日立エコキュートの評判は?最新カタログと価格、メリット・デメリットも解説

「日立製エコキュートって実際どうなの?」

エコキュートへの買い替えに際して、エコキュート製の製品が気になっている方も多いでしょう。エコキュートは初期費用が高いからこそ、慎重に商品を選ぶ必要があります。この記事では、日立エコキュートとはどんな製品であり、どんな特徴があるのかを掘り下げます。その上で、

日立エコキュートを導入するメリット3つ
・日立エコキュートのデメリット3つ
・日立エコキュート利用した人の口コミ・評判

などもお伝えします。さらに、日立エコキュートがおすすめの人やエラー時の対応もお伝えするため、日立エコキュートについて分からないことがなくなるはずです。この記事が、エコキュート選びに悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

日立エコキュートとは?寿命や価格相場をチェック

日立といえば、日本を代表する家電メーカーの一つとして知られています。そんな人気メーカーは高い技術力を生かしてエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯機)も製造・販売しています。

日立エコキュートは省エネ製・耐久性が高い上に、パワフル給湯が可能です。寿命目安は10年であり、従来型ガス給湯器から買い換える場合、1年あたり数万円〜10万円以上の節約を実現できるケースもあるでしょう。

そんな日立エコキュートには、下記のようなラインナップがあります。

  • 水道直圧給湯フルオート「ナイアガラ出湯」
  • 水道直圧給湯フルオート(高硬度水道水・井戸水対応)「ナイアガラタフネス」
  • その他フルオート・給湯専用

上記のうち、水道直圧に対応した機種は100〜140万円程度の希望小売価格であることも多いです。給湯専用タイプであれば80~90万円程度の価格相場となっています。いずれの場合も、交換工事を依頼する業者によって、導入にかかる費用は異なります。詳しく後述しますが、少しでも本体価格に対する割引率の高い業者を選び、お得に日立製エコキュートを導入したいものです。

日立エコキュートの特徴・機能5選

日立製エコキュートには水道直圧式モデルを含め、様々な商品が存在します。自分にぴったりの機種を選びたいエコキュートですが、そもそも日立製は他社製に比べてどのような特徴があるのでしょうか。日本が世界に誇る人気メーカーの技術力の結晶とも言える日立エコキュートの特筆すべき特徴・機能は下記の5点です。

ウレタンク使用で断熱性・耐震性が高い

日立エコキュートには、ウレタンク使用により断熱性・耐震性が高いという特徴があります。

日立エコキュートの貯湯タンクには、発泡スチロールよりも断熱性の高いウレタンフォームが使用されています。断熱性の高い素材がタンクの周囲を充填することで、従来のタンクに比べてより高い断熱性が実現しているのです。

また、日立製エコキュートはタンク内脚、脚受け部にもウレタンフォームを充填しています。これにより、他社製に比べて高い耐震性を実現している点も魅力です。剛性の高い耐震クラスSを370L・460Lどちらの容量タイプでも実現しており、災害に備えたい人におすすめと言えるでしょう。

水道直圧式のナイアガラ出湯を選べる

水道直圧式のナイアガラ出湯を選べる点も、日立製エコキュートの特徴の一つです。ナイアガラ出湯とは、水道直圧給湯機能が搭載された日立ならではの上位グレードモデルです。

一般的に、エコキュートや電気温水器は貯湯式の給湯スタイルとなっています。沸かしたお湯を貯湯タンクに貯めておき、必要な時に温度を調整して使用するという仕組みです。しかし、日立のナイアガラ出湯であれば、ガス給湯器と同じように水道直圧による給湯が楽しめます。

エコキュートのデメリットとしてお湯切れや水圧の弱さを挙げる人は多いです。しかし、日立製であればそんなエコキュートのデメリットを克服し、水道水を瞬間的にお湯に変換することが可能です。「エコキュートの省エネ性とガス給湯器の水圧を欲張りたい」という人にこそ、日立エコキュートはおすすめとなっています。

使用湯量を学習するインテリジェント制御

使用湯量を学習するインテリジェント制御機能が搭載されていることも、日立製エコキュートの特徴の一つです。インテリジェント制御は、センサーによる検知や学習機能によって、適切な沸き上げ量を調整してくれる機能です。この機能により、無駄に沸き上げることを防いで、効率のよい節約が実現しやすくなります。

過去1週間の使用湯量をもとに沸き上げ量を調整してくれる上に、来客がある日や不在の続く日などはリモコンで設定を変更できる点も魅力です。さらに、学習した湯量をもとに、お湯の使いすぎをおしらせしてくれる機能「シャワーアラーム」なども便利です。このように、使用湯量を学習することで様々なメリットをもたらしてくれるのが、日立製エコキュートだと言えるでしょう。

