エコキュートの電気代が高い原因は?使用時間帯以外に電気代が安くなる秘訣もご紹介!

「エコキュートを使っているのに、電気代が高い・・・」

そうお悩みではありませんか?

エコキュートを導入する一番の決め手と言われるのが「電気代が抑えられる」という理由です。 しかし一方で、「電気代が高い」という声も上がっています。

そこで今回は、本当にエコキュートの電気代がなぜ高いのか解説していきます!

電気代が安くなる秘訣もご紹介するので、この記事を読めば電気代について悩むことはもうありません!

それでは早速、エコキュートの平均電気代について解説いたします。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュート1ヶ月の平均電気代シュミレーション | 地域差がある!

エコキュートの電気代は、1カ月当たり約1,500円~2,000円です。

エコキュートの電力料金(1kWhあたり)には地域差があります。

地域別に、エコキュートの1カ月当たりにかかる電気代をシミュレーションしてみました。

  1ヵ月あたりの電気代 1年(12ヵ月分)の電気代
北海道電力エリア 2,600円 31,200円
東北電力エリア 1,700円 20,400円
北陸電力エリア 1,700円 20,400円
東京電力エナジーパートナーエリア 2,000円 24,000円
中部電力エリア 2,000円 24,000円
関西電力エリア 1,700円 20,400円
中国電力エリア  1,800円 21,600円
四国電力エリア 2,400円 28,800円
九州電力エリア 1,500円 18,000円
沖縄電力エリア 900円 10,800円

出典:http://sumai.panasonic.jp/hp/2point/2_3.html

もっとも料金が高い北海道電力エリアは、1ヵ月で2,600円かかることに対し、一番料金の安い沖縄電力エリアはたったの900円と、地域によって1,700円もの開きがあります。

地域によってエコキュートの電気料金に差があるのは、気候による影響です。年間通して温暖な気候の沖縄では、給湯する回数、頻度が少ないため、電気料金がそれほどかかりません。一方の北海道は、冬場は気温が氷点下を超える地域もあるほど寒冷な地域のため、フル稼働で給湯を行う過程が多いのです。

 

エコキュートと他の給湯システムの電気代比較

エコキュートを使うと、従来型のガス給湯器と比べて圧倒的に電気料金が安くなります。

エコキュートを販売している大手メーカー三菱電機が行った調査によると、給湯システム別の地域ごとの電気料金は以下のようになりました。

【給湯システム別、年間の電気代】

給湯システム 北海道電力 東北電力 東京電力 北陸電力
従来型ガス給湯器 LPガス 226,000円 186,200円 141,100円 159,100円
都市ガス 112,100円 97,300円 74,500円 113,700円
エコジョーズ LPガス 189,300円 155,200円 118,700円 133,700円
都市ガス 94,500円 81,200円 60,900円 95,900円
エコキュート(Sシリーズ)
52,800円 35,300円 33,700円 32,100円

※4人家族、1日の使用湯量が460ℓの場合

出典:http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/diahot/ecocute/introduction/compare.html

エコキュートを利用するとLPガス使用時は約10万円以上、都市ガス使用時は約5万円以上電気料金が安くなります。

例えば寒冷地で使用湯量が多い「北海道電力エリア」では、従来型ガス給湯器(LPガス)の場合、約226,000円/年もの電気代がかかります。LPガスより割安な都市ガスの場合でも、112,000円/年です。

しかしエコキュートなら、年間約52,800円まで抑えることができます。従来型ガス給湯器(LPガス)と比べると、年間17万円以上もの電気代を節約することができるのです!

