ビルトイン食洗機後付け費用はいくら?相場、追加費用や後付けに必要な条件も紹介

ビルトイン食洗機を後付けする際の費用について解説します。また、ビルトイン食洗機を後付けする際に必要な条件や、追加費用が必要な場合についてご紹介します。

ビルトイン食洗機交換、商品一覧はこちら

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

ビルトイン食洗機後付け費用相場

メーカー

本体価格

新規取り付け工事

既存取り付け工事

Panasonic

8万円~25万円

10万円~

3万円~

Rinnai

7万円~15万円

10万円~

3万円~

三菱電機

5万円~15万円

10万円~

3万円~

 

ビルトイン食洗機の後付け費用は、ビルトイン食洗機のメーカーや機能によって異なりますが、一般的には10万円~です
工事費用は、ビルトイン食洗機を新規に取り付けるか、既存のビルトイン食洗機を新しいものに取り替えるかによって、費用が異なります。
また、給排水設備やコンセントの新設工事が必要となる場合は、さらに費用がかかる場合があります。

ビルトイン食洗機の後付けを検討されている場合は、複数の業者に見積もりを依頼することをお勧めします。

※関連ページ:食洗機取り付け業者のおすすめは?交換業者の特長・比較、選び方、注意点も紹介

 

ビルトイン食洗機後付けで追加費用が必要な場合

ビルトイン食洗機の設置に必要な設備がお住まいに整っていない場合、以下の追加工事が必要になる場合もあります。

  • コンセント・電気回路などの電気配線工事
  • 給水管・給湯管工事
  • 排水管工事

ビルトイン食洗機後付け工事の見積もり依頼時には、上記の工事が必要かどうか、どういった事例があるのかを確認するようにしましょう。

※関連ページ:ビルトイン食洗機を後付けする際の注意点

 

ビルトイン食洗機用コンセント・電気回路などの電気配線工事費用

ビルトイン食洗機用コンセント・電気回路などの電気配線工事費用の費用目安:5,000円〜15,000円

食洗機を設置する場所の近くにコンセントがなければ増設しなければなりません。
また、分電盤に食洗機専用の回路がない場合、食洗機用の電気回路設置の追加工事が必要になる場合もあります。

※記載している費用は目安です。追加工事の費用は、必要な部品の種類や工事の難易度によって異なります。

 

ビルトイン食洗機用給水管・給湯管工事費用

ビルトイン食洗機用給水管・給湯管工事費用の費用目安:3,000円〜10,000円

一般的に、ビルトイン食洗機はシンク下にある給水管と給湯管に繋げます。
しかし、ビルトイン食洗機と配管との位置が遠い場合、給水管に分岐金具がない場合は、部品の交換など追加工事が必要になる場合もあります。

※記載している費用は目安です。追加工事の費用は、必要な部品の種類や工事の難易度によって異なります。

 

ビルトイン食洗機用排水管工事費用

ビルトイン食洗機用排水管工事の費用目安:5,000円〜10,000円

ビルトイン食洗機は給水管だけでなく、排水管にも繋げる必要があります。
キャビネット裏側や、シンク下配管スペース内に食洗機用専用の排水配管が確保されていない場合、追加工事が必要になる場合もあります。

※記載している費用は目安です。追加工事の費用は、必要な部品の種類や工事の難易度によって異なります。

 

ビルトイン食洗機後付けに必要な条件

ビルトイン食洗機が設置できるキッチンの条件は、主に以下の3つです。

  • キッチンのキャビネットに十分なスペースがある
  • セクショナルキッチンではない
  • 賃貸住宅ではない

 

キッチンのキャビネットに十分なスペースがある

ビルトイン食洗機は、キッチンのキャビネットに設置されます。そのため、キャビネットに、ビルトイン食洗機が設置できる十分なスペースが必要です。

例えばmパナソニックのフルオープンタイプの製品の場合、高さ75cm、幅45cm、奥行き60cmのスペースがないと設置できません。
このタイプのビルトイン食洗機はフライパンも収まる容量で、人気なサイズの一つです。

事前にキャビネットの寸法を測っておくと、製品を選ぶ際の目安になります。実際にビルトイン食洗機が設置できるサイズかどうかは、工事の見積もり時に確認してもらえます。

 

セクショナルキッチンではない

シンクやガスコンロ、収納用のキャビネットなどがパーツごとに独立したセクショナルキッチンは、ビルトイン食洗機に対応していません。
築年数の経っているお住まいのケースでは、セクショナルキッチンが使われていることが多く、ビルトイン食洗機の設置が難しい場合があります。

 

賃貸住宅ではない

賃貸住宅の場合、ビルトイン食洗機を設置して良いかどうかは、大家や管理会社に確認が必要になります。
無断でビルトイン食洗機を設置してしまうと、退去時に原状回復費用を請求される可能性があります。
ビルトイン食洗機を設置しても問題ないかどうか、事前に確認しておくことをおすすめします。

※関連ページ:ビルトイン食洗機は後付けできる?工事費用や注意点、工事の流れを解説

 

ビルトイン食洗機後付け工事の流れ

ビルトイン食洗機の後付け工事の流れは、以下の通りです。

  1. キャビネットを外す
  2. 脚ユニットを設置する
  3. 給湯管と排水管を設置する
  4. ビルトイン食洗機本体を設置する
  5. 給湯管と排水管と接続する
  6. 電源コンセントへ接続する

ビルトイン食洗機の後付け工事は、基本的に2〜3時間で完了します。しかし、難易度の高い工事のため、ビルトイン食洗機を後付けする際は、必ず専門業者に依頼することをおすすめします
ビルトイン食洗機の後付け工事の流れについて、以下で詳しく解説しています。

※関連ページ:ビルトイン食洗機の後付け工事の手順

 

ビルトイン食洗機後付け費用の見積もりはミズテックへ!

本記事では、ビルトイン食洗機の後付け工事の費用について解説しました。
ビルトイン食洗機はしつこい汚れも簡単に取れて便利な一方で、卓上サイズの食器洗い乾燥機と比べて、簡単に設置には工事が必要です。

後付け工事は、専門知識が必要な部分もあり、なかなか素人施工やDIYは難しいのが現状です。
後付けのビルトイン食洗機を希望されるなら、施工実績豊富なミズテックへご依頼ください。
ミズテックの後付け工事は他社と比較しても安く、工事費などもコミコミのセット価格でご提供させていただきます。また、10年保証もあるため、設置後も安心して使い続けていただけます。
ビルトイン食洗機の後付け工事をご検討の場合は、是非一度ミズテックの無料相談をご利用ください。電話でのご相談もお待ちしております。

ビルトイン食洗機交換、商品一覧はこちら
※関連ページ:ビルトイン食洗機のおすすめを徹底解説!メーカー、種類、選び方のポイントも紹介

※ ページ下の「いますぐ相談フォーム」からのお問い合わせは、
「現在お使いのもの」項目で『わからない・その他』にチェックを入れてください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