エコキュートが凍結した時の対処法2選|最速でお湯が使えるようになる方法をご紹介

エコキュートが凍結してしまった!どう対策すべき?

そうお悩みではありませんか?

エコキュートは寒冷地でも使える非常に便利な給湯器です。しかし、必要な対策や対処法をしないと凍結の上故障する可能性もあります。

そこで今回は、エコキュートが凍結したときの対処法についてご紹介いたします。

凍結しないようにする対策方法もご紹介するので、この記事を読めばエコキュートの凍結に悩むことはもうありません。

それでは早速、エコキュートが凍結する原因について解説いたします!

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュートが凍結している原因は「室外の配管の凍結」

      エコキュートが凍結する原因

       

      エコキュートが凍結している主な原因としては、室外の配管の凍結が挙げられます。

      エコキュートは室外に設置された機器内でお湯を沸かして貯めておき、配管で室内に供給する仕組みのものが多いです。室外の配管は外気温の影響を受けてしまい、気温が極端に下がると凍結してしまいます。一方で給湯器本体の内部にはヒーターが装備されていることも多く、室外の配管ほど凍結の可能性は高くありません。

      このように給湯器の凍結は、給湯器自体ではなく室外の配管が原因となるケースが大半です。このことを念頭に、給湯器の凍結の防止対策や凍結後の対処法を施す必要があります。

      エコキュートが凍結した時の対処法2選|自然解凍or急ぎの場合はぬるま湯をかける

      給湯器凍結への対処法

      続いて、実際に給湯器が凍結してしまった時の対処法を見ていきます。

      エコキュートが凍結した際にはまず、エラー表示の有無を確認してください。エラーが表示されている場合には、1分以上時間を空けてから、漏電遮断器をオフにしましょう。

      エラーが解除されたら、下記の2つのうちいずれかの方法で凍結に対処してください。

      凍結した配管部分にぬるま湯をかける(急ぎの場合)

      エコキュートの凍結をできるだけすぐに解消したい場合には、凍結した配管部分にぬるま湯をかけて解凍させるのが効果的です。具体的な手順は、下記の通りです。

      1. 給湯器の運転スイッチをオフにする(リモコンのないガス給湯器の場合にはガス栓を閉める)
      2. 本来お湯の出る蛇口を少し開けておく(台所など)
      3. 凍結している配管・給水元栓にタオルを巻く
      4. タオルの上からぬるま湯(30~40℃程度)をゆっくりとかける
      5. 解凍されて水が流れたら、②で開けた蛇口を閉める
      6. タオルを外し、周りに付着した水分を乾いた別のタオルで拭き取る

      上記の過程でぬるま湯を凍結部分にかける際には、電源コードやコンセントにかからないように注意してください。また、熱湯をかけてしまうと水道管が破裂する恐れがあるため、30~40℃のぬるま湯をゆっくりかけるようにしましょう。

      また、給湯器の凍結防止で水抜きをする時同様、スイッチをオフにしても電源プラグを抜く必要はありません。

      自然解凍を待つ

      急ぎの場合に効果的なぬるま湯による解凍ですが、水道管が破裂するリスクはゼロではありません。そのため急いでいない場合には、自然解凍を待つ方法がより安全でおすすめです。

      自然解凍を待つ場合、給湯栓(お湯の蛇口)を少し開けておくだけでOKです。その後時間が経過して外気温が上がると、自然解凍して元のようにお湯を使えるようになります。時間はかかるものの、ぬるま湯による解凍よりも安全な解凍方法です。

      【メーカー別】エコキュートの凍結エラーコードと対処方法

      エコキュートの配管が凍結した場合に表示される可能性のあるエラーコードとその対処方法についてメーカー別にまとめました。

      ダイキンのエコキュート

      ダイキンのエコキュートが凍結した際に表示される可能性のあるエラーコードは以下の通りです。

      C45  C52 C55 C80
      E7 FA HJ J3
      U51 UF    

      ただし、凍結以外の原因でも上記エラーコードが表示されることもあるので、もしもエラーコードが表示されたら冷静に原因を確認するようにしましょう。

      ダイキンのエコキュートでエラーコードが表示された場合には「【ダイキン】エコキュートのエラーコード一覧|故障時の対処方法」を参照すれば原因や対処方法について解説されているのでお試しください。

