北海道での給湯器交換のおすすめは?寒冷地仕様の給湯器や札幌の安い業者も解説

「北海道で給湯器を交換するなら、どの給湯器と業者を選べばいい?」
「北海道では寒冷地仕様の給湯器を選ばなきゃいけないって本当?」

北海道で初めて給湯器交換を行うため、上記のような疑問に頭を悩ませている方も多いでしょう。北海道での給湯器交換は、寒冷地ならではの重要なポイントをおさえた上で依頼する必要があります。

この記事では、北海道で給湯器交換を行う際の給湯器の選び方や業者の選び方に関するポイントをお伝えします。さらに、北海道で石油給湯器に交換する場合のメリットや費用相場が分かるため、寒冷地ならではのお得な給湯器に交換することが可能となります。北海道での給湯器選びに迷われている方は、ぜひご一読ください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

給湯器交換を北海道で行う際の重要なポイント4点を確認

まずは、給湯器交換を北海道で行う際の重要なポイントを4点確認しておきましょう。

寒冷地仕様の石油給湯器やエコキュートを選ぶ

北海道で給湯器を交換する場合にはまず、寒冷地仕様の給湯器を選ぶことが重要です。北海道での使用におすすめの給湯器としては石油給湯器やエコキュートなどが挙げられますが、これらの給湯器を選ぶ際には一般的なタイプではなく寒冷地仕様の製品を選ぶ必要があります。寒冷地仕様の給湯器には下記のような特徴があり、寒さの厳しい地域でも安全に使用することが可能です。

・外気温が低い環境でも動作できる
・凍結防止ヒーターが備え付けられている
・貯湯タンクは断熱材で覆われている

上記のような性能のない一般モデルを使用してしまうと、すぐに凍結してお湯を使えなくなってしまいます。北海道で給湯器を交換する際には、必ず寒冷地仕様の給湯器を選びましょう。

北海道に営業所がある給湯器専門業者に工事を依頼する

北海道での給湯器交換においては、北海道に営業所がある業者に工事を依頼することが重要です。北海道での給湯器交換では、給湯器交換のために広い土地を移動する必要があり、寒冷地特有の給湯器に交換しなくてはならない点などがネックです。

北海道に営業所のない業者では、工事までに時間がかかりすぎてしまいます。そのため、「今すぐに給湯器を交換してお湯を使いたい」という方には不向きです。ミズテックは、北海道札幌市に営業所を構える給湯器専門業者です。寒冷地特有の給湯器交換に関して疑問のある方は、お気軽にお問い合わせください。

屋内式給湯器の扱いに注意する

北海道での給湯器交換においては、屋内式給湯器の扱いにも注意が必要です。寒さの厳しい北海道においては、屋内設置タイプの給湯器を選ぶケースもあります。屋内式給湯器は、屋外式給湯器に比べて故障などのリスクも高いため、下記のポイントに注意してください。

・給気口を塞がない
・配管に触らない
・積雪による排気口の塞がりを防ぐ

上記のように、積雪などの影響も受けやすいため、安全面で注意すべきポイントが多いです。こまめな除雪を含めて、安全性を確保するための対策を確実に行い、屋内式給湯器を使用しましょう。

給湯器の凍結対策や積雪対策を行う

北海道で給湯器を使用する場合には、凍結対策や積雪対策を行うことも重要です。寒冷地仕様の給湯器の場合には、凍結防止機能があらかじめ備わっているケースも多いですが、給湯器以外の部分の凍結対策も重要となります。

例えば、冷え込みが予想される日の就寝前に給水栓から4mm程度の水を流し続けることで、早朝の凍結を防ぎやすくなります。また、給湯器の周辺の雪かきを怠らずに行うことで、雪が落ちてきたり吹き込んだりして故障するのを防げるでしょう。

このように、北海道で給湯器を使用する場合には、凍結・積雪対策も非常に重要です。

給湯器交換を北海道で行う際に選べる給湯器の種類3選

ここまで、給湯器交換を北海道で行う際の重要な4つのポイントを見てきました。給湯器交換を北海道で行う際には寒冷地仕様の給湯器を選ぶことが重要ですが、燃料別にはどんなタイプの給湯器を選べるのでしょうか。主な3種類の給湯器をチェックしましょう。

寒冷地向け石油給湯器

北海道で使用できる給湯器としてはまず、寒冷地向けの石油給湯器が挙げられます。石油給湯器は、灯油を燃料としてお湯を沸かすタイプの給湯器です。

北海道のような寒冷地では冬場のお湯の使用量が多く、給湯にかかる光熱費が高くなる傾向にあります。灯油はガスよりも単価が安いため、寒冷地ではガス給湯器よりもお得に使用することが可能です。また、北海道ではマンションでも広く使用されているタイプの給湯器です。寒冷地向け石油給湯器のメリットとデメリットをまとめると、下記のようになります。

