エコウィルからエコワンへの買い換えはお得?メリット・デメリットやエコキュートに交換するケースも解説

「エコウィルからエコワンに買い換えるのはお得なの?」

このようにお悩みではないでしょうか?

この記事では、「エコウィルの交換時期・寿命」、「エコウィルからエコワンへの買い換え費用」「エコウィルからエコワンへ買い換えるメリット・デメリット」「エコウィルの買い換えが必要な症状」について解説していきます。

エコウィルからエコワンに買い換えを悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

早速、解説していきます。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコウィルの交換時期は?寿命は10年?

エコウィルは発電と給湯の両方を行える家庭用のガスコージェネレーションシステムです。

使用から10年が経つと発電機能に対する総点検が必要であり、そこから約2年後には発電機能が停止します。この年数はあくまで目安であり、点検や停止は発電量によっても異なります。

また、給湯機器が使用年数とともに経年劣化していく点も考慮しなくてはなりません。
これらを総合すると、エコウィルの寿命目安は
およそ10年くらいだと言えます。
10年以上使用している場合には、安全に給湯・発電を行うためにも交換するのが得策です。

また、使用年数を問わず下記のような症状が出ている場合には、注意が必要です。

  • エラーが頻発する
  • お湯の温度が安定しない
  • 発電停止を繰り返している
  • その他故障の症状が頻発している

寿命を迎えていないと思っていても、上記の症状を放置して使い続けていると、ある日突然エコウィルを使えなくなってしまうケースもあります。
故障を放置せずに適宜修理や交換を行うことで、安全かつお得に給湯設備を使用したいものです。

エコウィルからエコワンへの買い換えはお得?費用をチェック

エコウィルの交換が必要な場合に、買い替える嬉々としては様々な機器が候補に上がります。なかでも評判がよいのがエコワンですが、エコワンへの買い替えにはどれくらいの費用がかかるでしょうか。

エコワンの評判と本体価格

エコワンは、ガスと電気の両方を駆使して効率よくお湯を沸かすことのできる給湯器です。エコワン自体に発電機能は備わっていませんが、太陽光発電などと組み合わせることも可能です。さらに、床暖房や浴室暖房と組み合わせることで、より節約率が高まる点などもメリットと言えます。

そんなエコワンは、口コミで「ガスと電気の両方を使うので、お湯切れの心配や水圧の低さへのイライラがなくて済む」「エコキュートとエコジョーズのいいとこ取りができるのでお得」といった評判を得ています。

一方で、「初期費用が高い」といった口コミが見受けられるのも事実です。エコワンの本体価格相場は、40〜80万円ほどとなっています。
ただし、機種や容量によっても異なり、家族人数が多い家庭やハイスペックな機種を求める家庭では、相場よりも価格が高くなるでしょう。

エコワンへの交換にかかる工事費用

エコワンの初期費用に関しては、本体価格だけでなく業者による工事費用を考慮することも重要です。エコワンへの交換費用は業者によっても大きく異なりますが、工事費用相場は5〜10万円が相場と言えます。

ただし、工事費用込みで本体価格にも割引を適用し、50万円程度でエコワンの工事を行える業者なども存在します
給湯器を専門的に扱う業者間では価格競争が激しく、メーカー直仕入れや人件費削減などの企業努力により、高い割引率を適用してもらえるケースもあるのです。

このように、業者によって工事費用・初期費用に差が出ることを考慮して、慎重に業者選びを行うことが重要です。

エコウィルからエコワンに買い換えるメリット4選

エコウィルを使用してきた人にとって、エコワンに買い替えることには様々なメリットがあります。特筆すべき4つのメリットは、下記の通りです。

光熱費・トータルコストの削減につながる

エコワンは、高い省エネ性能を持ち、年間の光熱費を大幅に削減することができます。また、エコウィルからの買い換えによって、今後はエコワンのメンテナンス費用がエコウィルよりも安くなる場合があります。

エコウィルは2017年に販売停止していますが、エコワンは2023年現在アップデートし続けている機器です。
トータルコストの観点では、エコウィルを修理して使い続けるよりもエコワンに買い替えるのがお得なのは明白でしょう。

ハイブリッド給湯器のため災害時でも安心

エコワンは、ガスと電気を併用しているため、災害時にも継続して給湯が可能です。これにより、いざという時にも安心して利用することができます。また、エコワンはオプションでバッテリーを搭載することができ、停電時でも一定時間使用することができます。

エコウィルから買い替える嬉々としてはエコキュートやエコジョーズなども挙げられます。

エコキュートは電気のみ、エコジョーズはガスのみで稼働するため、それぞれの動力源が停止した際に不安が残ります。
この点において、
エコワンはガスと電気の両方を使用するため、災害時に備えやすい点がメリットです。