      日立のエコキュート 

      日立のエコキュートが凍結した際に表示される可能性のあるエラーコードは以下の通りです。

      Er24 Er15 HE22

      ただし凍結以外の原因でも上記エラーコードが表示されることもあるので、もしもエラーコードが表示されたら冷静に原因を確認するようにしましょう。

      日立のエコキュートでエラーコードが表示された場合には「【日立】エコキュートのエラーコード一覧|故障時の対処方法」を参照すれば原因や対処方法について解説されているのでお試しください。

      三菱電機のエコキュート

      三菱電機のエコキュートが凍結した際に表示される可能性のあるエラーコードは以下の通りです。

      U19 F06 P21 P24
      P25 P26 P27 P28
      P29 C03 C19 C20
      C21 C30    

      ただし凍結以外の原因でも上記エラーコードが表示されることもあるので、もしもエラーコードが表示されたら冷静に原因を確認するようにしましょう。

      三菱電機のエコキュートでエラーコードが表示された場合には「【三菱電機】エコキュートのエラーコード一覧|故障時の対処方法」を参照すれば原因や対処方法について解説されているのでお試しください。

      パナソニックのエコキュート

      パナソニックのエコキュートが凍結した際に表示される可能性のあるエラーコードは以下の通りです。

      F12 H94

      ただし凍結以外の原因でも上記エラーコードが表示されることもあるので、もしもエラーコードが表示されたら冷静に原因を確認するようにしましょう。

      パナソニックのエコキュートでエラーコードが表示された場合には「【パナソニック】エコキュートのエラーコード一覧|故障時の対処方法」を参照すれば原因や対処方法について解説されているのでお試しください。

      コロナのエコキュート

      コロナのエコキュートが凍結した際に表示される可能性のあるエラーコードは以下の通りです。

      E14 H15

      ただし凍結以外の原因でも上記エラーコードが表示されることもあるので、もしもエラーコードが表示されたら冷静に原因を確認するようにしましょう。

      コロナのエコキュートでエラーコードが表示された場合には「【コロナ】エコキュートのエラーコード一覧|故障時の対処方法」を参照すれば原因や対処方法について解説されているのでお試しください。

      エコキュートのお湯がいつまでも出ない場合は「ミズテック」|最短30分で解決!

      エコキュートが凍結した時の対処法について解説してきましたが、「ぬるま湯をかける」「自然に解凍されるのを待つ」といった方法をとってもお湯が出ない場合には故障している可能性があります。

      修理が必要な場合にはミズテックをエコキュートの修理業者の一つとしてご検討ください。

      安心の保証と実績で選ぶなら駆けつけ隊

      弊社・ミズテックでは、給湯器の修理・交換を承っております。給湯器のことでお困りの方は、要望も含めてお気軽に弊社までご相談ください。初めての方も大歓迎です。

      最初はお気軽に概算お見積りもできます。以下フォームは15秒で入力完了するため、是非お気軽にお確かめください。

      かんたん概算料金チェック
      ご検討内容  
      ※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
      お住まいの都道府県
      お住まいの人数
      ご希望の商品  
      ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
      概算見積ありがとうございます!
      オペレーターより正式な見積を希望しますか?

        氏名
        お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

          氏名
          メールアドレス
          こちらより友達追加後、
          見積希望とお知らせください。
          見積希望を受け付けました!

          ミズテックがお客様から選ばれる理由・評価いただいている点は、以下の3つです。

          メーカー直仕入れで格安価格を実現
          ミズテックでは、ガス給湯器や電気温水器などの機器をメーカーから直接仕入れています。メーカーから直接かつ大量に仕入れているので、機器の価格を抑えてご提供できます。

          また、給湯器の点検や取り付け工事を当社の専門スタッフがおこなうことで、工事の経費も少なく抑えています。このようなコスト削減努力によって、他店よりも安い販売価格を実現しています。

          本体&施工10年保証
          メーカー保証の期間を過ぎた給湯器の修理は、基本的に有償です。ただし、一部のメーカーは有料の保証制度を設けていて、加入すると最大10年まで保証期間が延長されます。
          いっぽう、弊社ミズテックは「本体と施工」両方に対して、無料で10年間の保証をご用意しています。生活に欠かせない給湯器を、末永く安心してご利用ください。
          ※一部給湯器を除きます

          最短30分で訪問可能
          ミズテックは、給湯器でお困りの方のために即日対応しており、最短30分で駆けつけられます。急なご依頼にも迅速に対応しますので、お気軽にご相談ください。