メリット デメリット
・取り扱いが楽
・給湯にかかる光熱費がガスよりも安い
・マンションでも人気
・灯油を継続的に供給できる地域での使用が望ましい
・灯油タンクの空気抜きなども必要になる

寒冷地向けエコキュート

北海道で使用できる給湯器としてはまず、寒冷地向けのエコキュートもあります。エコキュートは、大気熱を取り込むことで少ない電力でお湯を沸かせる給湯器です。初期費用の高さがネックですが、給湯にかかる光熱費はガス給湯器や石油給湯器よりも大幅に節約することができます。

寒冷地仕様のエコキュートであればマイナス10度を下回る環境でも使えるように設計されるため安心です。また、エコキュートであれば断水時や停電時でも貯湯タンクに貯まったお湯を非常用生活水として使うことができます。寒冷地向けエコキュートのメリットとデメリットをまとめると、下記のようになります。

メリット デメリット
・給湯にかかるランニングコストが安い
・灯油やガスなどの供給が不要
・オール電化住宅でも導入可能
・初期費用が30~70万円と高い
・広い設置スペースが必要
・お湯切れの心配がある

 

寒冷地向けガス給湯器

北海道で使用できる給湯器としてはまず、寒冷地向けのガス給湯器も挙げられます。ガス給湯器は、ガスを燃料としてお湯を沸かすタイプの給湯器で、瞬間式のタイプが多いです。石油給湯器やエコキュートより本体価格が安く、サイズもコンパクトなものが多いという特徴もあります。

さらに、ガス給湯器の中でも「エコジョーズ」であれば、従来型のガス給湯器では捨てていた排気ガスの熱を再利用してお湯を沸かせます。これにより少ないガス量で効率よくお湯を沸かせるため、ガス代の節約につながります。メーカーによっては寒冷地仕様かつエコジョーズのガス給湯器もあるため、チェックしてみるのもおすすめです。

寒冷地向けガス給湯器のメリットとデメリットをまとめると、下記のようになります。

メリット デメリット
・本体価格が安い
・コンパクトでスペースを取らない
・省エネ性の高いエコジョーズも選べる
・ガスの供給が必要
・都市ガスに比べてプロパンガスだと割高になる
・ガス漏れなどのリスクもある

 

給湯器交換を北海道で行う際に発生する費用相場

北海道で給湯器交換を行う場合には、寒冷地向けの石油給湯器・エコキュート・ガス給湯器から希望に合ったものを選びたいものです。給湯器交換においてネックとなるのが費用相場でしょう。ここでは、寒冷地仕様給湯器の本体価格相場と寒冷地での交換工事費用相場をお伝えします。

寒冷地仕様の給湯器の本体価格相場

給湯器のタイプ別の本体価格相場は、下記の通りです。

・石油給湯器:10~45万円
・エコキュート:30~70万円
・ガス給湯器:5~30万円

寒冷地仕様であっても、上記の価格相場の範囲内に収まるケースも多いです。しかし、同じモデルで比べると、一般タイプに比べて寒冷地仕様の給湯器は5~10万円程度高くなる製品もあります。

タイプ別にはガス給湯器や石油給湯器に比べて、エコキュートの価格が最も高いです。しかし、エコキュートはランニングコストが最も安いというメリットもあります。このようなポイントを考慮して、ご自身に合った給湯器を選びましょう。

寒冷地での給湯器交換にかかる工事費用相場

給湯器交換にかかる工事費用相場は、5~10万円です。寒冷地の場合には、別途ヒーター工事などの保温工事費用が発生し、2~3万円が追加料金としてかかるケースもあります。

ただし、給湯器交換の工事費用は、依頼する業者によっても大きく異なります。工事費用込みの費用を安く抑えられる業者もあるため、複数の業者に相見積もりを取って安くて明朗会計の業者を探すのがおすすめです。

北海道での給湯器交換で「石油給湯器」がおすすめな理由3選

寒冷地での給湯器交換にかかる費用相場について見てきました。寒冷地では寒冷地仕様の製品に限りエコキュートやガス給湯器なども使用可能ですが、最もおすすめなのが寒冷地仕様の石油給湯器です。なぜ石油給湯器が北海道などの寒冷地でおすすめなのか、石油給湯器を導入するメリット3点をチェックしましょう。

給湯能力がパワフルで寒冷地でも安心

北海道で石油給湯器がおすすめの理由としてはまず、給湯能力がパワフルで寒冷地でも安心ということが挙げられます。石油給湯器は灯油を燃料としてお湯を沸かすため、ガスや電気に比べてもパワフルな給湯能力を発揮してくれます。

寒冷地では寒さの厳しい冬に多くのお湯を使いますが、給湯能力の高い石油給湯器であれば安心して使い続けられるでしょう。なお、石油給湯器は一般的に給湯能力別に4万キロタイプと3万キロタイプがありますが、4人以上の家族でも4万キロタイプであればお湯を同時使用するシーンでも安心です。

