現在、全国的に給湯器の在庫が不足していますが、駆けつけ隊は豊富に在庫を確保しています! 安心してお問合せください。

エコキュートのおすすめ2021!壊れやすいメーカーは?6大人気メーカーを徹底比較

エコキュートの買い替えを検討する際、どのメーカーのエコキュートがおすすめなのかよく分からないというのが正直なところでしょう。エコキュートは決して安い買い物ではないので、「壊れやすいメーカーを知りたい」「故障が多いメーカーを知りたい」というご相談も時折あります。

駆けつけ隊
駆けつけ隊
故障が多いかどうか、壊れやすいかどうかについては、メーカーによる差は殆どありません!強いて言えば、やはり高機能の商品のほうが故障するリスクは多少上がるかなという印象です。

なので、壊れやすいメーカーを気にするよりも、各メーカーがどこに力を入れて開発しているのかを知り選ぶといいでしょう。重視したいことが決まっている場合は、以下から該当するメーカーを中心にお読みください。給湯器駆けつけ隊ミズテックでは商品選びのアドバイスも行っています。お気軽にご相談ください。

  • 入浴剤を使いたい → ダイキン・日立
  • 地下水を利用したい → パナソニック・ダイキン・日立
  • 毎日清潔なバスタイムを過ごしたい → 三菱電機・東芝
  • 給湯やシャワーの圧力を高くしたい → 三菱電機・ダイキン・日立
  • 省エネにこだわりたい → パナソニック
  • 設置スペースに配慮したい → パナソニック

ガス給湯器のおすすめについては以下の記事をご覧ください。

【2021年】ガス給湯器の4大人気メーカーを徹底比較!おすすめや性能の違いは?

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュートとは?

      エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯ユニットからなります。

      エコキュートは、2001年にコロナ社が日本で初めて製品化!
      以降、高い省エネ性能が広く支持され、また国からの補助金制度などの後押しもあり、2016年以降の普及率は全体の30.3%と急速に普及しています。

      エコキュートは「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」の愛称です。エアコンや冷蔵庫にも使われている「ヒートポンプ技術」を利用して、電気と空気の熱でお湯を沸かします。

      主に深夜電力を使って湯を沸かし、日中は貯湯タンクに溜めたお湯を使う仕組みです。このことからオール電化住宅と相性が良く、低いランニングコストが魅力のひとつになっています。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      電気のみを使いお湯を沸かす「電気温水器」と比較して、エコキュートのランニングコストは約1/4。機器本体価格はエコキュートのほうが高いですが、約4年で機器本体価格差の回収が可能です。

      電気温水器からエコキュートへ交換するメリットとデメリット

      プロパンガス地域の新築では「オール電化+エコキュート」を採用されるケースが少なくありません。プロパンガスは光熱費が高いので、オール電化にすることでランニングコストが下がります。

      小さなお子様やご高齢者がいるご家庭では、火の気を避けるためにオール電化を選ばれるケースもあります。ガスより震災時の復旧が早かったことから、災害の備えとして選ばれる方もおられます。

      光熱費・オール電化・火元管理に関心がある方は、給湯器はエコキュートにされてみてはいかがでしょうか。

      つづいて、エコキュートの人気メーカーをご紹介していきます。メーカーにこだわりがない場合は、次の「【お悩み別】おすすめのエコキュートメーカーは?」からお読みいただくといいでしょう。

      エコキュートの6大人気メーカーを徹底比較

      エコキュートの6大人気メーカーを徹底比較

      エコキュートは、多くのメーカーが様々な機種を製造しています。エコキュートメーカーの代表は、業界の先駆者・コロナでしょう。パナソニックや三菱電機も人気です。

      エコキュートはたくさんの機種があり、どのように選べばよいのか迷うところです。これから各メーカーの特徴や人気機種などをご紹介していきますので、エコキュート選びの参考にしてください。

      ご紹介するのは、以下の6つのメーカーです。(クリックしていただくと、各メーカーの説明まで移動できます)

      それではさっそく、ご説明していきましょう。

      パナソニックのエコキュートの特徴と人気機種

      パナソニックの技術力は、創業から100年以上にわたり培われてきました。その実力は建築材料や住宅設備にも発揮され、多くの消費者が知るところです。

      パナソニックのエコキュートの特徴は、エコと便利さを併せ持った「消費者に寄りそう独自機能」を多く搭載していること。国内シェアNo.1の実力は、伊達ではありません。

      とくに以下の機能が便利です。

      • 3つの温浴モードから選択できる「温浴セレクト」機能
      • エネルギー消費をとことん低減できる多彩な省エネ機能
      • 便利な暮らしをサポートする「HOME IoT」

      順番に詳しく解説していきましょう。

      3つの温浴モードから選択できる「温浴セレクト」機能

      パナソニックのエコキュートは、3つの湯温から選べる「温浴セレクト」機能を搭載しています。この機能を使えば、家族一人ひとりが、心地よいと感じる湯温で入浴できます。

      お風呂につかる時間をタイマーで設定することもできます。温浴セレクトと組み合わせることで「熱めで3分」や「ぬるめで15分」など、お好みの入浴スタイルでお風呂が楽しめます。

      温浴モード 初期設定温度 温浴タイマーの例
      あつめ 42℃ 3分
      ふつう 40℃ 10分
      ぬるめ 38℃ 15分

      ※ 温浴モードの設定温度は、±1℃で変更可能
      ※ 浴タイマーの初期設定は「切」で、60分まで設定可能

      エネルギー消費をとことん低減できる多彩な省エネ機能

      パナソニックのエコキュートには、省エネ機能が多く搭載されています。例えばこんな機能があります。

      エコナビ 入浴していないとき、風呂の自動保温でエネルギー消費を抑制
      リズムeシャワープラス シャワーの流量と温度を同時に変動させて省エネ&節水
      ぬくもりチャージ お風呂の残り湯の熱を利用して、夜間の沸き上げを節約
      ソーラーチャージ 夜間の沸き上げ量を減らし、昼間の沸き上げに分散してエネルギーロスを削減

