ガス給湯器から水漏れ!どこに連絡?修理代の相場、応急処置の方法

ガス給湯器から水漏れが発生したときの連絡先や応急処置方法水漏れの原因修理の相場について解説します。給湯器からの水漏れを発見した方は、対応の参考にしてください。給湯器から水が漏れているのを発見したら、戸惑いますよね。「だましだまし使えそうだけど、大急ぎで修理する必要がある?」と、対応に迷う方も少なくないでしょう。じつは、給湯器からの水漏れは必ずしもトラブルではない場合もあります。とは言え、故障による水漏れなら、そのまま利用し続けると、重大な事故に発展することも考えられます。ご心配な方は、できるだけ早く修理業者にご相談ください。弊社ミズテックでは修理も承っております。お気軽にお問い合わせください。「まずは状況を把握したい」という方は、このまま本稿をご覧ください。

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      ガス給湯器の水漏れ修理はどこに連絡する?

      ガス給湯器の水漏れ修理はどこに連絡する?

      ガス給湯器から水漏れが発生したときの連絡

      さっそく、ガス給湯器の水漏れ修理の連絡先からご紹介します。

      まず、賃貸住宅にお住まいの場合から。給湯器の所有者は大家さんですので、勝手に修理できません。大家さんか管理会社に連絡して修理してもらいましょう。

      自己所有の一戸建てや分譲マンションにお住まいの場合は、自分で修理業者を手配します。以下にご紹介する給湯器の専門事業者に連絡しましょう。

      給湯器メーカー 提携する給湯器事業者が修理をおこなう。安心感はあるが割高。
      ガス供給会社 都市ガス配管事業者やLPガス事業者。提携する給湯器事業者が修理をおこなう。安心感はあるが割高。
      給湯器事業者 給湯器の販売や設置をおこなう事業者。低価格だが、信頼できる会社を探す必要あり。

      もしあなたが迅速かつリーズナブルに給湯器の修理・交換をしたいのであれば、給湯器事業者がおすすめです。

      ただし給湯器事業者の中には、交換はできても修理はできない業者もあります。給湯器の修理や交換を依頼されるときは、両方対応できる事業者を選ぶとよいでしょう。

      弊社ミズテックは、修理も交換も対応可能です。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

      給湯器水漏れ修理・交換ならミズテックに相談

      給湯器の水漏れ放置は危険!早めの対処が必要

      給湯器の水漏れ放置は危険!早めの対処が必要

      給湯器の水漏れは、よく発生するトラブルのひとつです。水漏れが発生すると、機器の濡損(じゅそん)だけでなく二次被害が発生する危険性もあり、早期の対処が必要です。

      まんがいち水漏れの発見が遅れ放置状態が続くと、機器内部の故障箇所が増え、修理費用が高くなります。不完全燃焼や火災発生のリスクも高まり、人命を脅かす事故に発展しかねません。

      水漏れを放置した場合の危険性について、詳しくご紹介します。

      不完全燃焼と一酸化炭素中毒

      給湯器の水漏れで一番に警戒しなければならない危険性は一酸化炭素(CO)中毒症状を引き起こすことです。

      一酸化炭素が発生する原因

      給湯器内部では、幾つかのバーナーが点火してお湯を瞬時に作り出していますが、内部部品の経年劣化などで水漏れが発生し、燃焼室内のバーナー部に滴下すると燃焼に必要な酸素が十分に供給されず不完全燃焼を起こし一酸化炭素を発生させる可能性があります。

      長期間に渡り一酸化炭素を発生させると、燃焼室内に煤(すす)が蓄積し、ガスが燃焼したときに発生する排ガスの排気不良が引き起こされて高濃度の一酸化炭素が発生する恐れがあります。

      豆知識!
      都市ガスやプロパンガスは無臭のガスで、万が一ガスが漏れた場合に気が付きやすいように匂いが付けられており、ガスそのものは人体に害はありません。

