「エコジョーズは後悔するからやめとけ」と失敗の声がある理由5つ

  • エコジョーズだと後悔する?
  • エコジョーズの設置が向いてるのはどんな人?

「給湯器が壊れた」「寿命で買い替え」という時にエコジョーズを検討する場合も多いです。普及率も高く累計集荷台数は1000万台を超えています。

ただ、安い買い物ではないので評判を見てから決めたいというのが本音。

ここではエコジョーズの設置で後悔する人がいる理由と、向いているケースを詳しくみていきましょう。

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      「エコジョーズは後悔するからやめとけ」という評判

      エコジョーズ設置に対する後悔の声

      エコジョーズの設置を後悔する声の中には

      • 本体価格が高い
      • 排水工事が必要
      • 中和器の交換
      • 臭いがする
      • 思ったよりランニングコストが下がらない

      などが見られます。具体的に見ていくと…。

      後悔する人がいる理由1:本体価格が高い

      従来品に比べエコジョーズの本体価格は高いです。メーカー希望小売価格だと例えば24号サイズ(家族4人用)で40〜50万円ほど。長年付き合うつもりでもかなり勇気のいる値段です。後悔してしまうのも肯けます。

      ここのポイントは購入店選び。

      メーカーやガス会社はあまり安くなりませんが、直接メーカーと取引している給湯器販売業者だと50%オフなど割引率が高いです。上手に探せば、80%以上お得に買える商品も。なるべく金額を抑えたいなら、購入店は調査しておきましょう。

      もちろん弊社でもご相談を承っておりますので、お気兼ねなくお声かけ下さい。設置環境にあった商品をご提案いたします。

      後悔する人がいる理由2:排水工事が必要

      エコジョーズは仕組み上、ドレン水(凝縮水)が排出されます。

      設置の際はこの水を流す配管や溝が必要になりますので、その分の排水工事費用がかかります。

      そのまま垂れ流しはNG。カビや苔、近所トラブルの原因に。

      あとあと高くつくので、設置当初に必ず予算に組み込んでおきましょう。

      この分の予算を購入検討時に念頭に置いておかないと、必要な工事ではあるのですが、いざ支払いという段階で損した気分に…。見積もりの段階で排水工事費用も確認しておくのがオススメです。

      後悔する人がいる理由3:中和器の交換

      エコジョーズに付き物なのが中和器の交換。

      「中和器って頻繁に交換しないとダメなの?」

      と思ってしまいますが、購入後すぐの話ではありません。

      使用状況にもよりますが、中和器の寿命は約10年。交換時にはエラーコード920/930がリモコンに表示されます。

      詳しいエラーコードの確認はこちら

      ノーリツ給湯器のエラーコード一覧!リセット方法も解説

      給湯器の点検・交換時期が約10年なので、中和器を交換するよりはエコジョーズそのものを交換した方が良い時も。

      エコジョーズから出るドレン排水はもともと酸性(pH3程度)です。これを中和して外に排出しなければならなので、エコジョーズ内部にはドレン配管接続口の手前に中和器が設置されています。

      この中和器で炭酸カルシウムを充填。ドレン水の水質を中性(pH7程度)にしてから外へ排出する仕組みです。

      交換金額はメーカーや機種、工事内容によってまちまちですが、1万〜4万円程度。

      後悔する人がいる理由4:臭いがする

      中和器で水質を酸性から中性に調節して排出しているわけですが、約10年の中和器の寿命を超えて使用を続けた場合、ドレン水が中和されず、酸性のまま排出されてしまうことに。

      これが臭い原因の一つになります。コンクリートの浸食にも繋がるので中和器の交換もしくは買い替えを検討されて下さい。

      また汚水桝にドレン排水用の配管を設置している場合も臭いの原因になります。

      汚水桝の掃除は結構大変です。掃除道具を揃えてあれこれやると折角の休日もおじゃんに…。

      専門業者にお任せした方が楽ですし、時間の節約にもなります。

      後悔する人がいる理由5:思ったよりランニングコストが下がらない

      住んでいる地域、家族構成、使用状況など同じ環境で従来のガス給湯器からエコジョーズに切り替えた場合、ガス使用量は従来の約15%程度までカットされます。ガス料金もその分安くなります。

      ただ、給湯時のガス代が節約できる仕組みなので、ある程度の湯量を使わないとその効果は実感しづらいです。例えば、ガスコンロで料理した分のガス代はエコジョーズにしても下がりませんのでご注意を。

