カビや汚れの対策に!エコキュートの掃除(洗浄)方法簡単解説

突然ですが、エコキュートの掃除(洗浄)の仕方についてご存知でしょうか?
例えば、お風呂のお湯がカビ臭くて菌の繁殖が気になったとき、家を一斉に大掃除掃除するとき、お風呂の配管からゴミが流れ出てきたとき・・・
厳密には機種によって少しずつ異なる場合もありますが、原則を押さえておけば難しい作業はありません。今回の記事では、エコキュートの洗浄方法について紹介いたします。

 

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?
氏名
お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
氏名
メールアドレス
こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
見積希望を受け付けました!

エコキュートの掃除をする箇所とは?

エコキュートから出るお湯をきれい且つ安全に保つために掃除をしなければならない箇所は2つあります。「エコキュートのタンク」と「エコキュートから浴槽までの配管部分」です。

エコキュートのタンク

エコキュートのタンク内は常に高温(65~90度)に保たれているため、菌が繁殖することはありません。また、ステンレス製で作られており、中には空気が入らない使用になっているため、サビやヘドロが生じる危険性も少ないでしょう。
ただし、長く使用していると水垢や湯垢が沈殿物として蓄積したり、劣化したゴム部品のカスがゴミとなってたまったりしてしまうので、定期的な清掃が必要です。

配管

配管部分は、主に追い炊き機能使用時などに浴槽の汚れや菌などが浴槽から逆流したまってしやすいため、定期的な掃除が必要です。最も代表的な菌はレジオネラ菌で、レジオネラ肺炎に感染すると頭痛や咳、下痢、高熱などを引き起こす可能性があります。お子様や高齢者の方の場合は、最悪、死に至ることもあります。

 

エコキュートタンクと配管の掃除方法とは

エコキュートの掃除の仕方については、エコキュートの取扱説明書に詳しく記載されています。ですので、取扱説明書を手元に用意して、説明書を見ながら進めていただくのが最も確実な方法です。ここでは、基本的な掃除の方法について案内いたします。

タンクの清掃は水抜きだけでOK!

タンク内の清掃については、水抜き作業を行いましょう。頻度としては1年に2回程度でOKです。
排水栓を開けて2、3分程度。中の水をしっかり排水しましょう。また1か月以上家を空ける場合には、タンク内の水が滞り、水質が変わってしまう可能性があるので、排水をした方が良いでしょう。

配管はふろ洗浄剤を用いて掃除!

お風呂の配管はエコキュート洗浄剤(メーカー指定の洗剤、市販のジャバなど)を用いて洗浄します。お風呂のパネルに「自動洗浄ボタン」がついている機種もありますが、お湯だけでは落とせない頑固な汚れや菌もありますので、1年に2回程度は洗剤を用いて掃除をしましょう。掃除の方法は以下の通りです。
1. お風呂の残り湯に洗剤を適量加え洗浄をスタートします
2. 1時間ほど経過したら排水をします。
3. 水ですすぎを行います(30分程度)

 

おわりに

エコキュートや配管の汚れは、浴槽にゴミが流れ込んでしまったり、健康被害が生じてしまったりする原因にもなるため、事前に掃除できれいにしておきたいものです。

とはいえ、掃除方法がなかなか把握されていないのも事実です。年に2度ほどの作業ですので、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

もし不安やよくわからないことがある場合は、まずはご相談だけでも、お気軽に施工業者の「ミズテック」にご連絡ください。
豊富な実績と知見からご案内させていただきます!

ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。