      ※ ソーラーチャージ機能は、太陽光発電システムが別途必要

      パナソニック製エコキュートのエネルギー効率は、とても優秀です。ヒートポンプユニット内の冷媒管を進化させ、優れた熱効率を実現しています。

      古いエコキュートを最新のパナソニック製エコキュートに交換すれば、お財布の負担軽減が実感できるでしょう。

      便利な暮らしをサポートする「HOME IoT」

      パナソニックのエコキュートは、スマートフォンを活用して遠隔操作でお湯張りや追いだきができます。(操作には、エコキュート専用アプリが必要)

      外出先から湯張り操作をしておけば、帰宅後すぐに入浴ができるので、快適なバスライフが楽しめます。

      パナソニック製エコキュートの電気代

      ご家庭で1番気になることと言えば、ズバリ電気代ではないでしょうか。そこで、パナソニック製エコキュートの「月々の電気料金の目安」をまとめてみました。

      北海道電力エリア 約2,700円
      東北電力エリア 約1,800円
      北陸電力エリア 約1,700円
      東京電力エナジーパートナーエリア 約2,000円
      中部電力エリア 約2,000円
      関西電力エリア 約1,700円
      中国電力エリア 約1,900円
      四国電力エリア 約2,400円
      九州電力エリア 約1,500円
      沖縄電力エリア 約900円

      ※ 算定基準はパナソニックによる
      参考:パナソニックエコキュート「低ランニングコスト」

      上述のパナソニックエコキュート「低ランニングコスト」を見ると、東京電力エリアの「給湯器の年間ランニングコスト」の目安は以下のようになっています。

      • 家庭用ヒートポンプ給湯器(エコキュート):約24,000円
      • 電気温水器:約102,000円
      • 石油給湯器:49,200円
      • ガス給湯器(都市ガス):63,600円

      エコキュートの年間ランニングコストは、各種給湯器と比較して、どのエリアでも1番安くて経済的です。

      パナソニック製エコキュートの保証内容

      パナソニック製エコキュートの保証は、以下の2種類あります。

      • メーカーが定める無償保証
      • 長期安心修理サービス

      メーカーが定める無償保証は、エコキュートの部位によって保証期間が以下のように変わります。

      エコキュート本体、リモコン 1年間
      ヒートポンプユニット内冷媒系統 3年間
      貯湯ユニット内タンク(水漏れ適用) 5年間

      なお、地下水(井戸水)を使用する場合は、パナソニックが定めた水質基準検査(有償)に合格する必要があります。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      水質検査に合格すると「ヒートポンプユニット内の水熱交換器スケール詰まりによる閉塞」は3年間保証が受けられます。

      いっぽう長期安心修理サービスは、わずかな契約料で(免責事項を除き)修理費がゼロ円になるサービスです。契約料は、保証期間によって変わります。

      保証期間(メーカー修理保証期間を含む) 契約料(税別)
      10年間 27,000円
      8年間 23,333円
      5年間 10,476円

      10年間の契約料が「27,000円(税別)」ということは、1か月あたり「225円(税別)」です。給湯器は1回の修理で27,000円を超えることもあるので、お得で安心なサービスと言えそうです。

      エコキュートを購入する前に、保証内容をしっかりと確認しておきましょう。

      パナソニック製エコキュートの人気機種

      パナソニック製エコキュートの中でとくに人気なのは、フルオートタイプのエコキュートです。機能が充実していて、すべてエコキュート任せも可能。快適にご利用いただけます。

      人気機種BEST3(2021年1月現在)をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

      1. NSシリーズ HE-NS37KQS(370L フルオート)
      2. NSシリーズ HE-NS46KQS(460L フルオート)
      3. NSシリーズ HE-NSU46KQS(460L パワフル高圧フルオート)

      三菱電機のエコキュートの特徴と人気機種

      パナソニックに次いで人気なのが、三菱電機のエコキュートです。新築現場で多く採用されていて、ユーザーが増えています。

      三菱電機のエコキュートは、快適さだけでなく「清潔さ」や「省エネ」にもこだわった独自の機能を搭載しています。とくに、以下の3つの機能が優秀です。

      • 清潔さにこだわった「キラリユキープ」と「バブルおそうじ」機能
      • 先進技術で効率よくお湯をわかして、経済性がUPできる機能
      • 心地よいぬくもりとうるおい肌のW効果が嬉しい「ホットあわー」

      順番に詳しく解説していきましょう。

      清潔さにこだわった「キラリユキープ」と「バブルおそうじ」機能

      三菱電機製エコキュートの「キラリユキープ」と「バブルおそうじ」機能を使えば、入浴中から入浴後までとことん清潔を保ってくれます。これでお風呂はいつでも清潔。気持ちよく入浴できます。

      キラリユキープは、お湯を清潔に保つ機能です。この機能を使うと、配管を通るお湯に深紫外線を照射してお湯の臭いとにごりが抑制できます。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      排水口の汚れも少なくなり、お手入れがラクになります。

      バブルおそうじ機能は、入浴後に栓を抜くだけで配管のおそうじを自動スタートしてくれます。約0.1mmのマイクロバブルが、配管内に付着した皮脂などの汚れを洗い流します。

      先進技術で効率よくお湯をわかして、経済性がUPできる機能

      三菱電機のエコキュートは、省エネ性に優れています。上位の機種では省エネ性を示す「年間給湯保温効率(JIS)」が「4.2」あり、これは業界トプレベルの数値です。

      「ホットりたーん」機能も、優れもの。この機能を使うと、入浴後の残り湯の熱を回収して翌日の給湯に活かせます。効率的にお湯を沸かせるので、家計にとって嬉しい機能です。

      さらに、三菱電機のエコキュートはタンク内に高断熱の素材を採用して保温性をアップしています。配管には効率的に水を加熱する工夫もされていて、三菱電機の技術力が細部まで駆使されています。

      心地よいぬくもりとうるおい肌のW効果が嬉しい「ホットあわー」

      三菱電機製エコキュートの「ホットあわー」機能を使うと、風呂上がりの湯冷めや乾燥肌を緩和してくれます。利用方法はカンタン、ボタンを押すだけです。

      「ホットあわー」機能を使うと約0.01ミリのマイクロバブルが発生して、細かい泡が全身を包んでくれます。快適なバスタイムを過ごしたい方のお役に立つこと、間違いなしです。

