ダイキンエコキュートの評判は?使用した人の口コミと性能・価格、他社製品との違いも比較

「ダイキンのエコキュートって実際どうなの?」

エコキュートへの買い替えに際して、様々なメーカーの中でもダイキン製エコキュートが気になっている方も多いでしょう。
この記事では、ダイキンのエコキュートに関して、下記のようなポイントを掘り下げます。

  • ダイキンエコキュートの特徴
  • ダイキンエコキュートの評判・口コミ
  • ダイキンエコキュートのメリット・デメリット
  • ダイキンエコキュートと他社製エコキュートの比較

さらに、ダイキンエコキュートをお得に購入する方法も分かります。本記事が、エコキュート選びの一助となれば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

ダイキンのエコキュートとは?

 

ダイキンといえば、1950年代からエアコンを製造・販売している人気メーカーの一つです。70年代には給湯システムの製造・販売にも着手しましたが、その給湯システムとヒートポンプの製造技術は、2000年代に入って取り扱い始めたエコキュートにも活かされています。

ダイキンのエコキュートは、快適な入浴をサポートする「温浴タイム」や320kPaパワフル高圧給湯を実現した「パワフル高圧」などの特徴を有しています。特に、フルオート機能も搭載された「パワフル高圧Xシリーズ」は人気であり、水圧だけでなく自動お湯はり・自動保温機能なども高く評価されているポイントです。

ダイキンエコキュートを使った人の評判・口コミ

ダイキンエコキュートを実際に使用した人の評判・口コミは下記の通りです。

悪い評判・口コミ

ダイキンエコキュートを使った人の悪い評判・口コミは下記の通りです。

エコキュートにてトラブルが起こったっぽいので、ダイキンのサポートに連絡したら「原因はうちじゃないかも」と言われた。タンクとお湯を作るユニットの間のパイプなんだけど、エコキュート作ったところはそこのサポートはできないらしいので注意が必要。 #ダイキン #エコキュート

(引用:Twitter)

上記は、「トラブル時にメーカーのサポートに連絡しても対応してもらえなかった」という口コミです。メーカー保証期間は限定的な期間のみのため、故障内容・契約内容によっては対応してもらえないこともあります。エコキュートなどの給湯器を買い替える際には、メーカー保証や業者による独自の保証なども確認したいものです。

うぇ~⁉️
警告音鳴ってまたエラー出た

#ダイキン
#エコキュート

まだダメなの?
リセットして復帰すれば使用可能って書いてあったのに。
これはやっぱりダメなのか⁉️

(引用:Twitter

上記は、ダイキンエコキュートのエラーコードに関する口コミです。リセットを行っても繰り返しエラーが発生してしまうこともあります。エラーが頻繁に起こる場合には本体が故障している・寿命が近づいているという可能性もあります。故障に伴いお湯が使えなくなるのを防ぐためにも、定期メンテナンスや早めの修理・交換工事を行いたいものです。

良い評判・口コミ

ダイキンエコキュートを使った人の良い評判・口コミは下記の通りです。

満13年経つエコキュート
買い替えることにしました🛁

ダイキンの1番良いやつ。
オプションのウルトラファインバブル付けるから
めっちゃ楽しみでーす\(*ˊᗜˋ*)/♡

(引用:Twitter

上記は、エコキュートを買い替える際に「ダイキンの高性能モデルを選び、ウルトラファインバブルをオプションでつけた」という口コミです。ダイキンエコキュートならではの機能であるウルトラファインバブルは、優れた温浴効果をもたらす女性にも嬉しい機能です。浴槽の残り湯で洗濯をしたいという人や湯冷めが気になっていたという人はウルトラファインバブル機能を楽しんでみてください。

元々ダイキンのエコキュートを使っていて、今回は高圧モデルのワンランク上とオプションでバブルのでるものをつけました。入浴剤も使えるので自宅のお風呂で温泉気分です

(引用:Twitter

上記は、元々ダイキンのエコキュートを使っており、ダイキンの別機種に買い替えた人の口コミです。ダイキンエコキュートには、他社製品よりも使える入浴剤の種類が多いというメリットもあります。自宅の浴槽で温泉気分を味わいたいという人にも、ダイキンエコキュートはおすすめと言えます。