          「給湯器が壊れてお湯が出ない」「給湯器から異音がして怖い」といったトラブルや緊急時には、どこよりも早く対応させていただきます。

          エコキュートの凍結防止の対策5選

          まずは、給湯器の凍結防止対策を具体的に見ていきましょう。

          水を出し続ける

          エコキュートの凍結防止方法

          エコキュートの凍結防止対策としてはまず、水を出し続ける対策が挙げられます。

          具体的には、設定を「水(低温)」にする、または運転スイッチをオフにした上で、お湯側の蛇口から水を出し続けます。水量の目安は1分間に200~400cc程度が望ましいです。とえ10時間出しっぱなしにしても1回のお風呂の湯量の半分ほど( 120L)に過ぎません

          この対策は、夜間の冷え込みが懸念される場合や低温注意報が発表された時に行うと、特に有効です。

          配管にカバーを取り付ける

          配管カバーを取り付けることによっても、エコキュートの凍結を防止できます。

          給湯器の凍結は主に、外部にむき出しになっている配管が凍結するケースが多いです。そのためむき出しになっていると凍結しやすい配管に、カバーを取り付けて保温することが重要です。

          まずは配管の断熱材を点検し新たに保温効果のあるカバーやテープを取り付けるなどして、配管の凍結を予防しましょう。

          また貯湯ユニットの脚部などに化粧カバーを取り付けることも、貯湯ユニットの配管の凍結防止に効果的です。化粧カバーがない場合は、風除けなどを設置することで厳寒期の寒風から配管を守りましょう

          凍結防止ヒーターを取り付ける

          エコキュートの凍結防止対策としては、凍結防止ヒーターの取り付けも挙げられます。

          すでにヒーターが備え付けられている場合にはヒーターの電源をオンにして、凍結防止を行いましょう。凍結防止ヒーターがない場合には、新たに凍結防止ヒーターやその他の凍結防止機能を導入して、凍結防止を行うのも一つの手です。

          またエコキュートなどでは凍結防止機能が備わっていることも多いですが、厳寒期に電源を切ってしまうと凍結して運転できない恐れもあります。そのため、凍結防止ヒーターやその他の凍結防止機能は、電源を入れたままにしておくことも重要です。

          給湯配管の水を抜く

          給湯配管の水を抜く対策は、長期間家を空ける場合の給湯器の凍結防止につながります。

          凍結は気温が下がった際に配管内の水温が下がって起こりやすいため、水を抜いてしまえば凍結を防ぐことが可能です。具体的には、下記の手順で給湯配管の水抜きを行ってください。

          1. 給湯器のスイッチをオフにする(電源プラグは抜かない)
          2. ガス給湯器の場合、元栓を閉める
          3. 給水元栓を閉める
          4. 給湯栓を全て開ける(台所なども含む)
          5. 給水水抜き栓、給湯水抜き栓を開ける

          水抜き後に再度使用する場合には、上記とは逆の手順を踏みます。まず水抜き栓と給湯栓を閉めてから給水元栓を開け、蛇口から水が出ることを確認してからガスの元栓を開け、給湯器の電源を入れて使用しましょう。

          なお、給湯器使用直後はお湯が高温になっており危険なため、給湯器が冷めてから水抜きを行ってください

          お湯や水を浴槽に溜めたままにする(自動ポンプ運転付きの場合)

          自動ポンプ運転付きの給湯器で凍結防止を行う場合、お湯や水を浴槽に溜めたままにする対策も効果的です。

          フルオートタイプのエコキュートなどであれば、自動ポンプ運転機能がついており、浴槽のお湯や水を循環させることで凍結を防止できます。外気温が一定温度を下回ると(3~5℃のことが多い)自動運転が行われる製品も多いです。家族全員がお風呂に入った後に浴槽の循環口から10cm程度までお湯を溜めたままにするだけで、自動でお湯を循環させてくれます

          この機能は浴槽にお湯や水が溜まっていないときはエラーとなり運転が停止するため、あくまで10cm程度のお湯を溜めておく必要があります。

          エコキュートの凍結 まとめ

          エコキュートが凍結した時には外気温が上昇して自然に解凍されるのを待つのが最も良い方法です。

          しかしすぐにお湯を使いたいという場合もあるので、そのような時には自己責任の元ぬるま湯をかけて解凍するという方法を試してみましょう。この時に注意したいのは、早く解凍したいからといって熱湯をかけないことです。熱湯をかけると故障の原因になってしまい、お湯が使えないだけでなく余分な修理費用を支払わなければならなくなります。

          そして、大切なことは凍結しないように事前に対策をとっておくことです。この記事を参考にして、居住地域の寒さに合わせた、そして自分にとれるエコキュートが凍結しない対策をとっておくようにしましょう。