      三菱電機製エコキュートの電気代

      つづいて、三菱電機製エコキュートの月々の電気代を表にまとめてみましょう。

      北海道電力エリア 約4,400円
      東北電力エリア 約2,940円
      北陸電力エリア 約2,670円
      東京電力エリア 約2,800円
      中部電力エリア 約2,740円
      関西電力エリア 約2,240円
      中国電力エリア 約2,740円
      四国電力エリア 約2,620円
      九州電力エリア 約2,320円
      沖縄電力エリア 約1,480円

      ※ 算定基準は三菱電機による
      参考:三菱エコキュート「光熱費を比べてみよう!」

      上述の三菱エコキュート「光熱費を比べてみよう!」を見ると、東京電力エリアの「給湯器の年間ランニングコスト」の目安は以下のようになっています。

      • エコキュートSシリーズ:約33,700円
      • 従来型ガス給湯器(LPガス):約141,100円
      • 従来型ガス給湯器(都市ガス):約74,500円
      • 高効率ガス給湯器(LPガス):約118,700円
      • 高効率ガス給湯器(都市ガス):約60,900円

      エコキュートの年間ランニングコストは、ガス給湯器と比較して、どのエリアでも1番安くて経済的です。

      三菱電機製エコキュートの保証内容

      三菱電機製エコキュートの保証は、以下の2種類あります。

      • メーカーが定める無償保証
      • 延長保証制度

      メーカーが定める無償保証は、エコキュートの部位によって保証期間が以下のように変わります。

      エコキュート本体、リモコン 2年間
      熱交換器、コンプレッサー 3年間
      貯湯ユニット内タンク 5年間

      ※ 小型業務用(GEシリーズ)は1年保証

      延長保証制度は、わずかな契約料で修理費を保証してもらえるサービスです (本体のご購入価格が限度)。契約料は、保証期間によって変わります。

      保証期間(メーカー修理保証期間を含む) 契約料(税込)
      10年間 31,220円
      8年間 25,562円
      5年間 11,880円

      ※ 小型業務用(GEシリーズ)は延長保証制度対象外

      10年間の契約料が「31,220円」ということは、1か月あたり「約260円」です。故障で高額修理にならないかとご心配の方には、安心のサービスです。

      三菱電機製エコキュートの人気機種

      三菱電機製エコキュートの中でとくに人気なのは、フルオートタイプでダブル追いだき機能付きのエコキュートです。優しくマイルドに温めたり、すばやく急速で温めたりできます。

      人気機種BEST3(2021年1月現在)をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

      1. Aシリーズ SRT-W375(370L フルオートW追いだき)
      2. Sシリーズ SRT-S465U(460L フルオートW追いだき)
      3. Aシリーズ SRT-W465(460L フルオートW追いだき)

      ダイキン工業のエコキュートの特徴と人気機種

      空調専門メーカーと言えば「ダイキン」を思い浮かべる方が少なくないでしょう。空調のリーディングカンパニーとして、建築関連のプロからも信頼を寄せられているメーカーです。

      ダイキンは、エコキュートの基となる「ヒートポンプ式冷暖房・給湯マルチシステム」を世に送り出しました。35年以上が経過した今もなお、その技術力は足を止めることなく進化しつづけています。

      ダイキンは、長く使える製品づくりや非常時の対応、高圧給湯機能にこだわっています。おすすめの機能を3つご紹介しましょう。

      • 末永く使える高品質素材のタンクと交換用ヒートポンプ
      • 停電や震度7相当の地震にも強い停電時出湯対応と耐震構造
      • 快適なパワフル高圧・マイクロバブル入浴・温浴タイム

      順番に詳しく解説していきましょう。

      末永く使える高品質素材のタンクと交換用ヒートポンプ

      ダイキン製品の「品質」は、とても優れています。「ぴちょんくん」でおなじみのエアコンも、その品質と性能から指名買いされるほど人気ですよね。

      ダイキン製エコキュートの貯湯ユニットは、高品質ステンレス素材を採用しています。耐久性が高く、腐食や劣化に強いのが特徴です。

      ダイキン製エコキュートのヒートポンプが故障した場合は、貯湯ユニットを残し、ヒートポンプのみ交換して継続利用できます。交換用ヒートポンプを用意しているのは、ダイキンだけです。

      停電や震度7相当の地震にも強い停電時出湯対応と耐震構造

      日本では、いつどこで巨大地震が起こっても不思議ではありません。その他の天災やそれに伴う停電にも備えて、対策はしっかりとしておきたいところです。

      ダイキン製エコキュートなら、以下の機能で有事に備えられます。

      1. 耐震構造
      2. 停電時出湯対応
      3. 非常用水取出し

      エコキュートの貯湯ユニットは背が高く、地震の際に転倒する心配があります。ダイキンの角型370L貯湯ユニットは、倒れにくいように耐震性能を大幅に強化しています。

      さらに、貯湯ユニット本体の脚部とユニット支持部の補強で耐震性を強化しています。「転倒防止金具」と「補強プレート付脚部化粧カバー」の設置で、強度をさらにアップさせることも可能です。

      停電時でも、貯湯ユニットにお湯が残っていれば、シャワーや蛇口でお湯が使えます。貯湯ユニットが倒れなければ、地震で断水が発生しても、タンク内の水を取り出して使用できます。

      快適なパワフル高圧・マイクロバブル入浴・温浴タイム

      ダイキン製エコキュートは、品質だけでなく、消費者に寄りそった機能にもこだわりを持っています。おすすめの3つの機能をご紹介しましょう。

      パワフル高圧 高圧給湯の約1.9倍のパワフル給湯でシャワーが爽快、湯張りもスピーディー
      マイクロバブル入浴 約0.005~0.05ミリの微細な泡が体を包み、うるおい感とぬくもり感を持続
      温浴タイム お好みで選べる4つの湯温モードが、快適な入浴をサポート

