給湯器から水漏れ!原因と対処法。修理が必要な目安は?どこに連絡する?

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      ガス給湯器の水漏れは放置すると危険!

      給湯器から水が出ていると「水漏れ?故障?」と思われるかもしれませんが、必ずしも不具合ではない場合もあります。

      ガス給湯器には本体内の圧力を下げるため、水抜きする機能が付いています。この水抜きによって水滴が垂れているのであれば、問題ありません。

      いっぽう故障による水漏れであれば、放置すると給湯器内部の部品がサビたり腐食したりする恐れがあります。そのまま利用し続けると、重大な事故に発展することも考えられます。

      本記事では、ガス給湯器の水漏れの対処方法や原因、修理の目安や相場について解説します。給湯器からの水漏れを発見した方は、対応の参考にしてください。

      ガス給湯器からの水漏れの原因

      まずは、水漏れの原因からご紹介します。

      給湯器内部の部品や配管が劣化・破損していると、通水したときに水か漏れます。いっぽう、給湯器の正常な作動によって水滴が垂れていることもあります。

      後述の内容を参考に、まずは原因が何か検討してみましょう。

      原因1:水抜き栓からの水抜き

      ガス給湯器は、以下の目的で水抜きすることがあります。よって、ガス給湯器には水抜き栓が設けられていて、そこから水滴が垂れている場合はほぼ故障ではありません。

      • 点検するために配管内にある水を抜く
      • 凍結による配管損傷を防ぐため水を抜く
      • 給湯器内部の圧力を下げるために水を抜く

      内圧が高くなったガス給湯器は、加圧防止安全装置付きの水抜き栓から水を排出して圧力を下げようとします。

      このケースは、しばらく使ってみて水漏れが止まるようであればほぼ問題ありません。

      原因2:給湯器内部の部品劣化

      給湯器内部の部品劣化により、漏水することがあります。よくある原因を、いくつかご紹介しましょう。

      • パッキンの劣化による漏水
      • 経年劣化による配管(銅管)の穴あきによる漏水
      • 熱交換器の経年劣化に伴う破損による漏水
      • 暖房機能付き給湯器の給水機の破損による漏水

      上述の水漏れは、いずれの場合も部品交換(場合によっては本体交換)が必要です。

      なおパッキンとは水漏れを防ぐためのゴム状部材のことで、部品どうしの接合部分で使われます。パッキンが劣化すると、硬化して効力を失い水漏れが起きます。

      給湯器の利用期間が長い場合は、各所のパッキンが同程度に劣化していると考えられます。漏水箇所以外のパッキンも、交換が必要か確認するとよいでしょう。

      原因3:配管の破裂

      凍結によりガス給湯器の配管が破裂し、解凍したのちに水漏れを起こすことがあります。

      配管内に溜まっている水が凍ると、膨張して配管を破裂させることがあります。氷点下で起こった水漏れは、まず凍結による配管の破裂が疑われます。

      「凍結」と聞いて「うちは寒冷地ではないから、大丈夫」と油断してはいけません。凍結による配管の破裂は、むしろ暖かい地域でよく起こるのです。

      寒冷地では、そもそも配管に凍結防止措置が取られています。危ないのは、夜間ごくまれに氷点下になる地域です。

      原因4:初期不良・施工不良

      給湯器を製造する過程のトラブルや運送中の破損、据え付ける際の施工不良が原因で漏水するケースもあります。

      このような漏水では、ほとんどの場合、給湯器を設置してから間もなく水漏れを起こします。ただし、何年か利用するうちにトラブルが顕在化して水漏れを起こすケースもあるので注意が必要です。

      少なくとも保証が切れる前に一度は目視点検してみて、漏水の形跡があるようならメーカーに連絡することをおすすめします。保証期間内であれば、無償で修理してもらえます。

      ガス給湯器から水漏れしたときの対処法

      つづいて、水漏れを発見した際の対処方法をご紹介します。

      水漏れしたときの対処手順

      給湯器から水が漏れているのを発見したら、以下の手順で対応してください。

      1. 給湯器を止める
      2. どこから水漏れが発生しているか確認
      3. 給水栓を閉める
      4. 給湯器の専門事業者に点検・修理依頼

      給湯器から水漏れを発見したら、まずは水栓を締めて給湯を止め、リモコンの電源をオフにしましょう。その際、リモコンにエラーコードが表示されているようならメモしておきます。

      次に、可能であれば水漏れのあとをたどり発生個所を特定しましょう。先述のとおり、水抜き栓から水が出ているようなら、そのまま運転を再開して様子をみてください。

      配管の接続部や給湯器本体からの水漏れであれば、給湯器の使用を中止して給湯器事業者に連絡してください。

      給湯器の使用を中止しても漏水が止まらない場合は、給湯器の給水栓を閉めましょう。とくに、マンションやアパートは速やかに止水してください。放置すると階下にご迷惑がかかります。

      自分(DIY)で修理しても大丈夫か?

