エコキュートの異音の原因と対処方法は?

2001年に発売されてから人気が高まっているエコキュートですが、長く使っていると異音がすることもあります。

一言で異音と言っても、自然に発生する音と不具合から発生する音があり、場合によっては命にかかわります。快適な生活をするためにも、すぐに対処することが大切です。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュートの異音の原因は?すぐに使用中止すべき?

エコキュートの異音の原因は、「通常の音」であるか、ガス漏れ・部品の経年劣化が考えられます。

ガス漏れや不完全燃焼が起きていたら得に危険なため、すぐに使用を中止しましょう。

特にエコキュートから「いつもと違う音」が聞こえてきた場合、使用中止することをおすすめします。

まずはネットの知識だけでなく、エコキュートの取扱説明書などを見ながら、正常な音かを判断しましょう。

もし判断が難しければ、メーカーのサポートセンター・もしくはエコキュート専門業者に点検してもらうことをお勧めします。

ミズテックではエコキュートの交換だけでなく、技術力が必要な修理も承っています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

危険かもしれないエコキュートの異音

全ての異音が危険なわけではありません。

経年劣化によって昔は気にならなかった音が聞こえることもありますし、特に心配いらない場合もあります。

「ピーピー」という音

ガスの量が正常でない可能性があります。

危険なので、運転を停止してサポートセンターやエコキュート施工会社に問い合わせしましょう。

「ゴー」「ウー」というなるような音、低い音

うなるような低い声がエコキュートから聞こえた場合、エコキュートのモーターが故障している可能性があります。

念のためサポートセンターやエコキュート施工会社に連絡しましょう。

「ボンッ」「ボボッ」という爆発するような音

小さな爆発音のような音が聞こえた場合は、エコキュートの中で不完全燃焼が起きている可能性があります。

周囲からガスっぽい臭いを感じた場合は、まず不完全燃焼と考えて間違いありません。

最悪の場合は命に関わりますので、ただちに使用を停止してください。

「キュルキュル」という音

「キュルキュル」という音は加圧ポンプの音の可能性が高く、エコキュートとは関係ないかもしれません。

お湯を止めた時によく聞かれる音です。エコキュートは近くに30cmほどの加圧ポンプがあるのですが、このポンプから音が鳴るのです。

エコキュートが故障しているわけではないため、エコキュートの交換や修理では直りません。

水道屋さんなど他の業者を呼び、原因を解明してもらう必要があります。

正常なエコキュートのうなり音

エコキュートには問題のないケースが多い、正常なうなり音の特徴を見ていきましょう。

「ブーン」という音

エコキュートから聞こえるブーン音については必ずしも故障であるとは限りません。エコキュートは通常、運転中に給湯器内部のファンモーターが作動して低周波の振動や「ブーン」という音を感じることがあります。それ以外にもポンプやバルブの駆動音、加熱用のヒーター音、または水が流れる音などが考えられます。これらは通常、運転中に聞こえる正常な音です。

ただし、ブーン音が異常に大きかったり、常に発生し続ける場合は、故障の可能性があります。特に新しいエコキュートでブーン音が大きい場合は、メーカーに問い合わせて点検を依頼することをお勧めします。

大きめな「グーン」「ウーン」「グワン」という音

大きめな「グーン」「ウーン」「グワン」という音も、問題がないと考えられます。

例えば、加熱中に発生する音やポンプの駆動音、水の流れる音が異音として聞こえることがありますが、これらは正常な動作中に発生する音であり、問題があるわけではありません。また、エコキュートの運転音が低いハム音やブーン音である場合も、同様に正常に稼働している状態だと考えられます。

「クック」という音

エコキュートの「クック」という音は、通常は加熱時に発生する音であり、問題がない場合と考えられます。エコキュートは、加熱する際に内部の水が沸騰するため、水中で発生する気泡が音として聞こえることがあります。

この「クック」という音は、通常は比較的小さな音であることが多いため、異音が継続的に発生したり、異音が突然に大きくなった場合には、エコキュートに問題がある可能性があるため、専門の業者に点検を依頼することをおすすめします。

「ジュー」という音

エコキュートは、水を加熱するためにヒーターを使用するため、ヒーターが加熱する過程で水が沸騰する際に発生する音が「ジュー」という音です。加熱時に発生する一般的な音であり、問題がないと考えられます。

エコキュートから異音を感じた場合に確認すること

エコユーとから異音がした場合、以下の点を確認することが重要です。

音が発生する時期やタイミング

エコキュートから異音がした時には、音が発生する時期やタイミングを確認することが重要です。加熱中に発生する音やポンプの駆動音、水の流れる音が異音として聞こえることがありますが、これらは正常な動作中に発生する音であり、問題があるわけではありません。異音が発生するタイミングを確認することで、何が原因であるかを判断することができます。

音の種類や大きさ

異音が発生した場合にはその音の種類や大きさについても確認することが重要です。異音が突然に大きくなった場合や、異音が継続的に発生する場合には、エコキュートに問題がある可能性が高いといえるため、専門の業者に点検を依頼することをおすすめします。

エコキュートの周辺状況

エコキュートの周辺状況も確認することが重要です。エコキュートに異物が詰まっている場合や、配管に異常がある場合にも、異音が発生したり動作音が大きくなることがあります。また、エコキュートの設置場所や周囲の環境によっても異音が発生するケースもあります。

エコキュートの点検履歴

エコキュートの点検履歴も確認してみましょう。過去に点検や修理がされた場合、その内容や時期を把握することで、異音の原因を特定する手がかりになるかもしれません。点検や修理箇所から異音が聞こえる場合には、再発したり不具合が起きている可能性があります。

以上のように、異音が発生した場合には、タイミングや音の種類・大きさ、エコキュートの周辺状況、点検履歴などを総合的に判断し、必要に応じて専門の業者に点検を依頼することが重要です。

エコキュートの故障が考えられる場合は交換がおすすめ

エコキュートの故障が考えられる場合は、新しい機器に交換するのもおすすめです。

エコキュートは10年が寿命です。それ以上使うと、さまざまな箇所で修理しなければなりません。

修理代は重なると交換代よりも高くなるため、なるべく早い段階での機器交換をおすすめいたします。

エコキュートの交換をする場合は、ミズテックでの交換がおすすめです。

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:エコキュートの業界最安値挑戦中!

