エコワンとエコジョーズはどっちがお得?ランニングコストや性能を徹底比較

「エコワンとエコジョーズって結局どっちが良いの?」
省エネ系給湯器への買い替えを検討しており、エコワンとエコジョーズで迷っている方も多いでしょう。

この記事では、エコワンとエコジョーズのどっちがお得でおすすめなのかを、性能・特徴の違いも踏まえてお伝えします。

エコワン・エコジョーズに加え、エコキュートとの費用も比較できるため、自分に合った高効率給湯器が分かります。

この記事が、給湯器選びに悩む方のお役に立てば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコワン・エコジョーズ ・エコキュートの性能や特徴を比較

エコワンとエコジョーズのどちらが良いのかを判断するためには、性能や特徴の違いを把握することが重要です。

エコワン・エコジョーズに加え、エコキュートの性能や特徴もチェックしましょう。

  エコワン エコジョーズ エコキュート
発売開始 2010年(リンナイ) 2000年(パーパス) 2001年(コロナ)
主要メーカー リンナイ、ノーリツ ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス パナソニック、三菱電機、日立、東芝、ダイキン、コロナ
燃料 電気+ガス ガス 電気
初期費用 40~80万円 20万円〜 30~70万円
光熱費 月3,000~4,000円 月5,000~8,000円 月2,000〜3,000円
耐用年数 約10年 約10年 約10年
飲用 可能 可能 煮沸すれば可能
水圧 水道と同等 水道と同等 やや弱い
設置スペース 広いスペースが必要 狭いスペースでも設置可能 広いスペースが必要
運転音 ヒートポンプユニットの運転音を含む(深夜とは限らない) 使用時のみ ヒートポンプユニットの運転音を含む(深夜も)
災害時 非常時の生活用水として利用可能 なし 非常時の生活用水として利用可能

