エコキュートの寿命はどれくらい?メンテナンスで延ばせる?

エコキュートを長期間使用している方には、買い替えのタイミングに迷い、寿命はどの程度なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

エコキュートの寿命はメンテナンスの方法によっても左右されます。

今回はエコキュートの寿命は何年なのか、エコキュートのメンテナンスによってどのような効果が得られるのかについて見ていきましょう。

 

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュートの寿命

      エコキュートは翌日に使う分のお湯を電気代が安くなる時間帯の前日深夜に沸かして起きるシステムです。

      エコキュートは、貯湯タンクとヒートポンプユニットがと呼ばれる2つの機械が中心となっており、一般的な寿命はおよそ10~15年とされています。

      機器によって差はありますが、もしも10年以上使用し続けているエコキュートであったり、20年近く使用し続けていたりするのであれば、1度専門業者にメンテナンスや点検を依頼する方法が有効です。

      10年以上もしくは20年近く使用しているエコキュートの場合、突然お湯が出なくなる異音がするなど急なトラブルが起こる可能性があります。また、定期メンテナンスを行っていない場合、早い段階で寿命を迎えてしまうことも多くあります。

       

      エコキュートの寿命が短くなる原因

      エコキュートの寿命が短くなる原因は、メンテナンスを行っていないという理由以外にも様々な原因が考えられます。

      1つ目は、エコキュートに使用不可とされている入浴剤を使用することです。入浴剤を使用することでエコキュートの寿命が短くなってしまうケースも少なくありません。エコキュートの説明書には、入浴剤の使用は控えるようにといった注意書きが記載されている場合も多いです。エコキュートの耐用年数や寿命を短くする原因となる入浴剤にはいくつかの種類があり、アルカリを含んでいるものや、にごりタイプのものには注意しましょう。
      ほかにもミルク成分や炭酸カルシウムを含んでいるもの、薬草を使用している入浴剤の使用は控える必要があります。エコキュートの耐用年数、寿命に悪影響を及ぼす可能性が非常に高いため、基本的には成分が不明の入浴剤は使用しないようにしましょう。
      また、使っているエコキュートのメーカーや機種によって、使用できないと定めている入浴剤の種類には異なります。そのため、入浴剤を使いたいのであれば、家庭で使っているエコキュートの説明書を確認することが重要です。入浴剤を使用する時にはエコキュートの説明書に使用可能として記載のある入浴剤だけを使用しましょう。

      2つ目に、設置している環境や水質などが挙げられます。特に、エコキュートに潮風が当たったり寒冷地であったりする場合には、一般のエコキュートではなく特殊素材のエコキュートを選択する必要があります。状況によっては専用のカバーを掛け、エコキュートを保護する対策も行いましょう。自宅で使用しているエコキュートの寿命を短くするような利用方法をしていないか、セルフチェックの他にも専門業者に確認してもらう方法も有効です。

       

      利用している年数によっては買い替えを検討する

      エコキュートの寿命を長くするためには定期的なメンテナンスが非常に重要ですが、メンテナンスを行ったとしても10年以上使い続けているのであれば、買い替えを検討する必要があります。

      理由は、販売されてから10年以上が経過しているエコキュートの場合、メーカーに交換用部品の在庫がない場合も多いためです。

      交換用部品がないと修理や交換もできず、応急処置ができたとしても結果として数ヶ月~数年以内には買い換えなければなりません。エコキュートは寿命を迎える直前にトラブルの回数も多くなり、買い替えの前に修理や部品の交換をする場合も多いです。そのため、工事費や修理費に関しては買い替えの前に確認しておくと良いでしょう。

       

      エコキュートが寿命を迎えた時のサイン

      耐用年数や耐用年数を超えていたり寿命をお迎えていたりといったケース以外で、エコキュートの買い替えを検討すべき状況は、お湯が一定の温度を保てず不安定になる、リモコンのエラー表示が消えない、給湯可能なお湯の量が減ったといった例が挙げられます。これらの症状が目立つ場合も、エコキュートの買い替えを検討した方が良いでしょう。

      また、耐用年数を超えている状態で上記サインが見られる場合には、可能な限り早く専門業者へ依頼し、トラブルの原因を特定して買い替えや修理の相談も同時に行うと効率的です。

      買い替えすべきサインが見られている状態で無理に使用したとしても、エコキュートの寿命が延びることはなく症状が良くなることもありません。突然壊れるだけではなく、事故を起こす可能性も考えられるため、可能な限り早く点検と買い替えの相談をしましょう。

       

      部品交換や修理費の目安

      エコキュートの部品を交換したり修理をしたりといった料金の費用の目安に関しては、工事や修理を行う箇所によって費用に差が生じます。例えば、ヒートポンプユニットにトラブルが起こった場合の修理費用はおよそ15万円ほどかかることが一般的です。