      一酸化炭素の吸入による体調の変化

      一酸化炭素は、無色無臭の毒性の強い気体で、空気中の濃度が0.02%以上に上昇して吸入すると気がつかないうちに軽い頭痛や吐き気、失神を引き起こし、最悪は意識不明となり死に至ることもある大変危険な気体です。

      また、一酸化炭素濃度や吸入時間、呼吸数、年齢などによって症状が異なります。

      <参考>

      空気中濃度(%) 吸入時間 主な症状
      0.02% 2~3時間 軽度の頭痛
      0.04% 1~2時間 前頭痛
      2.5~3.5時間 後頭痛
      0.08% 45分 頭痛、めまい、吐き気
      2時間 失神
      0.16% 20分 頭痛、めまい、吐き気
      2時間 失神
      0.32% 5~10分 頭痛、めまい
      30分 致死
      0.64% 1~2分 頭痛、めまい
      10~15分 致死
      1.28% 1~3分 死亡

       

      給湯器の安全装置

      給湯器には、屋内設置型と屋外設置型の2種類があります。屋内設置型給湯器は、不完全燃焼防止装置の搭載が平成元年に義務化され、万が一不完全燃焼が検知された場合は、安全装置が働き自動的に停止させます。

      しかし、安全装置も言わば機械部品であるため、不具合が発生して正常に作動しない可能性も否定できません。そのため安全装置が付いているからと機能を過信せず、水漏れが確認できる場合は、即刻給湯器の使用を中止し、業者による点検を受けることを強くおすすめします。

      また、屋外で給排気をおこなう屋外設置型給湯器は、屋内設置型とは給湯器の設置場所や給排気方式が異なるため、不完全燃焼によるリスクは少ないと言えますが、屋外設置である観点から水漏れに気が付きにくく、不完全燃焼防止装置が付されていないことに留意しておく必要があります。

      ショートと発火

      給湯器の水漏れによって電気系統に水が滴下した場合、ショートの影響で発火を引き起こす可能性があります。

      ショートして発火を起こす原因

      給湯器の頭脳となる電装基盤は、水や埃が容易に侵入できないようにカバーがなされています。しかし、水漏れする場所や水量によっては水が浸入することがあります。

      原因は内部部品の経年劣化以外に、強風を伴う強雨の悪天候下で、排気口や給湯器本体の腐食箇所からの雨水侵入が挙げられます。

      明らかに悪天候が原因であると考えられる場合は、一時的なエラーで時間の経過とともに復旧する可能性があります。

      豆知識!
      給湯器の内部は、電化製品と同様に、電装基盤による制御がおこなわれています。

      給湯器の安全装置

      万が一給湯器内部で水漏れが発生しショートした場合は、安全装置が働き自動的に停止させます。しかし、安全装置の不具合などによって装置が働かない場合は、発火の危険性が高まり、水漏れの場所によっては、更なる二次災害も懸念されます。

      給湯器からの水漏れが確認できる場合は、即刻給湯器の使用を中止し、業者による点検を受けることを強くおすすめします。

      階下への浸水

      屋内設置型給湯器で水漏れが発生した場合、床へ滴下して被害が拡大する可能性があります。特にアパートやマンションなどの集合住宅では、水漏れの発見が遅れる、また水漏れを放置していると階下へ水が浸入する二次被害をもたらしかねません。

      また、給湯器本体からの水漏れだけとは限らず、配管から水漏れが発生することもあります。目視で確認できる露出配管であれば直ぐに水漏れに気が付くことができますが、目視確認ができない壁面内に配管が通されていることがあります。

      お湯を使用している時に周囲で水が滴り落ちる音がする場合は、給湯器に繋がる配管からの水漏れの可能性があるため、給湯器の使用を中止しましょう。お住まいが賃貸住宅の場合は、管理者へ相談して下さい。

      ガス給湯器の水漏れ修理の費用相場(目安)

