エコキュートのメーカーはどこがおすすめ?各メーカーの特徴を紹介

光熱費節約の方法として、人気の高いエコキュート。エコキュートを選ぶとき、どのメーカーの機器を選べばよいでしょうか?
エコキュートは、パナソニック、コロナ、ダイキン工業、三菱電機、日立、東芝の6社が大手として知られています。

今回は、エコキュートメーカーのシェアや特徴について紹介します。

 

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?
氏名
お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
氏名
メールアドレス
こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
見積希望を受け付けました!

エコキュートメーカーのシェアはパナソニックがトップ!

リフォーム産業新聞の2014年の調査によると、エコキュートのトップシェアはパナソニックで、30%です(参考)。
2位が三菱電機工業(25%)、3位がダイキン工業(20%)、4位がコロナ(15%)と続いていて、残り10%がその他メーカーとなっています。

シェアがすべてではありませんが、購入機器のメーカーを選ぶ際の一つの参考にしていただければと思います。

 

6大エコキュートメーカーの特徴

エコキュートは、タンクの大きさや機能によって選び方が変わってきますが、メーカーごとの特徴を押さえておくことも重要です。

パナソニック

トップシェアのパナソニックの特徴は、エネルギー効率化の独自機能「エコなび」を搭載しています。センサーで浴室の状態をチェックしたり、学習機能によって最適な時間に温めたりするなど、節電性能が優れており、総合力の高いメーカーです。

三菱電機

三菱電機のエコキュートの魅力は独自機能が多いことです。自動的にお風呂を洗浄してくれる「バブルお掃除」、入浴時にお風呂を泡で満たすホットアワーなど、お風呂好きの方に嬉しい機能を搭載しています。

ダイキン工業

ダイキン工業の特徴は、基本性能とエコ性能に優れていることです。
独自の給油技術により従来比1.8倍の高圧シャワーを実現していることに加え、無駄な追い炊きやお湯の出しっぱなしがないように管理する機能が搭載されています。

コロナ

コロナは初めてエコキュートを発売したメーカーです。
顧客目線での使い勝手にこだわっていて、スリムな製品が多いことが特徴です。エコ性能もトップクラスです。

日立

日立のエコキュートの特徴は、「ナイアガラ出湯」です。
独自の技術により、他社と比べて3倍の給湯能力を誇っています。また、省エネ性能の高さにも定評があります。

東芝

東芝の特徴は、スタンダード機種以上に搭載されている「パワフル給湯」、上位機種に搭載されている「銀イオン」です。そして、最大の特徴がメーカー5年保証です。

 

おわりに

エコキュートのメーカーシェアと特徴について紹介しました。
メーカーの特徴を踏まえて、次は機種ごとの機能や特徴、使い勝手などを確認して、ご自身にあった機種を選びましょう。
また、エコキュートのメーカーと同様、施工業者の選び方も重要です。
もし不安やよくわからないことがある場合は、まずはご相談だけでも、お気軽に施工業者の「ミズテック」にご連絡ください。
豊富な実績と知見からご案内させていただきます!
ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。