エコキュートを自分で交換するのはNG!費用を抑えるコツや業者選びについて解説します

「エコキュートの交換、思っているよりお金がかかるな・・・」
「ネット通販で買って、一人で設定してもいいかな」

そうお考えではありませんか?

正直、エコキュートの交換を自分でやるのはやめておきましょう。

駆けつけ隊
駆けつけ隊
そもそも、無資格でエコキュートの交換工事はできません。

ミズテックでは格安でエコキュート交換を行っております。本体費用・工事費用など全て込みで40万円台~にて受け付けております。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュートの交換を自分でやってはいけない

エコキュートは本体費用が高く、さらに工事費用もプラスされるとなれば交換費用には数十万円が必要です。

そこで、工事費用分だけでも安くしたいとエコキュートを自分で交換できないかと考える方もいるでしょう。

しかし、エコキュートは自分で交換してはいけません。

それは以下の理由によるものです。

  • エコキュートの交換には資格が必要
  • 知識がなければ命を落とす危険性がある

まず、エコキュートの交換をするには国が指定した資格が必要です。

履ような資格について詳しくは後述しますが、無資格でエコキュートの交換を行うと電気工事法違反で30万円以下の罰金か1年以下の懲役が課されます。

また、エコキュートの交換はガスや電気を取り扱うことからそういった知識は必要不可欠です。

知識がないまま交換を行えば感電や一酸化炭素中毒のリスクもあり、最悪の場合命を落としてしまいます。

エコキュートの交換は自分では行わず、信頼できる業者に任せるようにしましょう。

エコキュートの交換に必要な資格

エコキュートの交換には以下の資格が必要です。

  • 第二種電気工事士
  • 排水装置主任技術者
  • ガス機器設置スペシャリスト
  • 液化石油ガス設備士

第二種電気工事士は、住宅や店舗、会社などで600ボルト以下の電気工事を行う際に必要な資格です。

エコキュートの交換時には高電圧の電気を扱い危険なため、第二種電気工事士の資格がなければ交換の作業を行うことはできません。

エコキュートの電気工事部分を行うスタッフは全員が持っている必要があります。

排水装置主任技術者は、エコキュートの配管工事を行うために必要な資格です。交換工事スタッフの中に1人でも資格を有していれば問題ありません。

また、エコキュートからエコキュートへの交換で、配管工事の必要がない場合には資格保持者がいなくても問題ないです。

ガス機器設置スペシャリストと液化石油ガス設備士は共にガス給湯器からエコキュートへと交換する際に必要な資格です。

エコキュートへ交換する際にガス管を扱うためにはガス機器設置スペシャリストが、また既存のガス給湯器の移管を撤去するために液化石油ガス設備士の資格が必要になります。

これらの資格がないエコキュートの交換は危険が伴うだけでなく法律に触れることになります。

必ず有資格者のいる業者を利用するようにしましょう。

エコキュートの交換を自分でできない場合に費用を抑える4つのコツ

エコキュートの交換を自分で行う理由の一つとして、費用を抑えたいということが挙げられます。

しかし、前述したようにエコキュートの交換には資格が必要であり、自分で交換するには非常にハードルが高いです。

しかし、以下のポイントを抑えることでエコキュートの交換費用を抑えることができます。

それぞれの費用を抑えるコツについて詳しく解説していきます。

エコキュート本体を安く購入する

三菱エコキュート_2021_srt-p375ub

エコキュートの交換を自分で行えない場合に費用を抑えるコツ1つ目は、エコキュート本体を安く購入するということです。

エコキュートには「給湯専用」「オート」「フルオート」の3タイプがあります。

多くの方がフルオートを選択されますが、フルオートの機能が本当に必要かを考えてオートや給湯専用を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

