カインズの給湯器は?

感謝セールで話題の「カインズ(CAINZ)」ですが、実は給湯器交換を依頼できるのをご存じですか?

EDIONやJoshin、YAMADA電機(LABI)などの家電量販店だけでなく、実はホームセンターでも給湯器の交換は依頼できます。

「ホームセンターで給湯器交換って実際どうなの?」と疑問をいだく方も多いと思うので、本記事ではカインズで取り扱っている給湯器について、メーカーや種類などを徹底解説します。

あわせて、給湯器交換業者の選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

カインズで取り扱いのある給湯器は?

カインズで取り扱いのある給湯器メーカーは以下の3つです。

では、カインズバイヤーイチオシ商品も含めて、特におすすめの給湯器をピックアップし、特徴や値段をご紹介します。

パロマ

カインズで取り扱っているパロマ(Paloma)の給湯器を一部紹介します。

 

品番

価格

備考

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6208

FH-2023SAW + MFC-250V

標準工事付き

(処分費込)

148,000円~(税込)

・ガス給湯器

・壁面火災防止装置搭載

・セミオート

・メタリックベージュカラー

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6195

FH-E2022SAWLCZ-8Y + MFC-250V

標準工事付き

(処分費込)

195,000円~(税込)

・ガス給湯器

・設置フリー壁掛け型

・セミオート

・エコジョーズ

・メタリックベージュカラー

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6199

PH-1615AW

標準工事付き

(処分費込)

77,800円~(税込)

・ガス給湯器

・壁掛け型

・給湯専用

パロマの給湯器といえば、T-ino SLIM(ティーノスリム)20号も人気ですが、残念ながらカインズでは取り扱っていません。

この他にも、カインズでは幅広くパロマの給湯器を取り扱っています。

ノーリツ

カインズで取り扱っているノーリツ(NORITZ)の給湯器を一部紹介します。

 

品番

価格

備考

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6122

本体:OQB-3706Y

標準工事付き

(処分費込)

138,000円~(税込)

・石油給湯器

・据置型

・給湯専用

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6101

本体:HCT-C2062SAWX-2BL/リモコン:RC-J101Eマルチセット

標準工事付き

(処分費込)

195,000円~(税込)

・ガス給湯器

・設置フリー壁掛け型

・ノーリツセミオート

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6130

本体:OTQ-C4706SAYリモコン:RC-J101E(T)マルチセット

標準工事付き

(処分費込)

268,000円~(税込)

・石油給湯器

・据置型

・セミオート

・エコフィール(ecofeel)

ノーリツの給湯器といえば「GQ-2437WS-FFA」「SRT-2060SAWX-2BL」などのシリーズも人気ですが、残念ながらカインズでは取り扱っていません。

リンナイ

カインズで取り扱っているリンナイ(Rinnai)の給湯器を一部紹介します。

 

品番

価格

特徴

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6238

本体:RUF-UE2406AW(A)/リモコン:MBC-240V(A) 

標準工事付き

(処分費込)

325,000円~(税込)

・ガス給湯器

・フルオート

・屋外壁掛け式

・リンナイウルトラファインバブル搭載

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6134

本体:RUR206FSAW/リモコン:MBC-240V(A)

標準工事付き

(処分費込)

205,000円~(税込)

・ガス給湯器

・セミオート

・屋外壁掛け式

・エコージョズ

引用:https://reform.cainz.com/point/waterheaters/6235

本体:RUFH-A2400AW2-3(A)/リモコン:MBC-240V(A)

標準工事付き

(処分費込)

350,000円~(税込)

・ガス給湯器

・フルオート

・屋外壁掛け式

さまざまなタイプの給湯器がありますが、フルオートタイプを選べば、ボタン一つでお湯張りができるのでかなり便利です。さらに、設定湯量より約4cmほど水位が下がると自動的にたし湯を行う機能もあるため、予算に余裕がある場合はぜひフルオートタイプをご検討ください。

この他にも、カインズでは幅広くリンナイの給湯器を取り扱っています。気になる方は、カインズリフォーム(CAINZ REFORM)の公式サイトで確認してみてくださいね。

 

カインズで給湯器を交換するには?

カインズで給湯器を交換したい場合は、店舗やお問合せフォーム、電話(0120-88-5279)から相談が可能です。オンラインショップで「給湯器」と検索すると、CAINZ Reformのページに遷移し、問い合わせができます。

フルリフォームで給湯器交換をふくめたトータルリフォームも可能なので、ぜひお気軽にご相談ください。

カインズホームの給湯器交換について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

カインズホームの給湯器交換について詳しくはこちら

 

給湯器の種類

給湯器は、主に以下の5種類に分けられます。

では、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

ガス給湯器

ガス給湯器は、ガスで水を温めてお湯を作る仕組みです

メリット:導入費用が安く抑えられます。また、瞬間的にお湯を沸かす仕組み(瞬間湯沸器)であるため、お湯切れの心配をする必要がありません。

デメリット:電気給湯器よりも光熱費が割高です。ただし、エコジョーズを選べば従来のガス給湯器よりも少ないガス量でお湯を沸かせます。

電気給湯器

電気給湯器は、電気で水を温めてお湯を作る仕組みです。電熱ヒーターの熱と水の熱を交換することでお湯を作るので、いわば電気ケトルと同じ湯沸しの仕組みといって良いでしょう。

