リンナイ マイクロバブルバス(後付け可)のデメリットは価格?評判、口コミ

2020年4月、前モデルから改良を重ねて発売されたマイクロバブルバスユニットは、日経トレンディでも取り上げられ、世の関心を集めました。リンナイ製のマイクロバブルは、後付けもOKなので、余計に気になる方も多いのでしょう。

一方で、価格が高いのが最大のデメリット。具体的な価格なども含めて解説しました。

駆けつけ隊
駆けつけ隊
給湯器駆けつけ隊ミズテックまでご相談いただければ、お客様のご要望等をお聞きしたうえでお見積もりはもちろん、最適な給湯器のご提案も可能です!お気軽にお問い合わせください。
\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

リンナイ製マイクロバブルの設置方法

ご家庭にリンナイ製のマイクロバブルを導入するためには、2つの設置方法があります。

導入方法① 今お使いのマイクロバブル対応給湯器に機能を後付けする
導入方法② マイクロバブル機能が内蔵された給湯器へ交換する

上述の通り、設置方法は2択であるため、ご家庭の設置環境や予算、給湯器の耐用年数等を考慮して導入方法を検討するとよいでしょう!

また、弊社ミズテックでも、リンナイ製マイクロバブルバス給湯器を取り揃えております。
導入に関する疑問やお悩み事などがございましたら、まずはミズテックまでご相談下さい。

ここでは2つの導入方法について、それぞれのメリットやデメリット、そして導入する際の費用について詳しく解説していきます。

マイクロバブルバスユニット+既存の給湯器

この設置方法は、現在お使いの給湯器にマイクロバブルバスユニットを組み合わせて設置する方法です。ただし注意として、お使いの給湯器がマイクロバブルバスユニットに対応した給湯器である必要があります。

マイクロバブルバスユニット対応給湯器の機種については、こちらで確認してみて下さい。

マイクロバブルバスユニット
マイクロバブルバスユニットとは、マイクロバブルとウルトラファインバブルの2つの泡が混ざり合うことで、これまでには体感したことのない優れた温浴効果や洗浄効果が得られる給湯システムのことを言います。

■メリットとデメリット

メリットとしては、既存の給湯器を新しく交換することなく、給湯器とお風呂の間にマイクロバブルバスユニットを設置して、循環金具とリモコンを取り替えるだけで後からでも簡単に設置ができる点が挙げられます。

しかし、既存の給湯器がマイクロバブルバスユニットに対応していない機種の場合は、給湯器の交換が必要となり、既存の給湯器が無駄になってしまうこと、また高い交換費用がかかってしまうことがデメリットとして挙げられます。

また、フィルターの掃除をきちんとしなければいけません。定期的に掃除をしないと故障の原因になる恐れがあります。
マイクロバブルはバブほどの発泡入浴剤ほどのパンチ力は無いので注意が必要です。

■導入価格

導入の際は、以下の機器類の購入が必要です。

①マイクロバブルバスユニット+②循環金具+③専用リモコン

商品 定価(税込) 相場(税込)
マイクロバブルバスユニット
型式:UF-MBU3
129,800円 80,000~100,000円
循環金具
型式:UF-MB1201AL-10A
16,500円 12,000~13,000円
専用リモコン
型式:MBC-MB302VC
64,680円 30,000~45,000円

導入するためには、約12~15万円の商品代+工事費がかかります。
工事費については、3~5万円程度を目安としておくとよいでしょう!

マイクロバブルバスユニット内臓ふろ給湯器

この設置方法は、現在お使いの給湯器をマイクロバブルバスユニット内臓ふろ給湯器に交換して設置する方法です。

※マイクロバブルバスユニットについて詳しくは、上述の「マイクロバブルバスユニット+既存の給湯器」をご覧ください。

またお風呂の機能として、「フルオートタイプ」と「オートタイプ」の2種類があります。

<参考:お風呂の機能>

  • フルオート:お湯はりから、おいだき、保温、たし湯、配管洗浄まで全て自動運転
  • オート:お湯はりから、おいだき、保温までが自動。たし湯は手動で可。配管洗浄機能なし

■メリットとデメリット

既存の給湯器の使用年数が10年近いなどの理由で、給湯器の交換を検討中の方に最適です。
メリットとしては、マイクロバブルバスユニットが給湯器内部に内蔵されているため、場所を選ばずシンプルに取り付けることができ、そして美観を損なわないことが挙げられます。

ただし、マイクロバブルバスユニット内臓ふろ給湯器は、全て「エコジョーズ」となるため、排水設備がない場合は、排水設備を整備する必要があります。

■導入価格

導入の際は、以下の機器類の購入が必要です。

①マイクロバブルバスユニット内臓給湯器+②循環金具+③専用リモコン

商品 定価(税込) 相場(税込)
マイクロバブルバス
ユニット内臓給湯器
フルオート型式:RUF-ME2406AW 544,500円 200,000~300,000円
オート型式:RUF-ME2406SAW 495,000円 170,000~290,000円
循環金具
型式:UF-MB1201AL-10A
16,500円 12,000~13,000円
専用リモコン
型式:MBC-MB302VC
64,680円 30,000~45,000円

導入するためには、約22~35万円の商品代+工事費がかかります。
工事費については、3~6万円程度を目安としておくとよいでしょう!

