エコキュート漏電のチェック方法と対処法

エコキュートが漏電してしまうと、電気代が無駄にかかってしまうだけではなく、火災や感電、エコキュートの故障などにつながってしまうリスクがあります。漏電を放置しておくことは非常に危険なため、早急な対応が求められます。

では、エコキュートの漏電に気づくにはどのようなチェック方法があるのでしょうか?

今回はエコキュート漏電の概要とチェック方法について解説します。

 

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュート漏電のチェック方法とは

      エコキュート漏電のチェック方法について解説します。漏電は最悪のケースでは命の危険にもつながるため、気が付いたらすぐに対処することが重要です。

       

      エコキュートの漏電に気が付く時

      エコキュートの漏電に気が付くのは、以下のいずれかのタイミングです。

      ①エコキュートの電源が入らない時、お湯が温まらない時
      ②エコキュートのリモコンパネルに漏電を示すエラー表示が出ている時
      ③電気代が跳ねあがってしまった時
      ④定期点検の際

       

      エコキュートの電源が入らない時はどうする?

      エコキュートの電源が入らない場合には、ブレーカーが落ちている可能性もあるので、まずはブレーカーをチェックしましょう。

      ブレーカーは4種類(アンペアブレーカー、エコキュート用のブレーカー、漏電遮断器、漏電ブレーカー)あります。4つのブレーカーのうち、漏電遮断器はエコキュート本体の電源のことで、貯湯タンクにスイッチが付いています。

      漏電ブレーカーを戻してもまたすぐに落ちてしまう場合には、どこかで漏電が発生している証拠ですので直ちに電力会社に点検の依頼をしましょう。

      ブレーカーが落ちていない場合は、漏電もしくはエコキュートの何らかの故障の可能性が高いため、エコキュート工事業者に点検・修理の依頼をしましょう。

       

      リモコンパネルにエラー表示が出ている時

      リモコンパネルにエラー表示が出ている時には、すぐにエコキュート工事業者に修理依頼をしましょう。

      エコキュートの工事は感電のリスクもあり、専門の資格がなければ行うことはできないので、必ず業者を手配してください。

       

      電気代が跳ねあがってしまった時

      電気代が急に跳ね上がってしまった時は、家庭の電気機器のいずれかが漏電している可能性が高いので、まず電力会社に点検を依頼しましょう。

      電力会社の点検によりエコキュートの漏電であることが分かったら、エコキュート工事業者に修理を依頼しましょう。

       

      定期点検の際

      定期点検の際に漏電や漏電の危険性が高まっている状況が確認されたら、早急に対処を依頼しましょう。

       

      おわりに

      感電や火災といった最悪の事態を招かないためにも、エコキュートが漏電している際や漏電しそうなときには早急な対応が必要です。漏電が疑われる状況が発生したら、早急に電力会社もしくはエコキュート工事業者に点検・修理を依頼しましょう。

      もし不安やよくわからないことがある場合は、まずはご相談だけでも、お気軽に施工業者の「ミズテック」にご連絡ください。

      エコキュートの機種のご説明やメリットデメリット、お見積もりなど、豊富な実績と知見からご案内させていただきます!

      ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。