      ガス給湯器の水漏れ修理の費用相場

      ガス給湯器の水漏れ修理の費用目安も、ご紹介しておきましょう。

      給湯器の水漏れ修理代は、ゴムパッキンの交換のみで比較的少額で済む場合や、熱交換器や電装基盤の交換、複数箇所の部品の交換で高額となる場合など状況によって様々です。

      また、給湯器のみの修理代だけとは限らず、万が一階下へ水漏れした場合など、被害が拡大した分だけ修繕費用がかかります。

      水漏れは進行度合いによって修理よりも交換したほうが得策の場合もあります。10年以上給湯器を使用している場合や、複数箇所の修理が必要などで修理費用が高額となる場合は給湯器の交換も視野に入れておくことをおすすめします。

      1、修理費用

      修理費用にかかる項目は、一般的に下記の項目で構成されています。

      ■修理を実施した場合
      部品代+技術料+出張費
      ■故障診断のみで修理を実施しなかった場合
      故障診断料+出張費

      例えば、配管を接続しているゴムパッキン(Oリング)の交換の場合は、部品代は数百円程度+技術料+出張費で概ね5,000円~6,000円程度です。

      機種によって異なりますが熱交換器や電装基盤の交換は、部品代だけでも目安として最低10,000円以上はかかり、技術料+出張費で数万円と高額になります。

      <修理費用相場一覧>※あくまで目安です。

      修理箇所 項目別 一般的な費用相場

      電装系

      ・部品代:2,000円~30,000円程度
      ・技術料:3,000円~12,000円程度
      ・出張費:2,000円~3,000円程度
      7,000~45,000円程度
      安全装置 ・部品代:2,000円~20,000円程度
      ・技術料:3,000円~15,000円程度
      ・出張費:2,000円~3,000円程度
      7,000~38,000円程度
      水量制御系 部品代:200円~20,000円程度
      技術料:5,000円~15,000円程度
      出張費:2,000円~3,000円程度

      9,500~38,000円程度

      燃焼系

      ・部品代:7,000円~25,000円程度
      ・技術料:5,000円~15,000円程度
      ・出張費:2,000円~3,000円程度
      14,000~43,000円程度

      2、交換費用

      交換費用にかかる項目は、一般的に下記の項目で構成されています。

      • 商品代
      • 標準工事費
      • 標準工事費以外の工事費

      商品代は、給湯器本体やリモコン本体の代金です。

      標準工事費は給湯器の交換に必要な標準的な工事の費用であり、以下の項目があげられます。

      項目 内容
      機器撤去処分費 現在お使いの給湯器の撤去作業と機器処分費用
      機器設置工事費 交換機器を設置する費用
      配管接続費 給湯器本体と接続するガス・給湯・給水配管の接続費用
      保温復旧費 配管の凍結を防ぐ保温材の取り付け費用
      試運転調整費 給湯器やリモコンの試運転にかかる費用

      標準工事費以外の工事費は、上記標準工事にかかる項目以外の工事費用で、以下の項目が標準工事以外の内容として挙げられます。

      項目 内容
      搬入費・足場設置費 高層階での設置作業にかかる費用
      壁貫通工事費 おいだき配管を浴槽へ通すための壁の貫通工事にかかる費用
      配管・雑資材費 配管やガス栓などの資材交換にかかる費用
      電源コンセント増設費 給湯器電源コンセントの位置変更や設置にかかる費用
      オプション追加費 配管カバーや排気カバーなどの設置にかかる費用

      給湯器の交換費用は、設置する給湯器の種類や設置周辺の環境、使用部材などによって大きく異なります。

      <交換費用相場>※あくまで目安です。

      給湯器 商品代
      (本体+リモコン)
      標準工事費 標準工事費以外の工事費※3 費用相場
      16号
      給湯※1
      53,000~105,000円 38,000~80,000円 10,000~30,000円
      別途足場が必要となる場合はプラス50,000円以上
      91,000~185,000円
      16号
      ふろ※2
      110,000~150,000円 158,000~240,000円
      20号
      給湯※1
      68,000~110,000円 106,000~190,000円
      20号
      ふろ※2
      130,000~160,000円 178,000~250,000円
      24号
      給湯※1
      78,000~110,000円 116,000~190,000円
      24号
      ふろ※2
      150,000~170,000円 198,000~260,000円