ガス給湯器に比べてランニングコストが安い

石油給湯器がおすすめの理由としては、ガス給湯器に比べてランニングコストが安い点も挙げられます。石油給湯器は既述の通り給湯能力が高いため、使用湯量が多い寒冷地であっても、ガス給湯器ほどランニングコストがかかりません。同じ条件でガス給湯器と石油給湯器の給湯にかかるコスト(1ヶ月)を比較すると、下記の通りです。

・ガス給湯器(プロパンガス):約9,000円
・石油給湯器:約5,500円

条件によっては1ヶ月あたり3,000円近い差が出るなど、石油給湯器はガス給湯器よりも給湯にかかるコストを節約したい人にも向いています

エコキュートなどに比べて初期費用も安い

石油給湯器を北海道で導入するメリットとしては、エコキュートなどに比べて初期費用が安い点も挙げられます。エコキュートに比べるとランニングコストの安さでは劣る石油給湯器ですが、下記のように初期費用に関してはエコキュートよりも安いです。

・石油給湯器:10~45万円
・エコキュート:30~70万円

給湯器を選ぶ際には、ご自身の予算やライフスタイルに合ったタイプを選ぶことが重要です。エコキュートを導入する予算がない場合や、エコキュートの水圧やお湯切れなどに不安がある場合には、初期費用の安い石油給湯器を導入してみてはいかがでしょうか。

北海道で給湯器交換する際の業者の選び方3つ

北海道で給湯器交換を行う際には、業者選びも重要となります。ここでは、寒冷地ならではの給湯器交換業者選びで重要な3つのポイントをチェックしましょう。

道内に営業所がありサポートが手厚い業者を選ぶ

北海道で給湯器交換の業者を選ぶ際にはまず、道内に営業所がありサポート体制が整っている業者を選びましょう。全国展開している実績が豊富な大手の業者であっても、北海道に営業所がない場合には、北海道での給湯器交換に適していません。

北海道は面積も大きく、業者の移動費用などもかさむものです。道内に営業所があり、かつ対応スピードが早い業者であれば、「今すぐに給湯器を交換してお湯を使いたい!」というシーンでも心強いでしょう。

寒冷地でも安心な石油給湯器や屋内式給湯器の在庫が豊富な業者を選ぶ

すでにお伝えした通り、北海道などの寒冷地では寒冷地仕様の石油給湯器の導入がおすすめです。また、寒冷地では凍結や積雪防止のために屋内式給湯器の導入を検討している方もいるでしょう。このように寒冷地に適したタイプの給湯器の在庫が豊富な業者を選ぶことも、北海道での給湯器交換業者選びにおいては重要です。

たとえ取り扱いがあるとホームページに記載のある業者でも、現時点で在庫を確保しているかは確認しないと分かりません。相見積もりを取る際には、扱っている給湯器の種類に関しても必ずチェックしておきましょう。

割引率が高く初期費用を安く抑えられる業者を選ぶ

寒冷地での給湯器の導入は、費用がかさんでしまうケースも多いものです。そのため、できるだけ割引率が高く初期費用を安く抑えられる業者を選ぶことも重要となります。寒冷地仕様の給湯器は一般モデルに比べて価格が高い傾向にあり、工事に関しても別途ヒーター工事などが必要なケースも多いです。

なかにはメーカー直仕入れによって給湯器本体を高い割引率で提供してくれる業者もあり、初期費用の高い寒冷地仕様の石油給湯器やエコキュートなども割安で購入可能です。このように、なにかと費用がかさむ寒冷地での給湯器交換では、初期費用を少しでも削減できる良心的な業者を選びましょう。

 

北海道(寒冷地)での給湯器交換に悩んでいる方はミズテックにご相談を!

「北海道でも給湯器の交換に安く対応してくれる業者はどこだろう」
「寒冷地仕様の石油給湯器が気になっているけど、どこで購入するのがいい?」

北海道での給湯器交換に際して、下記のような悩みをお持ちの方はぜひ一度ミズテックにご相談ください。ミズテックは、下記のような特徴を持つ、寒冷地での給湯器工事に適した専門業者です。

・札幌市に営業所あり
・寒冷地仕様の給湯器の在庫を豊富に確保
・最大91%オフで給湯器をご提供
・最短30分での駆けつけ訪問
・本体保証&工事保証10年

寒冷地ならではの給湯器交換に関して不安な点があるという方は、お気軽にお問い合わせください。

給湯器交換 北海道 まとめ

この記事では、北海道での給湯器交換について詳しく見てきました。北海道での給湯器交換では、寒冷地仕様の給湯器を選ぶことや、寒冷地での交換工事に対応できる業者に依頼することなどが重要です。また、寒冷地で使用可能な給湯器の中でも特に、給湯能力が高く初期費用と給湯コストのバランスに優れている石油給湯器はおすすめとなります。ミズテックでは、石油給湯器の在庫を多数取り揃えており、寒冷地ならではの給湯器交換・修理工事にも対応可能です。道内で給湯器交換を検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