レンジフード交換業者を徹底比較!業者の選び方から費用相場まで解説

レンジフードを交換したいけれど、どの業者に依頼すればいいのかお悩みではありませんか?この記事では、レンジフードの交換ができる業者や、業者選びのポイントについて解説します。

 

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

レンジフードの交換業者比較一覧

レンジフードの交換は、下記4つの業者で依頼することができます。

  レンジフード交換専門業者 ガス会社 ホームセンター・家電量販店 リフォーム会社
料金
品質
スピード
安心

各業者で、料金や品質など特徴が異なりますので、事前に違いを知っておくことで費用面や交換後の後悔を無くすことが可能です。
また、「レンジフードは自分で交換できる?」でご紹介しているように、レンジフードの交換には、電気工事士の資格が必要になるケースがあります。思わぬ事故や破損の原因にもなりかねませんので、プロの業者へ依頼しましょう。

レンジフード交換専門業者

レンジフード交換専門業者は、深い専門知識と技術力を持っているため、信頼性も高く安心して依頼できます。さらに、長年の経験から予期せぬトラブルが起きたときのノウハウもあるため、冷静に対応してくれる可能性も高いでしょう。
また、独自ルートから大量のレンジフードを一括仕入れしているため、料金を抑えて交換してもらうことができるのも大きなメリットです

レンジフード交換専門業者の中には、ガスコンロや食洗機など、他の住宅設備の交換・買い替えサービスを提供しているところもあります。

ミズテックの交換・買い替えサービスラインアップはこちら

ガス会社

ガス会社であれば、レンジフードとガスコンロを一緒に交換依頼できるところもあります。ガスの専門会社ですが、レンジフードに関する知識も持っているため、安心して任せられます。
とくにガスコンロと連動したレンジフードを交換する場合は、スムーズに対応してもらえるでしょう。
他の業者と比べると、料金が比較的高い傾向があります。

ホームセンター・家電量販店

ホームセンターや家電量販店は、店頭でレンジフードを見比べてから購入できるため、設置後のサイズやデザインをイメージできることがメリットです。
ただし、レンジフードの専門知識を持っていないスタッフも多いため、細かい質問には答えられなかったり、回答に時間がかかったりするケースもあります。
また、工事は、ホームセンターや家電量販店の協力会社へ依頼されることが多いため、事前に作業する業者の口コミや品質を確認することが難しくなります。

リフォーム会社

リフォーム会社では、レンジフード交換だけでなくガスコンロやキッチン全体のリフォームなど、トータルでお任せすることができます。
そのため、キッチン全体のリフォームを検討している場合は、合わせて依頼することで費用や手間を抑えられ、キッチン全体のデザインや機能性も向上します。
リフォーム会社では、事前に交換する製品を確認してから購入できますが、工事は下請け会社が行うことも多いため、費用が高く、品質にバラつきがでることもあります。

 

レンジフード交換業者選びのポイント

レンジフードの交換を、トラブルなくスムーズに行ってもらうための5つのポイントをご紹介します。
1.レンジフード交換の資格を持っている
2.レンジフードの交換実績が公開されている
3.保証内容が充実している
4.レンジフードの交換費用が公開されている
5.選べるレンジフードの種類が豊富か

1.レンジフード交換の資格を持っている

レンジフードの交換には、電線工事が必要なケースがあるため、「電気工事士」の資格を持っている業者へ依頼する必要があります。
レンジフードには、

  • 電源コード式
  • 直結式

の2タイプがあり、直結式であれば電気工事士の資格保有者が作業をしなければいけません。
たとえ、電源コード式だったとしても、レンジフード運転時に連動して給気を確保できる「給気連動シャッター」の設置に電気工事士の資格が必要です。
二度手間にならないよう、必ず資格を持っている業者か確認しておきましょう。

2.レンジフードの交換実績が公開されている

レンジフード交換の実績が公式サイトで公開されているか、依頼する前に確認しましょう。
合わせて、過去のお客様の口コミや満足度もチェックすることで、作業のスムーズさやスタッフの対応などの情報を得ることができます。
さらに、ビフォーアフターの仕上がりを写真で公開している業者であれば、より安心して依頼することができるでしょう。

