エコワンは太陽光発電との連動がおすすめ?併用の方法やデメリット3選、停電時の対応も解説

「エコワンを太陽光発電と組み合わせるとお得って本当?」

数ある給湯器の中でも省エネ性が高いエコワンですが、よりお得に使用するためには太陽光発電との併用がおすすめとも言われています。
エコワンと太陽光発電を組み合わせるとなると初期費用が高くつきそうですが、どのくらいお得になり、どのようなメリットがあるのでしょうか。

この記事では、エコワンとは何かをお伝えした上で、エコワンと太陽光発電を組み合わせて使う方法と、組み合わせるメリットをお伝えします。
さらに、エコワンと太陽光発電を併用する上で気になる、停電時の対応についても掘り下げます。この記事を読めば、エコワンと太陽光発電を組み合わせて使う上で分からないことはなくなるでしょう。ぜひ最後までご一読ください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

そもそもエコワンとは?

太陽光発電と併用がお得だと言われているエコワンですが、そもそもどのような給湯器なのでしょうか。

エコワンとは、ガス給湯器メーカーのリンナイから販売されている「ガス」と「電気」を組み合わせて効率よくお湯をつくるハイブリッド給湯器です。昨今ではエコキュートなどの省エネ型給湯器が注目を集めていますが、ガス給湯器に比べてお湯切れや水圧が弱いなどのデメリットがあるのも事実です。エコワン は、下記のような仕組みによりそんなオール電化系給湯器のデメリットを克服した上で、従来型ガス給湯器よりもはるかに高い省エネ性・給湯効率を実現した製品となっています。

  • 通常のお湯を作るとき:給湯効率の良いヒートポンプでお湯を沸かす
  • 大量のお湯を作るとき:エコジョーズ(ガス給湯器)で瞬間的にお湯を沸かす

上記に加え、暖房を使用する際にも2つの給湯方法をうまく組み合わせて効率よくお湯を作ることができます。特に省エネ性の高いエコキュートの仕組みを採用しつつ、瞬間的にお湯が沸かせる上に水圧も強いガス給湯器の機能も取り入れていることで、お湯切れのリスクなどを軽減しつつ舌役を実践できます。

このように、エコワンはエコキュートとエコジョーズのいいとこ取りをしたい人におすすめのハイブリッド給湯器です。

エコワンと太陽光発電を組み合わせて使う方法

ガスと電気を組み合わせてお湯を沸かすハイブリッド給湯器のエコワンですが、太陽光発電との組み合わせがオススメとも言われています。エコワンと太陽光発電をどのように併用するのか、ここではその具体的な方法について見ていきましょう。


PV活用モード搭載の機種を使用する

エコワンと太陽光発電を組み合わせて使用する方法としてはまず、PV活用モード搭載の機種を使用する方法が挙げられます。PV活用モードとは、太陽光発電の時間帯に積極的にヒートポンプの運転を行い、太陽光発電の電気でお湯を作る仕組みです。

このタイプのエコワンを使用すれば、太陽光発電が行われる日中の時間内には、太陽光で発電した電気が優先的にエコワンでの給湯に使われます。そのため、ガスではなく電気と大気熱で給湯を行うヒートポンプシステムによる給湯が優先され、より効率よくお湯を沸かすことが可能です。

このようにPV活用モード搭載の機種を使用すれば、面倒な設定不要で太陽光発電とエコワンによる効率のよい給湯を実践できるでしょう。

昼間にヒートポンプ運転を行う

エコワンと太陽光発電を組み合わせて使用する方法としては、昼間にヒートポンプ運転を行う方法も挙げられます。エコワンやエコキュートなどのヒートポンプ給湯器は、基本的に電気料金の安い深夜の時間帯にヒートポンプユニットを稼働させてお湯を沸かすことが多いです。

しかし、たとえ電力会社との契約上昼間の電気料金が高くても、太陽光発電で発電した電力を使うことができればコストはかかりません。太陽光発電の発電量や天候にもよりますが、太陽光発電とエコワンを組み合わせれば昼間にヒートポンプを稼働させてもコストを抑えた給湯が可能です。蓄電池の活用や天候に合わせた設定の工夫なども絡めて、お得にエコワンと太陽光発電を併用しましょう。

 

エコワンと太陽光発電を組み合わせるメリット3選

続いて、エコワンと太陽光発電を組み合わせて活用するメリットをチェックしましょう。「太陽光発電と組み合わせるとお得」と言われるエコワンですが、具体的にどのような点がお得になるのかについて理解を深めてください。


夜間に電力の安いプランにこだわる必要がない

エコワンと太陽光発電を組み合わせるメリットとしてはまず、夜間の電力料金が安いプランにこだわる必要がなくなる点が挙げられます。エコワンやエコキュートなど、ヒートポンプと貯湯タンクを組み合わせた省エネ型給湯器に関しては、電気料金の安い深夜の時間帯にお湯を沸かすという契約を行うケースが多いです。