ダイキンエコキュートの特徴5選

続いて、ダイキンエコキュートの特徴5選をチェックしましょう。

  • 業界トップクラスの給湯能力(シャワー水圧320zPa)
  • ウルトラファインバブル入浴が可能
  • 昼間シフト機能搭載(太陽光電力活用可)
  • ヒートポンプユニットの別売りあり
  • 全機種が井戸水・一部入浴剤使用可能

業界トップクラスの給湯能力(シャワー水圧320kPa)

ダイキンエコキュートは、業界トップクラスの給湯能力で知られています。エコキュートといえば水圧が弱い点がネックですが、ダイキンエコキュートのシャワーの水圧は320kPaを実現しています。一般的なエコキュートの水圧が180kPaであり、他メーカーの高圧モデルが300kPaであることを考慮すると、業界トップクラスの水圧だと言えるでしょう。

エコキュートにして省エネ・節約を実践しつつ、水圧も妥協したくない!」という人にこそ、ダイキンエコキュートはおすすめです。

ウルトラファインバブル入浴が可能

ダイキンエコキュートは、「お風呂でOFFろう」をコンセプトにしてウルトラファインバブル入浴も魅力です。ウルトラファインバブル入浴とは、専用アダプターを取り付けることで微細な泡を出し、快適な入浴時間を演出してくれる機能です。

ウルトラファインバブル入浴により、下記のような効果が期待できます。

  • 温浴効果
  • 美肌効果
  • 洗浄効果

上記のような効果がの期待できるダイキンエコキュートは、洗浄効果の高い製品が欲しい人や湯冷めを解消したい人にもおすすめです。

昼間シフト機能搭載(太陽光電力活用可)

 その他のフルオート機能も紹介

ダイキンエコキュートには、昼間シフト機能が搭載されているという特徴もあります。昼間シフト機能とは、夜間の沸き上げ量をセーブして、翌日の昼間に沸き上げをシフトするという機能です。これにより、太陽光発電を導入している家庭では、太陽光・太陽熱を活用してお湯を作ることができ、電気代の節約に繋がります

エコキュートの導入に際して太陽光発電を導入するというオール電化の家庭も増えていますが、なかでもダイキン製エコキュートであれば、よりお得かつエコに生活ができることでしょう。太陽光発電の余剰電力の使い道に困っているという人や、太陽光発電の導入を考えている人にも、ダイキン製エコキュートはおすすめです。

ヒートポンプユニットの別売りあり

ダイキンエコキュートの特徴としては、ヒートポンプユニットを別売している点も挙げられます。他メーカーの場合はヒートポンプユニットと貯湯タンクのセット売りが一般的ですが、ダイキンの場合はヒートポンプユニットのみを購入したり買い替えたりすることができます。

エコキュートの寿命は約10年であり、使い方によっては15年近く使えることもありますが、稼働の多いヒートポンプユニットは劣化も早いです。ダイキンであれば、貯湯タンクのみを15年近く使いヒートポンプユニットを買い替えるなども可能となります。

全機種が井戸水・一部入浴剤使用可能

ダイキンエコキュート は、全機種で井戸水の使用が可能であり、一部機種では入浴剤の使用も可能となっています。全国各地には地下水・井戸水を使用している地域も依然多いですが、井戸水に対応している給湯器は少ないというのが現状です。

ダイキンエコキュートであれば井戸水でも問題なく沸かすことができるため、今までエコキュートの使用を諦めていたという人にも向いています。また、一部機種に関しては入浴剤の使用も可能となっており、快適な温浴時間を楽しむことができるでしょう。

ダイキンエコキュートのメリット

ダイキンエコキュートは、給湯能力や太陽光電力の活用など様々なポイントでこだわっています。そんなダイキンエコキュートのメリットは、下記の3点です。

  • 複数箇所で使用しても水圧が弱まりにくい
  • パワフル高圧給湯でお湯張りが早い
  • 多機能ながら操作もしやすい

複数箇所で使用しても水圧が弱まりにくい

ダイキンエコキュートのメリットとしては、複数箇所でお湯を使用しても水圧が弱まりにくい点が挙げられます。ダイキンのエコキュートのシャワーの水圧は320kPaという業界トップクラスの給湯圧力を実現しています。従来型の給湯器であれば複数箇所で同時にお湯を使用することで水圧が弱まっていたケースも多いですが、ダイキンエコキュートであれば複数箇所の同時使用も問題ありません