      ※1 お湯のみ出湯するタイプの給湯専用給湯器
      ※2 自動湯はりやおいだきのできるタイプのふろ給湯器(オート・フルオート)
      ※3 設置に際して必要に応じて想定される工事費

      ガス給湯器の修理費用については、以下の記事でも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

      今すぐ概算費用が知りたい方は、こちらの「かんたん概算料金チェック」をご利用ください。無料で、修理・交換の概算料金がわかります。

      かんたん概算料金チェック

      ご検討内容  
      ※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
      お住まいの都道府県
      お住まいの人数
      ご希望の商品  
      ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
      概算見積ありがとうございます!
      オペレーターより正式な見積を希望しますか?

        氏名
        お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

          氏名
          メールアドレス
          こちらより友達追加後、
          見積希望とお知らせください。
          見積希望を受け付けました!

          ガス給湯器から水漏れしたときの応急処置方法

          ガス給湯器から水漏れしたときの応急処置方法

          つづいて、水漏れを発見した際の対処方法をご紹介します。

          水漏れしたときの対処手順

          給湯器から水が漏れているのを発見したら、以下の手順で対応してください。

          1. 給湯器を止める
          2. どこから水漏れが発生しているか確認
          3. 給水栓を閉める
          4. 給湯器の専門事業者に点検・修理依頼

          給湯器から水漏れを発見したら、まずは水栓を締めて給湯を止め、リモコンの電源をオフにしましょう。その際、リモコンにエラーコードが表示されているようならメモしておきます。

          次に、可能であれば水漏れのあとをたどり発生個所を特定しましょう。水抜き栓から水が出ているようなら、そのまま運転を再開して様子をみてください。

          配管の接続部や給湯器本体からの水漏れであれば、給湯器の使用を中止して修理事業者に連絡してください。

          給湯器の使用を中止しても漏水が止まらない場合は、給湯器の給水栓を閉めましょう。とくに、マンションやアパートは速やかに止水してください。放置すると階下にご迷惑がかかります。

          自分(DIY)で修理しても大丈夫か?

          配管の穴を塞いだりパッキンを交換したりする程度なら、自分で修理したくなる方もおられるでしょう。

          ですが、ガス給湯器は取り扱いが難しく、資格や知識のない方が修理・交換をおこなうのは非常に危険です。

          駆けつけ隊
          駆けつけ隊
          命に係わることですので、専門業者に依頼することをお勧めします。

          ガス給湯器からの水漏れの原因

          ガス給湯器からの水漏れの原因

          水漏れの原因についても、詳しくご紹介しておきましょう。水漏れ箇所を特定するときの参考にしてください。

          給湯器内部の部品や配管が劣化・破損していると、通水したときに水か漏れます。いっぽう、給湯器の正常な作動によって水滴が垂れていることもあります。

          後述の内容を参考に、まずは原因がどこにあるのか検討してみましょう。

          原因1:水抜き栓からの水抜き

          ガス給湯器は、以下の目的で水抜きすることがあります。よって、ガス給湯器には水抜き栓が設けられていて、そこから水滴が垂れている場合はほぼ故障ではありません。

          • 点検するために配管内にある水を抜く
          • 凍結による配管損傷を防ぐため水を抜く
          • 給湯器内部の圧力を下げるために水を抜く

          内圧が高くなったガス給湯器は、加圧防止安全装置付きの水抜き栓から水を排出して圧力を下げようとします。

          このケースは、しばらく使ってみて水漏れが止まるようであれば、ほぼ問題ありません。

          駆けつけ隊
          駆けつけ隊
          水抜き栓から落ちる水が長時間止まらない、あるいは量が多いと感じる場合は業者に点検を依頼してください。