ミズテックでは、エコキュートの業界最安値挑戦中です。定価の半額以下の値段にて、エコキュートの購入はもちろん、取り付け工事も行います。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュートの騒音レベルはどれくらい?

エコキュートによる騒音は、主にヒートポンプから発せられる低周波音です。

基本的にはヒートポンプから「ウーン」「ブーン」といった低い音が聞こえます。通常聞こえる音ですので、故障の原因ではありません。

駆けつけ隊
駆けつけ隊
ただしいつもと音の調子が違う・音量が大きいようであれば、一度故障を疑うといいでしょう。

ただ、どうしても低い音なので騒音として認識されることも少なくありません。

いつもより音が大きく聞こえるようであれば、近所トラブルや故障トラブルとなる前に、専門家やメーカーに相談するといいでしょう。

 

「ウーン」「ブーン」という低くうなるようなモーター音であることが多く、音の大きさは40~50dB程度とされています。下記の通り、他の騒音に比べると小さいことが分かります。

  • 90dB:パチンコ店内
  • 80dB〜:ゲームセンター店内
  • 70dB〜:地下鉄の車内、主要幹線道路周辺(昼間)、蝉の声など
  • 60dB〜:銀行の窓口周辺、博物館の館内、ファミリーレストランの店内、コーヒーショップの店内など
  • 50dB〜:役所の窓口周辺、高層住宅地域(昼間)、書店の店内など
  • 40dB〜:美術館の館内、高層住宅地域(夜間)、戸建住宅地(昼間)、図書館の館内など
  • 30dB〜:ホテルの室内

(参考:環境省 生活騒音)

エコキュートの騒音は図書館の館内などと同じレベルと言えます。しかし、エコキュートは静かな夜間に稼働してお湯を作ることから、昼間に比べて騒音になりやすい特徴があります。

また、製品の性能上、室外機のヒートポンプの設置が必須であり、近隣住民にとって騒音になることもあります。エコキュートの騒音を防ぐためには、設置時の対策が不可欠です。

騒音が小さいエコキュートメーカーは?

エコキュートの騒音については、メーカーや機種によって異なるため、一概に比較することはできません。しかし、一般的には以下のような傾向があります。

パナソニック:低騒音タイプのエコキュートを取り扱っており、特にヒートポンプ式エコキュートにおいては静音性に優れているとされています。

三菱電機:エコキュートに搭載される「サイレントモード(低騒音モード)」によって、比較的低騒音に抑えることができます。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/ldg/ja/air/products/slim/zr/item_01.html

ダイキン:独自の静音設計で低運転音の38~40dBを実現しており、図書館並みの低騒音で稼働できます。

参考:https://www.ac.daikin.co.jp/sumai/alldenka/ecocute/faq

日立:運転音は50〜60dBとされており、他メーカーより若干高い数値ですが、家庭用ヒートポンプ給湯機のJIS(JIS C 9220)に基づいた数値となっており、役所や銀行の窓口付近の音と同等ですので十分に静かだといえます。

参考:https://kadenfan.hitachi.co.jp/kyutou/pdf/2021_10.pdf

ノーリツ:ヒートポンプ式エコキュートにおいては、エコモードやスマートモードなどによって低騒音で稼働できますが、一部の機種では比較的騒音が大きいとの意見もあります。

ただし、各メーカーの機種によっても騒音は異なるため、実際の使用状況や環境に合わせて選ぶことが重要です。また、設置場所や周囲の環境によっても騒音が変化するため、専門家のアドバイスや調査を受けることも考慮してください。

エコキュートの異音についてよくある質問

最後に、エコキュートの異音についてよくある質問にお答えいたします。

エコキュートから急に不自然な音が鳴った場合はどうすればいいですか?

上記に当てはまらなくとも、急に異音がすることもあります。長い間使っていると、経年劣化により中の部品が古くなり、不具合が起きるのです。

5年以上使用し、急に不自然な音がする場合は部品の不具合かもしれません。

どのタイミングで、エコキュートの交換を検討するべきですか?

エコキュートの交換は、使用年数10年を超えたら本格的に検討しましょう。

エコキュートの寿命は10年です。10年を超えて使用すると、さまざまな箇所に不具合が出始めます。

最初は修理対応のみでも問題ありませんが、修理箇所が多くなってくると、思い切って交換してしまった方が安い場合もあります。

業者と相談しつつ、修理箇所が多くなりそうな場合は、思い切ってエコキュート交換をしてみるといいでしょう。

エコキュートの異音 まとめ

一言で異音と言っても、さまざまな原因が考えられます。突然壊れることもありますし、命に関わる可能性もあります。

自己判断は難しいですから、サポートセンターやエコキュート施工会社に連絡して「どうしたらよいのか?」指示を受けることをおすすめします。

施工業者の「ミズテック」は、エコキュートの点検・交換に関して数多くの実績を持っています。

その実績から、買い替え時期に関してのご相談なども承っていますので、ぜひお気軽にご相談ください!

「ある日、突然お湯が出なくなった!」とパニックになることがないよう、定期的な点検・メンテナンスもお任せくださいね。

ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