3.保証内容が充実している

製品メーカーが定めているレンジフードの保証は通常1年間ですが、保証が充実している業者へ依頼することで、期間を5〜10年延ばすことができます。
設置後に予期せぬトラブルが起きたときも、すぐに対応してもらえるのは心強いメリットになるでしょう。

4.レンジフードの交換費用が公開されている

レンジフード交換の明確な料金が公開されている業者を選ぶことで、予算を立てやすくなります。事前見積もりを必ず取り、後から追加費用がかからないかも確認しておきましょう。
レンジフード交換費用の相場は、本体の交換で5〜20万円、工事費だけですと1〜3万円ほどです。
まずは見積もりを取り、適正価格であるか確認しましょう。相場よりも高い見積もりであれば、理由を依頼前に明確にしておくことで、後からのトラブルを避けることができます。

5.選べるレンジフードの種類が豊富か

現在、レンジフードはリンナイ、ノーリツ、富士工業などさまざまなメーカーから販売されています。
レンジフードの品揃えが豊富な業者を選ぶことで、サイズや色、デザインなど希望に近い製品を見つけられる可能性が高くなります。
とくにレンジフードはキッチンで存在感もあり、毎日の調理中に必ず目に入るものです。交換するなら、好みの製品を選べる業者へ依頼しましょう。

 

レンジフードの交換費用相場は?

レンジフードの本体費用は5〜20万円、工事費用は1万〜3万円です。そのため、レンジフードを交換する場合は、合算した6〜23万円が総額となります。
ただし、レンジフードの設置場所が天井吊りと高所な場合や、狭くて作業がしづらい場所では、工事費にオプション費用が追加されることもあります。
また、レンジフードの規格は60cm・75cm・90cmと種類があり、幅が大きくなればなるほど価格も高くなっていき、交換費用も高額になる傾向があります。
その他、ファンの種類でも費用は異なり、プロペラ式のプロペラファンは1〜2万円、筒状の換気扇型のシロッコファンは2〜6万円。多機能なターボファンは10〜13万円が相場となります。

レンジフード交換費用について詳しくは「こちら」の記事をご覧ください。

ガスコンロと同時交換で工事費がお得になることも

レンジフードと同時にガスコンロも交換することで、工事費を抑えられることもあります。
ガスコンロの寿命もレンジフードと同じ10年ですので、一緒に交換することで費用を抑えられ、施工も一度で済み、見た目のバランスも取れます。

レンジフードとガスコンロの同時交換について詳しくは「こちら」の記事を合わせてご覧ください。

 

レンジフードの交換時期は?

レンジフードの寿命は、一般的に10年ほどです。この期間が過ぎると、故障のリスクが高まる可能性があります。

  • 吸引力が弱くなった
  • モーター音が大きくなった
  • スイッチが効きづらい

上記のような不具合や故障が増えてきたら、交換を検討する時期です。
調子が悪いままレンジフードを使い続けることで異常を起こし、煙を吸い込まないことによる健康への悪影響や、最悪の場合は火災の危険性もあります。

画像引用元:印西地区消防組合
大きなトラブルが起こる前に早急に修理や交換を検討しましょう。

 

レンジフードは自分で交換できる?

レンジフードには、

  • 電源コード式
  • 直結式

の2タイプがあり、電源コード式であればプラグを差し込むだけなので、自分で交換することができます。

一方の直結式は、配線と電源線を繋げる作業が必要になるため、「電気工事士」の資格が必要です。無資格での作業は、事故やレンジフードの破損にも繋がりますので絶対に避けましょう。

さらに、レンジフードの設置には建築基準法と消防法によってコンロからの高さが80〜100cmになるよう定められており、専門知識が必要になります。
思わぬ事故や法律違反にならないよう、必ず知識と経験のある業者へ依頼するようにしましょう。

 

メーカー別・人気レンジフード

メーカー別の人気レンジフードをご紹介します。
製品特徴と工事費込みの価格で掲載していますので、気になるレンジフードがあれば、ぜひご検討ください。
パナソニック
リンナイ
ノーリツ

パナソニック

1918年創業の長い歴史と実績のある電機メーカーとして100年以上にわたり業界をリードしてきたパナソニック。特に高い評価を受けているレンジフード3点をご紹介します。

DWDシリーズ 75cm FY-75DWD4-S

ミズテック工事費込み価格(税込):207,500円
調理中の温度を自動で感知し、適切な風量を調整する「エコナビ」搭載のフラット型レンジフード。
洗浄機能付きなので、お手入れの負担を軽減でき手入れも簡単。いつでも清潔な空気を維持してくれます。

DEDシリーズ 60cm FY-60DED3-S

ミズテック工事費込み価格(税込):139,700円(60%OFF!)
ファンが高速回転し、油汚れを毎回自動で掃除する「油トルネード機能」搭載で、台所掃除が格段にラクになります。

調理終了後も自動運転が続き、残った臭いをしっかり排除します。

DWDシリーズ 90cm FY-90DWD4-S

ミズテック工事費込み価格(税込):219,500円(60%OFF!)