さらに平成21年に総務省統計局が行った「全国消費実態調査 エネルギー消費に関する特別集計結果」によると、エコキュートを所有している世帯は所有していない世帯と比べ1,478円/月も電気代が安くなっています。

全国消費実態調査 エネルギー消費に関する特別集計結果

出典:http://www.stat.go.jp/data/zensho/2009/energy/yoyaku.html

エコキュートの電気代が高くなる4つの原因

 

エコキュートの電気代が高くなる原因は、以下の4つが考えられます。

  • 日中にお湯を沸き増ししている
  • エコキュートのお湯沸き設定時間と電力プランの時間がずれている
  • 節約機能を活用していない
  • エコキュートが古すぎる

それぞれの原因について、詳しく解説していきます。 

日中に沸き増ししている

日中に沸き増ししている

エコキュートを導入しているのにも関わらず電気代が高くなってしまう家庭の多くの要因として考えられるのが、日中の沸き増しです。

エコキュートは夜間の電気代が安いぶん、日中の電気代が割高になります。そのため電気料金が高い日中の時間帯にエコキュートが沸き増ししてしまうと、電気代がかさんでしまいます。

エコキュートのお湯沸き設定時間と電力プランの時間がずれている

エコキュートのお湯沸き設定時間と電力プランの時間がずれている

エコキュートのお湯沸き設定の時間と電気代がオトクになる時間がズレていると、電気代がかさんでしまいます。

そのため、エコキュートのお湯沸き時間の設定を、電気代が安い時間帯に設定する必要があります。一般的には、深夜の時間帯に電気代が安く設定されている電力プランが多いとされています。お湯沸き時間の設定は、製品の取扱説明書やメーカーのサポート窓口で確認しましょう。

エコキュートの節約機能を利用していない

エコキュートには省エネルギー性を高めるために、以下のような節約機能が搭載されています。

パワーセーブ機能:お湯をゆっくり沸かすことで、ヒートポンプの消費電力を低く抑える機能

ピークカット機能:電気料金が高い時間帯を設定し、その時間帯の自動湯増しを行わない機能

ソーラーチャージ機能:太陽光発電を利用して、夜間沸き上げ量を減らし、日中に太陽光発電の余剰電力のみで沸き上げる機能

エコキュートに搭載されている節約機能を利用していない場合、余分な電力を消費してしまい、電気代が高くなってしまいます。節約機能を上手に活用し、電気代を安くしましょう。

10年前のエコキュートを使用している

使用しているエコキュートそのものが古すぎると、電気代が高くなるケースもあります。

エコキュートは2001年に販売が開始され、現在流通している機種とは機能面で異なる部分があります。中には湯沸かしの時間を選択できない古い製品も存在するため、節約効果が期待できない場合があります。

また、エコキュートの耐用年数は約10~15年ほどと言われています。利用年数が10年を超えると、メーカーの保証が切れるだけでなく、故障の頻度が増えはじめます。利用年数が10年を超えていれば、買い替えも検討しましょう。 

もし給湯器の交換を検討するのであれば、ミズテックにお気軽にご連絡ください!

※関連記事:エコキュートの電気代が高い原因は?

給湯器駆けつけ隊ミズテック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急な故障であっても駆けつけ対応いたします!

(関連記事:エコキュートの修理

(関連記事:エコキュートが故障したらどうする?

ただ電気代が高いのが気になるだけでも問題ありません!まずはお気軽にミズテックへご連絡ください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

そもそも電気代はなぜ高騰している?

冬の時期になるたびに電気代高騰や電気不足、といったニュースを見かけるようになりました。加えて2020年1月から2022年12月までの2年間において、電気代は最大で3割近くも値上がりしている地域もあります。

では、電気代はなぜ高騰しているのでしょうか。その原因について解説いたします。

燃料費調整額の値上がり

電気代の値上がりに大きく影響しているのが燃料調整額の値上がりです。そもそも燃料費調整額は、発電に利用する化石燃料の価格変動を電気料金に反映させるための費用です。原油や天然ガス、石炭の輸入費用の3か月間の平均金額を基に、2か月後の燃料費調整額に反映されています。

こうした燃料調整費用が上がっている主な原因は、原油価格の上昇です。原油価格は世界的な需要の増加や、OPECなどの産油国が生産調整を行っていることで価格上昇に繋がっています。