リンナイ製マイクロバブルバスユニットの評判・口コミ

2020年4月、前モデルから改良を重ねて発売されたマイクロバブルバスユニットは、日経トレンディでも取り上げられ、世の関心を集めました。

これから導入を検討する方にとって口コミは、購入を決める重要なポイントの1つになるでしょう!
インターネットで検索すると、実際に使用されている方の評判や口コミが投稿されています。

評判や口コミは大変貴重な情報源ですが、投稿の中には信ぴょう性を疑ってしまう情報も少なくありません。その他、使用した方の個人差によっても評価が異なることがあります。

そのため、口コミや評判の全てを鵜呑みにせず、あくまでも参考程度に留めておくとよいでしょう。

では、実際の口コミをみていきましょう!

  • 驚くほどのお湯の柔らかさ
  • 熱すぎもせず緩やかなお湯が身体にまとわりつく感じで、お湯の肌触りは極上の質感
  • お湯から上がると肌のしっとり感がずっと持続します
  • 次元が違うお風呂で、お値段以上の買い物
  • 垢でお風呂が汚くなるので、次にお風呂に入る人の快適性を損ねる

纏めると、口コミは上々で、白濁湯によって温泉気分が楽しめ、お肌のしっとり感や保湿力は女性を虜にする要素となっているようです。お値段に見合った価値観が得られるかどうかがポイントになっているようです。

マイクロバブルとは?

100年に渡る熱エネルギーの研究を走り続けてきたリンナイ。

品質の高さと技術力を結集させて独自に開発したマイクロバブルバスユニットは、これまでに体感したことのない入浴体験を提供する商品です。

旧製品から更に機能性を追求し、マイクロバブルがもたらす疲労回復の効果と効能は、期待以上と言っても過言ではありません。

ここでは、マイクロバブルが生み出す効果と効能などについて、詳しく深堀していきます。

マイクロバブルとは?

バブルサイズの違い

マイクロバブルとは、微細な気泡のことを言い、気泡の直径によって、「ミリバブル」や「マイクロバブル」、そして「ウルトラファインバブル」の3つに分けられています。

■気泡の大きさ

種類 直径
ミリバブル 100μm以上(普段目にする気泡の大きさ)
マイクロバブル 1~100μm(微細な気泡)
ウルトラファインバブル 1μm未満(肉眼での確認は不可)

リンナイ製の機器では、より多くのマイクロバブル(約3万個/cc)とウルトラファイバブル(約242万個/cc)を発生させて、気泡の集結により白濁するため、温泉に入っているような上質感や贅沢感を体感することができます。

マイクロバブルの効果

マイクロバブルバスユニットの入浴によって得られる効果として、「温浴効果」や「洗浄効果」、「リラックス効果」など、5つの効果が挙げられます。

■5つの効果効能

  1. 温浴効果
  2. 洗浄効果
  3. 保湿効果
  4. リラックス効果
  5. 心理的効果

ではこれらの効能について、深堀していきます。

■温浴効果

マイクロバブルの温浴効果
マイクロバブルバスユニットで作り出された気泡が全身を包み込んで、体の芯から温まることが可能です。また入浴後は、高くなった体温を徐々に放出し、急な湯冷めを防止しながら、温もりが持続します。

■洗浄効果

マイクロバブルの洗浄効果
微細な気泡が皮膚表面や毛穴に溜まった汚れをかき出して取り除いてくれます。
通常の入浴時よりも除去率が高く、洗浄効果の高さを実感することができるでしょう!
※注意:浴槽内には、かき出された汚れが浮遊することがあります。

■保湿効果

マイクロバブルの保湿効果
湯ざわりが柔らかく、肌に潤いをもたらすなど、保湿クリームを塗らなくてもよいほど、保湿効果があります。実際に利用した方からは、保湿を実感したとの多くの声が寄せられています。

■リラックス効果

マイクロバブルのリラックス効果
白濁のお湯は人気が高く、見た目にも心理的なリラックス効果を生み出すとともに、くつろぎ感や幸福感が高まります。入浴後に眠くなったという声もあり、良い睡眠に繋がる可能性が期待されます。

■心理的効果

マイクロバブルの心理的効果
白濁したお湯がリラックス効果と相まって、上質感や贅沢感、ワクワク感などが得られる効果があり、心理的影響に繋がっていると考えられています。

入浴剤は使えるの?

入浴剤は、マイクロバブルバスユニットに影響を及ぼす可能性があるとのメーカー側の見解から、使用を控えることが望ましいと考えられます。

マンションでも設置できる?