      その他、これまでは使用できなかった入浴剤も使えますので、バスタイムをより楽しむことができます。利用可能な入浴剤は、以下をご参照ください。

      ダイキン製エコキュートの電気代

      つづいて、ダイキン製エコキュートの月々の電気代を表にまとめてみましょう。

      一般地 約1,820円
      寒冷地 約2,800円

      ※ 算定基準はダイキンによる
      参考:DAIKIN「電気料金について」

      上述のDAIKIN「電気料金について」を見ると、ランニングコストはエコキュートがガス給湯器より大幅に低いことがわかります。

      都市ガス給湯器からエコキュートに交換すると、ランニングコストは寒冷地で約62%削減。一般値では約70%削減が期待できます。

      ダイキン製エコキュートの保証内容

      ダイキン製エコキュートの保証は、以下の2種類あります。

      • メーカーが定める無償保証
      • 延長保証制度

      メーカーが定める無償保証は、エコキュートの部位によって保証期間が以下のように変わります。

      エコキュート本体 1年間
      冷媒系統 3年間
      水熱交換器 3年間
      タンク缶体 5年間

      ※ 地下水・井戸水を利用する際は、ダイキン社の水質基準を満たし認められた場合に限る

      延長保証については、延長保証料金28,000円(税別)を支払うことで保証期間が10年まで延長されます。

      ダイキン製エコキュートの人気機種

      ダイキン製エコキュートの中でとくに人気なのは、フルオートタイプのエコキュートです。機能が充実していて、すべてエコキュート任せも可能。快適にご利用いただけます。

      人気機種BEST3(2021年1月現在)をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

      1. EQ46VFV(460L フルオート パワフル高圧)
      2. EQ37VFV(370L フルオート パワフル高圧)
      3. EQN37VFV(370L フルオート)

      コロナのエコキュートの特徴と人気機種

      コロナは、世界初の家庭用エコキュート「第1号」を世に送り出したメーカーです。パナソニックや三菱電機、ダイキンに押され気味ですが、これまでに数々の賞を受賞してきた実力派です。

      コロナ製エコキュートはエコや快適さ、デザイン性など総合的に優秀で、バランスが取れているのが特徴です。コロナ製エコキュートのおすすめ機能を3つご紹介しましょう。

      • 保温効率を向上できるコロナ独自のES制御
      • 快適さを進化させる高圧力パワフル給湯&リモコン機能
      • 美観を意識したシンプルなデザイン

      順番に詳しく解説していきましょう。

      保温効率を向上できるコロナ独自のES制御

      コロナは以下3つの技術を融合することで、高効率を実現しています。

      1. 効率よくお湯をつくる技術
      2. 効率よくお湯を貯める技術
      3. 効率よくお湯を使う技術

      この3つの「効率」を実現しているのが、コロナが誇る「ES制御(エネルギーセーブ制御)」です。この技術のおかげで、高い省エネ性(年間給湯保温効率4.0)を達成しています。

      エコキュート第1号を手掛けたコロナの技術力は、先端技術を取り入れることで今もなお進化しつづけています。

      ES制御について詳しく知りたいかたは、以下をご覧ください。

      快適さを進化させる高圧力パワフル給湯&リモコン機能

      コロナのプレミアムエコキュートは給湯圧力が1.5倍あり、パワフルです。バスルームが2階や3階にあっても、心地よい圧力でシャワーが浴びられ、お湯張りも短時間で完了します。

      コロナ制エコキュートは、リモコンも優れています。たとえば、こんな機能が搭載されています。

      1. 手ぶらで会話ができる「ハンズフリー通話」機能
      2. モニターが見やすい「でか文字モード」
      3. 入浴者の入浴状況と時間が第三者から確認できる「浴室モニタースイッチ」

      他にも便利な機能が盛りだくさん。ぜひ手に取って操作していただきたいところです。

      美観を意識したシンプルなデザイン

      コロナのエコキュートは、意匠にもこだわっています。住宅のオシャレな外観やエクステリアを損なわない、スタイリッシュな「デザインエコキュート」がラインナップされています。

      エコキュートは、大きいので目立ちます。とことん家の外観にこだわりたい方には、コロナのエコキュートがおすすめです。

      コロナ製エコキュートの電気代

      つづいて、コロナ製エコキュートの月々の電気代を表にまとめてみましょう。

      北海道 約1,990円
      東京都 約1,320円
      静岡県 約1,380円

      ※ 算定基準はダイキンによる
      参考:年間ランニングコスト(北海道にお住まいの場合)
      参考:年間ランニングコスト(東京都にお住まいの場合)
      参考:年間ランニングコスト(静岡県にお住まいの場合)

      コロナも「ガス給湯器に比べてエコキュートならランニングコスト約1/3~1/6」とうたっています。ランニングコストにおいて、エコキュートはとても経済的です。

      コロナ製エコキュートの保証内容

      コロナ製エコキュートの保証は、以下の2種類あります。

      • メーカーが定める無償保証
      • 延長保証制度

      メーカーが定める無償保証は、エコキュートの部位によって保証期間が以下のように変わります。

      エコキュート本体、リモコン 2年間
      熱交換器、コンプレッサー 3年間
      タンク缶体 5年間

      延長保証制度は、わずかな契約料で修理費を保証してもらえるサービスです。契約料は、保証期間によって変わります。

      保証期間(メーカー修理保証期間を含む) 契約料(税込)
      10年間 31,130円
      8年間 25,520円
      5年間 11,820円

      10年間の契約料が「31,130円」ということは、1か月あたり「約259円」です。故障で高額修理にならないかとご心配の方には、安心のサービスです。

      コロナ製エコキュートの人気機種

      コロナでは「フルオート・オート・給湯専用」の3タイプのエコキュートが用意されており、フルオートのハイグレードタイプが人気です。

      人気機種BEST3(2021年1月現在)をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

      1. ハイグレードタイプ CHP-37AY3(370L フルオート)
      2. ハイグレードタイプ CHP-46AY3(460L フルオート)
      3. プレミアムエコキュート CHP-HXE37AY3(370L フルオート)

      日立のエコキュートの特徴と人気機種

      日立は、幅広く生活家電を手掛けているメーカーです。ご家庭の中を見回していただくと、日立製品が目に入る方は少なくないでしょう。

      そんな日立は、エコキュートでも独自の技術を駆使して「消費者に選ばれるモノづくり」を進めています。代表的な機能を3つご紹介しましょう。

      • 3つの給湯方式を採用
      • 断熱性と省エネ性が高い「ウレタンク」
      • 高速湯はり&快泡浴

      順番に詳しく解説していきましょう。

      3つの給湯方式を採用

      一般的なエコキュートは、タンク内にお湯を溜めて出湯する方式を採用しています。いっぽう日立は、水道から直接給湯する「水道直圧給湯」方式を独自開発して採用しています。