日本では多くの原子力発電所が運転できない中、70%以上を火力発電で補っている影響もあり、2022年10月には大手電力会社10社において燃料費調整額が上限に達しました。上限撤廃を行う電力会社も出てくるなど、今度も電気代の高騰が続くことが懸念されています。

高い再エネ賦課金の影響

再エネ賦課金は太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーを利用した発電を増やすため、高い発電コストの一部をまかなう制度として作られました。

再エネ賦課金が電気代に影響を与える主な理由は、再エネ賦課金の導入と再エネ発電の固定価格買取制度にあります。再エネ賦課金は導入当初は比較的低い金額でしたが、再エネの導入量が増加するにつれ、その額も増加して利用者負担が増え続けています。また、再エネ発電には、固定価格買取制度という仕組みがあります。この制度により、再エネ発電事業者が発電した電力は、固定された価格で買い取られます。この価格は、一般的な発電コストよりも高いため、その分の負担が電気料金に反映されています。

今後も2030年頃までは再エネ賦課金が上昇し続けると予測されていて、最大で1kWhあたり5円を突破するという試算もあります。

電気代の節約になるエコキュート選ぶ3つの秘訣

電気代の節約になるエコキュートの選び方、3つの秘訣をご紹介します。

  • ライフスタイルに合うタイプを選ぶ
  • 要領が1つ大きめのものを選ぶ
  • 省エネ設定の機種を選ぶ

ライフスタイルに合うタイプを選ぶ

ライフスタイルに合うタイプを選ぶ

家族構成や居住地域などのライフスタイルに合わせて、エコキュート本体を選びましょう。

例えば1人暮らしの場合、お湯張り・保温・追い炊き・足し湯などの機能が備わった「フルオートタイプ」のエコキュートは必要以上に料金が高くなりがちです。お湯張り機能のみがあるエコキュートを選ぶといいでしょう。

また居住地域に最適なエコキュートを選ぶことも重要です。北海道や東北地方など冬場の気温が低くなる地域では、寒さにも耐えられる寒冷地専用の製品がおすすめです。また海沿いや沿岸地域で塩害が心配ならば、塩害地域向けの製品がおすすめです。

容量が1つ大きめのものを選ぶ

容量が1つ大きめのものを選ぶ

エコキュートのタンク容量は、想定よりも1つ大きめのものを選ぶといいでしょう。タンク内にできるだけ多くのお湯を貯められることにより、日中の沸き増しを防いで電気代を節約できます。

ダイキンによると、タンク容量の目安は以下のようになっています。

家族人数の目安 タンク容量
4~7人 460ℓ
3~5人 370ℓ
2~3人 320ℓ

家族人数的には320ℓのタンクで十分であっても、お湯を使う頻度が多いのであれば1つ大きい容量のタンクを選ぶことも重要です。

省エネ設計の機種を選ぶ

省エネ設計の機種を選ぶ

「省エネ設計」や「アシストお湯張り」があるエコキュート機種であれば、更に電気代を節約できます。

たとえば「省エネ設計」のある機種は、自動で省エネ運転をしてくれます。また三菱電機の「アシストお湯張り」機能があると貯湯タンク内のお湯と水道水を混合させて設定温度のお湯をためてくれるので、使用する湯量を抑えて電気代を節約できます。

機種によってさまざまな省エネ設計・機能があるため、色々な機種を見比べて検討してみましょう。

エコキュートで電気代を節約する11つのポイント | 時間帯がポイント!

