ビバホームで給湯器を交換・リフォームするときの価格相場とメリット・デメリット

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?
氏名
お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
氏名
メールアドレス
こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
見積希望を受け付けました!

ビバホームで給湯器の交換・買い替え工事を行うときの費用相場は?



ビバホームで給湯器を買い替え工事するときの費用相場は?



ガス給湯器は主に「給湯専用」、「高温水供給式」、「ふろ給湯」、「給湯暖房」の4タイプに分けることができます。またふろ給湯は、さらにオートタイプとフルオートタイプの2タイプに分けられます。

ビバホームで販売されている給湯器の種類は、「給湯専用」、「高温水供給式」および「ふろ給湯」があり、リンナイやノーリツ、パーパスなど国内主要メーカーの給湯器を取り揃えています。

給湯器の各種類の機能は、以下の通りです。

種類

機能

給湯専用

単純に給湯のみのシンプルな構造

高温水供給式

給湯機能に自動湯はり・高温差し湯追い焚きが可能

※高温差し湯追い焚きとは、浴槽に高温水を供給して、ふろ給湯のような追い焚き感覚を味わうことができる機能のこと。

ふろ給湯

オート:給湯・自動湯はり・自動追い焚き・自動保温が可能

フルオート:上記オート機能+自動足し湯・追い焚き配管洗浄が可能


上述の内容を踏まえた上で、給湯器の交換費用相場について触れていきます。

まず給湯器交換の一般的な費用構成は、「商品代(給湯器本体+リモコン)」+「標準工事費」です。また、現場の状況によっては、上記の費用構成に「標準工事費以外の工事費」が追加される場合があります。

一般的に標準工事費とは、給湯器の交換工事にかかる費用であり、以下の項目が主な標準工事の内容として挙げられます。

項目

内容

機器撤去処分費

現在お使いの給湯器の撤去作業と機器処分費用

機器設置工事費

交換機器を設置する費用

配管接続費

給湯器本体と接続するガス・給湯・給水配管の接続費用

保温復旧費

配管の凍結を防ぐ保温材の取り付け費用

試運転調整費

給湯器やリモコンの試運転にかかる費用

ドレン排水工事

結露水を排出するために必要な排水工事費用(エコジョーズタイプの給湯器のみ)

その他諸経費

移動車両の経費、有料駐車場代など


ビバホームで、各種給湯器を交換した場合の費用相場

給湯器の交換費用は、給湯専用給湯器が一番安価で、次いで高温水供給式、ふろ給湯器(オート)そして、ふろ給湯器(フルオート)の順に多機能なほど高くなる傾向にあります。

<給湯器の交換費用推移>

 

安価         ⇒         高価

設置タイプ

壁掛け ⇒ 据え置き

給湯器の機能

給湯専用 ⇒ 高温水供給式 ⇒ ふろ給湯器(オート) ⇒ ふろ給湯器(フルオート)

※1給湯能力

16号 ⇒ 24号

※2熱効率

従来型(非エコジョーズ)⇒ エコジョーズ型


※1給湯能力とは、通常号数で表され、水温+25℃のお湯が1分間に出る量(L)のこと
※2熱効率とは、水に熱を伝える効率のことで、ガス給湯器では、熱効率の異なる従来型(非エコジョーズ)とエコジョーズ型の2タイプがあります。特にエコジョーズ型は、高効率型給湯器と呼ばれ、従来型(非エコジョーズ)の給湯器と比較して熱効率が高く、ガス使用量が削減できる給湯器として注目を集めています。

ビバホームで販売している代表的な給湯器の価格は、以下の通りです。
ビバホームの価格は、リモコンが含まれている場合と別の場合があります。また既存給湯器の撤去費用は工事費とは別にかかります。

■給湯専用給湯器(16号/20号/24号)※EJ:エコジョーズ/非:従来型

号数

メーカー機種名

価格(相場)

備考

16号

リンナイ

RUX-1616W-E

壁掛け

給湯器43,780円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計85,580円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

リモコン別

ノーリツ

GQ-1639WE

据置き

給湯器31,218円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計73,018円~(税込)

20号

パーパス

GS-2002W-1

壁掛け

給湯器26,191円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計67,991円~(税込)

24号

パーパス

GS-2402W-1

壁掛け

給湯器36,667円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計78,467円~(税込)


■高温水供給式給湯器(20号)※EJ:エコジョーズ/非:従来型

号数

メーカー機種名

価格(相場)

備考

20号

リンナイ

RUJ-V2011W(A)

壁掛け

給湯器134,095円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計175,895円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

リモコン別


■オートタイプ給湯器(20号/24号)※EJ:エコジョーズ/非:従来型

号数

メーカー機種名

価格(相場)

備考

20号

パーパス

GX-2003AW-1

壁掛け

給湯器+リモコン

82,280円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計124,080円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

TC-660-W リモコン付属(台所/浴室)

EJ

リンナイ

RUFE2005SAW(A)

壁掛け

給湯器+リモコン

140,800円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計182,600円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