      また、オール電化の借家からマイホーム購入でガスに切り替えた場合、ランニングコストが跳ね上がる、あるいは光熱費削減のインパクトが小さいというケースも見られます。

      エコジョーズのデメリットとメリット

      まずは簡単にエコジョーズのデメリットとメリットを整理しましょう。

      デメリット メリット

      ・本体価格が高い
      ・排水工事が必要
      ・中和器の交換
      ・臭いがする
      ・使用環境によってはランニングコストが減らない
      ・音がする

      ・熱効率UP
      ・ガス代節約
      ・CO2削減
      ・お湯切れの心配がない

       

      エコジョーズとは

      エコジョーズとは省エネ性の高い給湯器のこと。

      お湯を沸かす時の排気熱を再利用して熱効率を上げており、少ないガス量で効率よくお湯を沸かすことが可能です。

      従来型給湯器とエコジョーズ給湯器の違い

      一次熱交換器内の水を温水に変える

      排気熱が出る

      排気熱を使って二次熱交換器の水を予備加熱

      一次熱交換器に送られさらに加熱

      という流れで、従来の給湯器よりもガス使用量が抑えられる仕組みになっています。

      エコジョーズのデメリット

      デメリット 対応策

      本体価格が高い

      給湯器販売業者を探してみる

      排水工事が必要

      エコジョーズ購入検討時に排水工事費用を予算に入れておく

      臭いがする

      中和器の交換もしくは汚水桝の掃除

      中和器の交換

      エラーコード920/930が表示されたら中和器の交換(中和器の寿命は約10年)

      使用環境によってはランニングコストが減らない

      マイホーム購入時などLPと都市ガス、電気との費用を比較

      音がする

      購入時に室内に置いても気にならないかを確認

       

      エコジョーズのデメリットはそのまま後悔の声にリンクします。

      本体価格は性能の分、それなりに高くなります。給湯器専門業者など割引率の高いところを探すのが得策。

      ドレン水がらみで問題になってくるのが排水工事や中和器の交換、臭いなどです。

      音については人によりけりですが、室内に置く場合は気にかけておきたいところです。

      エコジョーズのメリット

      メリット

      熱効率UP→ガス代節約、CO2削減

      お湯切れの心配がない

       

      これまで熱効率約80%だったものが約95%までUPしており、ガス使用量も従来から約13%削減。ガス代もそれに伴い節約することが可能になります。また熱効率のUPはCO2削減にも効果が。環境面にも繋がっています。

      エコキュートのような貯湯タイプではないので、お湯切れの心配がないのもポイントが高いです。

      エコジョーズの設置が向いている人

      ここまでエコジョーズの評判とメリット・デメリットを見てきましたが、エコジョーズの設置が向いているのはどういう人なのでしょうか?

      お湯を使う量が多い

      ご家族が多い、日々の生活においてお湯を使うシーンが多いなどご家庭は一日に使用するお湯の量も多くなります。そんな中、お湯切れを起こしたり、ぬるいお湯になったりしたら大変不便です。

      エコジョーズはエコキュートのような貯湯式ではありませんので、お湯切れなどの心配はいりません。

      また、お湯を使う量が多ければ多いほど、ランニングコストのメリットも大きくなります。

      設置場所に融通がきく

      エコジョーズは従来型にはないドレン水の排出が必要です。

      排水の対応が必要な設置場所しかなければ大きなデメリットになってしまいますが、逆にしっかり対応可能な場所があるご家庭ならば、エコジョーズのメリットのみを享受できます。

      また、臭いや音が気になる恐れもない場所を選べるなら、さらに良しです。

      床暖房(ガス)を使う

      エコジョーズ×床暖房の組み合わせは相性がいいです。

      熱効率の良いエコジョーズなら、ガス代を抑えながら床を暖められます。エアコンの稼働も減らせるので、電気代までお得になることも。

      ご家庭に合う給湯器をお選びします!

      エコジョーズを設置するにあたりいくつか注意点はあるものの、ランニングコストを抑えられるなど非常に大きなメリットもあります。

      家族構成や生活スタイルによって、メリットがデメリットになったり、またその逆になったり。

      利用する環境によってオススメできる給湯器はガラリと変わりますので、迷ったらミズテックまでお気軽にご相談下さい。

      ミズテックなら、ご家庭に合う給湯器をエコジョーズのみならず、従来機やエコキュートなど幅広い選択肢の中からプロの目でお選び致します!

      1万を超える施工事例を持つミズテックの知見を、後悔しない給湯器選びに是非ご活用下さい。