最後に、エコキュートで電気代を節約する11つのポイントをご紹介します。

1. 電力プランを見直す

電力プランを見直す

自分のライフスタイルに合った電力プランになるよう見直しましょう。

エコキュートは夜間や深夜のうちにお湯を沸かしておく仕組みですので、夜間料金が安いプランを契約することが重要です。

 もし通常通りの電力プランにしていた場合は、夜間料金が安いプランを検討しましょう。

2. 電力プランを意識した生活を送る

自分の契約している電力プランに応じた生活を送りましょう。例えば夜間の電力量1kWhあたりの料金が安いプランに入っていたとしても、昼間に多くの電力を使うと割高になってしまいます。

オール電化の電気料金プランは、一般的に10時〜17時の日中は電気料金が高く設定され、23時~翌朝7時までの深夜は安く設定されています。

そのため、エアコンや食器洗い乾燥機、ヒーター、炊飯器など消費電力の大きい電化製品は、深夜の時間帯だけ動かしたり、日中はタイマーで自動的に切れたりするように使い方を工夫することで電気代の節約に繋がります。

3. 日中帯にお湯を使いすぎないようにする

夜間に貯めたお湯をお昼に使い切ってしまうと、電気料金の高い日中体に沸き増しをすることになり、電気代が高くなってしまいます。

日中帯はできるだけ湯切れを起こさないよう、計算して温水を利用しましょう。

4. 「ピークカット設定」をセットする

「ピークカット設定」をセットする

ピークカット設定をすることで、一定時間お湯の沸き上げを強制的に休止することができます。

電気料金の高い日中帯をピークカット設定するといいでしょう。

5. 給湯温度は「50度」にする

給湯温度は「50度」にする

給湯温度を50度に設定しましょう。

エコキュートの設定温度が高すぎると電気代がかさむため、できるだけ低くしておくのがおすすめです。

6.お風呂を温める時には 高温足し湯を利用する

お風呂を温める時には 高温足し湯を利用する

お風呂を温める時には、追い炊き機能ではなく高温足し湯を利用するといいでしょう。

エコキュートの追い炊きは、すでに温められているタンクの熱を使用して浴槽の水を循環させて温めるため、電気代がかさむ原因になります。

対して高温足し湯は、貯湯タンク内にある高温のお湯を浴槽に足すことで湯船を温め直す方法のため、タンク内の温度を下げる恐れがありません。

7. 季節ごとに湯量設定を見直す

季節ごとに湯量設定を見直す

夏・冬の季節ごとに、貯める湯量設定を見直しましょう。

冬の寒い時期は使用するお湯の量が多くなりますが、夏になるとあまり使いません。にもかかわらず年間一定して湯量設定を同じにしてしまうと、沸かしたお湯や電気代が無駄になります。

そのため季節ごとに湯量設定を見直し、必要な分だけ沸き上げるように設定しましょう。 

8. ヒートポンプユニットの周りに物を置かない

.ヒートポンプユニットの周りに物を置かない

エコキュートは、周辺の空気の熱を利用してお湯を沸かすシステムです。そのためヒートポンプユニットの周りに物を置いていると、うまく空気を取り込めず効率良く稼働できません。

9. 前日の残り湯は使わず、お湯張りをする

前日の残り湯は使わず、お湯張りをする

お風呂に残り湯を使うよりも、お湯張りをした方が節約効果は高いです。

残りを使うことで水道代は節約できます。しかしタンク内のお湯・お風呂内のお湯の温め直しにより多くの電気代がかかってしまいます。

お風呂に入る時は、必ず毎回お湯張りをするといいでしょう。

10. 初期費用の節約には補助金制度が利用できる

初期費用の節約には補助金制度が利用できる

電気代の節約とは異なりますが、エコキュート購入の際に、自治体による補助金制度を利用できるケースがあります。補助金制度を利用することで、初期費用を節約することができます。エコキュートの設置工事をする際は、支給対象になるか条件を調べてみましょう。

ただし、補助金の金額は自治体ごとに差があり、支給対象になる条件も異なります。 自治体によっては既に受付を終了しているところもありますので、まずは一度問い合わせてみましょう。エコキュートの補助金について詳しくは、国や自治体のホームページで確認してください。