MBC-230VC リモコン付属(台所/浴室)

24号

パーパス

GX-2403AW

壁掛け

給湯器+リモコン

87,780円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計129,580円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

TC-660-W リモコン付属(台所/浴室)

EJ

リンナイ

RUFE2405SAW(A)

壁掛け

給湯器+リモコン

143,000円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計184,630円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

MBC-230VT リモコン付属(台所/浴室)

リンナイ

RUFA2400SAG

据置き

給湯器+リモコン

104,500円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計146,300円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

MBC-120V リモコン付属(台所/浴室)

 

EJ

リンナイ

RUFE2405SAG(A)

据置き

給湯器+リモコン

159,500円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計201,300円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

MBC-230VT リモコン付属(台所/浴室)


■フルオートタイプ給湯器(20号/24号)※EJ:エコジョーズ/非:従来型

号数

メーカー機種名

価格(相場)

備考

20号

ノーリツ

HCT-C206AWX

壁掛け

給湯器136,400円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計178,200円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

リモコン別

ノーリツ

HCT-C206ARX

据置き

給湯器147,400円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計189,200円~(税込)

24号

ノーリツ

HCT-C246AWX

壁掛け

給湯器141,900円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計183,700円~(税込)

EJ

リンナイ

RUFE2405AW(A)

壁掛け

給湯器+リモコン

173,800円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計215,600円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

MBC-230VC リモコン付属(台所/浴室)

ノーリツ

HCT-C246ARX

据置き

給湯器156,200円(税込)

+

工事費41,800円~(税込)

 

合計198,000円~(税込)

既存品処分費5500円(税込)~

 

リモコン別


そして、ビバホームの給湯器の交換費用相場をまとめると以下の通りとなります。

■ビバホーム16号給湯器 相場

設置タイプ

機能

熱効率

相場(税込)

備考

壁掛け

給湯専用

従来型

80,000円~

リモコン別


■ビバホーム20号給湯器 相場

設置タイプ

機能

熱効率

相場(税込)

備考

壁掛け

給湯専用

従来型

68,000円~

リモコン別

高温水供給式

従来型

176,000円~

オート

従来型

125,000円~

リモコン付属

エコジョーズ

183,000円~

フルオート

従来型

178,000円~

据置き

フルオート

従来型

189,000円~

リモコン別


■ビバホーム24号給湯器 相場

設置タイプ

機能

熱効率

相場(税込)

備考

壁掛け

給湯専用

従来型

78,500円~

リモコン別

オート

従来型

130,000円~

リモコン付属

エコジョーズ

185,000円~

フルオート

従来型

184,000円~

リモコン別

エコジョーズ

216,000円~

リモコン付属

据置き

オート

従来型

146,500円~

リモコン付属

エコジョーズ

201,000円~

フルオート

従来型

198,800円~

リモコン別

 

給湯器の修理・交換、買い替え工事の目安時期は?



各ガス機器メーカーでは、給湯器の寿命時期を明確に示していません。
しかし、給湯器の製造から10年を経過した製品については、給湯器の交換を促しています。

その理由として、10年以上経過した給湯器は、複数に渡る部品の劣化や摩耗が進む確立が高く、のちにガス事故に繋がりかねないためです。

また、給湯器の製造終了から約10年程度は、メーカー側で部品を保有していますが、それ以上の期間が経過した場合は、部品の保有がなく修理ができない状況もあり、最終的に給湯器の交換を余儀なくされてしまいます。

仮に給湯器の寿命時期を指し示すのであれば、修理をしようとした時点で当該部品の供給がなされず、修理不可となった時点でしょう。

その他、給湯器は各ご家庭における使用頻度や、給湯器の設置環境などによって部品の劣化を早めてしまうことがあります。その場合は、給湯器交換の目安とされる10年よりも早い段階で故障する可能性があります。

給湯器の交換・買い替え工事はどこに頼むのがお得?

ホームセンターに依頼する場合の平均費用相場とメリット・デメリット



ホームセンターでは、ガス給湯器の交換以外に、キッチンやバスルームなど家の内外装のリフォームも請け負っているため、一社で全てが完結できることや独自のポイント還元制度などもあり、消費者にとって大変便利であると言えます。

ビバホームだけでみると、上述したホームセンターの特色以外に給湯器の交換費用が安いことが挙げられますが、保証については別途有償による修理サポートの申し込みが必要です。

■ホームセンターの平均費用相場

<給湯専用給湯器>
・16号 給湯器本体+標準工事費価格=75,000~85,000円(税込)
・20号 給湯器本体+標準工事費価格=68,000~80,000円(税込)
・24号 給湯器本体+標準工事費価格=80,000~100,000円(税込)

<ふろ給湯オートタイプ給湯器>
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=130,000~270,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=155,000~280,000円(税込)

<ふろ給湯フルオートタイプ給湯器>
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=160,000~290,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=160,000~300,000円(税込)