      この水道直圧給湯により、日立製エコキュートは以下の3つの方式で給湯できます。

      1. ナイアガラタフネス ⇒ タンクのお湯を使用せず、全て水道直圧で給湯
      2. ナイアガラ出湯 ⇒ お湯はりはタンクから、シャワーや蛇口は水道直圧で給湯
      3. 減圧弁方式 ⇒ 全てタンクから給湯

      さて、水道直圧給湯の何が凄いのか、そのメリットをご紹介しましょう。

      • メリット1:水圧が強いのでシャワーがパワフル
      • メリット2:たっぷりの水量でお湯はりが早い
      • メリット3:お湯をそのまま飲用できる
      • メリット4:カルシウムなど、配管詰まりの原因物質の混入を低減

      給湯方式だけでこんなにも多くのメリットが得られるのは、日立ならではの強みと言えるでしょう。

      断熱性と省エネ性が高い「ウレタンク」

      日立は、業界で初めて貯湯タンクの周囲にウレタンフォーム断熱材を充てんしました。その効果でお湯が冷めにくくなり、高い省エネ性能を発揮しています。

      耐震性も高く、防災機器レベルの「耐震クラスS」を実現。「局部震度法による建築設備機器の設計用標準震度」において、満水質量の2倍の荷重に耐えられます。

      高速湯はり&快泡浴

      日立のエコキュートは、すぐにお風呂に入りたいときも便利です。通常の約1.6倍の「高速湯はりモード」を利用して、湯はり時間を短縮できます。

      湯はり後にリモコンの「快泡浴」ボタンを押すと、循環アダプターから勢いよく噴流が噴き出します。はじける気泡で心地よさがUPし、湯上り後も湯冷めしにくい効果があります。

      日立製エコキュートの電気代

      つづいて、日立製エコキュートの月々の電気代を表にまとめてみましょう。

      北海道電力エリア 約2,470円
      東北電力エリア 約2,050円
      北陸電力エリア 約1,820円
      東京電力エナジーパートナーエリア 約2,030円
      中部電力エリア 約2,030円
      関西電力エリア 約1,730円
      中国電力エリア 約1,920円
      四国電力エリア 約2,530円
      九州電力エリア 約1,600円
      沖縄電力エリア 約1,090円

      ※ 算定基準は日立による
      参考:日立「給湯光熱費かんたんシミュレーション」

      上述の日立「給湯光熱費かんたんシミュレーション」を利用すると、ガス給湯器からエコキュートに変えたときの光熱費節約効果がわかります。一度お試しください。

      日立製エコキュートの保証内容

      日立製エコキュートの保証は、以下の2種類あります。

      • メーカーが定める無償保証
      • 延長保証制度(TWGワランティーサービスInc.日本支社が提供)

      メーカーが定める無償保証は、エコキュートの部位によって保証期間が以下のように変わります。

      エコキュート(冷媒回路とタンクを除く全て) 1年間
      冷媒回路 3年間
      タンク缶体 5年間
      ナイアガラタフネス9機種対象保証(ヒートポンプ/貯湯各ユニット/リモコン) 5年間

      延長保証制度は、わずかな契約料で修理費を保証してもらえるサービスです。契約料は、保証期間によって変わります。

      保証期間(メーカー修理保証期間を含む) 契約料(税別)
      10年間 28,381円(33,143円)
      7年間 20,954円(23,811円)

      ※ ( )内は塩害仕様

      10年間の契約料が「28,381円」ということは、1か月あたり「約237円」です。故障で高額修理にならないかとご心配の方は、加入しておかれるとよいでしょう。

      日立製エコキュートの人気機種

      日立のエコキュートは、フルオートの中でも「ナイアガラ出湯タイプ」に人気が集まっています。人気機種BEST3(2021年1月現在)をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

      1. BHP-F37SU(370L フルオート)
      2. ナイアガラ出湯 BHP-F37SD(370L フルオート)
      3. ナイアガラ出湯 BHP-F46SD(460L フルオート)

      東芝のエコキュートの特徴と人気機種

      東芝は、エアコンの製造で培ったヒートポンプ技術を活かしてエコキュートを開発しています。「使いやすさ・美しさ・清潔さ・保証」を柱に、給湯器で消費者の暮らしをサポートしています。

      東芝のこだわり機能を、3つご紹介しましょう。

      • スタイルに合わせて選べる2つのFACE「光タッチリモコン」
      • 清潔だから快適さも楽しめる「銀イオンの湯」
      • こだわりの5年保証

      順番に詳しく解説していきましょう。

      スタイルに合わせて選べる2つのFACE「光タッチリモコン」

      東芝の「光タッチリモコン」は、使いやすさと美しさを両立したリモコンです。その特徴は、以下のとおりです。

      1. リモコンパネルがホワイトとブラックの2色から選べる
      2. フルフラットなデザインでそうじがしやすい
      3. 指先で軽くタッチするだけで瞬時に操作できる
      4. 光と音声で次の操作をナビゲートしてくれるので迷わない
      5. 使った湯量やタンクの残湯量をリアルタイムに表示
      6. お湯の使用量を目標設定できるので省エネ意識が高まる

      インテリアによっては、白いリモコンは浮いてしまいます。デザイン性が高いブラックがあるのは、嬉しいですね。多くの機能を搭載していて、お湯が上手に使えるのも便利です。

      清潔だから快適さも楽しめる「銀イオンの湯」

      東芝のエコキュートは、業界で唯一、お湯はり水路に銀イオン発生ユニットを搭載しています。清潔な銀イオンの湯を、快適に楽しむことができます。

      銀イオンとは、活性化した銀の原子のこと。臭いの元となる細菌の細胞に吸着して、繁殖を99%も抑制します。銀イオン量は「少なめ・標準・多め」の3タイプから選択可能です。