11. 状況に応じて給湯器のモードを変える

ご家庭の状況に応じ、給湯器のモードを変えることで電気代を節約できます。

日常生活をしていく中では「おまかせモード」がいいでしょう。使用湯量が少ない時は湯の量を少なめに、年末年始などいつもよりお湯を多く消費する時は多めに設定変更しましょう。

また旅行などで全くお湯を使わない場合は「休止モード」にし、電気代を節約しましょう。

エコキュートを導入するメリット

エコキュートの導入はガス給湯器に対して光熱費を安く抑え、CO2排出量も削減することにも繋がります。これらのメリットをもう少し詳しく解説します。

ガス給湯器に比べて光熱費が安い

エコキュートは電気を使ってお湯を沸かすため、ガス給湯器に比べて光熱費が安くなります。電気とガスの単価の差が大きく、またエコキュートが高い効率でエネルギーを利用できるためです。

ガス給湯器は燃焼によって熱を作り出し、お湯を沸かす仕組みです。瞬間湯沸かし式のため蛇口をひねるたびに電気とガスを消費するため、利用頻度が多いほど多くのエネルギーを消費して光熱費が高くなります。

一方、エコキュートは熱交換器を使って周囲の空気から熱を取り込み沸かします。そのため、少ないエネルギーで効率よくお湯を沸かせるため、光熱費を抑えることができます。また、最近のエコキュートは高効率化やスマート機能の実装により、日中よりも電気代の安い夜間にお湯を作ることで、より光熱費を抑えられるようになっています。

(関連記事:エコキュートの仕組みとは

ガス給湯器に比べてCO2排出量が少ない

エコキュートは電気を使用してお湯を作るため、直接的な燃焼が発生せずCO2の排出がありません。一方でガス給湯器は燃焼によってCO2を排出します。

エコキュートの動力である電力は発電所で生成する際にCO2を排出するという声もありますが、発電所ではSDGsの観点からCO2排出を減少させる様々な取り組みが行われています。

ガス給湯器は燃焼によって直接的なCO2の排出があるほか、ガスの生成でもCO2を排出することから環境への負荷は高いとされてます。環境対策としては劣るガス給湯器ですが、エネルギー効率が高く、電力よりも安価なため多くの住宅に導入されています。

以上のように、エコキュートは直接的なCO2排出がないため、地球温暖化防止へ貢献していると言えそうです。

エコキュートの電気代についてよくある質問

冬に夏よりエコキュートの電気代が高くなる原因はなんですか?

冬は夏に比べ多くのお湯の使用量が増えます。お風呂だけでなく、洗面台・床暖房などにも使用するでしょう。

そのため、冬にはエコキュートでより多くのお湯を沸かす必要があるため、電気代が高くなります。

もし高すぎると感じた場合は、先ほどご紹介したエコキュートの電気代を節約する方法を実践してみてください。

それでもあまりにも改善されない場合は、給湯器のプロ、ミズテックにご相談ください!

1人暮らしの場合、エコキュートの電気代は?

一人暮らしの場合、エコキュートの電気代はおよそ2,000円です。

基本的に、オール電化の家庭は同居人数が多くなるほど割安になると考えられています。

入居人数による電気代を比較すると、以下のようになります。

用途分類 気・ガス併用の光熱費 オール電化の光熱費 差額
1人暮らし  9,514円 11,222円 +1,708円
2人暮らし 15,203円 14,049円 −1,154円
3人暮らし 17,087円 15,588円 −1,499円

 

このことから、オール電化が一人暮らしの場合向いていないことがわかります。

エコキュートを使用した場合の電気代が安くなるのは、二人暮らし以上と考えておきましょう。

エコキュートの電気代 まとめ

エコキュートの電気代についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

節約できるポイントを押さえて上手な使い方を実践し、人気のエコキュートで電気代を節約しましょう!

お見積りのご相談など、お気軽にミズテック駆けつけ隊までご連絡ください!

お見積りはもちろん無料。ご相談はお電話やLINEでも受け付けております。

より安くエコキュートを使用したい!という方は、是非お気軽にご相談ください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