エネファームなどに比べると初期費用も安い

エコワンは、エネファームなどに比べて、初期費用も安い点もメリットです。エネファームに比べてエコワンの初期費用は安く、コストパフォーマンスに優れています。エコワンの初期費用が約50万円程度なのに対し、エネファームは150万円近くかかるケースも多いです。

また、エネファームに比べて設置場所を選ばず容易に設置することができる点や、初期費用がかからない分、故障して修理が必要な場合や交換が必要な場合への精神的なリスクが低い点もメリットと言えます。

ただし、エコワンにエコウィルやエネファームのような発電機能は備わっていない点には、注意が必要です。

床暖房もお得に活用できる

エコワンは、給湯機能に加えて暖房機能も搭載された機種もあり、効率よく作ったお湯を床暖房にも利用することができます。

そのため、他機器に比べて暖房に関するコストを抑えることができ、お得に活用することができます。
エコウィルからの買い替えや引っ越しに際して、
床暖房や浴室暖房の使用も検討している方にこそ、エコワンの導入はおすすめです。

エコウィルからエコワンに買い換える際のデメリット・注意点3選

続いて、エコウィルからエコワンに買い替える際のデメリット・注意点を3つご紹介します。エコウィルからエコワンに買い替えるのを急ぐ前に、下記の3点をチェックしてください。

50万円以上の初期費用がかかることが多い

エコウィルからエコワンに買い替える場合、初期費用が50万円以上かかることが多いです。

エコワンはガスと電気の両方を用いるハイブリッド給湯器であり、ガスのみを用いるエコジョーズや電気代しかかからないエコキュートに比べて、初期費用も高い傾向にあります。

また、エコウィル導入に際してはお得な補助金制度を利用できたという人でも、エコワン 導入に際して補助金制度を活用できるとは限りません。

このように、補助金制度も含めてどのくらいの初期費用がかかるのかを見直し、予算とも照らし合わせて購入する機器を検討することが重要です。
また、依頼する業者によっても費用は異なるため業者選びにもこだわりましょう。 

使用湯量によっては節約率が低いこともある 

エコワンはガスと電気を用いて効率よくお湯を沸かせる機器です。
しかし、
その節約率は使用湯量によって異なります

使用湯量が多い場合には、エコウィルと比較してエコワンの節約率が低くなることがあります。

また、エコキュートやエコジョーズなど他機器に買い替えた方が、初期費用に対してお得な節約率を実現できるケースもあります。使用湯量や使用目的なども見直して、最適な機器を選びたいものです。

他の機器に買い換えた方がお得なケースも

エコウィルは2017年に製造・販売が終了しています。当時は高額の補助金制度が追い風となって導入する家庭が多数でしたが、エコウィルの販売終了・補助金制度の廃止に加え、エネファームなど他機器の価格が下がっているのが2023年の現状です。

もしエコウィル同様に発電機能が欲しいという場合であれば、エネファームを導入した方がお得なケースもあります。また、オール電化で節約をしたい場合やガスのみで節約をしたい場合には、エコキュートやエコジョーズに買い替える選択肢もあります。

このように、エコウィルからの買い替えではエコワン以外の機器も考慮することが重要です。

エコウィルからエコワン以外に買い換える方がお得?その他機器への交換もチェック

  エコウィルからエコキュートに買い換える場合 エコウィルからエコジョーズに買い換える場合 エコウィルからエネファームに買い換える場合
各機器の概要 自然冷媒ヒートポンプ給湯機 潜熱回収型ガス給湯器 家庭用燃料電池
(発電機能あり)
メリット

・オール電化対応

・高い節約率

・床暖房などと組み合わせてさらにお得

・お湯切れの心配がない

・水圧が強い

・従来型ガス給湯器より節約できる

・給湯だけでなく発電まで行える
・エコウィルよりも発電効率が高い・24時間発電できるなどメリットが多い
デメリット ・広い設置スペースが必要
・稼働音が騒音問題になることも
・発電できない
・ドレン排水の処理が必要
初期費用が150~200万円と高い

 

エコウィルから買い換える給湯機器としては、エコワン以外にも「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」などが挙げられます。それぞれのケースにおけるメリット・デメリットを比較すると、下記の通りです。

エコウィルからエコキュートに買い換えるケース

エコキュートとは、ヒートポンプの力を使って大気熱を取り込んでお湯を沸かす「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」のことを指します。交換費用は30〜70万円です。