またホームセンターの中でもビバホーム個社でみた場合のメリットとデメリットが以下の通りです。

■ビバホームのメリット
・リフォームメーカーLIXILグループであることからリフォームのノウハウが蓄積されている
・各店舗にリフォーム相談コーナーが設けられている
・現場確認後の見積もり提示で交換工事費用が明瞭
・給湯器交換費用が比較的安い
・全国に渡って対応地域が比較的広い
・有償で最長10年の安心修理サポートが受けられる(メーカー保証開始日含む)

■ビバホームのデメリット
・基本的に現場調査が必要なため、交換までに時間を要する
・店頭へ足を運ばなければならない
・ガス設備工事の無償アフターサービス期間が短い

家電量販店に依頼する場合の平均費用相場とメリット・デメリット



家電量販店では、ホームセンターと同様にガス給湯器の交換以外にも、リフォームを請け負っていることやポイント還元などもあり、オールインワンでお任せすることができ、消費者にとって大変便利であると言えます。

■家電量販店の平均費用相場

<給湯専用給湯器>
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=108,000~135,000円(税込)

<ふろ給湯オートタイプ給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=135,000~260,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=140,000~270,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=150,000~280,000円(税込)

<ふろ給湯フルオートタイプ給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=140,000~280,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=150,000~290,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=160,000~300,000円(税込)

■家電量販店のメリット
・保証サービスが充実している(有料)
・キャンペーン期間中は更にお得
・現場確認後の見積もり提示で交換工事費用が明瞭

■家電量販店のデメリット
・給湯器本体と工事費用全てが込みの金額表示の場合が多く、個別の金額が分からない
・一般的な相場よりも交換費用が高い
・下請け業者による交換工事でスキルにばらつきがある
・定期的なアフターフォローが期待できない

ガス会社に依頼する場合の平均費用相場とメリット・デメリット



ガス会社は、大手企業から中小企業を含め、全国に多くの会社が存在し、ガス機器をはじめとして、ガスの設備など、ガス全般に渡って対応が可能なガスのスペシャリストです。

当然ながらガスに関する知識や経験が豊富で、他にはない安心感が得られます。

また、ガス会社の標準工事費用は比較的安く良心的ですが、給湯器本体の割引率が低く、一般的に給湯器本体の割引率が50%を超えるホームセンターや家電量販店と比較すると機種によっては高額になる場合があります。

■ガス会社の平均費用相場

<給湯専用給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=80,000~130,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=110,000~130,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=115,000~135,000円(税込)

<ふろ給湯オートタイプ給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=175,000~195,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=185,000~210,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=205,000~225,000円(税込)

<ふろ給湯フルオートタイプ給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=200,000~225,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=210,000~235,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=210,000~245,000円(税込)

■ガス会社のメリット
・ガスに関する資格保持者が多く信頼度が高い
・ガス機器や配管などガス全般に渡って知識と実務経験が豊富でどの現場でも対応ができる
・状況によって即日対応が可能
・ガスの供給契約をおこなっている場合は、定期的な点検を含めたアフターフォローが充実している

■ガス会社のデメリット
・給湯器交換費用が高め
・基本的に現場調査が必要なため、交換までに時間を要する場合がある

ネット系給湯器専門業者に依頼する場合の平均費用相場とメリット・デメリット



ネット系給湯器専門業者は、給湯器の交換工事の実績が豊富で信頼度が高いと言えます。
最大のメリットは、交換費用が他の業者よりも格段に安いことです。

また、給湯器の交換に際しては、工事保証が最大で10年間付帯されるなど、個社によってアフターフォロー体制も万全に整えられています。

■ネット系給湯器専門業者の平均費用相場

<給湯専用給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=70,000~150,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=95,000~135,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=105,000~135,000円(税込)

<ふろ給湯オートタイプ給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=120,000~155,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=125,000~160,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=130,000~165,000円(税込)

<ふろ給湯フルオートタイプ給湯器>
・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=125,000~165,000円(税込)
・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=135,000~175,000円(税込)
・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=145,000~185,000円(税込)

■ネット系給湯器専門業者のメリット
・交換実績が豊富で多くの現場に対応できる
・他の業者と比較して、一般的に給湯器交換費用が安い
・現場調査なしにインターネットで見積もりできる場合がある
・業者独自の保証制度が充実している
・電話一本で即日交換対応が可能な場合もある
・品揃えが豊富

■ネット系給湯器専門業者のデメリット
・インターネットで見積もりした場合、交換当日に追加工事が発生する場合がある
・工事担当者によってスキルにばらつきがある
・対応できる地域が限定される場合がある
・定期的なアフターフォローが期待できない

給湯器交換業者は、上記以外にも業者によってメリットやデメリットの内容はさまざまです。

給湯器は高額商品であることから、費用に目が行きがちですが、安全性も重視しなければいけません。誠実で安心感があり、価格が安い、そして即日対応してくれるなど、消費者にとってメリットが多い業者を選びたいものです。

ミズテックでは、高度な技術と確かな経験を持った専門スタッフが、迅速かつ格安価格で対応可能です。ご相談ください。