【リンナイ】給湯器凍結防止方法をご紹介|凍結する原因も

冬季は給湯器の凍結が心配です。給湯器が凍結すると、一時的にお湯が使えなくなったり、配管が破損して修理が必要になったりすることもあります。

本記事では、リンナイ(Rinnai)ガス給湯器の凍結防止方法を詳しくご紹介します。

 

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

【給湯器凍結防止】リンナイの場合は?

この章では、リンナイガス給湯器の凍結防止策を3つ解説します。

凍結による破損は保証期間内でも有償修理となってしまうため、対策は必須です。

賃貸の場合は、所有者から修理費用を請求される可能性もあるため、十分に対策しておきましょう。

1.凍結予防ヒータと自動ポンプで凍結防止

リンナイのガス給湯器には、多彩なラインアップがあります。その中には、凍結を防止するための「凍結予防ヒーター」と「自動ポンプ運転機能」が搭載されている機種があり、外気温が下がると自動的に運転が開始します。

凍結予防ヒータは機器内を保温し、自動ポンプ運転機能は残り湯を機器内に循環させることで凍結を防止します

ちなみに、自動ポンプ運転は、残り湯の水位を循環口よりも5cm以上上に保つ必要があります。寒い日は、お風呂のお湯を抜かないで残しておきましょう。

ただし、外気温が-15度以下など、極端に寒い日はこの対策だけでは不十分です。以下で紹介している対策も同時に行いましょう。

「凍結予防ヒーター」と「自動ポンプ運転機能」が搭載されているガス給湯器が気になる方は、リンナイ公式サイトから商品情報を確認しましょう。

2.給湯栓から水を流して凍結防止

水は流れていると凍りにくくなるため、蛇口から水を流しっぱなしにするだけでも凍結防止につながります

手順は以下の通りです。

  1. リモコンの運転スイッチを切る
  2. 1分間に400ミリリットルの水を浴槽に流す

3.水抜きで凍結防止

ガス給湯器の水抜きも凍結防止策として有効です。

水抜きを行う場合は、給湯側→風呂側の順で行うようにしましょう。

【給湯側の水抜き】

  1. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. ガス栓を閉める
  3. 給水元栓を閉める
  4. 給水栓(蛇口)をすべて開ける ※シャワー・洗面蛇口等も含む
  5. 給水水抜き栓・給湯水抜き栓を開ける

【風呂側の水抜き】

  1. ガス栓が閉めてあることを確認
  2. 給水元栓がしめてあることを確認
  3. 浴槽の水を完全に抜く
  4. 浴槽リモコンの運転スイッチを「入」にする
  5. 追い焚きスイッチを押して循環口から水が出てくることを確認
  6. 排水が止まったら追い焚き運転を中止し、再度追い焚きスイッチを押して排水運転を行い、約1分間そのままにしておく
  7. 風呂往水抜き栓・風呂戻水抜き栓・ポンプ水抜き栓抜・風呂水抜き栓を開ける
  8. 中和器水抜き栓を開ける
  9. 電源プラグを抜く

水抜きした給湯器を再度使用する場合は、以下の手順で通水を行ってください。

【給湯側の通水】

  1. 給水栓(蛇口)をすべて閉める ※シャワー・洗面蛇口等も含む
  2. 給水水抜き栓・給湯水抜き栓を閉める
  3. 中和器水抜き栓を閉める
  4. 給水元栓を前回にする
  5. 給水栓を開け通水を確認したら閉める

【風呂側の通水】

  1. 風呂往水抜き栓・風呂戻水抜き栓・ポンプ水抜き栓抜・風呂水抜き栓を閉める
  2. 電源プラグをコンセントに差し込む
  3. リモコンの運転スイッチが「切」になっていることを確認し、ガス栓を全開にする
  4. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  5. 運転スイッチランプ・表示画面が点灯した後に自動スイッチを押すと自動的に注水される
  6. 再度自動スイッチを押すと自動湯はりが中止される

上記は、RUF-E2400AWの場合を一例としてご紹介しました。

水抜きの手順は機種によって異なる可能性があるため、詳しくは取扱説明書をご覧ください。

 

リンナイの給湯器が凍結する原因は?