このような特色を持つダイキンエコキュートは、戸建て住宅において二階や三階でお湯を使いたいという人にも向いていると言えます。「広い住宅に引っ越した」「家族の人数が増えた」「水圧にこだわりたい」という人は、ダイキンエコキュートを検討してみてはいかがでしょうか。

パワフル高圧給湯でお湯張りが早い

ダイキンエコキュートは、水圧が強いだけでなくお湯針が早い点もメリットです。パワフル高圧給湯で知られるダイキンエコキュートであれば、一度に浴槽に張れるお湯の量も多い点が魅力です。

約180リットルのお湯張りであっても、1階なら約11〜14分あれば完了することができます。このような特徴をもつダイキンエコキュートは、「スピーディなお湯張り機能を求めている人」「これまでお湯張りに時間がかかってイライラしていた人」などにもおすすめです。

多機能ながら操作もしやすい

ここまで見てきたように、ダイキンエコキュートには便利な機能が数多く備わっています。それに加え、多機能ながら操作性も高い点も、ダイキンエコキュートのメリットの一つです。ダイキンエコキュートは下記のような特徴により、誰でも簡単に扱うことができます。

  • リモコンの表示が分かりやすく使いやすい
  • 自動制御機能も多いため特別な操作や設定なしで扱える

上記のような特徴により、多機能ながらも操作しやすいダイキンエコキュートは、高齢者や子供のいる家庭にもおすすめです。

ダイキンエコキュートのデメリット

既述の通り多くのメリットを有するダイキンエコキュートですが、いくつかのデメリットもあります。ダイキンエコキュートの主なデメリットは、下記の3つです。

  • 初期費用が高い
  • 入浴剤の使用が限定される
  • 2020年以前のモデルは昼間の沸き上げができない

初期費用が高い

ダイキンエコキュートのデメリットとしてはまず、初期費用の高さが挙げられます。ダイキンエコキュートの価格相場は30~70万円程度です。この価格の高さは、ガス給湯器などに比べると倍以上になることもあるほど価格です。

予算が限られており初期費用を抑えて給湯設備を導入したい人にとっては、価格がネックとなるでしょう。機種によってはメーカー希望小売価格で100万円を超える製品もあります。ただし、依頼する給湯器交換業者によっては5~7割引で購入することができます。業者によって本体価格の割引率や工事費用は異なるため、良心的な料金体系の業者を選びたいものです。

入浴剤の使用が限定される

ダイキンエコキュートのデメリットとしては、入浴剤の使用が限定されることも挙げられます。エコキュートのフルオートタイプは追い焚き時に浴槽内のお湯を循環させます。そのため、お湯に入浴剤などの不純物が混じると配管の故障の原因になりかねません。そのため、各社のエコキュートでは使用可能な入浴剤の種類が限定されています。

ダイキンエコキュートで使用できる入浴剤の種類は、下記の通りです。

  • 花王バブ
  • アース製薬温泡・バスロマン
  • バスクリンきき湯・バスクリン
  • バスクリンきき湯・バスクリン・ソフレ・日本の名湯:濁りタイプも可

ダイキンエコキュートの場合、上記以外の製品や酸・アルカリ・硫黄・塩などを含む入浴剤・温泉水を使用することはできません。ただし、他メーカーでは濁りタイプの入浴剤を使用できないことも多いです。他メーカーに比べると、使用できる入浴剤の幅はやや広いと言えるでしょう。

2020年以前のモデルは昼間の沸き上げができない

ダイキンエコキュートの最新機種は、太陽光発電を活用した機能などを含め、利便性の高い製品が多いです。とはいえ、太陽光発電・エアコンとの連携やスマホアプリを使った遠隔操作は、2020年以前のモデルには搭載されていない機能となります。

そのため、少しでもイニシャルコストを抑えるために旧モデルを購入する場合には、注意が必要です。ダイキンエコキュートのメリットをフルに享受するためには、最新機種かつフルオートタイプのエコキュートがおすすめとなります

ダイキンと他メーカー4社のエコキュートの性能や価格相場を比較

  ダイキン 日立 パナソニック 三菱電機

東芝

 