新構造のファンフィルターが、自動で油汚れをキャッチしてくれるので面倒な掃除の手間を減らせます。
低消費のDCモーター搭載なので、電気代の負担を気にせず効率的な運転が可能です。

パナソニックのレンジフード商品一覧はこちら

リンナイ

高品質でスタイリッシュなデザインが特徴のリンナイ。信頼と品質をモットーに、進化し続ける製品ラインナップを展開しています。

TAGシリーズ 75cmTAG-REC-AP751SV

ミズテック工事費込み価格(税込):221,364円(38%OFF!)
給湯トレイをセットするだけで、高圧のお湯がレンジフード内部とファンを自動洗浄。10年間ファンの掃除が不要になるので、掃除の手間を格段に減らしてくれます。
シンプルでスッキリとした飽きの来ないデザインも魅力的です。
※こちらの製品は「富士工業グループ」製造のレンジフードです。

XGRシリーズ 60cm XGR-REC-AP604SV

ミズテック工事費込み価格(税込):189,926円(35%OFF!)
調理の状況に合わせて風量を自動調整してくれるため、電気代の負担を約50%も削減できます。
お手入れが必要なのはわずか3つのパーツだけで、着脱も簡単です。フラットなクリーンパネルで、油汚れも簡単にふき取りできます。
※こちらの製品は「富士工業グループ」製造のレンジフードです。

OGRシリーズ90cm OGR-REC-AP902RSV

ミズテック工事費込み価格(税込):225,183円(38%OFF!)
自動で高速回転する「オイルスマッシャー」搭載で10年間ファンのお掃除が不要になり、お手入れの時間を大幅に短縮することができます。
さらに従来製品と比べて、お掃除で使う水の量を約70%も削減できるため、節水にも効果的です。
※こちらの製品は「富士工業グループ」製造のレンジフードです。

リンナイのレンジフード商品一覧はこちら

ノーリツ

暮らしをより快適で安全なものにするため、高品質で多彩な製品を展開。創業以来、持続可能なエネルギーと革新的なテクノロジーの開発を続けています。

easia 60cm NFG6S24MSV

ミズテック工事費込み価格(税込):191,373円 (45%OFF!)

10年間手入れいらずで快適な空気環境を提供する「サイレント・クリーンフィルター」を搭載。
油汚れも水滴状にして弾き飛ばすオイルガード塗装と、キッチンの作業中も気にならない静音設計です。

Curara 90cm NFG9S22MSI

ミズテック工事費込み価格(税込):156,464円 (45%OFF!)
消費電力を減らせ、調光も可能なLED照明を搭載。オイルガード塗装とフッ素ナノコートがコーティングされていて、毎日のお手入れの手間を減らせます。

ビルトインコンロにも連動してお使い頂けるため、万が一の消し忘れも防げ、安心してお使い頂けます。

Curara touch 75cm NFG7S23MSI

ミズテック工事費込み価格(税込):170,440円(45%OFF!)

静電タッチスイッチ搭載で、触れるだけで簡単操作が可能です。フラット型で凹凸が少なく、お掃除の手入れも簡単に。
照明は明るくエコなLEDのため、年間電気代も大幅に削減できます。

ノーリツのレンジフード商品一覧はこちら

 

レンジフードの交換工事ならミズテックへ!

レンジフードの交換をご希望なら、施工実績豊富なミズテックへご依頼ください!

ミズテックの交換工事は他社に比べて安く、工事費などもコミコミのセット価格でご提供させていただきます。
また、10年保証もあるため、設置後も安心して使い続けて頂けます。

ミズテックが選ばれる理由

ビルトイン選びから取り付けまで、どのようなことでもお気軽にご相談ください!皆様のご連絡を心よりお待ちしております。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