昼間の沸き上げを可能にする日立エコキュートアプリ

日立エコキュートの特徴としては、日立エコキュートアプリを使用することで昼間の沸き上げが可能になることも挙げられます。日立エコキュートは、太陽光発電と連動させて使用することも可能です。この連動により、ご自宅の太陽光発電の余剰電力を利用し、昼間にエコキュートでお湯を沸かすことも可能です。

一般に、電気料金の安い夜間にお湯を沸かすのがエコキュート利用時の通例となっています。しかし、日立エコキュートアプリを使って太陽光発電と連動させれば、天気予報を確認して昼間の沸き増しを予約できます。また、設定を忘れた場合や天気が急変した場合でも、当日中に設定を変更することも簡単です。

このように、昼間の沸き上げを含めてフレキシブルに沸き上げを行えるのが、テクノロジーを最大限に活用した日立製エコキュートの魅力と言えるでしょう。 

年間給湯保温効率2.9~3.9という省エネ性の高さ

日立エコキュートの特徴としては、年間給湯保温効率2.9~3.9という省エネ性の高さも挙げられます。この数字は、コロナ・三菱電機に次ぐ業界トップクラスの高さです。また、省エネ基準達成率も118%と高い数字を残しています。この達成率も、コロナに次ぐ業界第2位の数字となっており、数ある人気エコキュートメーカーの中でも、日立は省エネ性の高いと言えるでしょう。

省エネ性が高いということは、地球環境に優しいだけでなく、節約にも繋がりやすいことを意味します。省エネ性が高く節約率も高いエコキュートを選びたい人にこそ、日立製はおすすめ度が高いでしょう。l

日立エコキュートを導入するメリット3つ

日立エコキュートには、機能面で他社を凌ぐ様々な特徴があると分かりました。とはいえ、エコキュートは高額な買い物であるため、日立製を導入するとどんなメリットを得られるのかが気になっている人も多いでしょう。ここでは、日立エコキュートを導入する3つのメリットをご紹介します。

省エネと節約の両方を実践できる

日立製エコキュートを導入するメリットとしてはまず、省エネと節約の両方を実践できるというメリットがあります。日立製エコキュートの省エネ・節約に関する数値をまとめると、下記のようになります。

  • 省エネ製の高さ:年間給湯保温効率2.9~3.9/省エネ基準達成率118%
  • 節約率の高さ:10年前の電子温水器と比べて年間70,000万円以上の節約+サポート機能も豊富

上記のように高い水準で省エネと節約の両方を実現できる上に、サポート機能も充実しており節約が実践しやすい点も魅力です。既述の沸き上げ量の学習機能によって、普段よりもお湯を使い過ぎないように意識できる点も心強いでしょう。

このように、日立製エコキュートを導入することで、省エネと節約を実現できるというメリットを得られます。

水圧が強く飲用も可能なお湯が作れる

日立製エコキュートのメリットとしては、水圧が強く引用も可能なお湯が作れる点も挙げられます。既述のとおり、ナイアガラ出湯のモデルであればガス給湯器顔負けの水圧でお湯を瞬間的に沸かすことが可能です。さらに、水道から直接的・瞬間的に沸かしているお湯のため、飲用も可能である点も嬉しいでしょう。

一般的にエコキュートで作ったお湯は夜間の間貯湯タンクで貯めているため、衛生的に飲用には適していないものです。しかし、そもそもの給湯のシステムが異なる日立製であれば、飲用も可能なお湯を瞬時に作ることができます

このように、水圧が強く引用も可能なお湯を作れる点も、他社せいに比べて日立製エコキュートが優れているポイントです。

貯湯タンクを清潔に保ちやすい

日立エコキュートを導入するメリットとしては、貯湯タンクを清潔に保ちやすい点も挙げられます。先述の通りお湯が引用可能な点でも衛生面でのレベルが高い日立製エコキュートですが、下記のような工夫によって貯湯タンクや配管を清潔に保ちやすい点も大きなメリットです。

  • きらりUVクリーン:高い除菌効果を発揮する
  • ステンレス・クリーン自動洗浄システム:自動で配管洗浄が行われる

エコキュートを長く使い続けるためには、タンクや配管を清潔に保つことが重要です。定期的な掃除やメンテナンスはメーカーを問わずに欠かせないものですが、少しでもセルフメンテナンスの手間を減らしたいのがユーザーの本音でしょう。

日立製であれば、企業努力によりタンクや配管を清潔に保ちやすい構造となっています。さらに耐久性も高いなど、長く使い続けるのにうってつけの製品だと言えます。

日立エコキュートを導入するデメリット3つ

日立エコキュートには、省エネや節約、水圧の強さなどのメリットがあることが分かりました。とはいえ、優れた日立製エコキュートもメリットばかりではありません。続いて、日立エコキュート導入に伴う3つのデメリットも見ていきましょう。