エコワンの特徴

エコワン(ECO ONE)とは?特徴とメリット・デメリットを徹底解説 | 給湯器駆けつけ隊ミズテック

エコワンは、2010年にリンナイから発売された電気とガスのハイブリット型給湯器です。

ガスを使って瞬時にお湯を沸かせるだけでなく、エコキュートのようにヒートポンプ技術で沸かしたお湯を貯めておける点が特徴です。

従来の電気給湯器よりも低い温度でお湯を貯めておき、使用時にガスで加熱できるため、効率よくお湯を温められる上にお湯切れの心配も少ない点がメリットです。

特に都市ガスではなくプロパンガスを使用している家庭では、節約率は高くなります。

デメリットとしては、エコジョーズやエコキュートよりも初期費用が高い点が挙げられます。

しかし、お湯切れの心配なしでエコキュート同様に光熱費を節約できます。

十分に予算があり、ガス給湯器と電気給湯器のいいとこ取りをしたい方におすすめです。

エコジョーズの特徴

最安挑戦】ノーリツ ガス給湯専用機 エコジョーズ GQ-C2034WS 20号壁掛け・PS標準設置 | 給湯器駆けつけ隊ミズテック

エコジョーズは、2000年にパーパスから発売された、高効率のガス給湯器です。

従来のガス給湯器では捨てられていたガスを再利用することで効率よくお湯を沸かせるため、環境に優しいだけでなくガス代を10~15%程度削減できる点が魅力です。

エコワンやエコキュートと異なり、電気を用いて貯湯しない点にはメリットもあればデメリットもあります。

メリットとしては、お湯切れの心配がなく水圧も強い点が挙げられます。

デメリットとしては、ガスを用いるためガス漏れなどの観点で電気よりも安全性が低い点、災害時も電気より復旧が遅い点などが挙げられます。

エコワンやエコキュートに比べると初期費用が安いため、予算がそこまでないという方でも導入しやすい点も心強いです。

また、貯湯タンクやヒートポンプユニットが必要ないため、狭いスペースでも設置できます。

エコキュートの特徴

三菱エコキュート SRT-W375 370Lフルオート 角形標準タンク | 給湯器駆けつけ隊ミズテック

エコキュートは、2001年にコロナから発売された、空気熱と電気を活用して効率良くお湯を沸かすヒートポンプ型の給湯器です。

瞬間式のエコジョーズとは異なり貯湯式のため、お湯切れの心配はあるものの、夜間の安い電気料金でお湯を作れるため、節約率は最も高くなります。

また、ガスを必要としないためオール電化の家庭に向いています。

また、貯湯タンク内のお湯を非常時の生活用水として活用でき、エコワンよりもタンク容量が大きい点も魅力です。

デメリットとしては初期費用の高さや設置スペースの大きさ、夜間の運転音などが挙げられます。

エコキュートは、オール電化の方や電気代を大幅に節約したい方におすすめの給湯器です。

エコワンとエコキュートはどっちがお得?性能や光熱費の違いを徹底比較

エコワン・エコジョーズ ・エコキュートの費用・電気代を比較

エコワンとエコジョーズのどちらを選ぶのかを決める上で気になるのは、やはりコスト面でしょう。

エコワン・エコジョーズ ・エコキュートの初期費用・ランニングコストを比較すると、下記のようになります。

本体価格 工事費用 トータル初期費用
エコワン 30~60万円 15~20万円 40~80万円
エコジョーズ 15~35万円 5~10万円 20万円〜
エコキュート 20~50万円 10~16万円 30~70万円
光熱費 メンテナンス費用

エコワン 月3,000~4,000円 ・部分修理1万円〜
・ヒートポンプユニットの修理7~15万円
エコジョーズ 月5,000~8,000円 6,000~3万円程度
エコキュート 月2,000~3,000円 ・部分修理1万円〜
・ヒートポンプユニットの修理7~15万円

エコワン・エコジョーズ・エコキュートのうち、初期費用や修理費用が最も安いのはエコジョーズです。

エコジョーズの工事にはドレン配管工事が必要なケースもありますが、エコワンやエコキュートの導入に比べるとかなり安いです

また、節約率が最も高いのはエコキュートと言えます。

エコキュートに切り替えれば給湯にかかる電気代を2,000円代にまで抑えられるケースも多いです。

エコワンはエコキュート以上に導入コストがかかる点がネックです。

しかし、ガス給湯器と電気給湯器のいいとこ取りができるなどメリットも多いため、ご自身に合った給湯器を選びましょう。

エコワンとエコジョーズはどっちがお得でおすすめ?

エコワンとエコジョーズはどっちがお得でおすすめ

エコワンは初期費用が高い点が難点ですが、どの給湯器がおすすめなのかはコスト以外の面も考慮し、総合的に判断することが重要です。

既述のメリット・デメリットの違いを踏まえた、それぞれの製品がおすすめとなる人の特徴をチェックしてください。

エコワンはこんな人におすすめ

エコワンがおすすめとなる人の特徴は、下記の通りです。

  • 初期費用40~80万円分の予算が十分にある人
  • ガス給湯器と電気給湯器のいいとこ取りをしたい人
  • プロパンガスを使用している人

エコワンは、貯湯が可能な上に瞬間式のガス給湯器の機能も兼ね備えているため、お湯切れの心配も少ないです。

電気料金の高い日中にタンクからお湯がなくなっても、ガスでお湯を作ることができます。

また、都市ガスではなくプロパンガスを使っている人にとっては節約率が高くなるため、エコワンに切り替えるメリットの大きいでしょう。

ただし、導入費用が高くなる点・長期の使用が前提となる点には注意が必要です。


エコジョーズはこんな人におすすめ

エコジョーズがおすすめとなる人の特徴は、下記の通りです。

  • 従来のガス給湯器よりも節約をしたい人
  • エコワン・エコキュートよりも安く省エネ給湯器を使いたい人
  • 貯湯式のお湯切れが心配な人
  • 都市ガスを使用している人
  • 広い設置スペースを確保できない人

エコジョーズは、現在ガス給湯器を使用しているものの、できるだけ低い予算で月々のガス代を節約したい人におすすめです

エコワンは単価の高いプロパンガスでこそ節約率が上がる点や長期使用が前提となる点がネックですが、エコジョーズであれば都市ガスを使用している人や3~5年などの短い期間での使用を考えている人にも向いています。

また、エコワンやエコキュートほどの広い設置スペースは必要ない点もメリットです。


エコキュートはこんな人におすすめ

エコキュートがおすすめとなる人の特徴は、下記の通りです。

  • 現在オール電化の人またはこれからオール電化に切り替える人
  • 夜間の電気料金を活用して節約したい人
  • エコワンよりも安く省エネ給湯器を使いたい人
  • 災害時にも備えたい人
  • 太陽光パネルなどの導入も検討している人