      特に、エラー表示が消えない状態や温水が出ないといったトラブルの場合は、ヒートポンプユニットの修理が必須となり費用もかさんでしまいます。エコキュート全部を交換する際には、およそ20~70万円の費用が目安です。一部のパーツや部品を交換したり修理をしたりするのではなくエコキュートそのもの買い替えが買い換えなければならない場合、本体と工事費を合わせると高額な費用がかかります。

      エコキュートの種類やサイズ機能性によっても料金に差が生じますがおよそ30~50万円が目安です。また、経年劣化が原因で配管の交換が必要なケースやトラブルを起こした混合弁の修理、エラー表示がエラー表示された部品の交換といった部分的な交換や修理の場合は、およそ1~6万円となります。

      ほかにも、修理箇所が保証対象外の場合には費用が高額になるため注意が必要です。交換工事が実施される際には別途追加費用がかかるケースも少なくないため、事前に施工業者に確認しましょう。

      例えば、フルオートタイプのエコキュートへ買い換える際には配管工事が行われるため、費用が上乗せされ高額になるケースが多いです。現在使っているエコキュート撤去する際の費用がトータルの工事費に含まれていないのであれば、別途撤去費用が請求される場合もあります。

       

      エコキュートのメンテナンス

      エコキュートはこまめにメンテナンスすれば、寿命を迎えるまでほとんどトラブルを起こさずに使用できたり、寿命を伸ばしたりすることができます。

      メンテナンス方法には、家庭で行うセルフメンテナンスと施工業者に依頼をするメンテナンスの2種類があります。それぞれの点検項目について、詳しく見ていきましょう。

       

      家庭で実施できる!エコキュートのセルフメンテナンス

      家庭で実施できるセルフメンテナンスは主に6つ挙げられます。

       

      定刻時刻のチェック

      月に1回、定刻時刻の確認をします。

      リモコンで定刻時刻をチェックしましょう。時刻が異なっている場合、深夜にお湯を沸かす電気料金が高くなってしまう可能性があります。

       

      漏電遮断器の点検

      4~6ヶ月に1度、漏電をした時に自動的に電気を切るための装置である漏電遮断器を確認します。

      テストボタンがついているため、しっかりと電気が切れる状態であるかどうかをチェックしましょう。漏電遮断器は連動漏電ブレーカーとも呼ばれており、漏電が理由となる感電や火災といった事故を防ぐために電気を遮断する部分です。エコキュートの漏電遮断器のメンテナンスは年に2、3回行わなければなりません。

      まず、エコキュートタンクの下部についている点検カバーを外したら、漏電遮断器のテストボタンを押して電源レバーを切ります。電源レバーが切れたことが確認できたら再び電源レバーを「入」もしくは「on」に戻して点検は完了です。

       

      戻し弁の点検

      4~6ヶ月に1度、沸き上げの際にタンク内の水を排出した上で高圧になることを防ぐ戻し弁の確認をしましょう。

      戻し弁をメンテナンスする方法は、エコキュート下部にある排水口からお湯や水が出てないかを確認した上で、水漏れの点検を行います。もしも、水やお湯が出ている状態であれば、エコキュート上部にある戻し弁操作元からレバーを奥や手前に戻したり起こしたりといった作業をして、水やお湯を止めましょう。

      次に、エコキュート上部にある戻し弁操作窓からレバーを手前に起こして、排水口から排水されるかどうかを確認し、レバーを戻すだけでメンテナンスは完了します。

       

      貯湯タンクの清掃

      4~6ヶ月に1度、貯湯タンクのお湯を排水して貯湯タンクの底に沈んでいる水垢や不純物を除去しましょう。

       

      配管の確認

      4~6ヶ月に1度、貯湯ユニット周辺の漏れがないか、保温材に保温材が劣化していないかを確認します。

      また、6ヶ月に1回程度、エコキュートの配管メンテナンス専用の洗浄液を使って、配管を点検すると同時に清掃を行いましょう。

      浴槽とエコキュートの間には配管が通っており、エコキュートを使っている間は配管にお湯が通ることで汚れが溜まりにくいですが、エコキュートを使っていない間は水がたまる溜まった状態のため汚れも蓄積しやすくしやすい状態となります。基本的にエコキュートには自動洗浄機能がついているものの、自動洗浄機能が付いていないタイプのものは自分でメンテナンスを行わなければなりません。

      また、配管接続部のメンテナンスも必要であり、配管接続部にはパッキンやシールなどが使われており素材がゴムであるため、経年劣化すると水漏れを起こす可能性が高いです。配管接続部のメンテナンスを行う際には水漏れしていないかを目視で確認しましょう。メンテナンスは年に2、3回の頻度で行う必要があります。

       

      お風呂のフィルターのメンテナンス

      お風呂のフィルターは、日頃から取り外して汚れをしっかり洗い流さなければなりません。

      お風呂のフィルターが目詰まりすることで追い焚きができなくなる、時間がかかるなど効率が悪くなるだけではなく、故障につながる可能性もあります。お風呂のフィルターはブラシを使って簡単に水洗いをするだけでも、十分なメンテナンス効果が期待できるでしょう。

