【エコキュート】ケーズデンキの交換費用は?ケーズデンキの特徴もご紹介

従来のガス給湯器よりも、省エネで環境にも優しいエコキュート。

ケーズデンキやヤマダ電機など、家電量販店での購入を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、ケーズデンキで購入した際の交換費用からメリット、デメリットまでくわしくご紹介いたします。

ケーズデンキでの購入を検討されている方はもちろん、一番お得なエコキュートの購入方法を事前に知っておきたい方もぜひ、最後までお読みください。

 

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

【エコキュート】ケーズデンキの交換費用

ケーズデンキでエコキュートを交換する場合、本体価格と工事費用を合わせて、約50〜60万円ほどかかります

また、店頭に表示されている価格は本体のみの金額で工事費用は含まれません。総額で比較検討するよう注意しましょう。

エコキュートの本体価格

エコキュートの本体だけの価格は、およそ40万円ほどです

ヒートポンプや貯湯ユニットやリモコンなど、付属品はすべて本体価格に含まれます。

モデルによって価格が異なり、フルオートで搭載機能やタンク容量が多いほど、高額になる傾向があります。

エコキュートの工事費用

ケーズデンキでエコキュートを交換した場合、工事費用の目安は約11〜16万円程です

新規に導入する際は、基礎や配管工事、分電盤の交換などが必要となるため、価格が高くなるでしょう。

さらに、買い替えの場合も、取り付けする室外機の設置場所が狭い場所だったり、高所にあり吊り上げが必要だったりすると、追加代金が発生する可能性があります。

関連記事:エコキュートの価格(工事費込み)は?設置費用相場は30万円~

 

ケーズデンキの特徴

ケーズデンキの正式名称は「株式会社ケーズホールディングス」です。

多くの生活家電や生活雑貨、オフィス用品が充実しているだけでなく、現金値引きや長期のメーカー保証の延長オプションなども提供しています

また、全国550店舗以上で連携したアフターサービスを行っており、オンラインショップで購入した商品で、修理や不良品が発生しても、各店舗で対応を受け付けてもらえるため、安心です。

下記にケーズデンキの代表的な特徴2つを紹介いたします。

あんしんパスポート

出典:https://www.ksdenki.com/shop/pages/guide_about_anshin-pass_advan.aspx

ケーズデンキが提供している「あんしんパスポート」を提示すると、販売価格から割引してもらえます

さらに、商品によっては長期無料保証が自動で付いてくるため、万が一購入した商品に不備があっても安心です。

過去の購入履歴も確認できるため、プリンターの対応インクの種類や前回購入した電池のサイズや蛍光灯の電球の型なども、再度調べる必要はありません。

また、ケーズデンキの通販サイトを利用する場合、通常3,000円(税込)以上の買い物で送料が無料になりますが、あんしんパスポート会員であれば、購入金額が1,500円(税込)以上で無料となり、大変お得です。

オンライン上でも、「あんしんパスポート会員特典」の表示があれば、自動で値引きが適用され、会員限定価格で買うことができます。

あんしんパスポートは、加入料と年会費無料で、ネットから登録が可能で、スマートフォン用のパスポートアプリもあるため、気軽に登録、活用することができるのも大きな魅力です。

豊富な品揃え

ケーズデンキでは、エコキュートだけでなく、さまざまな家電製品を取り扱っています。

冷蔵庫、オーブンレンジ、電気ポット、食器乾燥機などのキッチン家電から、電子辞書、ドライヤーやラジカセ、布団乾燥機などの生活家電や、電子機器、防災用品に至るまで幅広いニーズに応える商品を提供しています。

取り扱いメーカーも制限がないため、パナソニックや日立、三菱電機などさまざまなメーカーの製品も購入可能です。

新製品も多く取り揃えられているため、最新の家電用品をチェックすることもできます。

 

ケーズデンキでエコキュートを買うメリットは?

ケーズデンキでエコキュート購入するメリットは、下記3つです。

保証制度が充実している

ケーズデンキは、独自に「長期無料保証」を展開しています

保証期間は、商品によって異なり、エアコンや冷蔵庫は10年間。テレビやビデオカメラ、クリーナーや冷蔵庫、冷凍庫、エアコンは3年間もしくは5年間となります。

保険料や、加入料、保証金も不要で、さらに何度でも使用できる大変お得なサービスです。

ただし、エコキュートは長期無料保証の対象外商品となるため、10年間の保証を受けるためには、購入金額の5%の支払いが必要となります。

在庫処分価格や現金値引きがある

ケーズデンキでは、定期的に在庫処分セールや現金値引きになるキャンペーンも行っています

そのため、タイミングが合えばアウトレットの処分価格や限定価格で、お得に商品を購入できます。

前述した「あんしんパスポート」のパスポートアプリでは、チラシの閲覧や割引クーポンも入手できるため、上手にキャンペーンやアプリを併用することでさらに、お得に商品を購入することが可能です。

ケーズデンキ・決算セールでお得に

さらにケーズデンキの決算セールでは、特別価格でエコキュートをはじめとする家電製品を特別価格で手に入れることができます

決算セールの時期は、総決算が3月で中間決算セールが9月となります。

その他、ボーナス時期の7月か12月や、お正月のセールもねらい目の時期となるでしょう。

また、最近では「BLACK FRIDAYセール」として、店内の商品が10%割引になるクーポンも頻繁に配布しています。

折込チラシを入手しなくても、「公式サイト」からお近くの店舗チラシを確認することが可能です。

自宅から最新のイベント情報を閲覧できるため、事前にお買い得商品をチェックすることができます。

出典:https://www.ksdenki.co.jp/kshd/pages/leaflet.aspx(2023年11月20時点)

 

ケーズデンキでエコキュートを買うデメリットは?