しかし、太陽光発電と組み合わせれば自家発電を行いそれを給湯に活用できるため、必ずしも夜間にお湯を沸き上げる必要がありません。昼間にお湯を使いたい場合には日中に発電しその電力を使って給湯を行い、そのお湯をすぐにシャワーや浴槽に使うことも可能です。このように、節約のために沸き上げの時間帯を限定する必要がなくなる点が、エコワンと太陽光発電を組み合わせる大きなメリットの一つです。

従来型ガス給湯器や通常モデルのエコワンより節約できる

エコワンと太陽光発電を組み合わせるメリットとしては、従来型給湯器や通常モデルのエコワンよりも節約できる点も見逃せません。

エコワンはガス給湯器とエコキュートのいいとこ取りをしたような仕組みとなっていますが、少しでも節約を行うためにはガスの使用量を減らしてヒートポンプによる沸き上げを中心に行う必要があります。

エコワンと太陽光発電を組み合わせると既述の通り日中の沸き上げも可能となるため、ガスの使用量が減りその分給湯にかかる光熱費全体を節約することができます。エコワンは従来型ガス給湯器に比べて約1/3程度にまで給湯コストを削減できるとされていますが、太陽光発電と組み合わせればさらに年間約10万円ほどのコスト削減も可能です。

このように、節約率を高めたい人にとってもエコワンと太陽光発電の併用はおすすめです。 

非常時に太陽光発電の自立運転機能を活用できる

エコワンと太陽光発電を組み合わせるメリットとしては、非常時に備えられる点も挙げられます。エコワンと太陽光発電を組み合わせることで、非常時には太陽光発電の自立運転機能を活用することが可能です。太陽光発電の自立運転機能とは、停電時でも太陽光で発電した電気を活用できるという機能です。

これにより、停電時でも太陽光の発電がなくなるまではお湯を沸かして普段通りに生活することが可能です。省エネ型給湯器を購入する際には、災害時や非常時の対応も考えなくてはなりません。エコワンを選ぶのであれば、太陽光発電と組み合わせることで、いざという時に安心して生活を送りやすくなるというメリットも実に嬉しいものです。

エコワンと太陽光発電を導入するデメリット3選

エコワンと太陽光発電を組み合わせると多くのメリットがあるものの、デメリットが皆無というわけではありません。続いて、エコワンと太陽光発電を併用する上で注意すべき3つのデメリットをチェックしましょう。


給湯器に加え太陽光発電の導入費用がかかる

エコワンと太陽光発電を併用するデメリットとしては、初期費用の高さが挙げられます。エコワンと太陽光発電を組み合わせて使用するということは、下記の2つの機器それぞれを購入する費用が必要となるわけです。

  • エコワン:40〜80万円
  • 太陽光発電:100〜150万円

特に太陽光発電はエコワン本体よりも高額なため、エコワンと太陽光発電の両方を一気に導入するとなると、かなりのイニシャルコストを負担しなくてはなりません。とはいえ、太陽光発電の寿命目安は30年と給湯器に比べて長い上に、併用によって給湯コストの節約が見込めます。そのため、長期的に見るとメリットの方が大きいと言えます。このように、エコワンと太陽光発電のコストに関しては、予算に左右される点も覚えておきましょう。

太陽光パネルの設置場所に注意する必要がある

エコワンと太陽光発電を組み合わせる場合には、太陽光パネルの設置場所に注意する必要があります。太陽光発電は、パネルが太陽光を受けて発電を行うという仕組みのため、日当たりのよい設置場所の確保が欠かせません。とはいえ、設置場所によっては規定に違反してしまったり近隣住民に迷惑をかけたりするケースもあるため、注意が必要です。太陽光パネルの主な設置場所としては、下記が挙げられます。

  • 住宅の屋根
  • カーポート
  • 外壁
  • 空き地

上記のうち正しい設置場所を選定しないと、発電効率が落ちたりパネルが損傷しやすくなったりして、太陽光発電を導入した意味が薄れてしまうかもしれません。エコワンと太陽光発電を組み合わせる上では、パネル設置の工夫も必要であることを覚えておきましょう。

発電量は天気に左右される

エコワンと太陽光発電を組み合わせる上では、太陽光発電の発電量はあくまで天気に左右されることも覚えておきましょう。太陽光発電は自家発電ができこれまで電力会社から購買していた電力を自宅で生み出すことができるため、かなりお得であるように感じます。しかし、電力会社に料金を支払って電気を利用するケースのように、安定した電気の供給があるわけではありません。

太陽光発電の場合、発電量はあくまで天気に左右されます。そのため、梅雨時など発電に十分な量の日照を得られない場合には、数日間続けて発電が行えないこともあります。そのため、太陽光発電のみに頼るのはいささか危険だと言わざるを得ません。太陽光発電以外の発電システムや蓄電システムを設けたり、あくまで補助的に太陽光発電を使ったりという工夫により、発電効率を高めたいものです。

 

