術者」といった給湯器工事に関わる資格も取得しています。

      施工事例10,000件以上

      ミズテックではこれまでに10,000件以上の施工実績があり、多くのお客様にご満足頂いております。施工事例をいくつかご紹介します。

      2020年8月 神奈川県川崎市での施工事例

      お電話でお問い合わせを頂き、ミズテックの専門スタッフが詳しくヒアリングをしたところ、「お風呂のお湯張りが出来ない」とのことでした。

      いくつかの原因が考えられるので、お客様にお伝えし試してもらいましたが改善せず。給湯器を使用して12年経っていたので、交換工事をご提案しました。

      施工概要 ガス給湯器交換工事
      施工期間 2時間
      費用総額 \120,000(税別)

      詳細はこちら

      2020年9月 埼玉県熊谷市での施工事例

      お電話で「給湯器から異音がして、お湯が出ない」とお問い合わせを頂き、その日の夕方に現場にお伺いして状況を確認しました。

      本体の交換が必要な故障でしたので、状況をご説明したうえでエコキュートの交換工事を実施させて頂きました。

      施工概要 エコキュート交換工事
      施工期間 4時間
      費用総額 \330,000(税別)

      詳細はこちら

      2020年10月 神奈川県相模原市での施工事例

      給湯器の電源が入らずメーカーメンテナンスを呼んだところ「修理に必要な部品がなく、修理できない」と言われ、ミズテックに交換のご相談をいただきました。

      古い給湯器の型式を確認し、同等機種で交換を実施しました。

      施工概要 ガス給湯器交換工事
      施工期間 2時間
      費用総額 \106,800(税別)

      詳細はこちら

      お客様満足度97%以上

      ミズテックではお客様アンケートを実施して、頂いたご意見はサービスの質の向上に活用しています。アンケートでの「お客様満足度」は97%以上で、多くのお客様にご満足頂いております。

      実際にお客様から頂いたアンケートをいくつかご紹介いたします。

      2020年6月/茨城県/30代のお客様

      お電話での詳細な対応もとても親切丁寧で分かりやすかったです。工事に来て下さった方々は仕事が丁寧且つ敏速で凄いなぁ~と感動しました。また機会がありましたら、宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

      2020年6月/千葉県/40代のお客様

      迅速で丁寧な対応を頂き感謝しております。金額も安く素晴らしかったです。トラブル対応も迅速で、確実でした。ありがとうございました。

      2020年6月/埼玉県/60代のお客様

      他の3社さんの中でも一番早くご対応いただいたこと、作業も早く、丁寧ににこやかに説明いただいたこと、お電話の対応も良かったこと、気持ち良く、短納期で対応いただいてとても助かりました。

      2020年7月/埼玉県/60代のお客様

      エコキュートが、突然故障して困っていましたが、受付、現地調査、見積、設置工事まで4日間でやっていただきとてもありがたかったです。また、どの方も非常に親切で丁寧な対応をしていただきました。ありがとうございます。また何かあればお願いしたいと思います。これからも、よろしくお願いします。

      2020年9月/埼玉県/40代のお客様

      給湯器が壊れ昼に問い合わせて、夜に設置にして頂きました。近所のホームセンターや契約してるガス屋に問い合わせしたら、一週間と言われて困っていました。費用も安く済み大変満足です。ありがとうございました。