石油給湯器の交換費用は?おすすめの業者や給湯器の種類を解説

「石油給湯器の交換って、どうやればいいの?」
石油給湯器への交換を検討しているものの、自分で行うべきか業者に依頼すべきか迷っている方も多いでしょう。

この記事では、石油給湯器の交換は自分で行えるのか、業者に依頼すべきかを掘り下げます。

業者に依頼する場合の業者の選び方や給湯器の選び方のポイントまでお伝えするので、ご自身に合った石油給湯器を確実に見つけやすくなります。

この記事が、石油給湯器の交換に関して悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

そもそも石油給湯器とは?他の給湯器との違いも比較

(出典:ノーリツ)

石油給湯器への交換を検討している方も多いとは思いますが、そもそも石油給湯器とはどんな給湯器でしょうか。

石油給湯器とは、石油(=灯油)を燃料としてお湯を作るタイプの給湯器で、灯油ボイラーと呼ばれることもあります。

仕組みとしては灯油を霧状にして燃料させるタイプや、バーナーでガス化して燃焼させるタイプがあります。

石油給湯器以外の給湯器としては、ガスを燃料とするガス給湯器や電気でお湯を沸かす電気温水器などがあります。

石油給湯器はガス給湯器に比べてランニングコストが安く、直圧式の場合には貯湯式の電気温水器やエコキュートのようにお湯切れのリスクがない点もメリットです。

石油給湯器の交換目安は10年?

