エコキュートの水圧が弱い理由とは|対策やおすすめの機種も紹介

「エコキュートの水圧は弱いって耳にしたけれど、本当?」

上記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

エコキュートについて調べていると、「水圧が低くて家事が大変」「シャワーが弱くて体を洗い流すのに時間がかかってしまう」といった口コミを目にするかもしれません。

お湯は毎日のように使うものなので、「水圧が強いか弱いか」はしっかりとチェックしておきたいところですよね。

そこで今回は、「エコキュートの水圧」について徹底解説していきます。水圧が弱いときの対策やおすすめのエコキュートも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
    [anr_nocaptcha g-recaptcha-response]

      氏名
      メールアドレス
      [anr_nocaptcha g-recaptcha-response]
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュートの水圧が弱い理由

      他の一般的なガス給湯器と比べて、エコキュートの水圧は弱いです。

      その大きな原因は、「エコキュートの給湯方式」にあります。

      一般的なガス給湯器の場合は、「水道直圧式」という給湯方式を採用しています。これは、水道水の水圧そのままの状態でお湯の供給を行う仕組みです。「お湯が必要になったタイミングで瞬間的にお湯を沸かせる」というメリットがあります。

      一方、エコキュートの場合は、「貯湯式」という給湯方式を採用しています。一日に使用するお湯をまとめて作り、貯湯タンクに貯めておき、必要なタイミングでタンクからお湯を取り出す仕組みです。

      この貯湯タンクは、水道水の水圧には耐えられません。ゆえに、「減圧弁」という部品が取り付けられており、強制的に水道水の水圧を下げるようになっています。そのため、エコキュートを使用する場合は、「減圧されたお湯」が出てくるわけです。

      エコキュートと給湯器の水圧比較

      では、エコキュートと一般的なガス給湯器の水圧は、実際どのくらい違うのでしょうか。

      結論から言うと、エコキュートの水圧は約180kPa、一般的なガス給湯器の水圧は約500kPaです。つまり、エコキュートの水圧は、ガス給湯器の3分の1程度ということになります。

      kPa:水圧を表す単位。数値が高いほど強い水圧であることを示す。
      種類 給湯方式 特徴 水圧
      ガス給湯器 水道直圧式 水道水の水圧そのまま 500kPa程度
      エコキュート 貯湯式 減圧弁によって水道水の水圧を下げる 180kPa程度

      たしかに、ガス給湯器の水圧に慣れている方は、エコキュートの水圧は物足りなく感じるかもしれません。

      ただし、生活に困るレベル、ストレスを感じるレベルではありません。もちろん個人差はあるでしょうが、「むしろこっちの水圧の方が良い」「お肌に優しい感じがする」といった意見も多いようです。

      水圧が強いおすすめエコキュート5選

      現在では技術が進化し、水圧が強いエコキュートが販売されています。

      その名kでも特におすすめなエコキュート5つをご紹介します。

      おすすめエコキュート 水圧
      日立エコキュート「ナイアガラ出湯」 500kPa(水道直圧)
      ダイキンエコキュート「パワフル高圧給湯」 320kPa
      東芝エコキュート「パワフル給湯」 300kPa
      三菱電機エコキュート「ハイパワー給湯」 290kPa
      パナソニックエコキュートの「パワフル高圧」 280kPa

       

      日立エコキュート「ナイアガラ出湯」

      まず、日立の「ナイアガラ出湯」です。

      最大の特徴は、「貯湯式」ではなく「水道直圧式」を採用していること。つまり、一般的なガス給湯器と同じ給湯方法なので、水道水の水圧そのままの状態でお湯が出てきます。

      バスルームとキッチンの2カ所で同時にお湯を使っても、シャワーが弱まったのを感じられないほど、パワフルな水圧を実現しています。

      また、構造上、タンク内の水と水道水は混ざらないようになっているので、蛇口から出てきたお湯は、そのまま飲用可能です。安心してシャワーでうがいもできますし、お湯で野菜を洗うことだって可能です。

      日立「ナイアガラ出湯」の特徴
      ・水圧の目安は500kPa
      ・「水道直圧式」を採用しているので、減圧なし(日立独自の技術)
      ・タンクの水と混ざらないので、お湯が飲める、野菜が洗える

      参照:「ナイアガラ出湯」|HITACHI

      ダイキンエコキュート「パワフル高圧給湯」

      次に、ダイキンの「パワフル高圧給湯」です。

      タンク内の「減圧弁」を進化させたことにより、高圧給湯が可能になっています。

      シャワーが3階にある場合でも毎分17リットルのお湯が使えますし、水量が増えたことで湯はりのスピードも速くなりました。

      日立の「ナイアガラ出湯」ほどではありませんが、水圧の弱さに不便を感じることはまずないでしょう。

      ダイキン「パワフル高圧給湯」の特徴
      ・水圧の目安は320kPa
      ・3階でも快適に使える(約17L/分)
      ・最短約11分でお湯はり終了(180Lのお風呂を想定)