リンナイのマイクロバブルバスユニットは、概ね設置可能な戸建て住宅に対し、マンションの設置においては、設置環境によって異なります。

■マンションの設置条件
壁掛け型のみ(PS設置型不可

マイクロバブルバスユニット内蔵機種への交換、また、既存の給湯器にマイクロバブルバスユニットを組合せることも可能です。ただし、他社製品の給湯器にマイクロバブルバスユニットを後付けすることはできません。

注意:アパートやマンションなどの賃貸住宅にお住まいの方は、給湯器の持ち主は物件の管理人であるため、必ず大家さんや管理会社への相談が必要です。分譲マンションの場合は、マンション管理規約に則り、申請書等を管理組合へ提出する必要があります。

ノーリツとサイエンスのマイクロバブル

リンナイのマイクロバブルバスユニット以外にもノーリツでは、マイクロバブル機能を搭載した給湯器をラインナップしています。

また、給湯器メーカー以外でも、マイクロバブルの開発に力を注いでいる企業があります。
例えば、サイエンス社がその代表格と言えます。

マイクロバブル製品のそれぞれの特徴を比較することで、各社の違いも見えてくることでしょう。

交換前の参考として、ノーリツ社とサイエンス社のマイクロバブルについてご紹介していきます。

ノーリツ製のマイクロバブルは?

ノーリツ製のマイクロバブルは、20μmの微細な気泡がお湯とともに噴出して、肌を包み込んだマイクロバブルが体の芯までじんわりと温めてくれます。

マイクロバブルを楽しむためには、ガス給湯器本体にマイクロバブル機能を搭載した給湯器への交換が必要です。後付けで対応する機器はありません。

対象となる給湯器は、リンナイ製よりも豊富にラインアップされているため、選択の幅が広い点が特徴的です。

■対象給湯器(ハイブリッド給湯器除く)

種類 対象機種
ガスふろ給湯器 GT-C(P)**62-2 全シリーズ
GT-**60-2 全シリーズ
ガス温水暖房付ふろ給湯器 GTH-C**59シリーズ
GTH-C(P)2461シリーズ
GTH-C(P)**60シリーズ
GTH-C2453シリーズ

上記の対象となっている給湯器の取り付けは、戸建て住宅は勿論のこと、マンションでも壁掛け型ならびにPS設置型の設置が可能となっています。

効果効能は、リンナイ製と遜色ありませんが、大きな違いとしては、マイクロバブルの発生量が少なくお湯が白濁しないため、温泉に入っているような上質感や贅沢感を味わうことができない点が挙げられます。

■導入価格 ※一部の商品
導入の際は、以下の機器類の購入が必要です。

①マイクロバブル対象給湯器+②循環金具+③専用リモコン

商品 定価(税込) 相場(税込)
マイクロバブル
対応給湯器
フルオート型式:GT-C2462AWX-2 BL 430,100円 90,000~170,000円
オート型式:GT-C2462SAWX-2 BL 380,600円 80,000~130,000円
循環金具
型式:MB2-1-SF
30,360円 16,000~23,000円
専用リモコン
型式:RC-G061PE
54,780円 35,000~43,000円

導入するためには、約14~20万円の商品代+工事費がかかります。
工事費については、3~6万円程度を目安としておくとよいでしょう!

サイエンス製のマイクロバブルは?

サイエンス製のマイクロバブルは給湯器を使用しない入浴装置(ミラバスと言う)で、浴槽や住宅に合わせて、以下の2つのタイプから選択が可能です。

  • ビルトイン型(内臓型):浴槽にマイクロバブル入浴装置本体を装備したタイプ
  • 据置型:浴槽脇にマイクロバブル入浴装置を設置するタイプ

ミラバスは、マイクロバブルを生成し、お湯に浸かるだけで細かな気泡が肌の老廃物を取り除き、つややかな美肌にします。

入浴後は、ボタン一つで浴槽壁面や配管の汚れを分解・除菌・脱臭する「マイクロイオニー(マイクロバブル化した低温プラズマ発生体)」が搭載されているので、人と浴室をいつでも美しく、そして清潔さを常に維持してくれます。

注意:ポータブル型(据置型)は、マイクロイオニー非搭載

■導入価格(サイエンス社)

商品 価格(税込)
ビルトイン型 本体価格:316,800円
工事費:66,000円
据置型 327,800円

ビルトイン型の導入では、本体価格+工事費で382,800円、据置型では上記の費用がかかります。

ミズテックまでご相談ください!

マイクロバブルバスユニットの導入を検討しているけれども、どのタイプの給湯器を選ぶべきなのか悩んでいませんか?

そんなときは、まず給湯器専門業者ミズテックまでご相談下さい。

今お使いの給湯器メーカーではなく、他社製の給湯器への交換も可能です。

当社は神奈川県大和市を拠点に北関東から九州まで1都2府23県にお電話1本で対応し、最短30分でご自宅へかけつけます。

年間施工件数は1万件を超え、おかげさまでアンケート満足度では97.3%の評価を頂くなど、多くのお客様にご愛好いただいております。

交換を思い立ったら、まずは土日祝日でも迅速に対応してもらえるプロの業者「ミズテック」へお問い合わせ下さい。

ページ上部へ