エコキュート取付に必須の資格とは?優良工事店の見分け方

エコキュート取付に資格っているの?どういう資格を持っていればいいの?

そうお悩みではありませんか。

残念ながら、エコキュートの取付は資格必須なため、DIYでは不可能です。

ご家庭にエコキュートを設置するには、エコキュートを購入するだけではなく取付業者に設置工事を依頼しなければなりません。

エコキュートの設置工事の質が悪く、設置後に漏水や本体の故障などのトラブルが発生するケースも現実に存在します。

今回は、どの業者に依頼すべきか迷っている方のために、優良業者を選ぶポイントの一つである「エコキュート取り付けに必要な資格」について解説します。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュートの取付には国家資格が必要!必須の資格とは?

エコキュートを設置するために必須の資格は第二電気工事士・排水装置主任技術者の2つです。

エコキュートを設置する際に、業者は国が指定した資格を保有していなければなりません。

第二種電気工事士

第二種電気工事士とは、一般住宅や店舗などで電気工事をする際に必要な資格です。

エコキュートは電気機器なので、工事に従事するスタッフは第二種電気工事士の資格が必須です。

従って、本来は第二種電気工事士を保有していない職人は工事を行うことができないはずですが、残念ながら無資格で作業を行っている業者もあるようです。

排水装置主任技術者

エコキュートは配管工事を伴いますので、排水装置主任技術者の資格も必須です。

排水装置主任技術者とは、給水設備装置の施工を認める唯一の国家資格です。

排水装置主任技術者は、工事業者に1名でも資格保有者がいれば問題ありません。

ガス給湯器からの入れ替えの場合には、ガス関連の資格も必須

ガス給湯器からエコキュートに入れ替える場合は、ガス機器設置スペシャリスト・液化石油ガス設備士も必要です。

住居新築時ではなく給湯器設備の入れ替えでエコキュートを導入する際には、既設のガス給湯器を安全に撤去しなければなりません。

ガス機器設置スペシャリスト

ガス機器設置スペシャリストは、その名前の通りガス機器を設置する際に必須の資格です。

ガス給湯器の取り換えの際に必須の資格です。

液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士はガス給湯器の配管を撤去する際に必須の国家資格です。

2007年の法改正により、必須資格に変更になりました。

エコキュート設置の工事について

エコキュートの設置は有資格者による工事が必須です。エコキュートの設置に関わる工事や期間などについて解説いたします。

既存設備を撤去して基礎工事を行う

既存設備の撤去と基礎工事は、エコキュート設置工事において必要な作業の一部です。まず、設置予定の場所に既存の給湯器やボイラーなどの設備がある場合は、それらを撤去する必要があります。

次に、エコキュートを設置するための基礎工事を行います。基礎工事では、エコキュートの重量に耐えるための強固な基礎を作ることが目的です。具体的には、コンクリートを打設して基礎を作ります。この際、地盤調査を行い、地盤が弱い場合には補強工事を行う必要があります。また、基礎工事には地元の自治体の建築基準に準拠することが必要です。

これらの作業が終わった後、エコキュート本体の据付工事を行います。設置作業自体は比較的短時間で完了しますが、前段の撤去や基礎工事などが必要となるため、総合的な工期は数日から数週間程度になる場合があります。

エコキュート設置に掛かる期間はおよそ5日程度

一般的に、既存設備の撤去と基礎工事には2~3日程度、その後エコキュート本体の設置にかかる期間は、通常は1日~2日程度、合計で5日程度掛かるのが一般的です。ただし、現場の状況や設備の種類によっては、より短い期間で完了する場合もあれば、より長い期間を要する場合もあります。工事期間は、事前に工事業者と相談し、確認しておくことが望ましいです。

エコキュートの設置には補助金も活用できる

エコキュートは環境に配慮した街づくりに役立つとされ、補助金制度によって導入を促進する取り組みが実施されています。申請できる補助金は、地域や条件によって異なりますが、代表的な補助金について紹介します。

なお、これらの補助金は、申請方法や対象条件などが異なるため、詳細については、各補助金の公式サイトや担当窓口に確認することをおすすめします。

高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金(2022年11月8日〜)

家庭のエネルギー消費における主要な分野である給湯分野について、「2030年度におけるエネルギー需給の見通し」の達成に向けて普及拡大を図る目的で、高効率給湯器の導入支援が実施されています。

導入する高効率給湯器に応じてそれぞれ定額が補助され、エコキュート(ヒートポンプ給湯器)やハイブリッド給湯器、家庭用燃料電池(エネファーム)が対象で、エコキュートは1台あたり5万円の補助金を受け取ることができます。

参照:https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/kyutokidonyu/kyutodonyuhojo.html

こどもエコ住まい支援事業

子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を持つ新築住宅の取得、リフォームに対する支援として、ZEH基準を満たす新築住宅に100万円、リフォームでは5万円から60万円を助成する制度です。

エコキュートの設置においては、「性能がJIS C9220:2018 に基づく年間給湯保温効率、又は年間給湯効率が 3.0 以上(ただし寒冷地仕様は 2.7 以上)であること」を条件に、27,000円の補助金受け取ることができます。

参照:https://kodomo-ecosumai.mlit.go.jp/

エコポイント制度(終了済み:〜2021年10月31日)

国が実施している補助金制度で、省エネ設備の導入や住宅改修に対してポイントが付与され、ポイント数に応じた金額が還元されます。

参照:https://greenpt.mlit.go.jp/

ミズテックは有資格者が責任をもって工事いたします!

ミズテックの現場スタッフはもれなく有資格者です。DIYでは不可能な工事も、責任をもって対応いたします。

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:エコキュートの業界最安値挑戦中!

ミズテックでは、エコキュートの業界最安値挑戦中です。定価の半額以下の値段にて、エコキュートの購入はもちろん、取り付け工事も行います。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

おわりに

エコキュート取付業者を選ぶ際、一般の方にとってはなかなか優良な業者を判断しづらいものかと思います。そんな時に一つの目安となるのが必要資格の保有状況です。

本来は必須資格ですが、残念なことに無資格で工事を請け負っている業者も存在します。

資格を保有している業者はホームページにその記載がありますので、資格の保有状況を確認してから依頼をするとよいでしょう。

もし不安やよくわからないことがある場合は、まずはご相談だけでも、お気軽に施工業者の「ミズテック」にご連絡ください。

エコキュートの機種のご説明やメリットデメリット、お見積もりなど、豊富な実績と知見からご案内させていただきます!

ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。

エコキュートの交換費用相場-交換時期や業者の選び方も徹底解説

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