そして、フルオートの中でも性能によって価格に大きな差が生まれます。

機能・性能をしっかりと吟味した上で、自身の家庭に合ったエコキュートを選択するようにしましょう。

また、どこからエコキュートを買うかでも価格に大きな差が生まれます。

例えば、個人がメーカーから直接購入するよりもメーカーから直接大量に仕入れている業者からの方が安く購入可能です。

どの業者が希望のエコキュートを最も安く提供しているかは判断が難しいですが、複数社から相見積もりを取ることで絞ることができます。

エコキュートの容量・サイズの決め方!一番のポイントは家族の人数

自社施工を行なっている業者を選ぶ

エコキュートの交換を自分で行えない場合に費用を抑えるコツ2つ目は、自社施工をおこなっている業者を選ぶということです。

エコキュートの交換業者には、自社施工を行なっている業者と下請けに施工を任せている業者があります。

下請けに施工を任せている業者の場合には当然中間マージンが存在するため、自社施工を行なっている業者と比較すると工事費用が高くなりやすい傾向にあります。

また、自社施工を行なっている業者の多くはエコキュート本体の販売も行っています。

前述したような大量仕入れを行なっている業者であれば本体費用も安く、また本体と工事をセットで依頼すれば割引を受けられる可能性もあるでしょう。

自社施工を行なっている業者は施工技術にも責任を持っていることが多いため施工面でも安心です。

複数社から見積もりを取る

エコキュートの交換を自分で行えない場合に費用を抑えるコツ3つ目は、複数社から見積もりを取るということです。

エコキュートの交換をおこなってくれる業者は多くあり、業者によってエコキュートの本体費用も工事費用も違います。

複数社から見積もりを取ることで安い業者を見つけることができるだけでなく、本体と工事の適正価格を知ることもできます。

見積もり自体はインターネットからできる業者も多くあるため、気楽な気持ちで行うといいでしょう。

給湯器交換は相見積もりで比較が必須!費用相場や依頼時の注意点を解説

既存の配管を利用して工事を行う

エコキュートの交換を自分で行えない場合に費用を抑えるコツ4つ目は、既存の配管を利用して工事を行うことです。

この方法はエコキュートからエコキュートへの交換にしか使えませんが、既存の配管を利用することで新たな配管工事の必要がなくなるため費用を抑えることができます。

しかし、以下のような場合には既存の配管の使用が難しくなります。

  • 既存の配管が劣化している
  • エコキュートの設置場所を変える

エコキュートを長期間使用していると湯あかなどで劣化しており再利用するのが難しくなります。

劣化している配管を無理に使用すると水漏れなどのリスクがあり、漏れた分の水道代や修復費用などさらなる費用が発生します。

既存の配管が利用できるかは業者にしっかりと確認し、無理な再利用はしないようにしましょう。

エコキュートの交換業者の選び方4選

エコキュートの交換を自分で行うことができないのであれば業者に任せなければなりません。

しかし、エコキュートの交換を行う業者は多くあり、なかには無資格で行う業者や高額な費用を請求する業者があるのも事実です。

そこで、エコキュートの交換業者は以下のポイントを押さえて選ぶようにしましょう。

それぞれのエコキュートの交換業者の選び方について詳しく解説していきます。

エコキュート専門の修理・交換業者を選ぶ

エコキュートの交換業者の選び方1つ目は、エコキュート専門の修理・交換業者を選ぶということです。

エコキュートを交換する際の業者選びの選択肢としては主に以下の4つがあります。

  • ハウスメーカー
  • リフォーム業者
  • 家電量販店
  • 専門の交換業者

この中で選択すべきはガス給湯器やエコキュートを専門に取り扱っている交換業者です。

理由はいくつかありますが、まずハウスメーカーやリフォーム業者は下請けに施工を任せている会社が多いため価格が高い傾向にあります。

また、家電量販店も含めて、エコキュートの専門業者ではないため専門知識を持ったスタッフが在籍してないことも考えられます。

しかし、専門の交換業者であればエコキュートの知識も豊富にあり、自社施工を行うことで中間マージンが発生せず比較的安く交換可能です。

また、在庫を豊富に持った業者も多くあるため、故障など緊急で交換したいといった場合でも豊富な在庫の中から選択することができます。

価格面だけでなく、専門知識や在庫量の豊富さからも専門業者がおすすめです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

見積もりの中身・追加費用の有無を確認する

エコキュートの交換業者の選び方2つ目は、見積もりの中身・追加費用の有無を確認するということです。

中身をしっかりと確認せず合計費用の安さだけで業者を選んでしまうと、後々損をしてしまうこともあります。

相見積もりを取ったら以下の項目の確認をしましょう。

  • 商品の型番
  • リモコンや脚部カバーなどの付属品の有無
  • 基本工事の内容とその金額
  • 追加工事の内容とその金額

相見積もりを取り安かった業者に依頼したら、多くの追加費用を請求され結局高くなってしまったということがあります。

例えば、見積もりには本体の価格だけが書かれており知識のない方はそれで全て揃うと考えますが、後からリモコンや脚部カバーといった必要なものを請求されたというものです。

また、追加工事が必要になるとあらかじめわかっていたにも関わらずその旨を見積書に記載せず、説明もしなかったということもあります。

このようなことがないように見積書の中身はしっかりと確認し、必要であれば業者に追加費用の有無などを問い合わせることが大切です。

見積書の内容も曖昧、問い合わせた際の答えも曖昧といった業者は後から追加費用を請求してくる可能性が高いため利用しないようにしましょう。

対応エリアで選ぶ

エコキュートの交換業者の選び方3つ目は、対応エリアで選ぶということです。

せっかくいい業者があったとしてもお住まいの地域が対応してなければ利用することはできません。

また、エリア外でも対応してくれる業者もありますが、別途出張費がかかる可能性が高いです。

エコキュートの交換費用を抑えたいのであれば対応エリア内の業者を選択する方がいいでしょう。

施工実績を確認する

 

エコキュートの交換業者の選び方4つ目は、施工実績を確認するということです。

業者のホームページを見てみると、多くの業者で施工実績を載せています。「施工実績=経験数」であり、施工実績が少ない業者は経験が少ないため技術力に乏しいことが考えられます。

また、施工実績の数だけでなく、ブログなどで施工実績を更新し続けているかというのも重要です。

「施工実績◯万件!」とホームページに書かれていても、そのホームページを更新したのは数年前でしたということもあります。

しかし、施工実績がブログなどで写真と共に更新されていれば、現在進行形で実績を増やしているということです。

よって、業者を選ぶ際にはホームページを確認し、施工実績がしっかりと更新されているかを確認するようにしましょう。

エコキュート工事はミズテックにお任せ!

ミズテック

もし給湯器・エコキュートの交換・修理をご検討中であればミズテックにお任せください!

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:エコキュートの業界最安値挑戦中!

ミズテックでは、エコキュートの業界最安値挑戦中です。定価の半額以下の値段にて、エコキュートの購入はもちろん、取り付け工事も行います。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

まとめ|エコキュートの交換は自分では絶対にNG

エコキュートの交換は絶対に自分では行わないようにしてください。

エコキュートの交換は資格が必要であるということはもちろんですが、知識がないと感電や一酸化炭素中毒など命に関わる危険性もあります。

少しでも安くしたいからと無理なことはせず、プロの業者に任せることが大切です。

ただし、業者選びで少しでも安くすることはできるため、この記事を参考に安く高品質の工事・エコキュートを提供できる業者を探してみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