ハイスペックな機種は初期費用が高い 

日立エコキュートのデメリットとしては、ハイスペックな機種ほど初期費用が高くなる点が挙げられます。既述の通り、「ナイアガラ出湯」「ナイアガラタフネス」などの機能が搭載されたモデルは、他社にはない機能も含めて非常にスペックが高いです。しかしその分、本体価格は希望小売価格で100〜140万円など、一般的なモデルに比べて高価となっています。

このようなデメリットを考慮すると、日立エコキュートの上位モデルは、予算に余裕がある人向けの製品だと言えます。しかし、エコキュート導入にかかる費用は、工事を依頼する業者によって異なるのも事実です。少しでも費用を抑えるためには、下記のように業者選びを工夫することでイニシャルコストを削減しましょう

  • エコキュート本体価格に対する割引率の高い業者
  • 工事費用込みでトータルコストが安い業者
  • アフターケアが充実しており修理費用がかかりづらい業者

上記の条件に該当する業者に工事を依頼し、日立エコキュートにかかるトータルコストを少しでも抑えましょう。

水圧が高く配管に負担がかかりやすい

日立エコキュートのデメリットとしては、水圧が高いがゆえに配管に負担がかかりやすい点も挙げられます。お伝えした通り、日立製エコキュートは水道直圧式による給湯が可能なモデルも存在します。ガス給湯器と同等の水圧で給湯できる点は魅力ですが、この点は諸刃の剣となっています。というのも、水圧が高いからこそ配管への負担は大きくなり、配管破裂など配管の故障のリスクが高くなっているからです。

配管の破裂を防ぐためには冬場の凍結対策や定期的な水漏れのチェックなど、ご自身での対策も必要不可欠です。このようなメンテナンスが苦手な人や、エコキュート本体の耐久性よりも配管や住宅全体の耐久性が気になるという人は、直圧式ではないエコキュートを選ぶ方が無難かもしれません。強い水圧でシャワーを楽しみたいという人も、このデメリットについてはあらかじめ理解しておきましょう。 

濁りタイプの入浴剤は使用できない

日立エコキュートを導入する場合には、濁りタイプの入浴剤は使用できないというデメリットも理解しておきましょう。メーカーを問わずエコキュートで使用できる入浴剤の種類は限られていることが多いですが、日立製に関しても濁りタイプの入浴剤は使用できません。

日立側が使用できると公表している入浴剤は、下記の通りです。

  • バブ
  • バスクリン
  • きき湯
  • バスロマン

上記のブランドも含め、濁りタイプに加えて下記のようなタイプの入浴剤も、使用が奨励されていません

  • 発泡するタイプ
  • シリカパウダー、硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んだもの
  • とろみ系
  • 生薬(葉・茎など固形のもの)など固形物が溶けないで残るタイプ

上記のような入浴剤を愛用しているという方は、日立エコキュートでは使用できないことをあらかじめ理解しておきましょう。

日立エコキュートの評判・口コミをチェック

日立エコキュートを導入する上では、すでに利用している人がどのような評価を下しているのかも気になるものです。日立エコキュートに関する悪い評判・良い評判は下記の通りです。

日立エコキュートの悪い評判・口コミ

日立エコキュートの悪い評判・口コミには下記のようなものが挙げられます。

エコキュートにするならパナのエコナビつきがいいかなと思ってますが 本体価格的にも ナイアガラ出湯も惹かれるけどどうしても機器の高さが・・・

(出典:Twitter

一部機種は太陽光連動による自動沸き上げ機能に不具合があるのでサービス担当によるリモコンのファームウェア更新作業が必要です。

(出典:価格.com

上記のように、日立エコキュートには「上位機種の価格の高さ」や「太陽光発電との連動機能の使い方」に関して一部悪い評判が見受けられました。日立エコキュートを導入する場合には、初期費用の高さや一部機能の使い方がネックとなる点を、あらかじめ理解しておきたいものです。

日立エコキュートの良い評判・口コミ

日立エコキュートの良い評判・口コミには下記のようなものがありました。

ナナナなんと!ありがとうございます!!!! 日立のエコキュートの方がエネルギー効率良いではないですか!電気代も若干安いし!変更依頼せねば。 名前がいいですね♡ナイアガラ出湯。勢いよさそうです

(出典:Twitter

この製品を選んで良かった。
20年近く前の電気温水器が故障したため購入しました、一応前の温水器も高圧タイプでしたがパワーがまるで違います、半地下の高さに設置ですが、1階2階のとも勢いよくお湯が出ます。

(出典:楽天市場

上記の通り、日立エコキュートの良い評判としては「エネルギー効率の高さ」「水圧の強さ」に関するものが多かったです。省エネ性の高いエコキュートを求めている人や、水圧にこだわりたい人にこそ、日立エコキュートは支持されていると言えるでしょう。