       

      ヒートポンプユニットのメンテナンス

      ヒートポンプユニットは年に2、3回水抜き(空気抜き)を行う必要があります。

      ヒートポンプユニットのメンテナンスを実施しなければ故障につながり、寿命を短くしてしまう原因になります。ヒートポンプユニットのメンテナンス方法は、まずヒートポンプユニットの水抜き栓3つを開き、1分以上水が出ていることを確認します。1分以上水が出ていることが確認できた後は、水抜き栓3つを閉じるだけで完了します。

       

      リモコンのメンテナンス

      エコキュート専用のリモコンのメンテナンスは、文字が見えにくい、汚れがついている時や、汚れが目立っている時に適宜行いましょう。

      乾いた布やしっかりと絞った布で汚れを拭き取ります。汚れが目立つ場合もシンナーやアルコールなどを使うとリモコンのボタンが変形したり変色したりといったトラブルが起こるため、薬品は使用しないことが大切です。

       

      専門業者に依頼!エコキュートのメンテナンス

      エコキュートの部品のなかでも、特に消耗しやすいものに関しては、専門業者にメンテナンスを依頼する方法が有効です。

      具体的には、戻し弁と減圧弁については、3年に1度、専門業者に点検を依頼しましょう。

      戻し弁はお湯を沸き上げた際に浴槽の中の水を排出し、タンクの中の圧力を正常な状態に維持するために重要な部分です。減圧弁は水の圧力を低下させ、異なる給水圧力を一定の状態に維持するための部品となります。

      その他エコキュートの点検項目は様々であり、メンテナンスの頻度もそれぞれ異なります。一定期間ごとにメンテナンスが必要になるものの、毎日行う必要はありません。部品ごとで、1ヶ月ごとに行う必要がある部分もあれば、半年や2年に1度で良いものもあるのです。

       

      メンテナンスで防げるトラブル例

      以下に紹介する3つの代表的なトラブル例は、エコキュートのメンテナンスを行うことによって防止することができます。

       

      ヘドロによる異臭

      エコキュートのタンクの中は、常に65~90度といった高温に維持されているため、菌が繁殖しにくい状態です。さらに、ステンレス製で作られていることで内部に空気が入らない仕組みになっており、ヘドロや錆が発生するリスクも少なくなります。

      しかし、長期間使用していることにより湯垢や水垢が沈殿物となって蓄積するほか、経年劣化したゴムの部品などがゴミやカスとして蓄積するため、定期的にメンテナンスといった形で清掃する必要があります。

       

      感染症のリスク

      主に追い焚き機能を使用する際に、お風呂の菌や汚れが浴槽から逆流して蓄積しやすいため、定期的に掃除を行わなければなりません。

      最も感染しやすい菌はレジオネラ菌であり、レジオネラ肺炎に感染することで高熱や下痢、頭痛や咳などといった症状が引き起こされます。小さな子供や高齢者の場合は命に関わるため、注意が必要です。

       

      お湯の悪臭対策

      エコキュートのお湯が臭う原因は、タンクや配管に汚れが蓄積しているケースが多いです。

      年に2、3回の水抜きメンテナンスを行うことによって、悪臭の原因を取り除き、長時間快適に使用することができるでしょう。

      水抜きとは配管内やタンクの水を抜く作業であり、水抜きを行うことによってタンクや配管を清潔に保てるほか、悪臭の原因である汚れも同時に取り除くことが可能です。

      水抜きをする箇所は、貯湯ユニットとヒートポンプユニットの2箇所となります。貯湯ユニットはお湯と水を貯めておく部分であり、貯湯ユニットが原因となって悪臭が出るケースも多いため、こまめに水抜きメンテナンスを行うことが重要です。

      ヒートポンプユニットは熱によって水を温めてお湯を沸かす場所で、お湯が出てくる場所であるため、メンテナンスを行う際には火傷に注意しましょう。

       

      エコキュートのメンテナンスは専門業者に依頼することもおすすめ

      エコキュートはメンテナンスや掃除を実施しなければ、故障したり汚れたお湯を使用したりすることになるなど、リスクもあります。さらに、効率的にお湯を沸かせず電気代が高くなる可能性もあるのです。

      定期的なセルフメンテナンスも重要ですが、年に数回はプロ専門業者に依頼をして、メンテナンスや点検を隅々まで行うことが長く使う秘訣です。

      なんだか最近不具合が多い。
      お湯のニオイが気になってきた。
      信頼できる施工業者に出会いたい。

      まずは現在お使いのエコキュートの点検をエコキュート専門施工店に相談してみませんか。

      お見積りのご相談など、お気軽にミズテック駆けつけ隊までご連絡ください! お見積りはもちろん無料。ご相談はお電話やLINEでも受け付けております。

      ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。