      配管内の汚れや残り湯の臭いなど、今まで気になっていたお悩みが銀イオンで解決できます。

      こだわりの5年保証

      東芝エコキュート「ESTIAシリーズ」は全て5年無償保証なので、長く安心して使えます。東芝が長期間保証を付帯しているのは、高品質な製品づくりに自信を持っている証拠と考えてよいでしょう。

      たとえば、以下のような技術を用いて、故障しにくい製品づくりをおこなっています。

      • 貯湯タンクに高耐食ステンレス素材「YUS190」を採用しサビに強い
      • インバータはコーティングで性能を高めている
      • スーパーダイヤモンド・ライク・カーボン処理でコンプレッサーの剥離強度をUP

      上記の技術のおかげで、ユーザーは安心して東芝のエコキュートを購入できます。

      東芝製エコキュートの電気代

      東芝は、給湯にかかる電気料金の目安を公表していません。その代わり、ホームページ上で電気料金のシミュレーションができるようにしています。

      このシミュレーションは、電気温水器からエコキュートへ交換した場合の料金比較ができます。該当する方は、ご活用ください。

      東芝製エコキュートの保証内容

      東芝製エコキュートの保証は、以下の2種類あります。

      • メーカーが定める無償保証
      • 延長保証制度

      メーカーが定める無償保証は、エコキュートの部位によって保証期間が以下のように変わります。

      ESTIAシリーズ(消耗部品は除く) 5年間
      消耗部品 2年間

      延長保証制度は、わずかな契約料で修理費を保証してもらえるサービスです。契約料は、保証期間によって変わります。

      保証期間(メーカー修理保証期間を含む) 契約料(税別)
      10年間 24,000円
      8年間 17,000円

      ※ 銀イオン発生ユニットは、延長保証期間内であっても交換は有償

      10年間の契約料が「24,000円(税別)」ということは、1か月あたり「約200円(税別)」で、他のメーカーより安いです。価格設定からも、東芝の「技術力」への自信が伝わってきます。

      東芝製エコキュートの人気機種

      東芝のエコキュートは、ハイグレードのフルオートタイプに人気が集まっています。機能が充実しており、ワンランク上位のプレミアと比較しても遜色がありません。

      人気機種BEST3(2021年1月現在)をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

      1. ハイグレード HWH-B466HA(460L フルオート)
      2. ハイグレード HWH-B376HA(370L フルオート)
      3. ベーシック HWH-B466HA(460L フルオート)

      【お悩み別】おすすめのエコキュートメーカーは?

      おすすめのエコキュートメーカー

      これまでご紹介したエコキュートのメーカーは、どこも優秀な製品を製造しています。どの機種も特徴が多く、選ぶのに苦労される方も少なくないでしょう。

      そんなお悩みを抱えている方の決め手となるべく、ケース別におすすめのメーカーをご紹介していきます。

      入浴剤を使いたいならダイキン・日立

      一般的に、どのエコキュートでも一部の入浴剤が使用できます。中でもダイキンと日立は使用可能な商品が多く、入浴剤を使いたい方におすすめです。

      ダイキン社は、従来「にごりタイプ」の入浴剤の使用を禁止していました。今は一部のにごりタイプにも対応し、使用できる入浴剤を増やしています。

      日立は、風呂追いだき配管の全てに腐食に強く汚れにくい「ステンレス配管」を採用しています。ですから、安心して入浴剤を使用できます。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      入浴剤は、エコキュートメーカー各社が指定するシリーズのみ使用可能です。使用前に、利用可能な商品を確認しておきましょう。

      参考まで、両社が対応可能な入浴剤をあげておきましょう。

      ダイキン (株)バスクリンの入浴剤、バスクリン、きき湯、日本の名湯、ソフレ、温美浴各シリーズ
      日立 バブ、バスクリン、きき湯、バスロマン

      ※ 2021年1月現在

      入浴剤とエコキュートの関係については、こちらでも詳しく解説しています。気になる方は、あわせてご覧ください。

      地下水(井戸水)を利用したいならパナソニック・ダイキン・日立

      硬度の高い水質でエコキュートを使うと、カルシウムなどのスケール(堆積物)が発生します。これがしだいに配管を詰まらせ、給湯器が使用できなくなるケースが発生していました。

      これが理由で、エコキュートは地下水や井戸水の利用者から敬遠されていました。しかし、パナソニック・ダイキン・日立が高硬度の水質にも対応できる機器を開発したことで、状況が変わっています。

      地下水や井戸水でエコキュートを利用する場合は、各社規定の水質検査が必要です。検査に合格すると、まんがいち故障が発生した場合でも、保証期間内なら無償で修理してくれるので安心です。

      各社の水質検査料と保証期間を載せておきましょう。

      • パナソニック:15,000円(税別) + 送料/3年間
      • ダイキン:15,000円(税別) + 送料/3年間
      • 日立:1,500円(簡易水質チェックキット)/5年間(ナイアガラタフネス機種が対象)

      毎日清潔なバスタイムを過ごしたいなら三菱電機・東芝

      人が入ったあとのお風呂は、少し気になるものです。「1番風呂はズルいな」と感じる方も少なくないでしょう。

      いつでも清潔なお湯に浸かりたい方には、こんな機能がついたエコキュートをおすすめします。

      メーカー おすすめ機能 対象機種
      三菱電機 キラリユキープ、バブルおそうじ Pシリーズ、Sシリーズ
      東芝 銀イオンの湯 ESTIAプレミアム、ハイグレード機種

      上述の機能は、主に菌の増殖を抑制することでお湯の臭いやにごりを少なくして、気持ちの良いお湯を長時間キープしてくれます。お手入れが難しい配管も、それぞれの機能で清潔に保ってくれます。

      給湯やシャワーの圧力を高くしたいなら三菱電機・ダイキン・日立

      給湯器の水圧で悩まれている方は、少なくありません。あなたも、こんなお悩み抱えていませんか?

