エコキュートのヒートポンプとは?水漏れ時の応急処置も解説!

「エコキュート、水漏れしてるけどどうすればいいの?」

そうお悩みではありませんか?

他サイトでも言われている通り、エコキュートの水漏れは致命的な可能性があります。ヒートポンプはその中でも水漏れの可能性が高い部分です。

そこで、今回はエコキュートのヒートポンプについて詳しく解説いたします。

ヒートポンプから水漏れしていたときの対処法も詳しく解説するので、この記事を読めばエコキュートの水漏れについて悩むことはもうありません。

それでは早速、ヒートポンプについて解説いたします。

ヒートポンプから水漏れしているときの原因・対処法について今すぐ見る

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
    [anr_nocaptcha g-recaptcha-response]

      氏名
      メールアドレス
      [anr_nocaptcha g-recaptcha-response]
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュートのヒートポンプとは

      エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯ユニットからなります。

      エコキュートはそもそも、貯湯タンクとヒートポンプの2つからなります。

      その内、お湯を作っている部分がヒートポンプユニットです。

      エコキュートが省エネなのはヒートポンプのおかげ

      エコキュートの仕組み

      エコキュートは簡単に言うと、大気の熱と電気を組み合わせてお湯を沸かすヒートポンプ給湯器です。

      空気熱を利用するため、必要な電気エネルギーが少なく済みます。その結果、電気代が安くなります。

      ここで沸かされたお湯はお風呂・キッチンに使用されます。どちら一部が故障していても、エコキュートとして機能しません。

      ■エコキュートの仕組み

      ①お湯を作る エアコンの室外機に似ているヒートポンプユニットで、屋外の空気から熱を集めて、その熱を利用して水に熱を伝えてお湯を沸き上げています。
      ②お湯を貯める ヒートポンプユニットで作られたお湯を貯湯ユニットで貯湯します。

      エコキュートのヒートポンプの仕組み

      エコキュートの仕組み

      ヒートポンプは、大気の熱を自然冷媒に集めて、その熱でお湯を沸かす役割を担っています。

      ■ヒートポンプの仕組み

      ①大気中の熱を取り込む ファンによって空気中から取り込まれた熱を「空気熱交換器」で自然冷媒(CO2)が吸収します。
      ※自然冷媒とは、一般的に自然界に存在する物質で加熱能力に優れ、外気温が-10℃程度まで低下した場合でも高温での貯湯を可能とする高温沸き上げに適している冷媒のことです。
      ②圧縮して高温にする 熱を吸収した自然冷媒は、「圧縮機」によって圧力がかけられて高温になります。
      ③熱を水に伝える 高温になった自然冷媒は、「水熱交換器」内部で熱を水に伝えてお湯を作ります。
      ※作られたお湯は、貯湯タンクユニットへ送られます。
      ④自然冷媒の温度を下げる 熱を水に伝えた自然冷媒は、熱を伝えたのちに膨張し、膨張弁を通過して再び「空気熱交換器」で大気の熱を吸収します。

      ヒートポンプユニットのお手入れ・メンテナンス

       

      エコキュートのヒートポンプユニット下部からの水漏れの原因

      ヒートポンプユニット(室外機)本体から水が漏れ

      ヒートポンプユニットから水漏れが発生している場合、実は故障の可能性は低いです。

      特質上表面が水で濡れやすく、水漏れしているように見えることが多いです。

      しかし、本当に水漏れしている場合があります。水漏れした状態を放置しておくと、さらなる故障に繋がりかねません。

      ヒートポンプユニットが水漏れしている原因は以下の通りです。

      • ヒートポンプから結露水が出ている
      • ヒートポンプの排水不備
      • ヒートポンプの排水穴、ドレンソケット、ドレンホースの詰まり
      • ヒートポンプ内部部品・配管の劣化による水漏れ⇒この場合のみヒートポンプユニットの故障

      1.ヒートポンプから結露水が出ている

      ヒートポンプユニット下部が水漏れしている場合、多くはヒートポンプから結露水が出ていることが原因です。故障による水漏れではありません。

      ヒートポンプは、お湯を作るために空気中から「空気熱交換器(アルミ板と銅管でできた部品)」を介して熱をうばい低温の冷媒が熱を吸収するため、空気熱交換器は冷えた状態になります。

