エディオンで給湯器を交換・リフォームするときの価格相場は?工事費用はどのくらい?

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      給湯器の交換・工事をエディオンに依頼したときの価格相場は?

      給湯専用器の交換・工事をエディオンに依頼したときの価格相場は?

      給湯専用給湯器の機能は、単純に給湯のみのシンプルな構造で、今もなお根強く高い需要がある売れ筋商品です。

      給湯器は主に「給湯専用」、「高温水供給式」、「ふろ給湯」、「給湯暖房」の4タイプに分けることができますが、その中でも一番安価な給湯器に該当します。

      エディオンで給湯専用給湯器を交換した場合の価格相場は以下の通りです。
      エディオンで給湯器の交換工事を依頼した場合は、給湯器の価格にリモコンと標準取付工事費、そして10年保証が含まれた価格表示となっています。

      ■給湯専用タイプ(20号)の場合

      メーカー/機種名

      価格(相場)

      備考

      リンナイ/RUXA2016WE

      114,800円(税込)

      ・MC145Vリモコン付属

      ・屋外壁掛用


      ※都市ガス・プロパンガスのガス種の選択が可能

      参考までに、給湯専用タイプ(20号)の一般的な交換費用相場は以下の通りです。

      <相場>
      給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=108,000~135,000円(税込)

      標準工事費とは、給湯器の交換工事にかかる費用であり、以下の項目が主な標準工事の内容として挙げられます。

      項目

      内容

      機器撤去処分費

      現在お使いの給湯器の撤去作業と機器処分費用

      機器設置工事費

      交換機器を設置する費用

      配管接続費

      給湯器本体と接続するガス・給湯・給水配管の接続費用

      保温復旧費

      配管の凍結を防ぐ保温材の取り付け費用

      試運転調整費

      給湯器やリモコンの試運転にかかる費用


      給湯専用タイプ(20号)における、エディオンの給湯器交換費用相場と一般的な費用相場を比較すると、相場の中でもやや安価であることが分かります。

      エコジョーズ給湯器(オートタイプ)の交換・工事をエディオンに依頼したときの価格相場は?



      オートタイプのエコジョーズ給湯器は、一般的に「ふろ給湯器」と呼ばれており、給湯の機能に加えてお風呂の湯はりができる機能を兼ね備えています。

      主な機能としては、「給湯」・「自動湯はり」・「自動追い焚き」・「自動保温」が挙げられます。
      また、エコジョーズとは、高効率型給湯器とも呼ばれ、従来型の給湯器と比較して熱効率が高く、目安として年間でおおよそ1割のガス使用量が削減できるエコタイプの機種です。

      後述するフルオートタイプの給湯器と機能は似ていますが、フルオートタイプと比較すると、最小限の機能であり、価格もフルオートより安価です。

      エディオンでオートタイプのエコジョーズ給湯器を交換した場合の価格相場は以下の通りです。
      エディオンでオートタイプのエコジョーズ給湯器の交換工事を依頼した場合は、給湯器の価格にリモコンと標準取付工事費、そして10年保証が含まれた価格表示となっています。

      ■オートタイプのエコジョーズ給湯器(HCTCシリーズ)の場合

      ※HCTCシリーズは、ホームセンター向けの型番で、ノーリツのGT-Cシリーズと同じ商品です。

      メーカー/機種名

      価格(相場)

      備考

      ノーリツ/HCTC1662SAWX(16号)

      198,000円(税込)

      ・RCJ101E リモコン付属(台所/浴室)

      ・屋外壁掛用

      ノーリツ/HCTC2062SAWX(20号)

      208,000円(税込)

      ノーリツ/HCTC2462SAWX(24号)

      218,000円(税込)


      ※都市ガス・プロパンガスのガス種の選択が可能

      参考までに、オートタイプのエコジョーズ給湯器(16/20/24号)の一般的な交換費用相場は以下の通りです。
      <相場>
      ・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=140,000~260,000円(税込)
      ・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=150,000~270,000円(税込)
      ・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=155,000~280,000円(税込)

      標準工事費については、「給湯専用器の交換・工事をエディオンに依頼したときの価格相場は?」でお伝えした内容に、ドレン排水工事(エコジョーズタイプの給湯器設置のみ)が一般的に追加されます。

      エディオンのオートタイプのエコジョーズ給湯器の交換費用相場と一般的な相場を比較すると、エディオンの相場は、各号数共に相場の中でも概ね平均値であることが分かります。

      給湯器(フルオートタイプ)の交換・工事をエディオンに依頼したときの価格相場は?


      フルオートタイプの給湯器は、上述したオートタイプ給湯器の機能(給湯・自動湯はり・自動追い焚き・自動保温)に加えて、「自動足し湯」や「追い焚き配管洗浄」ができる機能を兼ね備えています。

      また、オートタイプと同様にフルオートタイプの給湯器でも、従来型(非エコジョーズ型)給湯器とエコジョーズ型給湯器の2タイプがラインナップされています。

      フルオートタイプの給湯器は、給湯専用給湯器や、オートタイプ給湯器よりも多機能であり、給湯器の中でも高額商品に該当します。

      エディオンでフルオートタイプの従来型とエコジョーズ給湯器を交換した場合の価格相場は以下の通りです。
      エディオンでフルオートタイプの従来型とエコジョーズ給湯器の交換工事を依頼した場合は、給湯器の価格にリモコンと標準取付工事費、そして10年保証が含まれた価格表示となっています。

      ■フルオートタイプの従来型給湯器(RUFAシリーズ)の場合

      メーカー/機種名

      価格(相場)

      備考

      リンナイ/

      RUFA1615AWB (16号)

      208,000円(税込)

      ・MBC230VC リモコン付属(台所/浴室)