日立エコキュートと他社の人気エコキュートを比較

日立エコキュートは省エネ性の高さなど様々な観点で良い評価を得ているブランドだと分かりました。では、他社メーカーと比べるとどうでしょうか。日立エコキュートと人気メーカーの「パナソニック」「ダイキン」「三菱」を比較すると、下記の通りです。

  日立 パナソニック ダイキン 三菱
シェア率
省エネ性
特徴 ・ナイアガラ出湯
・ウレタン使用など
・エコナビ
・温浴セレクトなど
・ウルトラファインバブル 
・おひさまエコキュートなど
・バブルおそうじ
・など


上記の通り、日立製エコキュートはシェア率に関しては業界トップではありません。しかし、シェア率でトップのメーカーと比較しても省エネ性の高さでは劣っておらず、さらにナイアガラ出湯など日立ならではの魅力的な機能が搭載されている点もおすすめの理由となっています。

日立エコキュートがおすすめな人はこんな人!

日立エコキュートを他社製エコキュートと比較すると、業界屈指の省エネ性・耐久性の高さが魅力となるとともに、ナイアガラ出湯など他社にはないメリットも豊富なメーカーだと分かりました。そんな日立製エコキュートは、下記に当てはまる人には特におすすめです。

  • 古い電気温水器やガス給湯器からエコキュートに買い換える人
  • 省エネ製が高く年単位で50,000円以上の節約を実践したい人
  • エコキュートには買い替えたいけどガス給湯器の水圧を維持したい人
  • 井戸水対応のエコキュートや耐震性の高いエコキュートを求めている人
  • ナイアガラ出湯など上位モデルの製品を購入する予算的な余裕のある人

上記に該当する人は、数あるエコキュートの中でも日立製のエコキュートをチェックしてみてはいかがでしょうか。

一方で、上記に該当しない人や既述の日立エコキュートのデメリットが気になるという人は、パナソニックや三菱電機など他社製のエコキュートもチェックしてみてはいかがでしょうか。

どのメーカーのどの機種が最適かは、各家庭のお湯の使用状況やエコキュートの使用目的によっても異なります。ミズテックでは、各家庭に合わせた最適なエコキュートの提案も可能です。エコキュート選びに迷われている方は、お気軽にご相談ください。

日立エコキュートに関してよくある質問

最後に、日立エコキュートに関してよくある質問をチェックしましょう。日立エコキュートに関する疑問を全て解消し、納得した上で自分に合った製品を購入してくださいね。

日立エコキュートの最新カタログでおすすめの機種と価格は?

日立エコキュートの2023年最新カタログの中でも特にオススメの機種と価格は、下記の通りです。

<水道直圧給湯 フルオート 標準タンク(高効率)/一般地仕様(-10℃対応)>

  • BHP-FV46WD
    タンク容量 460L(4~6人用)本体(積算見積価格):1,398,100円(税込)/1,271,000円(税別) 
  • BHP-FV37WD
    タンク容量 370L(3~5人用)本体(積算見積価格):1,293,600円(税込)/1,176,000円(税別) 

上記は、水道直圧式「ナイアガラ出湯」に対応したモデルとなります。水圧にこだわりたい人・予算に余裕のある人は、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

日立エコキュートでエラーが起きた時はどうする?

日立エコキュートでエラーが起きた時には、下記のように対処してください。

  1. エラーコードの内容を取扱説明書で確認する
  2. 取扱説明書の指示に従ってエラーを解除する
  3. 正常に使えるかどうかを確かめる
  4. エラーが頻発する場合はメーカーまたは専門業者に点検を依頼する

メーカーの保証期間外であれば、工事費用の安い専門業者に依頼するのもおすすめです。

日立エコキュートを修理する時の問い合わせ先は?

日立に修理を問い合わせる際は、「日立出張修理のWEB受付」から申し込みを行ってください。

なお、保証期間外で無償での修理が難しい場合には、給湯器専門業者に依頼するのも一つの手です。


日立エコキュート まとめ

本記事では、日立エコキュートについて詳しく見てきました。日立エコキュートの特徴をまとめると、下記の通りです。

  • 水道直圧給湯が可能なナイアガラ出湯・井戸水対応のナイアガラタフネスなどハイスペック
  • 省エネ性が人気他社メーカーに比べても高くサポート機能も充実しており節約しやすい
  • 耐久性が高くタンクを清潔に保ちやすい点もメリット

日立エコキュートは、「初期費用が多少高くついても省エネ製の高いエコキュート・ハイスペックなエコキュートがいい」という人に適しています。ミズテックは、給湯器専門業者としてエコキュートの修理や交換にも対応しています。日立製エコキュートを購入したいもののどのモデルがよいのか分からない人、日立製エコキュートが果たして自分に合っているのか分からない人は、お気軽にお問い合わせください。無料見積もりも可能です。

ページ上部へ