一方で、ケーズデンキで購入するデメリットもあります。損をしないためにも、必ず確認しておきましょう。

エコキュートの設置費用が高い

ケーズデンキでエコキュートの設置を依頼した場合、専門業者と比較して工事費用が10万円以上高額になる傾向があります

設置費用が高くなるのは、ケーズデンキに限らず、すべての大手家電量販店にも共通することです。

理由は、大手家電量販店で工事を依頼した場合、所属スタッフが工事をするのではなく、下請け会社へ依頼するため別途、外注費が発生するためです。

専門業者であれば、自社内で工事を行うため、工事費用を大きく抑えることができます。

【参考】三菱 エコキュート SRT-S376(370L)の設置費用比較

業者

本体価格+工事費用

専門業者(ミズテック

497,159円(税込)

ヤマダ電機※1

654,280円(税込)

ビックカメラ※2

728,000円(税込)

価格参照:

※1 https://www.yamada-denki.jp/paper/?s=9999&p=67
※2 https://www.biccamera.com/bc/item/11011628/

ポイントの還元がない

ケーズデンキでは、ポイントの値引き制度を行っていません。その代わり、その場で5%割引になる現金値引きサービスを行っています。

ポイントの使い忘れによる有効期限切れもなく、支払い方法も制限がないためクレジットカードやQR決済でも、割引は適用されます。

しかし、来店ポイントや他提携サイトで貯めるなどの活用ができなくなるのは、デメリットと言えるでしょう。

保証が有料になる

ケーズデンキの一部の商品では、標準の保証期間を超えた延長保証を希望する場合は、追加料金が発生します

エコキュートも対象で、10年間の保証を付けるには購入金額の5%の支払いが必要となります。

エコキュートは相場が40万円と高額な商品ですので、5%でも2万円と高額になってしまいます。

ケーズデンキに限らず、家電量販店では有償による保証期間の延長は珍しくありませんが、当社をはじめ専門業者では、無償で10年間の保証が付く業者もあるため、慎重に検討しましょう。

 

エコキュートが買えるのは?

エコキュートは、ケーズデンキやヤマダ電機などの家電量販店のほか、専門業者やリフォーム業者などでも購入することができます。

 

メリット

デメリット

ケーズデンキ・ヤマダ電機などの家電量販店

・店舗で実物を直接確認できる
・スタッフと対面で相談や交渉ができる

・設置費用が高い
・工事は下請けの会社が行うため、実績や評判を確認できない
・スタッフによって知識にバラつきがある
・繁忙期では、すぐに対応できないことがある
・店舗によって在庫が限られる

エコキュート交換専門業者

・専門的な知識を保有
・費用を安く抑えられる
・当日など緊急時にも対応可能
・選べる機種が豊富

・対応エリアが限られることがある
・業者によって知識や実績に差がある

リフォーム業者

・家全体のリフォームが可能
・一括依頼で費用が抑えられる

・エコキュートのみだと割高になる傾向がある
・業者によって知識や実績にバラつきがある

参考記事:エコキュート専門店と家電量販店、どこで買うのが安心で安い?

ケーズデンキ・ヤマダ電機などの家電量販店

家電量販店では、店頭で実物を確認できることです。また直接、対面によるスタッフへの相談や価格交渉が行えるのもメリットでしょう。

一方で、家電量販店は設置費用が高い傾向があり、さらに多くの商品を販売しているため、スタッフのエコキュートに関しての知識が乏しい可能性もあります。

また、実際の取り付け作業は、下請け会社が行うため、事前に口コミや施行実績を確認することもできません。

参考記事:
エコキュートの工事費込みの価格は?ヤマダ電機、エディオン、ビックカメラ
カインズホームの評判は良い?給湯器交換は安い?サービス内容や費用、口コミを調査
ジョーシンで給湯器やエコキュートを購入するときの費用は?専門業者やホームセンターと比較して安い?
ヤマダ電機での給湯器・エコキュート交換の価格相場(工事費込み)

エコキュート交換専門業者

専門業者では、エコキュート交換に特化したサービスを提供しています。専門知識を持ったスタッフによる質の高いサービスが期待できるため、一番おすすめです

また、専門業者はメーカーから一括購入する独自ルートを持ち、施行も自社で行うため、コストを最小限に抑え作業することができます。

デメリットは、地域によってはサービスを提供できないことと、業者によって知識や実績に差があることです。

そのため、専門業者を選ぶ際は過去の施工実績や価格がしっかりと、確認できる信頼できる業者を選びましょう。

リフォーム業者

リフォーム業者でも、エコキュートを購入し取り付けてもらえます。

家全体のリフォームと同時に、エコキュートの設置や交換もできるため、一括依頼で費用を抑えることも可能です。

しかし、家電量販店と同様に、設置費用は高額になる傾向があり、エコキュートだけの工事には対応していない業者もあります。

エコキュート交換業者について、こちらの記事でも解説しています。

 

エコキュートの交換ならミズテックへおまかせ!

エコキュートの交換は、長年の経験と確かな技術を持つミズテックをぜひ、ご検討ください。

日立、ダイキン、三菱電機、パナソニックなど多くのメーカーからご家庭にピッタリのエコキュートを選ぶことができます。

最短即日のスピード駆けつけで、交換や修理を請け負います。

エコキュートなどガス給湯器をはじめ、食洗機やガスコンロ、クッキングIHヒーターやエアコンまで、生活家電のお悩みやご質問も受け付けています。

お見積もりはもちろん、気軽な相談のみでも大歓迎ですので、どうぞお気軽にお問合せください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