      • 複数箇所で同時にお湯を使用すると急に勢いが弱くなる
      • お湯を頻繁に使う冬季はとくに水圧が弱い
      • 2階のお風呂は水圧が弱くて、いつもシャワーを我慢している

      このようなお悩みを解決してくれるのが「ハイパワー給湯」機能です。三菱電機・ダイキン・日立では、独自技術で従来よりも圧力の高い給湯を実現しています。

      たとえば三菱電機の「ハイパワー給湯」機能なら、1分間に約16L(1階)出湯できます。高圧力型でも1分間に12Lほど出湯できますが、ハイパワー給湯機能はさらに約4Lも出湯量がUPしています。

      ダイキンの「パワフル高圧機能」は、高圧給湯と比べて約1.9倍の給湯能力があります。なんと1分間に約18L(1階)も給湯できるので、給湯量の多さではNo.1でしょう。

      日立の「水道直圧給湯」は、2ヶ所で同時に出湯してもパワフルに利用できます。同社の減圧弁方式と比較して、お湯の量は約1.6倍。お湯の圧力は2.9倍で給湯できるので、3階でもシャワーできます。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      なお、ハイパワー給湯は、当機能が搭載されている機種のみ利用できます。

      省エネにこだわりたいならパナソニック

      エコキュートは、その他の給湯器(ガス給湯器・電気温水器・石油給湯器)と比較して最もランニングコストが低く、経済的です。機器代は少し高くなりますが、ランニングコスト重視ならイチオシです。

      もしもあなたが「エコキュートの中でも、できるだけ経済的な機種がいい」とお考えなら、パナソニックのエコキュートがおすすめです。

      各エコキュートメーカーが省エネ対策をしていますが、パナソニックは電気のムダを省くだけではなく、節水機能も優れています。毎月のランニングコストにご満足いただけるでしょう。

      設置スペースに配慮したいならパナソニック

      エコキュートの貯湯ユニットは体積が大きく、敷地面積が狭い都心部では設置スペースに困ることがよくあります。そんなときは、パナソニックのエコキュートがおすすめです。

      パナソニックは、角型370Lおよび460Lクラスの貯湯ユニットで、業界NO.1の省スペース設計を実現しました。(2020年2月現在、JP/J/N/NS/FP/F/Lシリーズが対象)

      貯湯ユニットの幅「44cm」のVシリーズや、奥行き「44cm」の薄型W/Hシリーズも人気です。スリム化とフラット化によって狭いスペースでもすっきりと設置できます。

      エコキュートの選び方

      エコキュートの選び方

      ここまでは、メーカーごとの特徴をご紹介してきました。ここからは、エコキュート本体の選び方について解説します。

      エコキュートを選ぶときは、家族構成や地域性を考慮していただくとよいでしょう。大事な選考ポイントを3つご紹介します。

      ポイント1、タンク容量

      エコキュートは、家族で使うお湯の量を見極め、タンク容量を選択することが大切です。結婚や出産、子供の独立などで家族構成が変わるご予定がある方は、それも考慮しておきましょう。

      世帯人数からみた必要なタンク容量の目安は、以下のとおりです。

      • 4~5人家族:370L
      • 5~7人家族:460L
      • 8人家族:550L

      一般的なエコキュートは、深夜の電力を使ってお湯を沸かし、タンク内に溜めておきます。お湯を使いたいときは、タンク内のお湯を排出して使います。

      ですから、家族が増えて貯湯量を上回るお湯が要るようになれば、頻繁にお湯切れが起こります。反対に家族が減ると、作ったお湯を日常的に余らせてしまい経済的とは言えません。

      常時の世帯人数だけでなく、将来家族が増えるのか減るのか、来訪者が多いのか少ないのか、検討したうえでタンク容量を選びましょう。

      エコキュートの容量・サイズの決め方!

      ポイント2、タンク形状

      エコキュートは体積が大きく、敷地が狭い都心部では設置場所を確保するにも一苦労です。エコキュートメーカー各社は、それを考慮していろいろな形状の貯湯タンクを開発しています。

      主な貯湯タンクの形状は、以下の3種類あります。

      • 薄型タイプ:奥行きがないところに設置したいご家庭むけ
      • 角型タイプ:最もポピュラーな形状であり、販売されている種類が多い
      • コンパクトタイプ:幅も奥行きもないところに設置したいご家庭むけ

      タンクの形状は、貯湯容量に影響します。設置スペースがあっても「搬入経路が確保できない」などの問題が発生するケースもありますので、慎重に選びましょう。

      タンクの形状選びについてご不安があるようでしたら、給湯器の専門業者にご相談ください。

      ポイント3、住んでいる地域の気温

      空気中の熱を利用してお湯をつくるエコキュートは、外気温が低いと効率が落ちます。ですから、使用する地域の気温に適した機種を選ぶ必要があります。

      各メーカーが一般仕様機と寒冷地仕様機の使用条件を設けていますので、ご確認ください。たとえば、最低気温が-10度を下回る地域では、寒冷地仕様機が推奨されています。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      海から近い場所へ設置する場合は、サビを予防する「耐塩害タイプ」のエコキュートがオススメです。

      じつは、沖縄のような温かい地域に比べて、北海道のような寒い地域は大きめのタンクが必要です。

      エコキュートの貯湯タンク内には、高温のお湯が溜められています。これを水で薄めて使うので、寒い地域のほうがタンク内のお湯の減りが早いのです。

      もしも、エコキュート選びにご不安があるようでしたら、専門業者にご相談ください。専門業者なら、ご家庭の事情や地域性にあった機種を提案してくれるでしょう。

      エコキュートのご相談はミズテックまで

      エコキュートのご相談はミズテックまで

      エコキュート選びは、なかなか大変な作業です。ガス給湯器も選択肢に入れるなら、ご自分に合った機種を探し出すのが不可能に思える方もおられることでしょう。

      そんなときは、お気軽に専門業者をご利用ください。経験豊富な専門業者からのアドバイスが、あなたの労力を減らしてくれます。

      ミズテックがお客様から選ばれる理由

      弊社ミズテックは、全国を対象に給湯器の交換工事を承っております。同業者の中では珍しく修理も対応していますので、給湯器のトラブルでお困りの方はお気軽にご相談ください。

      弊社がお客様から選ばれる理由と評価いただいている点は、以下の3つです。

      メーカー直仕入れで格安価格を実現
      ミズテックでは、ガス給湯器や電気温水器などの機器をメーカーから直接仕入れています。メーカーから直接かつ大量に仕入れているので、機器の価格を抑えてご提供できます。