給湯器の交換を検討しているものの、交換目安が分からず交換をためらってしまうケースも多いです。

給湯器の寿命目安は約10年であり、10年近く使用している給湯器は交換が推奨されます。

この寿命目安は給湯器の種類に関わらず基本的に同じで、石油給湯器の場合もガス給湯器やその他の給湯器同様に10年が交換の目安です。

また、使用年数が10年に達していない場合でも、下記のような症状が出ている場合には点検・交換を行うのがおすすめです。

  • エラーの頻発および運転停止
  • 黒煙や異臭、異音の発生
  • 湯温・湯量が安定しない
  • 水漏れ など

上記のような症状が出ている給湯器は、一部の修理または給湯器本体の交換が必要となります。

突然お湯が使えなくなる事態を防ぐためにも、使用年数だけでなく故障の前兆となる症状も随時確認しましょう。

石油給湯器の交換は自分でできる?業者に頼むべき理由とは

石油給湯器の交換に関しては、自分で交換を行えるのか業者に頼むべきなのかも気になるものです。

ここでは、石油給湯器のDIY交換が可能なのかどうか、および専門業者に依頼するメリットをチェックしましょう。

石油給湯器の交換に資格は必要ないがDIYは安全面で不安

石油給湯器の交換に際して、ガス給湯器のように特別な資格は必須ではありません。

ただし、石油給湯器は燃料として灯油を使用する給湯器であり、火災の危険性などもゼロではありません。

そのため、日本石油燃焼機器保守協会の定める石油機器技術管理士の資格を有した人による交換が無難です。

住宅機器のDIY修理・交換に慣れている人であれば、石油給湯器を自分で交換できるケースもあります。

ただし、DIYでの交換は安全面で不安が残るため、資格を有した業者に依頼する方がおすすめです。

専門業者に頼んだ方が給湯器を長く使う上で安心・安全

石油給湯器の交換は、DIYよりも専門業者に依頼する方がおすすめです。

石油給湯器のDIY交換は違法ではありませんが、安全面では不安が残ります。

DIYで石油給湯器の交換を行った結果、施工に不備がありすぐに修理が必要となるケースも多いです。

余計な部品代・修理代などを抑えるためにも、有資格のプロに交換を任せる方がおすすめです。

給湯器を長く安全に使い続けるためにも、石油給湯器の交換は有資格の専門業者に依頼しましょう。

石油給湯器の交換を自分で行う場合の注意点3つ

お伝えしたように石油給湯器の交換はDIYで行うよりも有資格の専門業者に依頼する方がおすすめです。

ただし、資格を有しており住宅設備のDIYに慣れている人であれば、安全に交換を済ませられるケースもあります。

ここでは、石油給湯器の交換を自分で行う場合の注意点を3つ見ていきましょう。

配管接続部のパッキン交換など細かい作業に注意

石油給湯器のDIY交換に際しては、細かい作業に注意が必要です。

特に、配管接続部のパッキン交換などは、素人が行う場合に見落としがちな作業の一つです。

このように細かい作業を見落としてしまうと、その後の給湯器の安全性や使用感に問題が生じることもあります。

石油給湯器をご自身で交換する場合には、必ず配管接続部のパッキン交換も行いましょう。

屋内タイプは適切な種類の排気筒が必要

石油給湯器のDIY交換を行う場合、屋内タイプの給湯器に関しては適切な種類の排気筒を選定することも重要です。

屋内タイプの給湯器は屋外タイプに比べて水漏れなどによる被害のリスクが大きいです。

このような被害を最小限に抑えるためにも、適切な部品を選定する必要があります。

例えば、強制排気方式であれば適切な長さに排気筒をカットする必要がある一方で、強制給排気方式はカットできないため最適なサイズの排気筒を用意しなくてはなりません。

このような給湯器のタイプごとに適切な作業を行う自信がない場合には、基本的に専門業者に交換を依頼する方がおすすめです。

適切な作業を行えない場合には、部品の費用がかさむだけでなく給湯器の安全性に支障をきたす恐れもあります。

ガス給湯器など他の給湯器では資格が必要

石油給湯器はDIY交換も可能ですが、ガス給湯器など他のタイプの給湯器では資格が必須となる点にも注意が必要です。

例えばガス給湯器の場合、下記のような資格が必要となります。

  • 液化石油ガス設備士
  • ガス可とう管接続工事監督者
  • ガス消費機器設置工事監督者 など

上記のような資格なしでガス給湯器の交換を行うことは危険なだけでなく、違法行為にも当たります。

無資格でDIY交換を行うことだけでなく、無資格の業者に交換を任せるのも推奨できません。

資格の必要な作業に関しては、必ず有資格かつ実績が豊富で信頼のできる業者に依頼しましょう。

石油給湯器の交換にかかる費用相場

石油給湯器の交換はDIYよりも業者に依頼する方がおすすめですが、交換費用の相場はどのくらいでしょうか。

他の給湯器から石油給湯器に交換する場合の費用相場をチェックしましょう。

別の給湯器から石油給湯器に交換する場合

ノーリツやコロナなどの人気メーカーの石油給湯器の本体価格相場は、10〜45万円です。

また、石油給湯器への交換工事にかかる費用は3~10万円ほどです。

一般的な石油給湯器の導入には、合計で20~50万円ほどがかかります。

また、石油給湯器と一口に言っても機能別に様々なタイプが存在します。

給湯専門タイプであれば上記価格相場内の最安値で購入できるケースも多いですが、フルオートタイプの場合は40~50万円程度かかるケースも多いです。

また、屋内設置する場合には屋外設置する場合に比べて工事費用が1~2割程度高くなります

別の給湯器からエコフィールに交換する場合

エコフィールに交換する場合の費用は、既述の従来型石油給湯器の費用目安に比べて高くなります。

エコフィールの本体価格相場は25~60万円で、多機能なタイプほど価格は高いです。

工事費用を合わせた導入費用相場は30~70万円となります。

エコフィールは従来型に比べて灯油代・電気代などの光熱費を1~2割以上削減できるケースもあり、ランニングコストに関してはお得です。

石油給湯器の交換はどこに頼むべき?おすすめ交換業者の選び方3つ

石油給湯器交換にかかる費用や仕上がり具合は、依頼する業者によっても異なります。

料金が安くかつ満足いく仕上がりを実現できる業者の選び方をチェックしてください。

希望する給湯器の取り扱いがある業者を選ぶ

石油給湯器の交換を依頼する際にはまず、希望する給湯器の取り扱いがある業者を選ぶことが重要です。

石油給湯器と一口に言っても、メーカーやシリーズごとに様々な製品が存在します。

そして、どのような給湯器の在庫があるかは業者によって異なります。

給湯器交換業者を選ぶ際には、ご自身の希望するメーカー・型番・号数の給湯器を取り扱っているか・在庫があるかどうかを必ずチェックしましょう。

チェックした複数の業者で希望する給湯器の取り扱いがある場合、料金の安さなど他の観点でも比較するのがおすすめです。

費用が安く施工実績の豊富な業者を選ぶ

給湯器交換業者を選ぶ際には、費用が安く施工実績の豊富な業者を選ぶことも重要です。

給湯器の導入にかかる費用は、各業者が提示する本体価格および工事費用によって差が出ます。

工事費込みでトータルコストの安い業者であれば、高価な給湯器を少しでもリーズナブルに導入できるでしょう。

ただし、いくら工事費込みの料金が安くても施工技術や施工実績が伴っていないと意味がありません。

施工技術の乏しい業者に交換工事を依頼した場合、石油給湯器のり付けに不備があったりすぐに故障したりする可能性もあるため注意が必要です。

給湯器交換業者を選ぶ際には、費用の安さと施工技術の高さ・施工実績の豊富さの両方を考慮しましょう。

保証やアフターサービスが充実した業者を選ぶ

ここまでお伝えした2点を踏まえて上で、保証・アフターサービスもチェックして最終的に依頼する業者を選ぶのがおすすめです。

給湯器は取り付け工事を行って終わりではなく、交換後約10年間という長い期間使用するものです。

製品や工事になんらかの不備があった場合に保証を受けられる・使用に伴って故障した場合に安い料金で修理を受けられる業者であれば、安心して給湯器を使い続けられるでしょう。