給湯器が凍結する主な原因は、配管内の水が凍ることです。さらに、配管内の水が滞留していると、外気温の影響で配管内の水が凍結しやすくなります。

特に、給湯器より外に露出している配管は凍結に弱いとされています。リンナイでは凍結を避けるため、ヒーターの使用や水抜きなどの措置を薦めています​。

 

リンナイの給湯器が凍結したら?

リンナイの給湯器が凍結してしまった場合は、リモコンの電源を切って自然に解凍されるまで待つようにしましょう

配管に熱湯をかけて溶かそうとする方も多いですが、配管を破損してしまう恐れがあるため絶対にやめてください。

自然に解凍されて水が出るようになったら、給湯器や配管から水漏れをしていないかチェックしましょう。

水漏れが起きている場合、配管が破損している可能性があります。凍結による破損は保証期間内でも有償修理となるため注意が必要です。

 

リンナイ給湯器・冬に多いトラブル

この章では、リンナイの給湯器で冬に多いトラブルを紹介します。

「故障かも?」と思っても正常である場合も多いので、修理を依頼する前に一度チェックしてみてください。

リモコンに雪だるまのマークが表示される

浴室リモコンに「雪だるまのマーク」が表示されているのは、凍結防止のため自動ポンプ運転が作動しているからです。

給湯器が外気温3度未満を検知すると、凍結を防止するために自動ポンプ運転が作動します。

ちなみに、台所・増設リモコンには「凍結予防」の文字が表示されます。

燃焼中(炎)のマークが表示される

ガス給湯器は、暖房やお湯を使っているときに燃焼中(炎)のマークが表示されます。

しかし、暖房やお湯を使っていないのに、燃焼中(炎)のマークが表示される場合があります。

これは、凍結を予防するために給湯器が自動で燃焼しているからです。

上で解説した場合と同様に、給湯器が外気温3度未満を検知すると自動で作動します。故障ではないため心配ありません。

お湯が出ない

お湯が出なくなってしまった場合、水道から蛇口までの配管で凍結が発生している可能性があります。

故障ではないため、自然に解凍するまで待つと問題なく使用できるようになります。

リンナイ給湯器の取扱店に修理や点検を依頼すると、給湯器が壊れていなかったとしても出張料がかかります。そのため、焦らず様子を見ることも大切です。

また、温水が出ないだけでなく、ガスコンロ・ガスストーブ・ガスファンヒーター・ガス炊飯器・ガス乾燥機・ガス床暖房・ガス暖炉・ガス衣類乾燥機など、他のガス器具もすべて使えない場合は、ガスが止まっているだけかもしれません。安全装置が作動してガスが止まっている場合は、ガスメーターにある黒いキャップを外して中にあるボタンを押してガスの復帰作業をすれば使えるようになります。

賃貸にお住まいでガスメーターの場所がわからない方は、物件の所有者に連絡してください。

エラーコード290が表示される

エラーコード290の意味は以下の通りです。

エラーコード290が表示された

ー給湯器内部の部品(中和器、その排水チューブ)で異常を検知した際に表示されます。

引用:https://www.rinnai.co.jp/notice/freeze/

高効率給湯器は、燃焼時に発生した結露の水を中和器で処理し、排水しています。そのため、中和器や排水チューブ内で水が凍結した場合、エラーコード290が表示されます。

こちらも、お湯が出ない場合と同様に、自然に解凍されれば問題なく使えるようになります。

 

リンナイ給湯器のトラブルはミズテックへ

本記事では、リンナイ給湯器の凍結防止策や、凍結した場合にどうすれば良いかなどを詳しく解説しました。

給湯器の凍結防止策は以下の通りです。

  1. 凍結予防ヒータと自動ポンプを利用する
  2. 給湯栓から水を流して水を循環させる
  3. 水抜きを行う

上記の対策を取ることで、リンナイ給湯器の対策を防げる可能性は高まります。

万が一凍結してしまった場合でも、自然に解凍するまで待てば問題なく使用できます。

ただし、「凍結後に給湯器から水漏れしている」などのトラブルが発生した場合は、お気軽にミズテックへご相談ください。(賃貸の場合は、まず物件の管理会社や所有者にご連絡ください)

ミズテックは、ガス給湯器だけでなく、ハイブリッド給湯器のエコワン(eco one)やエコキュートのトラブルにも対応しています。

ミズテックは、製品&工事に10年間の保証期間を用意しています。給湯器の交換を検討中の方は、お気軽にお問合せください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