メリット:ガス給湯器よりも光熱費を削減できます。電気代の安い深夜電力を使うことで、電気代を下げられます。また、ガスが漏れる危険性がないというのもメリットです。

デメリット:ガス給湯器よりも導入費用が高くなります。また、貯湯式の場合はタンクの設置スペースが必要です。

エコキュート

エコキュートも電気を利用してお湯を作る仕組みの給湯器ですが、ヒートポンプ技術が使われているのが大きな特徴です。電気だけでなく、外気の熱も利用するので、省エネ性の高さから環境にやさしい給湯器として注目を集めています。

メリット:ヒートポンプの技術により電気給湯器よりさらにランニングコストを抑えられます。また、省エネ設備であることから、自治体の補助金制度を利用できる場合もあります。

デメリット:導入費用が電気給湯器よりさらに高額になります。

ハイブリット給湯器

ハイブリット給湯器は、電気とガス両方の力を利用する給湯器です

メリット:ライフスタイル・くらしに応じて電気・ガスを使い分けられます。基本的には光熱費の安い電気でお湯を沸かし、お湯切れが起こった時はガスを利用してお湯を沸かせます。

電気とガスのどちらかが止まってしまった場合に備えるという側面も期待できます。

デメリット:導入費用が高いことと、設置スペースが必要です。

石油給湯器

石油給湯器とは、石油(灯油)を利用してお湯を沸かす給湯器です

メリット:他の給湯器よりも寿命が長めであること。一般的に給湯器の耐用年数は10年程度なので、導入から8年以上が経つ給湯器に水漏れや保温ができないといった不具合が出たら交換を勧められます。

一方、石油給湯器は10年以上利用できるケースも多いため、給湯器の交換頻度を下げられます。

他にも、パワーが強く一気にお湯を沸かせることもメリットです。

デメリット:燃料に灯油を使用するため、ホームタンクの取り付けと、灯油残量の管理が必要です。うっかりしていると燃料切れを起こしてしまう可能性があります。

 

給湯器交換を依頼する業者の選び方は?

この章では、給湯器交換を依頼する業者の選び方を解説します。

給湯器交換に失敗したくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

給湯器交換の資格を持っている

給湯器の交換作業には、資格が必要です

ただ、一部には無資格で給湯器交換を行う悪質な業者も存在しています。事故などのトラブルに巻き込まれる恐れもあるため、給湯器交換の業者は慎重に選びましょう。

ほとんどの業者が当たり前のように資格を保有しているはずですが、できれば公式HPに「有資格者が工事を担当」と明記されている業者を選べば確実です。

交換費用が明確になっている

給湯器の交換費用が明確であることも重視したいポイントです。

交換費用が不明瞭なまま工事をして、予想外の出費がかかることは絶対に避けたいところ。

価格に工事費が含まれている業者を選ぶか、工事前に無料で見積りをしてくれる業者を選べば安心です

アフターサービスが充実している

アフターサービスが充実しているという点もチェックしておきましょう。

給湯器のメーカー保証はたったの1〜2年であるため、十分とはいえません。メーカー保証にプラスして、長期保証があれば安心です

対応スピードが速い

対応スピードの速さも重視したいポイントです。

給湯器は快適な生活に必須の設備であるため、対応が遅い業者に依頼してしまうと、故障時にかなり不便な思いをすることになるのは目に見えています。特に、日曜定休など、対応できない日がある業者も要注意です。

不具合を放置しておくのはリスクが高いため、故障時などにスピーディーに対応してくれる業者を選ぶようにしましょう

給湯器交換業者についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

給湯器交換業者について詳しくはこちら

 

給湯器の交換ならミズテックへおまかせ!

給湯器の交換は、給湯器交換専門業者「ミズテック」がおすすめです。ミズテックがおすすめできる理由は以下の通りです。

  1. 経験豊富な技術者が対応
  2. Webで無料相談・見積もり可能
  3. 本体&施工の10年W保証を用意
  4. 最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックでは、経験豊富な有資格の技術者が給湯器交換の工事を担当しています。高品質な施工技術とお客様に寄り添う丁寧な対応で信頼関係を築くことを心がけています。

Webで無料相談・見積もりを行っているので料金が明瞭なのも信頼できるポイント。

また、本体&施工の10年W保証を用意しているので、メンテナンスも心配ありません。

最短30分で訪問対応可能なので、「給湯器から漏水しているから点検してほしい」など、お急ぎの方にもおすすめです。

「そろそろ交換のタイミングかもしれない」「給湯器からお湯が出ないからとりあえず対処法が知りたい」という方は、ぜひミズテックにご相談ください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