石油給湯器の寿命は約10年のため、10年分の本体保証や工事保証を受けられる業者がおすすめです。

交換する石油給湯器の選び方3つ

石油給湯器の交換を依頼する業者の選び方のポイントを3つ見てきました。

石油給湯器と一口に言っても様々なタイプがあるため、家族人数や使用目的に合わせて最適なものを選ぶことが重要です。

石油給湯器の選び方のポイントを3点チェックしてください。

メーカーや給湯器のタイプで選ぶ

石油給湯器を選ぶ際には、メーカーや給湯器のタイプで選ぶことが重要です。

石油給湯器の主なメーカーには、下記のような会社が挙げられます。

  • ノーリツ
  • 長府製作所
  • コロナ

石油給湯器を選ぶ際には、上記各メーカーに特有の機能などをチェックすることが重要です。

また、石油給湯器は水道直圧式のものと貯湯式のものに分かれています。

直圧式は水道と同等の強い水圧を実現できる点がメリットで、貯湯式は本体価格が比較的安い・古い配管でも使える点などがメリットです。

さらに、石油給湯器の中には、ノーリツ製エコフィールのように省エネ効果の高い高効率型の給湯器もあります。

このように、石油給湯器を選ぶ際にはまず、メーカーに加えて給湯器のタイプも比較し、ご自身に合ったものを選びましょう。

家族構成にとって適切な容量を選ぶ

石油給湯器を選ぶ際には、家族構成を考慮した容量の給湯器を選ぶことも重要です。

家族人数に対して小さい給湯器を選ぶと、同時使用により湯量が少なくなったり、貯湯式の場合にはお湯切れを起こしたりします。

一方で、使用湯量が少ないにも関わらず容量の大きな給湯器を選ぶと、初期費用が無駄にかさんでしまいます。

石油給湯器の容量は、3万キロ/4万キロ(給湯能力)から選ぶのが一般的です。

3人以上の家庭でお湯の同時使用をすることも多い場合には、4万キロを選ぶのが無難です。

この点に関しては、家族とも相談しながら使用頻度やその他のポイントを考慮して適切な製品を選びましょう。

初期費用とランニングコストで選ぶ

石油給湯器を選ぶ際には、初期費用およびランニングコストも考慮しましょう。

石油給湯器にかかる初期費用相場はおよそ20~50万円です。

給湯専用の石油給湯器に比べて、自動で行える機能の多いオート・フルオートタイプの給湯器は価格が高い傾向にあります。

また、エコフィールなどの高効率給湯器は従来型の給湯器よりも本体価格が高いですが、光熱費を節約できる点がメリットです。

初期費用が少し高くてもランニングコストを安く抑えられるケースもあるため、現時点での予算および長期的にどれくらい節約したいかなども考慮することが重要です。

給湯器の交換に悩んでいる方はミズテックにご相談を!

「石油給湯器の交換を行いたいけれど、どこに頼めばよいだろう?」
「給湯器交換業者選びに迷っていて、安くて技術力もあるところがいい…」

このような悩みをお持ちの方は、給湯器専門業者のミズテックにご相談ください。

ミズテック

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:給湯器が最大91%OFF!

ミズテックでは、最大91%オフで給湯器を購入できます。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

石油給湯器 交換まとめ

この記事では、石油給湯器の交換について詳しく見てきました。

石油給湯器の交換目安は約10年であり、交換はDIYでも不可能ではありません。

ただし、より確実に交換を行うためには専門業者に依頼する方がおすすめです。

石油給湯器の導入・交換工事には20~50万円ほどの費用がかかりますが、技術力が高くかつ良心的な料金体系の業者を選ぶことで、高額な給湯器の初期費用をおさえられます。

ミズテックであれば、最大91%オフで給湯器を購入することも可能です。

石油給湯器の交換に関して不安のある方は、ぜひミズテックの無料見積もり相談をご利用ください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

ページ上部へ