          原因2:給湯器内部の部品劣化

          給湯器内部の部品劣化により、漏水することがあります。よくある原因を、いくつかご紹介しましょう。

          • パッキンの劣化による漏水
          • 経年劣化による配管(銅管)の穴あきによる漏水
          • 熱交換器の経年劣化に伴う破損による漏水
          • 暖房機能付き給湯器の給水機の破損による漏水

          上述の水漏れは、いずれの場合も部品交換(場合によっては本体交換)が必要です。

          なおパッキンとは水漏れを防ぐためのゴム状部材のことで、部品どうしの接合部分で使われます。パッキンが劣化すると、硬化して効力を失い水漏れが起きます。

          給湯器の利用期間が長い場合は、各所のパッキンが同程度に劣化していると考えられます。漏水箇所以外のパッキンも、交換が必要か確認するとよいでしょう。

          原因3:凍結による配管の破裂

          凍結によりガス給湯器の配管が破裂し、解凍したのちに水漏れを起こすことがあります。

          配管内に溜まっている水が凍ると、膨張して配管を破裂させる原因になります。氷点下で起こった水漏れは、まず凍結による配管の破裂が疑われます。

          「凍結」と聞いて「うちは寒冷地ではないから、大丈夫」と油断してはいけません。凍結による配管の破裂は、むしろ暖かい地域でよく起こるのです。

          駆けつけ隊
          駆けつけ隊
          寒冷地では、そもそも配管に凍結防止措置が取られています。危ないのは、夜間ごくまれに氷点下になる地域です。

          凍結による水漏れの対応方法

          凍結による水漏れは、業者で対応しなければ修復できないケースとセルフで対処できるケースがあります。どちらの場合も、まずは給水配管のバルブを閉じて水の流れを止めておきます。

          業者対応 配管の変形や破損が認められる場合、給湯器は使用せず、業者による修復または新しい配管との交換が必要です。
          セルフ対応 配管の変形や破損がない場合、1)給湯器接続部の金具(ナット)の増し締めで修復、2)接続部分に使用されているゴムパッキンを新しいものと交換して修復できる場合があります。

          上記「セルフ対応」の1、2の範囲であれば資格なしで作業できます。それ以外の作業は、しかるべき資格を保有していない方の作業は厳禁です。

          また、凍結によって配管を損傷させないためには、ご自身で予防策を講じることも大切です。

          配管凍結予防策

          配管凍結予防策を、ふたつご紹介します。

          1. 給水・給湯・おいだき配管に保温材を巻く
          2. 給湯栓から水を少量出しっぱなしにしておく

          保温材は、予め配管の長さを計測して、必要な長さのものをホームセンターなどで購入しておきます。各配管の長さに合わせて切った保温材を、ビニールテープで配管に巻き付ければOKです。

          氷点下になりそうなときは、少量の水を出した状態にしておくことで、配管や給水元栓などの凍結予防ができます。手順は、以下のとおりです。

          1. リモコンの電源を「切」にする
          2. お風呂の給湯栓を開いて少量の水を流したままにしておく

          出しっぱなしにする水量は、太さ4mm程度が目安です。この量なら、給湯器のバーナーが着火しない程度の水量ですので、お湯になりません。

          駆けつけ隊
          駆けつけ隊
          サーモスタッド付き混合水栓を使用している場合は、水栓レバーを最高温度に設定してください。

          また、自動湯はり機能を備えた給湯器をお使いの場合は、おいだき配管の凍結予防も可能です。お使いの機種によって方法が異なるため、詳しくは取り扱い説明書で確認して下さい。

          給湯器内部の凍結による水漏れ

          給湯器内部は、凍結予防ヒーターが搭載されており、外気温によってヒーターが作動する仕組みとなっています。

          しかし、賃貸住宅などで長期間不在となる場合にブレーカーが落とされる、また給湯器の電源プラグが抜かれた状態ではヒーターが不作動となり給湯器内部が凍結する場合があります。