      そのため、吸い込んだ空気が冷やされて外に排出される際に、湿気を含んだ空気に触れることによって結露水が発生します。

      お湯を沸かす深夜帯はこの結露水が発生しがちです。夜明け~昼までには基本的に乾くので、特に心配いりません。

      2.ヒートポンプ排水不備

      ヒートポンプの排水工事に不備があると、ヒートポンプ下部が水で濡れてしまいます。

      ヒートポンプ底面には、結露水を排水するための穴が設けられています。通常ドレンホースユニットやドレンホースを業者によって施工します。

      ヒートポンプ自体の故障ではないですが、工事次第では解決できます。あまりにもヒートポンプ下部が濡れる場合は、業者にお問い合わせください。

      3.ヒートポンプの排水穴・ドレンソケット・ドレンホースの詰まり

      ヒートポンプの排水設備内の異物が詰まると、排水機能が失われて水漏れが発生することがあります。

      ヒートポンプの排水穴・ドレンソケット・ドレンホース内が詰まっていないか確認し、可能な範囲で取り除きましょう。

      生理的に無理・あまり時間がない場合は、業者による取り換えをご検討ください。

      4.ヒートポンプ内部部品・配管の劣化による水漏れ

      ヒートポンプの内部部品・配管の劣化が起こると、水漏れが起きます。

      特に昼の時間帯でもヒートポンプが水で濡れている・配管内部の詰まりがない場合は、部品が劣化している可能性が高いです。

      エコキュートの平均寿命である10年を超えて使用している場合は、部品劣化を主に疑ってください。ヒートポンプの配管は基本屋外にあり、日焼けして劣化しやすいです。

      エコキュートの配管から水漏れしたときの応急処置

      配管から水が漏れ

      水漏れの応急処置の手順は、以下3ステップです。

      1. 真っ先に止水する
      2. パイロットが回っているか確認する
      3. 業者に連絡する

      1.真っ先に止水する

      水漏れが発生している中、水を流し続けるのは危険です。水道代は高くなりますし、さらなる故障の危険性があります。

      まずは止水しましょう。

      ■止水方法
      1. 家の中の全ての蛇口を閉める
      2. エコキュート用の給水栓を閉める ※給水栓は通常、給水配管の途中に設置されています
      3. 水道メーターの状況(パイロット)が止まっているか否か確認

      2.パイロットが回っているか確認する

      止水した後は、水道メーターのパイロットを確認しましょう。パイロットは水漏れを確認するための部位です。

      水道メーターのパイロット

      (参照:米子市公式HP

      止水した上でパイロットが止まっている場合、エコキュートの配管故障と見て間違いありません。

      止水した上でもパイロットが回っている場合は、エコキュートではなく給水栓手前側で水漏れしている可能性があります。(水道管など)

      この場合、水道メーターの止水栓を閉めましょう。

      (参照:米子市公式HP

      3.業者に連絡する

      止水し、パイロットが回っているか確認した上で、業者に連絡しましょう。

      基本的には自己解決はほぼ不可能です。新しい部品を適切に設置する必要があり、専門知識と経験を要します。

      自分で設置して失敗した場合、結局修理代が高くつきます。最初から業者に依頼しましょう。

      弊社ミズテックでは、給湯器専門業者の中でも珍しく「修理」に精通しています。技術力の要する部分であるため対応していない業者が多いですが、ミズテックは工事のプロ集団であるため喜んで承っております。

      ご相談は無料ですので、是非お気軽にお問い合わせください。

      エコキュートが水漏れしていた時の修理代

      エコキュートが水漏れしていた時、修理代はおよそ10万円~30万円です。

      小さな部品や配管の交換程度であれば数万円程度、基盤全体・ヒートポンプ内部品の交換となると10万円以上、貯湯タンクの全体の交換であれば30万円以上必要です。

      修理箇所 費用
      貯湯ユニット内部の部分的な部品交換(三方弁、混合弁、風呂循環ポンプ 等) 約15,000円~50,000円
      ※交換部品により異なります。
      貯湯タンク 約300,000円
      基盤交換(貯湯ユニット、ヒートポンプユニット) 約50,000円~100,000円
      配管交換 約20,000円~30,000円
      ヒートポンプユニット内部の部品交換 約100,000円~200,000円

       

      エコキュートが水漏れしていた際はヒートポンプユニットの基盤交換・内部の部品交換が必要です。

      この場合は

      エコキュートの故障、修理、交換の相談はミズテックまで!

      ミズテック

      エコキュートについて詳しく知りたいけれども専門的な用語が分からないし、エコキュートは最近のトレンドで導入を悩んでいるけれども、どこに相談したらいいのか分からない。

      そんな時はミズテックにご相談下さい!

      エコキュート専門業者「ミズテック」では、急なご依頼でも最短30分でかけつけ、お客様に寄り添ったアドバイスをはじめ、高度な技術と確かな経験をもって相場に見合った価格でご提供しています。

      また、エコキュート故障時の修理や交換も承っております。

      エコキュートについての疑問や悩みごとは、土日祝日でも迅速に対応してもらえるプロの業者「ミズテック」までご相談下さい!

      エコキュートの水漏れについてよくある質問

      エコキュートから水漏れしていた時の水道代は高くなりますか?

      水が大量に漏れていた場合、水道代が高くなります。ご家庭によっては普段の2~3倍に膨れ上がることもあるようです。

      そのため、普段より水道代が高くなっている場合は水漏れが疑われます。

      水道代がいつもより高くなっている時は、水漏れしていないかを確認しましょう。

      賃貸マンションでエコキュートから水漏れしていた時は、水道代を請求できますか?

      賃貸マンションでエコキュートから水漏れしていた時は、水道代を請求できます。

      特にエコキュート・水道管は大家の持ち物であるため、いつもより多くなった水道代を請求できる可能性が高いです。

      しかし、決まった法律はないため交渉次第です。

      また、適切に水道管や住宅設備を管理していた場合は、水道局に減額請求できる場合もあります。

      詳しくは状態を詳細に確認した上で、大家さん・水道局に確認するようにしましょう。

      エコキュートの水漏れはDIYで解決できますか?

      エコキュートの水漏れは、DIYで解決できないです。

      水道管工事は専門知識・経験を要します。もしDIYで解決しても、間違った工事をしていたらさらに修理費などがかかってしまいます。

      最初から専門業者に相談するようにしましょう。業者選びを間違えなければ、ぼったくられることはありません。

      エコキュートのヒートポンプ まとめ

      ここまでエコキュートのヒートポンプについてまとめてきましたが、いかがでしたか?

      ■エコキュートのヒートポンプから水漏れしている原因
      • ヒートポンプから結露水が出ている
      • ヒートポンプの排水不備
      • ヒートポンプの排水穴、ドレンソケット、ドレンホースの詰まり
      • ヒートポンプ内部部品・配管の劣化による水漏れ⇒この場合のみヒートポンプユニットの故障

      この記事が少しでもお役に立てると幸いです!