シェア率
特徴

・ecoとく機能
・高圧給湯
・大きな液晶表示のリモコン

・ナイアガラ倍速湯はり
・ウレタンク
・パワフルシャワー

・エコナビでセンサー感知
・温浴セレクト
・かしこい沸き上げモード
・バブルおそうじ
・銀イオンの湯(高い除菌・防臭効果)
・光タッチリモコン

ダイキンエコキュートと日立エコキュートを比較 

日立エコキュートには、下記のような特徴があります。

  • ウレタンク:タンクの保温性アップ
  • パワフルシャワー水道直圧:同時使用でも水圧が落ちない
  • ナイアガラ倍速湯張り:シャワーでたっぷりのお湯を使える

日立エコキュートは、水圧やお湯はりのスピードにこだわりたいという人におすすめとなっています。エコキュートの省エネ性を享受しながら、お風呂をすぐ沸かせる点やシャワーの水圧が強く快適な点を重視したい人は、日立製をチェックしてみてください。

ダイキンエコキュートと三菱エコキュートを比較

三菱電機エコキュートには、下記のような特徴があります。

かしこい沸き上げモード:自動でお湯の沸き上げ量を調節
バブルおそうじ:配管洗浄機能
サーモジャケットタンク:タンクの保温性アップ
ホットりたーん:お湯の熱を再利用

三菱電機エコキュートは、「シェア率が最も高い人気メーカーの製品を求めている人」「自動機能を重視したい人」に向いています。すでに三菱電機の住宅機器・家電等を取り揃えている人にもおすすめでしょう。

ダイキンエコキュートとパナソニックエコキュートを比較

パナソニックエコキュートには、下記のような特徴があります。

  • エコナビ:センサーで入室・退室を管理
  • ソーラーチャージ:太陽光発電を活用
  • ぬくもりチャージ:お湯を再利用
  • 温浴セレクト:適切な温度での入浴

上記のような特徴を持つパナソニックエコキュートは、シェア率の高いメーカーの給湯器で省エネ・ecoを実践したい人に向いています。数あるメーカーの中でも特に省エネ性が高いため、オール電化住宅に引っ越して節約・省エネをしたい人は検討してみてください。

ダイキンエコキュートと東芝エコキュートを比較

東芝エコキュートには、下記のような特徴があります。

  • 銀イオンの湯:高い除菌性・防臭性
  • 光タッチリモコン:光と声で次の操作をナビゲート

東芝エコキュートは、お風呂・浴槽の清潔度を重視したい人に向いています。また、リモコンの見た目や操作性の高さにこだわりたい人にとっても、メリットが多いメーカーでしょう。

ダイキンエコキュートの人気製品ランキング

続いて、ダイキンエコキュートの人気製品ランキングを見ていきましょう。高機能なダイキンエコキュートの中でも特に人気でおすすめなのは、下記の製品です。

パワフル高圧Xシリーズ「EQX46XFV」「EQX37XFV」

パワフル高圧Xシリーズ「EQX46XFV」「EQX37XFV」は、下記のような特徴をもつ機種です。

  • パワフル高圧
  • ZEH住宅におすすめ
  • UVC265nm
  • 角型

上記のような特徴をもつパワフル高圧Xシリーズ「EQX46XFV」「EQX37XFV」は、高圧給湯が可能なだけでなく除菌機能にも優れています。パワフルかつ清潔に温浴タイムを楽しみたい人におすすめです。

パワフル高圧「EQ46XFV」「EQ37XFV」

パワフル高圧「EQ46XFV」「EQ37XFV」は、下記のような特徴をもつ機種です。

  • パワフル高圧
  • UVC265nm
  • 角型

パワフル高圧「EQ46XFV」「EQ37XFV」は、太陽光発電活用も可能でより省エネ性の高いシリーズであるパワフル高圧Xシリーズ「EQX46XFV」「EQX37XFV」はよりも価格が安い点が魅力です。

パワフル高圧Xシリーズ「EQX46XFTV」「EQX37XFTV」

パワフル高圧Xシリーズ「EQX46XFTV」「EQX37XFTV」 は、下記のような特徴をもつ機種です。

  • パワフル高圧
  • ZEH住宅におすすめ
  • 屋外設置専用
  • 薄型

人気のパワフル高圧Xシリーズの中でも、薄型タイプのエコキュートとなります。機能性の高さを維持しつつも省スペースの製品を求めている人におすすめです。

ダイキンエコキュートをお得に購入する方法

 