      ・屋外壁掛用

      リンナイ/

      RUFA2005AWB (20号)

      218,000円(税込)

      リンナイ/

      RUFA2405AWB (24号)

      228,000円(税込)


      ※都市ガス・プロパンガスのガス種の選択が可能

      参考までに、フルオートタイプの従来型給湯器(16/20/24号)の一般的な交換費用相場は以下の通りです。
      <相場>
      ・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=140,000~250,000円(税込)
      ・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=150,000~260,000円(税込)
      ・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=160,000~270,000円(税込)

      ■フルオートタイプのエコジョーズ給湯器(HTCTシリーズ)の場合

      ※HCTCシリーズは、ホームセンター向けの型番で、ノーリツのGT-Cシリーズと同じ商品です。

      メーカー/機種名

      価格(相場)

      備考

      ノーリツ/

      HCTC1662AWX (16号)

      228,000円(税込)

      ・RCJ101E リモコン付属(台所/浴室)

      ・屋外壁掛用

      ノーリツ/HCTC2062AWX20A

       (20号)

      238,000円(税込)

      ノーリツ/

      HCTC2462AWX (24号)

      248,000円(税込)


      ※都市ガス・プロパンガスのガス種の選択が可能

      参考までに、フルオートタイプのエコジョーズ給湯器(16/20/24号)の一般的な交換費用相場は以下の通りです。
      <相場>
      ・16号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=160,000~280,000円(税込)
      ・20号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=170,000~290,000円(税込)
      ・24号 給湯器本体+リモコン本体+標準工事費価格=180,000~300,000円(税込)

      従来型給湯器の標準工事費については、上述の「給湯専用器の交換・工事をエディオンに依頼したときの価格相場は?」を、エコジョーズ給湯器の標準工事費については、上述の「エコジョーズ給湯器(オートタイプ)の交換・工事をエディオンに依頼したときの価格相場は?」を参照して下さい。

      エディオンのフルオートタイプの従来型およびエコジョーズ給湯器の交換費用相場と一般的な相場を比較すると、エディオンの相場は、概ね相場の中でも平均値であることが分かります。

      【まとめ】給湯器製品の交換・工事をエディオンに依頼したときの平均的な価格相場について


      エディオンの給湯器の交換工事の費用相場は、上述してきた通り、一般的な相場価格の幅で推移しており、相場の中でも平均的な位置にあります。

      エディオンの給湯器交換費用相場を給湯器の種類でまとめると、以下の通りとなります。

      ■給湯専用給湯器 約115,000円(税込)
      ■ふろ給湯器 約222,000円(税込)

      給湯器の交換・リフォームはどこに依頼するのがおススメ?



      給湯器を交換するときに重要となるのが、業者の選定です。
      しかし、給湯器は10年に一度交換するかしないかの買い物であるため、当然ながら選定することに不慣れであることや、それ以前にどこの業者に依頼したらよいのかも分からないのが実情です。

      給湯器の交換はさまざまな業者が取り扱っておりますが、大手家電量販店だけでなく、給湯器交換専門業者でも交換が可能です。

      但し、アパートやマンションなどの賃貸住宅にお住まいの方は、給湯器の持ち主は物件の管理人であるため、必ず大家さんや管理会社への連絡が必要です。

      ここでは業者選定にあたって、家電量販店と給湯器交換専門業者のメリットデメリットをお伝えしていきます。

      家電量販店に依頼するメリットとデメリット



      家電量販店では、ガス給湯器の交換以外に、キッチンやバスルームなど家の内外装のリフォームも請け負っているため、一社で全てが完結できることや家電量販店独自のポイント還元などもあり、消費者にとって大変便利であると言えます。

      また、家電量販店である「エディオン」個社にもたくさんのメリットがありますが、その反面デメリットもあります。

      まずメリットは、
      ・エディオン会員は10年間保証がついている
      ・キャンペーン期間中は更にお得
      ・現場確認後の見積もり提示で交換工事費用が明瞭

      その反面デメリットは、
      ・給湯器本体や工事費用が全て込みであり、個々の金額が分からない
      ・下請け業者による交換工事でスキルにばらつきがある
      ・定期的なアフターフォローが期待できない

      などがあります。
      主なメリットデメリットを挙げましたが、説明が分かりやすく丁寧で誠意が感じられるなど、消費者にとって安心感が得られることが第一であり、付帯サービスはその次で考えておくと納得感のある依頼に結びついていきます。

      業者に依頼するメリットとデメリット


      給湯器の交換業者は、「給湯器メーカー」「ガス会社」「給湯器専門業者」の3つのタイプの業者に分かれますが、その中でも給湯器専門業者は、給湯器交換に特化したプロの交換業者であるため、経験実績が豊富で信頼度が高いと言えます。

      給湯器交換業者に依頼するメリットは、
      ・交換実績が豊富で多くの現場に対応できる
      ・他の業者と比較して、一般的に給湯器交換費用が安価傾向にある
      ・現場調査なしにインターネットで見積もりできる場合がある
      ・業者独自の保証制度が充実している
      ・電話一本で即日交換対応が可能な場合もある

      その反面デメリットは、
      ・インターネットで見積もりした場合、交換当日に追加工事が発生する場合がある
      ・工事担当者によってスキルにばらつきがある
      ・対応できる地域が限定される場合がある
      ・定期的なアフターフォローが期待できない

      などが挙げられます。

      給湯器交換業者は、上記以外にも業者によってメリットデメリットの内容はさまざまです。

      給湯器は高額商品であることからも、誠実で安心感があり、価格が安い、そして即日対応してくれるなど、消費者にとってメリットが多い業者を選びたいものです。

      給湯器の交換を検討する際は、大手家電量販店だけでなく、まずは迅速に対応してもらえるプロの給湯器専門業者にも相談してみましょう。