          給湯器の内部が凍結した場合、熱交換器などが破裂して水漏れを起こすことがあります。給湯器の凍結による内部の破裂は、以下の対処法で防止することができます。

          1. 凍結が予測される場合は、電源プラグを抜かない
          2. 長期間不在にする場合は、水抜き栓を開いて給湯器内部の水を抜いておく

          原因4:初期不良・施工不良

          給湯器を製造する過程のトラブルや運送中の破損、設置する際の施工不良が原因で漏水するケースもあります。

          このような漏水では、ほとんどの場合、給湯器を設置してから間もなく水漏れを起こします。ただし、何年か利用するうちにトラブルが顕在化して水漏れを起こすケースもあるので、注意が必要です。

          少なくとも保証が切れる前に一度は目視点検してみて、漏水の形跡があるようならメーカーに連絡することをおすすめします。保証期間内であれば、無償で修理してもらえます。

          ガス給湯器の水漏れ点検・修理が必要な目安は?

          ガス給湯器の水漏れ点検・修理が必要な目安は?

          つづいて、ガス給湯器が漏水したときの「修理や点検が必要かどうか判断する目安」について詳しく解説します。

          水抜き栓以外からの水漏れ

          水抜き栓以外から水漏れしている場合は、部品の劣化や故障が考えられます。できるだけ早くガス給湯器事業者に連絡してください。

          とくに、屋内型ガス給湯器の内部から漏水している場合は要注意です。古いタイプは不完全燃焼を防ぐ安全装置が付いていないので、一酸化炭素中毒の原因になることも考えられます。

          「屋外型なら大丈夫だろう」と過信するのも禁物です。屋外型給湯器から発生した一酸化炭素で中毒を起こした例もあります。

          上述の事故は原因不明ですが、水漏れによってバーナーが不完全燃焼を起こすことも考えられます。

          水抜き栓以外からの水漏れは、安全が確認できるまで使用は控えると同時に、放置せず速やかにガス給湯器事業者の点検を受けてください。

          なお、事業者の点検を受けると、たとえ不良がみつからなくても出張点検料がかかります。

          10年以上使用している

          10年以上ご利用の給湯器は、他の箇所も劣化しているので次々と故障が発生することが予想されます。点検修理より、交換を検討したほうがよいタイミングでしょう。

          そもそも、修理したくても部品がないかもしれません。メーカーが修理用部品を保有している期間は、製造打ち切りから7年(非BL品)ないし10年(BL品)以内です。

          メーカー名 修理用部品保有期間
          Rinnai(リンナイ) BL品:製造打ち切りから10年
          非BL品:製造打ち切りから7年
          NORITZ(ノーリツ) BL品:製造打ち切りから10年
          非BL品:製造打ち切りから7年
          Paloma(パロマ) BL品:製造打ち切りから10年
          非BL品:製造打ち切りから7年
          PURPOSE(パーパス) BL品:製造打ち切りから10年
          非BL品:製造打ち切りから7年

          表中の「BL」とは、財団法人ベターリビング(国土交通省所管)が認定をおこなっている制度のことです。「BL」認定を受けた給湯器は、一般品に比べ保証期間や修理対応期間が長くなります。

          修理または交換の判断基準については、以下の記事でも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

          給湯器の水漏れ、修理・交換のご相談はミズテックへ

          給湯器の水漏れ、修理・交換のご相談はミズテックへ

          弊社ミズテックは、修理も交換も対応できます。交換では本体と施工それぞれに10年保証を付けており、お陰様でお客様からの満足度は「97.7%」をいただいております。

          神奈川県大和市を拠点に、北関東から九州まで1都1府23県対応。最短30分で訪問可能です。LINE・メール・お電話でお問い合わせいただけますので、ぜひお気軽にご相談ください。

          給湯器水漏れ修理・交換ならミズテックに相談

          給湯器の修理については以下で詳しくご説明しています。ご興味ある方は、あわせてご覧ください。