隣家とのトラブルを回避!エコキュート低周波による騒音の対処法とは

一軒家に住む方は、ご近所さんとのトラブルは絶対に避けたいところですよね。

エコキュート設置に関しては、特に何も問題なさそうに感じられるかもしれませんが、1点だけ注意が必要なことがあります。

それは、エコキュートの低周波による騒音対策です。今回は、エコキュートの騒音対策について紹介します。

 

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?
氏名
お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
氏名
メールアドレス
こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
見積希望を受け付けました!

エコキュートの騒音レベルは約40db

エコキュートは、運転時に、室外のヒートポンプユニットからブーンといった低周波音が発せられます。その際の音量は、メーカーや機種、容量などにより異なりますが、40dbほどの音量です。

人が「静かだ」と感じる音量は45db以下といわれていて、他の家電製品と比較しても音量が大きいわけではありません。

・エアコン(約41~59db)
・換気扇(約42~58db)
・テレビ(約57~72db)
(東京都環境局HPよりhttp://www.kankyo.metro.tokyo.jp/noise/noise_vibration/daily_life_noises.html)

しかし、しばしばエコキュートの騒音が問題になることがあります。

 

エコキュートの騒音問題は低周波音のため

音量が大きくないにもかかわらず、エコキュートの騒音問題が発生するのは、低周波音だから、という理由が挙げられます。

ギリギリ聞こえる程度の「ブーン」という低い音が不快に感じられやすいのです。基

本的にエコキュートは深夜に稼働するため、不眠を引き起こしてしまい、最悪の場合には健康被害に繋がってしまうこともあります。

 

低周波音の対策をおこなうには

低周波音によるエコキュートの騒音問題を防ぐためには、主に2つの対策が考えられます。

対策①エコキュートの設置場所に気を付ける

騒音トラブルを防ぐ際の大前提は設置場所に気を付けることです。以下の場所は避けるようにしましょう。
・隣家の寝室の近く
・窓や換気扇の近く(室内に音が入りやすいため)
・壁に囲まれた場所(音が反響して大きくなる可能性があるため)

対策②防音対策を取る

すでにエコキュートを設置隅の場合や、スペース上の問題で、どうしても良い設置場所が確保できない場合には、「制振材」や「防音シート」を利用する方法も考えられます。エコキュートの設置業者に相談してみると良いでしょう。

 

おわりに

エコキュートの騒音が思わぬ近所トラブルに発展しないために、騒音対策は重要です。設置場所や防音対策を施して、隣家の方に迷惑が掛からないように注意しましょう。設置場所や防音素材についてはエコキュート設置業者に相談してみましょう。

騒音問題に対しても意識が高く、適切な防音処置を提案してくれる工事業者なら、安心感も高まるかと思います。
もし不安やよくわからないことがある場合は、まずはご相談だけでも、お気軽に施工業者の「ミズテック」にご連絡ください。
豊富な実績と知見からご案内させていただきます!

ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。