エコキュートはエコワンやエコジョーズとは異なり、電気のみで稼働する給湯器です。

そのため、オール電化の家庭に適した高効率給湯器と言えます。

電気代を大幅に削減できる点が魅力ですが、太陽光パネルとの併用で節約率はさらにアップします。

初期費用が高いためエコワン同様に長期使用が前提となりますが、オール電化の人には最もおすすめの給湯器と言えるでしょう。

エコワンなどの給湯器を選ぶ際のポイント3選

エコワンなどの給湯器を選ぶ際のポイント

エコワンやエコジョーズは性能やコストの違いを考慮し、ご自身に合っているものを選ぶことが重要です。

エコワンとエコジョーズのどちらを選ぶにせよ、共通して無視できないポイントがいくつか存在します。

給湯器を選ぶ上で重要な3つのポイントをチェックしましょう。

ライフスタイルと予算を考慮する

エコワンやエコジョーズを選ぶ際には、ライフスタイルと予算を考慮することが重要です。

人それぞれ生活スタイルや家族構成、予算は異なるため、選ぶべき製品も異なります。

例えば、予算が十分にあり、ガス給湯器の瞬間湯沸かし機能と非常時に活用できる貯湯タンクの両方のメリットを享受したい方には、エコワンが向いていると言えます。

一方で、エコワンを購入する予算はないものの、従来型のガス給湯器よりも節約したい方には、エコジョーズが合っていると言えます。

また、家族人数が多くお湯を使うケースが多い場合には、容量タンクが大きく深夜の電気料金も活用できるエコキュートがおすすめです。

このように、ライフスタイルと予算を考慮した上で給湯器を選ぶことで、各製品のメリットを最大化できます。

家族とも相談しながら、最適な省エネ給湯器を選んで快適な生活を送りましょう。


信頼できる給湯器専門業者を選ぶ

エコワンやエコジョーズを購入・取り付けする際には、信頼できる給湯器専門業者に依頼することも重要です。

給湯器の導入にかかる費用は、業者によっても差があります。

また、業者間で取り付け技術や保証内容も異なる点も無視できません。

料金が安いものの技術力の低い業者を選んだことで、安全に給湯器を使い始められない上に修理費用などが余計にかかってしまうケースもあります。

給湯器の買い替え工事を依頼する際には、給湯器の種類が豊富で技術力も高い給湯器専門業者がおすすめです。

その中でも、口コミでの評価も高く、かつアフターサービスも充実している業者を選びましょう。

信頼できる給湯器専門業者を選べるかどうかで向こう10年の生活が変わるため、業者選びは慎重に行いましょう。


複数の業者に見積もりを出してもらい比較する

給湯器交換業者を選ぶ際には、複数の業者に見積もりを出してもらい比較することが重要です。

エコワンやエコジョーズの費用相場はお伝えした通りですが、業者によっても工事費用や割引率などは異なります。

そのため、複数の業者に見積もりを依頼し、その金額や内訳を比較することで、どの業者が安く信頼できるかを判断しやすくなります。

なかには見積もりの内訳を出してくれない業者や、あとから高額な料金を請求する業者も存在するため、注意が必要です。

高額請求などの事態を避けるためにも、必ず相見積もりを取って料金を比較してください。

給湯器交換で悩んでいる方はミズテックにご相談を!

「エコキュートなどの高効率給湯器に買い替えたいけど、どの製品を選べばよいか分からない…」
「初期費用の高い給湯器をできるだけ安く、かつ安全に交換したい…」

上記のような悩みをお持ちの方は、給湯器専門業者のミズテックにご相談ください。

ミズテック

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:給湯器が最大91%OFF!

ミズテックでは、最大91%オフで給湯器を購入できます。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ


エコワン エコジョーズ どっちまとめ

この記事では、エコワンとエコジョーズのどちらが良いのかについて見てきました。

エコワン・エコジョーズ・エコキュートの違いをまとめると、下記の通りです。

  • エコワン:初期費用は最も高い、ガスと電気のいいとこ取り
  • エコジョーズ:初期費用は安い、従来型ガス給湯器よりは節約可能
  • エコキュート:初期費用は高い、オール電化向き

エコワンとエコジョーズのどちらがよいのかは、ライフスタイルや予算によっても異なります。

単価の高いプロパンガスを使用している人であれば、エコワンに切り替えた際の節約率は特に高くなるためおすすめです。

また、高額な初期費用を少しでも抑えるためには、安くて信頼できる業者に依頼することも重要です。

ミズテックでは、お客様一人一人に合わせた見積もり・ご提案も可能です。

様々なタイプの給湯器交換に対応しているため、お気軽にご相談ください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