      また、給湯器の点検や取り付け工事を当社の専門スタッフがおこなうことで、工事の経費も少なく抑えています。このようなコスト削減努力によって、他店よりも安い販売価格を実現しています。

      本体&施工10年保証
      メーカー保証の期間を過ぎた給湯器の修理は、基本的に有償です。ただし、一部のメーカーは有料の保証制度を設けていて、加入すると最大10年まで保証期間が延長されます。

      いっぽう、弊社ミズテックは「本体と施工」両方に対して、無料で10年間の保証をご用意しています。生活に欠かせない給湯器を、末永く安心してご利用ください。

      最短30分で訪問可能
      ミズテックは、給湯器でお困りの方のために即日対応しており、最短30分で駆けつけられます。急なご依頼にも迅速に対応しますので、お気軽にご相談ください。

      「給湯器が壊れてお湯が出ない」「給湯器から異音がして怖い」といったトラブルや緊急時には、どこよりも早く対応させていただきます。

      ミズテックはこんな方にむいています

      弊社は、こんなお客様におすすめです。

      1. 技術力が高い業者に頼みたい方
      2. 施工実績が豊富な業者に頼みたい方
      3. お客様満足度が高い業者に頼みたい方

      それぞれ、詳しくご説明します。

      確かな技術力

      ミズテックは、ノーリツやリンナイ、日立から「正規販売店」として認定されています。給湯器メーカーが公認する確かな技術力で、お客様にサービスをご提供しています。

      また、高品質な作業をおこなうために「ガス機器設置スペシャリスト・ガス消費機器設置工事監督者・給水装置工事主任技術者」といった給湯器工事に関わる資格も取得しており、この道のプロです。

      施工事例10,000件以上

      ミズテックではこれまでに10,000件以上の施工実績があり、多くのお客様にご満足頂いております。施工事例をいくつかご紹介します。

      2020年8月 神奈川県川崎市での施工事例

      お電話でお問い合わせを頂き、ミズテックの専門スタッフが詳しくヒアリングをしたところ、「お風呂のお湯張りができない」とのことでした。

      いくつかの原因が考えられるので、お客様にお伝えし試してもらいましたが改善せず。給湯器を使用して12年経っていたので、交換工事をご提案しました。

      施工概要 ガス給湯器交換工事
      施工期間 2時間
      費用総額 \120,000(税別)

      詳細はこちら

      2020年9月 埼玉県熊谷市での施工事例

      お電話で「給湯器から異音がして、お湯が出ない」とお問い合わせを頂き、その日の夕方に現場にお伺いして状況を確認しました。

      本体の交換が必要な故障でしたので、状況をご説明したうえでエコキュートの交換工事を実施させて頂きました。

      施工概要 エコキュート交換工事
      施工期間 4時間
      費用総額 \330,000(税別)

      詳細はこちら

      2020年10月 神奈川県相模原市での施工事例

      給湯器の電源が入らずメーカーメンテナンスを呼んだところ「修理に必要な部品がなく、修理できない」と言われ、ミズテックに交換のご相談をいただきました。

      古い給湯器の型式を確認し、同等機種で交換を実施しました。

      施工概要 ガス給湯器交換工事
      施工期間 2時間
      費用総額 \106,800(税別)

      詳細はこちら

      お客様満足度97%以上

      ミズテックではお客様アンケートを実施して、頂いたご意見はサービスの質の向上に活用しています。アンケートでの「お客様満足度」は97%以上で、多くのお客様にご満足頂いております。

      実際にお客様から頂いたアンケートをいくつかご紹介いたします。

      2020年6月/茨城県/30代のお客様

      お電話での詳細な対応もとても親切丁寧で分かりやすかったです。工事に来て下さった方々は仕事が丁寧且つ敏速で凄いなぁ~と感動しました。また機会がありましたら、宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

      2020年6月/千葉県/40代のお客様

      迅速で丁寧な対応を頂き感謝しております。金額も安く素晴らしかったです。トラブル対応も迅速で、確実でした。ありがとうございました。

      2020年6月/埼玉県/60代のお客様

      他の3社さんの中でも一番早くご対応いただいたこと、作業も早く、丁寧ににこやかに説明いただいたこと、お電話の対応も良かったこと、気持ち良く、短納期で対応いただいてとても助かりました。

      2020年7月/埼玉県/60代のお客様

      エコキュートが、突然故障して困っていましたが、受付、現地調査、見積、設置工事まで4日間でやっていただきとてもありがたかったです。また、どの方も非常に親切で丁寧な対応をしていただきました。ありがとうございます。また何かあればお願いしたいと思います。これからも、よろしくお願いします。

      2020年9月/埼玉県/40代のお客様

      給湯器が壊れ昼に問い合わせて、夜に設置にして頂きました。近所のホームセンターや契約してるガス屋に問い合わせしたら、一週間と言われて困っていました。費用も安く済み大変満足です。ありがとうございました。

      エコキュートに関するよくある質問

      よくある質問

      エコキュート選びの参考に「よくある質問」をまとめました。ぜひ、参考にしてください。

      電気代を抑えたい・省エネ機能にすぐれているエコキュートメーカーは?

      パナソニック製のエコキュートですね。パナソニックのエコキュートには、「エコナビ」「リズムeシャワープラス」「ぬくもりチャージ」「ソーラーチャージ」など省エネ機能が多く搭載されています。ヒートポンプユニット内の冷媒管を進化させることで、優れた熱効率を実現しています。

      設置スペースが限られているのですが、設置できるエコキュートメーカーはありますか?

      パナソニックは、角型370Lおよび460Lクラスの貯湯ユニットで、業界NO.1の省スペース設計を実現(2020年2月現在、JP/J/N/NS/FP/F/Lシリーズが対象)。貯湯ユニットの幅「44cm」のVシリーズや、奥行き「44cm」の薄型W/Hシリーズも人気です。スリム化とフラット化によって狭いスペースでもすっきりと設置できます。

      シャワーの圧力を高くしたい場合におすすめのエコキュートメーカーは?

      「ハイパワー給湯」機能がついているのは、三菱電機、ダイキン、日立のエコキュートです。例えば、日立の「水道直圧給湯」は2ヶ所で同時に出湯してもパワフルにご利用いただけます。