無資格や訪問販売の悪徳業者を避ける

ダイキンエコキュートをお得に購入するためには、無資格業者や訪問販売の悪徳業者を避ける必要があります。悪徳業者に交換工事を依頼した場合、下記のようなトラブルに見舞われる可能性もあります。

  • 工事に不備があり再工事で余計な費用がかかる
  • 訪問販売により相場以上の価格で給湯器を売りつけられる

上記のようなトラブルによって、必要以上に費用が発生するケースも多いです。少しでもお得にエコキュートを購入するためにはまず、余計な費用がかからないように悪徳業者を避けましょう。

割引率の高い給湯器交換業者に依頼する

ダイキンエコキュートをお得に購入したい人は、割引率の高い業者に依頼しましょう。エコキュートの提供価格は業者ごとに異なるものです。メーカー希望小売価格の5~7割程度で販売してくれる業者も多いですが、割引率と適用されるメーカー・機種は違うものです。

希望するダイキン製エコキュートの製品に対して、高い割引率を適用してくれる業者に依頼することで、少しでも本体価格を安くできるでしょう。エコキュートの交換工事を行う業者を選ぶ際には、業者ごとの料金体系と割引率を必ず確認してください。

保証をつけてトータルコストを抑える

エコキュートにかかる費用を抑えるためには、保証をつけて無駄な修理工事費用を削減することも重要です。エコキュートはイニシャルコストの高い機器ですが、寿命目安は約10年となっており、10年近く使用し続けるものです。

使い方やメンテナンスによっては不具合が生じてしまうことも多いですが、保証期間内に点検や修理を受けられれば、少しでも長く寿命を延ばすことができます。10年という寿命目安を基準にして5~10年間の保証をつけられれば、不具合や故障が生じたときでも安心でしょう。

ダイキンエコキュートの交換・購入ならミズテックにお任せを!

「ダイキンエコキュートのおすすめは?」
「エコキュートメーカー選びに迷っているけど、どこがいい?」

上記のような悩みをお持ちの方は、ミズテックにご相談ください。ミズテックは、豊富な種類のエコキュートのラインナップを取り揃えています。

ミズテックは、下記のような特徴を持つ給湯器交換業者です。

  • 各種メーカーのガス給湯器・石油給湯器・エコジョーズ・エコキュートの在庫を確保
  • エコキュートも6割近い割引率で提供
  • 工事保証&本体保証の両方がつく
  • 20,400件以上の工事実績
  • 最短30分の駆けつけ訪問

ダイキンエコキュートの交換工事を考えている方は、お気軽にミズテックを利用してください。

ダイキンエコキュートに関してよくある質問

最後に、ダイキンエコキュートに関してよくある2つのQ&Aをチェックしましょう。

ダイキンエコキュートは故障が多い?

ダイキンエコキュートが他社製メーカーに比べて故障が多いと、一概に言うことはできません。使い方や機種によっては故障が多いと感じるケースもありますが、シェア率は三菱電機やパナソニックの方が高く、台数の多いメーカーの方が故障数が多くなる傾向にあります。とは言っても、特定のメーカーが故障しやすいわけでもありません。

どのメーカーのエコキュートも厳しい基準をクリアして販売されており、強度・耐震性・腐食性なども問題ないレベルにあると考えられます。使い方によっては寿命が縮んでしまうケースもあるため、10年というエコキュートの寿命目安をクリアするためにも、定期メンテナンスや凍結対策を必ず行ってください。

マイクロバブルの後付けは可能?

ダイキンエコキュートのマイクロバブルの後付けは不可能ではありませんが、DIYでの工事は奨励できません。また、費用も高額になるため、あらかじめマイクロバブル入浴機能が搭載されたフルオートタイプを選ぶのがおすすめです。

なお、マイクロバブル入浴機能を使うためには、エコキュートとは別売りのウルトラファインバブルアダプターが必要です。

まとめ

この記事では、ダイキンエコキュートの評判やメリット・デメリットについて詳しく見てきました。ダイキンエコキュートは、業界でもトップクラスの給湯能力やマイクロバブル入浴などのこだわり機能で人気を博しています。水圧にこだわりたい人や普段湯冷めなどでストレスを抱えている人にこそ、ダイキンエコキュートはおすすめです。ミズテックでは、各メーカーのエコキュート・エコジョーズや石油給湯器など様々な製品を取り揃えています。給湯器交換にお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