      参照:「パワフル高圧給湯」|DAIKIN

      東芝エコキュート「パワフル給湯」

      続いて、東芝の「パワフル給湯」です。

      元々、東芝のエコキュートは、3階での使用には対応していませんでした。しかし、「パワフル給湯」シリーズでは、3階でも安定してお湯が使えるようになっています。

      バスルームとキッチンの同時利用でも、ストレスを感じることはないでしょう。

      東芝「パワフル給湯」の特徴
      ・水圧の目安は300kPa
      ・3階でも、2カ所同時利用でも、快適に使える
      ・省エネ技術「キープ制御システム」により、ランニングコストを抑えられる

      参照:「パワフル給湯」|東芝キヤリア

      三菱電機エコキュート「ハイパワー給湯」

      三菱電機の「ハイパワー給湯」は、独自構造の貯湯タンクにより、水圧を290kPaまで高めることに成功しています。

      「2カ所同時給湯」も「3階での給湯」も快適に行えます。

      ただし、「3階での自動お湯はり」には対応していないので、注意してください。

      三菱電機「ハイパワー給湯」の特徴
      ・水圧の目安は290kPa
      ・3階でも快適に使える(約13L/分)
      ・「お急ぎ湯はり」モードを搭載

      参照:「ハイパワー給湯」|三菱電機

      パナソニックエコキュート「パワフル高圧給湯」

      最後に、パナソニックの「パワフル高圧給湯」です。

      高耐圧の貯湯タンクを搭載することで、水圧を高めています。

      1階はもちろん、2階や3階でも、勢いのある快適なシャワーを楽しめます。

      パナソニック「パワフル高圧給湯」の特徴
      ・水圧の目安は280kPa
      ・3階でも快適に使える(約12L/分)
      ・2カ所同時利用でも快適

      参照:「パワフル高圧給湯」|Panasonic

       

      エコキュートの水圧が弱い時の対策

      エコキュートの水圧が弱くてどうしても気になる場合は、以下の2つの対策を試してみてください。

      • 給湯加圧ポンプを利用する
      • シャワーヘッドを利用する

      給湯加圧ポンプを利用する

      エコキュートに「給湯加圧ポンプ」を取り付けることで、水圧のアップが期待できます。

      給湯加圧ポンプ:足りない給湯圧を補うための装置

      ただし、「給湯加圧ポンプ」を取り付けられないエコキュートもあるのでご注意ください。よく分からない場合は、エコキュートのメーカーや専門業者に相談してみましょう。

      シャワーヘッドを利用する

      シャワーヘッドを利用するのも効果的です。インターネットやホームセンターなどで、「低水圧用のシャワーヘッド」を探してみてください。

      元々の水圧が弱くても、シャワーヘッドで出口の面積を狭くすれば、水圧は強くなります。

      同時に節水効果も期待できるので、ぜひご検討ください。

      水圧が弱いエコキュートは不便?

      はたして、水圧が弱いエコキュートは本当に不便なのでしょうか?

      ここで水圧が弱いデメリットとメリットを見てみましょう。

      水圧が弱いデメリット 水圧が弱いメリット
      ・洗い流しに時間がかかる ・水道代が安くすむ
      ・汚れ落ちが悪い ・電気代が安くすむ
      ・お湯はりに時間がかかる ・刺激が少なくお肌に優しい

       