エコワンと太陽光発電の停電時の対応

エコワンと太陽光発電を組み合わせて使用する場合には、停電時の対応も知っておきたいものです。エコワンと太陽光発電を併用する際の停電時の対応で重要なポイントを、4つのケースに分けて見ていきましょう。

停電した場合

エコワンと太陽光発電を使用しているケースで、停電した時の対応と重要な注意点は下記の通りです。

  • 太陽光発電の発電は天候に左右されることを理解する
  • 停電中はエコワンの使用量を最小限に止めることが重要となる
  • 停電時に備えて太陽光発電用の蓄電池を用意しておく
  • 停電が長引く場合にはガスコンロやカセットコンロなども活用する

エコワンと太陽光発電を活用するケースにおいては、停電した場合でも太陽光発電による電力でエコワンを使用することができます。とはいえ、停電がどれくらい長引くのかわからないケースもあるものです。あくまで非常時であることを前提としてエコワンの使用方法や、必要に応じてガスコンロなどを活用することも忘れないようにしましょう。

断水した場合

エコワンと太陽光発電を使用しているケースで、断水した場合の対応と重要な注意点は下記の通りです。

  • エコワンはタンクに貯めたお湯を使用することが可能
  • タンクの容量は機種によって異なるため容量の把握が重要
  • 断水が長引く場合は使用量を抑える工夫も必要
  • 断水中にトイレを流す際にはなるべく水を少なくする

上記の通り、エコワンは貯湯式の給湯器であるため、タンクに貯めたお湯を非常用生活水として活用することができます。しかし、断水が長引いて使用できるタンク内のお湯が切れてしまうケースもあります。タンクのタンク容量は70Lまたは160Lとなっており、エコキュートに比べると容量が小さいです。この点も考慮して、断水時には節水を心がけましょう。

ガスが止まった場合

エコワンと太陽光発電を使用しているケースで、ガスが止まった場合の対応・注意点は下記の通りです。

  • エコワンはガスの供給がない場合でも太陽光発電で作った電力を使用して給湯できる
  • 太陽光発電の出力は天候によって変動することを理解しておく
  • ガスが止まった場合は、エコワンの使用量を控え、必要最低限のお湯だけ使用する
  • 調理などをガスで行っていた場合には調理方法や食べ物の選定を工夫する

上記の通り、エコワンはガスが止まった場合でも電気のみで稼働させることも可能です。しかし、太陽光発電での発電は天候に左右されるため、あくまでガスによるバックアップはないという前提で給湯を行いましょう。ガスが止まった際には節約や省エネよりも、ガスが復旧するまで家族全員が少しでも長い間快適に過ごせるような工夫が重要です。

電気とガスの両方が止まった場合

エコワンと太陽光発電を使用しているケースで、ガスと電気の両方が止まった場合の対応は下記の通りです。

  • 新たな給湯やその他の動作はできなくなる
  • 貯湯タンク内のお湯や太陽光発電の自立運転は活用できるが限りがある
  • 非常用電源やカセットコンロを使用することも検討する
  • 食料や飲料の備蓄も適宜行う

ガスと電気の両方が使えない場合には、エコワンと太陽光発電で行える給湯などの動作にも限りがあります。既述の3つのケースに比べても、節水や節電を工夫することが重要でしょう。

エコワンと太陽光発電についてよくある質問

最後に、エコワンと太陽光発電についてよくある2つの質問をチェックしましょう。エコワンと太陽光発電の併用を検討している方は、導入前に気になる疑問をスッキリ解消しておきましょう。
 

太陽光発電の自家消費と売電はどっちがお得?

太陽光発電の自家消費と売電のどちらがお得かは、ケースバイケースです。しかし、昨今では売電よりも自家消費がお得となるケースも多いです。これは、売電価格が年々下がっている一方で電気料金は上昇傾向にあるためです。自家消費すれば電力会社から電気を買う必要がなくなるため、電気料金の節約につながります。また、蓄電池を併用すれば、夜間や災害時にも電気を使用することが可能です。

エコワン以外で太陽光発電と組み合わせるおすすめ給湯機器は?

エコワン以外にも下記のような給湯機器は、太陽光発電と組み合わせることで更なる省エネと節約が見込めます。

  • エコジョーズ
  • エコキュート
  • エネファーム

どの機器を使用する場合でも、太陽光発電も導入すれば長期的なメリットは大きくなるでしょう。

ただし、太陽光発電と併用することで初期費用がかさむ点には注意してください。


エコワン 太陽光発電 まとめ

本記事では、エコワンと太陽光発電の併用や相性について詳しく見てきました。エコワンの中でもPV活用モード搭載の機種であれば、太陽光発電とお得に組み合わせることができます。太陽光発電と給湯器を併用すれば省エネ性・節約率は高まりますが、イニシャルコストが高くなる点には注意が必要です。太陽光発電と給湯器を併用する際にはご家庭の事情に合った機器を選ぶことも重要です。エコワンを含め、さまざまな給湯器を比較した上で、ご自身に合ったメーカーと製品を選んでみてはいかがでしょうか。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