エコキュートは大気熱を取り込んで効率よくお湯を沸かしますが、エネルギー源としてはガスを使わず電気のみのため、ガス代がかからないというメリットもあります。
また、オール電化にも対応できる点や、
従来型ガス給湯器や電気温水器の約1/4ほどの給湯コストで済む点も魅力です。

ただし、広い設置スペースが必要な点やお湯切れの心配がある点などがデメリットとなります。
ガスを使い続けてお得に給湯したい人にとっては、デメリットも多いでしょう。

エコウィルからエコジョーズに買い換えるケース

エコジョーズとは、従来型ガス給湯器で捨てていた排気熱を再利用することで、熱効率を80%→95%まで引き上げた「潜熱回収型ガス給湯器」です。
交換費用は15〜40万円です。

エコジョーズはガスを使い続けながらお得に給湯できる上に、初期費用もエコジョーズやエコワンなど、他の給湯機器よりも大幅に抑えられるという魅力もあります。

ただし、発電機能は搭載されておらず太陽光発電などと組み合わせる場合にはイニシャルコストがかさむため、注意が必要です。また、ドレン排水の処理が必要な点やオール電化に対応していない点などもデメリットになり得ます。

発電機能はもう要らないという人や、初期費用を抑えたい人には特におすすめです。 

エコウィルからエネファームに買い換えるケース

エネファームは、給湯と発電の両方を行える「家庭用燃料電池」です。交換費用は150~200万円と高めです。

エコウィル同様に発電も行えますが、下記のような点が異なります。

  • エンジンではなく燃料電池による発電
  • 24時間発電が可能

上記のように、発電機能がエコウィルよりも優れている点が魅力です。
また、ガス温水式暖房に使用するお湯も発電機能で賄うことができます。

発電機能も保持しつつ給湯も効率よく行いたい人にとって、エコウィルからエネファームへの交換は理想と言えます。
ただし、ネックとなるのはやはりその費用面です。エネファームの導入には、
エコウィルよりも高い150〜200万円以上の費用がかかってしまいます。

この点を考慮すると、エネファームは万人向けの機器とは言えません。あくまで、予算に余裕のある人におすすめの設備です。

こんな時はエコウィルの買い換えが必要!注意すべき症状3選

エコウィルの買い替えを迷っている方も多いでしょう。修理すればまだ使えると思っていても、下記のような症状が出ている場合には買い替えがおすすめとなります。

異音・異臭・水漏れが頻発する

エコウィルの買い替えが奨励される症状としては、異音・異臭・水漏れの頻発が挙げられます。

異音や異臭がする場合には、給湯器内部に問題が生じている可能性があります。また、配管や給湯器からの水漏れは、配管の外的な損傷だけでなく給湯器自体が破損している可能性も考えられます。

特に異音や異臭であれば気付きやすいものですが水漏れは水滴の量によっては気付きづらいものです。検知した段階で使用を中止し、早急に業者に連絡をしましょう。

初めてであれば修理でもOKなケースがありますが、該当する症状が頻発する場合には交換を検討してください。

お湯が出ない・温度が上がらない 

エコウィルの買い替えが奨励される症状としては、お湯が出ない・温度が上がらないという症状も挙げられます。

お湯が出ない・温度が上がらない場合には、給湯器内部に問題が生じている可能性があります。最初にチェックすべきは、エコウィルの給湯器のコンセントがしっかりと差し込まれているかどうかです。また、給湯器の自己診断機能を使用し、エラーコードが表示されていないか確認することが重要です。

このような症状を確認した上で、下記に該当する場合には交換を検討してください。

  • 使用年数が8〜10年を超えている
  • お湯に関する症状が1ヶ月以上続いている

エラーコードを解除しても再発する

エコウィルの買い替えが奨励される症状としては、エラーコードを解除してもエラーが再発する症状も含まれます。

エラーコードを解除してもエラーが再発している場合、一時的なエラーではなく給湯器内部の故障である可能性が高いです。

業者に点検を依頼して見てもらう必要がありますが、その結果修理よりも交換が奨励されるケースも多いです。エラーコードが頻発する場合には、使用し続けるのではなく必ず業者に確認してください

まとめ

本記事では、エコウィルからエコワンへの買い替えについて見てきました。エコワンはガスと電気の両方を用いて効率よくお湯を沸かせる機器であり、発電機能が要らない場合には初期費用もエコウィルより安く抑えられます。

ただし、エコキュートやエコジョーズなど、より初期費用の安い給湯器を選ぶユーザーも多いです。また、発電機能を求めているのであれば、エネファームへの交換も検討するとよいでしょう。

エコウィルが故障してしまった場合には、修理よりも他機器に交換した方がお得なケースも多いです。ご自身に最も適した機器を、家族や業者ともよく相談して選んでみてはいかがでしょうか。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