      配管の穴を塞いだりパッキンを交換したりする程度なら、自分で修理したくなる方もおられるでしょう。

      ですが、ガス給湯器は取り扱いが難しく、資格や知識のない方が修理・交換をおこなうのは非常に危険です。

      命に係わることですので、専門業者に依頼することをお勧めします。

      ガス給湯器の水漏れ点検・修理が必要な目安は?

      ガス給湯器が漏水したときの「修理や点検が必要かどうか判断する目安」について、もう少し詳しく解説します。

      水抜き栓以外からの水漏れ

      水抜き栓以外から水漏れしている場合は、部品の劣化や故障が考えられます。できるだけ早くガス給湯器事業者に連絡してください。

      とくに、屋内型ガス給湯器の内部から漏水している場合は要注意です。古いタイプは不完全燃焼を防ぐ安全装置が付いていないので、一酸化炭素中毒の原因になることも考えられます。

      「屋外型なら大丈夫だろう」と過信するのも禁物です。屋外型給湯器から発生した一酸化炭素で中毒を起こした例もあります。

      参考1:兵庫県における一酸化炭素中毒事故について
      参考2:[都市ガス]東京都内で一酸化炭素中毒事故(軽症1名)が発生しました

      上述の事故は原因不明ですが、水漏れによってバーナーが不完全燃焼を起こすことも考えられます。

      水抜き栓以外からの水漏れは、安全が確認できるまで使用は控えると同時に、放置せず速やかにガス給湯器事業者の点検を受けてください。

      なお、事業者の点検を受けると、たとえ不良がみつからなくても出張点検料がかかります。

      10年以上使用している

      10年以上ご利用の給湯器は、他の箇所も劣化しているので次々と故障が発生することが予想されます。点検修理より、交換を検討したほうがよいタイミングでしょう。

      そもそも、修理したくても部品がないかもしれません。メーカーが修理用部品を保有している期間は、製造打ち切りから7年(非BL品)ないし10年(BL品)以内です。

      メーカー名 修理用部品保有期間
      Rinnai(リンナイ) BL品:製造打ち切りから10年
      非BL品:製造打ち切りから7年
      NORITZ(ノーリツ) BL品:製造打ち切りから10年
      非BL品:製造打ち切りから7年
      Paloma(パロマ) BL品:製造打ち切りから10年
      非BL品:製造打ち切りから7年
      PURPOSE(パーパス) BL品:製造打ち切りから10年
      非BL品:製造打ち切りから7年

      表中の「BL」とは、財団法人ベターリビング(国土交通省所管)が認定をおこなっている制度のことです。「BL」認定を受けた給湯器は、一般品に比べ保証期間や修理対応期間が長くなります。

      修理または交換の判断基準については、以下の記事でも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

      給湯器が故障!修理と交換どちらがいい?判断基準を費用と時間を含めて解説

      ガス給湯器の水漏れ修理の費用相場(目安)

      ガス給湯器の水漏れ修理の費用目安も、ご紹介しておきましょう。

      ガス給湯器の水漏れ修理は、パッキンの交換であれば5千円~1万円程度(部品代:数百円、技術料・出張料:5,000~6,000円程度)で済みます。

      パッキンの劣化以外が原因で大掛かりな修理が必要になった場合は、おおよそ以下の費用がかかります。

      電装系 7,000~45,000円程度
      安全装置 7,000~38,000円程度
      水量制御系 9,500~38,000円程度
      燃焼系 14,000~43,000円程度

      ガス給湯器の修理費用については、以下の記事でも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

      給湯器の修理費用の相場は?どこに依頼するのが安い?

      ガス給湯器の水漏れ修理はどこに連絡する?

      最後に、ガス給湯器の水漏れ修理の連絡先をご紹介します。

      まず、賃貸住宅にお住まいの場合から。給湯器の所有者は大家さんですので、勝手に修理できません。大家さんか管理会社に連絡して修理してもらいましょう。

      自己所有の一戸建てや分譲マンションにお住まいの場合は、自分で修理業者を手配します。以下にご紹介する給湯器の専門事業者に連絡しましょう。

      給湯器メーカー 提携する給湯器事業者が修理をおこなう。安心感はあるが割高。
      ガス供給事業者 都市ガス配管事業者やLPガス事業者。提携する給湯器事業者が修理をおこなう。安心感はあるが割高。
      給湯器事業者 給湯器の販売や設置をおこなう事業者。低価格だが、信頼できる事業者を探す必要あり。

      もしあなたが迅速かつリーズナブルに給湯器の修理・交換をしたいのであれば、給湯器事業者がおすすめです。

      ただし給湯器事業者の中には、交換はできても修理はできない業者もあります。給湯器の修理や交換を依頼されるときは、両方対応できる事業者を選ぶとよいでしょう。

      弊社(ミズテック)は、修理も交換も対応できます。交換では本体と施工それぞれに10年保証を付けており、お陰様でお客様からの満足度は「97.7%」をいただいております。

      神奈川県大和市を拠点に、北関東から九州まで1都1府23県対応。最短30分で訪問可能です。LINE・メール・お電話でお問い合わせいただけますので、ぜひお気軽にご相談ください。