      水圧が弱いことのデメリット

      シャワーの水圧が弱くて困ることと言えば、石鹸やシャンプーの洗い流しの時間。

      一気に洗い流せないので、

      「早く湯船につかりたいのに…」「早くお風呂から出てご飯の準備をしたいのに…」

      という時はイライラしますし、水圧が弱いと汚れが落ちたのかどうかも気になりますね。

      また、水圧が弱くてお湯はりに時間がかかってしまうのも困りもの。

      時間に余裕のある時はいいのですが、仕事や家事で忙しい時にはやはり水圧が強い方が何かと便利。

      水圧が弱いことのメリット

      デメリットばかりのようですが、実はランニングコストを抑えられるという大きなメリットがあります。

      水圧が弱いことで節水効果が生まれ、水道代が削減。水圧が弱ければそれだけ流れていくお湯も減らせます。

      また節電効果もあります。

      エコキュートは少ないエネルギーでお湯を沸かすので、もともと消費電力を抑えられるのですが、無駄なお湯を使わなければ結果的に電気代も節約できます。

      ランニングコスト面以外では、刺激が少なくお肌に優しいという点も。

      エコキュートの水圧は弱いが、不便とまでは言えない

      エコキュートの水圧は水道直圧式の給湯器に比べ落ちますが、

      「あまり気にならない」「エコキュートの方が、かえってちょうどいい」

      という意見も見られます。

      水圧に対する好みは人それぞれで、水圧の強いシャワーを好む方もいれば、柔らかなタッチを好む方もいらっしゃるのでこの辺は意見が分かれるところ。

      ただ、水圧が致命的に弱いのならそもそもこんなに普及しませんので、不便とまで断定は出来ないでしょう。

      またエコキュートが標準型か高圧給湯型かでも水圧が異なってきます。水圧が強い方がお好みの方には後者がおすすめです(詳しくは後述します)。

      特に、戸建てで3Fにお風呂がある場合は、水圧が強いものをきちんと選びましょう。

      エコキュートのメリット・デメリット

      次に、エコキュートのメリットとデメリットをそれぞれ見てみましょう。

      エコキュートのメリット エコキュートのデメリット
      ・熱効率が良く地球にやさしい ・給湯器に比べ価格が高い
      ・お財布にもやさしい ・湯切れになる可能性
      ・非常時も活躍 ・設置スペースが必要

      エコキュートのメリット

      エコキュートのメリットはなんといってもランニングコストが格段に抑えられる点にあります。

      近年ガス代も上昇傾向で、月々の光熱費は頭の痛い問題です。熱効率も良くお財布にも優しいエコキュートはかなり優秀。地域や使用環境にもよりますが、ガス給湯器と比べた場合、約5分の1から3分の1程度にまで光熱費を抑えることができます。

      また、非常時に貯湯タンク内のお湯を生活用水として使用できる点も魅力。

      エコキュートに買い換える理由の1つがこれ。震災などの自然災害で断水が起こるのは多々あります。非常用の生活用水が家で確保できているのは非常に心強いです。

      エコキュートのデメリット

      次にデメリットを見てみましょう。

      まず出てくるのが、その初期費用の高さ。

      「エコキュートに買い換えようか、どうしようか?」

      と悩んでいる時にネックになる部分です。

      本体価格と工事費用を含めた初期費用は、ガス給湯器や石油給湯器に比べ2〜3倍程度かかります。機種や設置環境等によりますが、金額にして約30〜70万円ぐらいです。

      「はいはい、どうぞ」

      とすぐに出せる金額ではありません。

      ただし、見なければならないのは、ランニングコストとのトータル。

      「10年使い続けた時にどちらがお得か?」

      という観点だとエコキュートに軍配が上がります。例えばガス給湯器のエコジョーズと比べた場合、その差は10万円近くまで開く場合もあるので、そこは慎重に比較してみましょう。

      コスト面以外だと湯切れの心配と設置スペースの問題が挙げられます。

      急な来客などでいつもより多くお湯を使う時は注意です。昼間に沸き増ししておかないとお湯切れに…。電気代の高い昼間の沸き増しは、やりすぎると節約効果が薄れます。エコキュートの導入を検討する際は適切な容量のものを選ぶようにしましょう。

      また貯湯式のため、貯湯タンクの設置場所に困るという問題もあります。入れ替え時も念頭に置きながら余裕を待たせておくことが肝心です。

      ガス給湯器よりもエコキュートがおすすめな方

      ランニングコストを今よりもっと抑えたい方には、ガス給湯器よりも断然エコキュートがおすすめ。

      LPガスの方は特に!

      これも設置環境や使用状況によって異なるのですが、エコキュートに交換することによって年間5分の1程度にまで光熱費を抑えられる可能性があります。LPガスは本当に高いです。

      都市ガスでもかなりのコストカットが可能になります。地域によって省エネ効果が変わるのでぜひ一度シミュレーションしてみて下さい。

      また、環境問題に関心があり、我が家のSDGsを強化したい場合も非常に有効です。

      水圧の弱さはデメリットになるか?

      確かにエコキュートが出始めの頃は水圧が弱い問題も多々ありましたが、パワフル給湯タイプを選べば問題なし!

      最近は水圧にこだわったエコキュートも多数登場しています。中にはエコキュートなのに水道直圧タイプの商品も出ていますので、水圧の弱さがデメリットになるとは一概に言えなくなっています。

      エコキュートの水圧についてよくある質問

      エコキュートの水圧の調べ方はありますか?

      各メーカーの公式ホームページやカタログに記載されています。

      多くのメーカーカタログでは、後ろの方に「仕様」ページがあります。その中に「減圧弁設定圧力」という項目があるはずなので、そこに書いてある「○○○kPa」という数値を参考にしてください。

      エコキュートの水圧 まとめ

      「エコキュートの水圧」について徹底解説しました。

      たしかに、ガス給湯器の水圧に慣れている方は、エコキュートの水圧は物足りなく感じるかもしれません。しかし、生活に困るレベル、ストレスを感じるレベルではないのでご安心ください。

      水圧にこだわりたい方は、今回ご紹介した「水圧が高めのエコキュート」を選ぶことをおすすめします。