エコキュートの黒いカス、白いカス、青い水の正体!原因と対処方法

  • エコキュートから出る黒いカスは何?
  • エコキュートから出る白いカスは一体?
  • 浴槽に青い模様や線が…青い水の正体は?

エコキュートは貯湯式。一旦貯湯タンクにお湯を貯めてから使用します。

エコキュートの仕組み

大気の熱を利用するため、エネルギー効率は抜群です。使い方次第ですが、ランニングコストを給湯器の4分の1〜2分の1程度にまで抑えることも可能。

ただ、構造上、貯湯タンクの底は水中の不純物がどうしても溜まってしまいますし、追い焚き配管は使用済みのお湯がグルグル回るため菌が繁殖しやすい環境になります。

エコキュートから出る黒いカスや白いカス、青い水はこれらが原因…。

ここでは、謎の水汚れの原因と人体への影響の有無、対処方法について詳しく解説します。

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
    [anr_nocaptcha g-recaptcha-response]

      氏名
      メールアドレス
      [anr_nocaptcha g-recaptcha-response]
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュートから出る黒いカス・汚れは何?

      ある日突然、

      「お湯張りしてたら黒いカスが出てきた」

      というケースが見られます。しかも何日も続く…。この黒い物体は一体何かとびっくりします。黒い粒々と一緒に湯船に浸かるのは気持ちの良いものではありません。

      エコキュートの黒いカス・汚れの正体は、配管内の汚れ

      エコキュートから出てくる黒いカスの正体は配管内の汚れ。

      「なんで黒いの?カビ?錆?」

      「身体に害はない?放置しても大丈夫なものなの?」

      そんな不安が一気に頭の中を駆け巡りますが、ここは落ち着いて仕組みと原因を確認していきましょう。

      エコキュートの黒いカス・汚れの原因

      黒いカスとは、具体的にどういう汚れなのでしょうか?

      放置しても大丈夫なのか?人体への影響なども気になります。

      黒いカスが溜まる主な場所 汚れの原因 人体への影響
      貯湯タンクの底 ・水中の不純物
      ・劣化したゴム部品
      菌の繁殖による感染症など
      追い焚き配管 ・変色した皮脂汚れ
      ・変色した入浴剤
      ・劣化したゴム部品
      菌の繁殖による感染症など

       

      黒いカスや汚れの原因は、主にエコキュート内部に使用されている劣化したゴム管やゴムパッキンです。

      こちらの図の黄色い配管部分(ふろ配管部材)や、貯湯タンクの底に溜まります。

      貯湯タンクに劣化したゴム部品が蓄積→配管を通り→浴槽やキッチンの蛇口へ

      という流れで我々のもとにやってきます。

      また白い皮脂汚れや入浴剤が黒っぽく変色して、浴槽へ届くケースも多々あります。

      貯湯タンクに溜められているお湯の中の菌はある程度熱処理されていますが、タンクの底に溜まった蓄積物がヘドロ化すると話は別。

      また追い焚き配管は雑菌だらけ。

      劣化ゴムにしろ、皮脂汚れにしろ、入浴剤にしろ、ここを通ってくるのは必至。

      通常身の回りに存在する菌も、免疫力が落ちた体にはアウトです。雑菌だらけのお風呂は感染症を引き起こすこともあるので放置は危険です。

      黒いカス・汚れが出たときの対処方法

      黒いカスや汚れが出てきた時の対処方法は以下のとおりです。

      黒いカスが溜まる主な場所 対処方法
      貯湯タンクの底 水抜き清掃(年に2〜3回程度)
      追い焚き配管 配管洗浄(汚れが目立ってきた時)

       

      沈殿物除去のため貯湯タンクは水抜き清掃を行ないましょう。今後は予防のためにも、年に2~3回ペースでの水抜き清掃をおすすめします。

      黒いカスや汚れが出たときは、配管掃除を行なってみて下さい。

      エコキュートのお掃除方法はこちら

      カビや汚れの対策に!エコキュートの掃除(洗浄)方法簡単解説

      配管掃除は、各メーカーの純正配管洗浄剤もしくは指定の市販洗浄剤(ジョンソン株式会社「ジャバ」1つ穴用)を使って洗浄して下さい。

      「何回ジャバしても汚れが出てくる!」

      「四六時中お風呂の掃除ばかりやっている時間はない!」

      そんな時には専門の業者へ。やはり個人ではどうしても限界があります。

      数年分の汚れをごっそり取ってもらえるなら、掃除にかける時間と手間をお金で買う意味でも検討する価値あり。ピカピカの浴槽と配管で心も体もスッキリします。

      それでもダメな場合、劣化した部品を交換しなければならない事も。こんな時は悩まずにメーカーや専門業者などにご相談されて下さい。

      エコキュートから出る白いカス・汚れは何?

      「エコキュートから白いカス?黒じゃなくて白が出てきた…」

      黒いカス以外に、白いカスもお湯張り時に出てくる場合があります。黒い粒々と一緒にお風呂に入るのも嫌ですが、白いのもご遠慮したいところ。一体このカスは何なのでしょうか?

      エコキュートの白いカス・汚れの正体は、配管内の汚れ

      エコキュートから出てくる白いカスも、配管内の汚れです。原因は様々なので、詳しくみてみましょう。

      エコキュートの白いカス・汚れの原因

      白いといえば、心当たりは皮脂汚れですが、実はこんなものも。

      白いカスが溜まる主な場所 汚れの原因 人体への影響
      貯湯タンクの底 ・水中の不純物 菌の繁殖による感染症など
      追い焚き配管 ・皮脂汚れ
      ・入浴剤
      ・タオルなどの繊維
      菌の繁殖による感染症など
      浴槽 ・タオルなどの繊維 菌の繁殖による感染症など

       

      水中の不純物や皮脂汚れの他、入浴剤やタオルなど繊維のクズも白い汚れの原因です。

      物によっては詰まりや故障の原因になるので、入浴剤はメーカーごとに推奨されている商品が決まっています。ですが、それでも汚れの原因になりやすいので、定期的なメンテナンスが必要です。

      とろみ成分があるなど、メーカー非推奨の入浴剤を使用すると、詰まる頻度や量が増えるので要注意。心当たりがある場合は、入浴剤の再検討が必要かもしれません。

      白いカスや汚れも雑菌だらけです。黒いカス同様、放置はダメ。

      雑菌が原因で体調を崩せば病院に行かねばなりません。

      「放置しなければ良かった…」

      とならないように対処方法を見てみましょう。

      白いカス・汚れが出たときの対処方法

      白いカスや汚れが出てきた時も、対処法は黒いカスの時と同じです。

      白いカスが溜まる主な場所 対処方法
      貯湯タンクの底 水抜き清掃(年に2〜3回程度)
      追い焚き配管 配管洗浄(汚れが目立ってきた時)

       

      洗浄剤を使ってご自身で配管掃除をするか、業者にお願いするか。ご自身でやってみてそれでも汚れが出てくるようなら、プロにお任せした方が早いです。

      エコキュートから出る青い水汚れは何?

      光の波長や浴槽の色で浴槽の中の水が青く見えることがあります。これは実際に青く染まっているわけではないので問題はありません。

      ただ、浴槽に青い線や青いシミが付く場合は水に原因が。

      ここからは青い水汚れの原因と対処法を見ていきましょう。

      エコキュートの青い水汚れの正体は、銅石鹸

      エコキュートを使い始めてある時、

      「なんだこの青い線?」「なんだこの青いシミ?」

      と謎の青い線やらシミが出る場合があります。

      この正体は銅石鹸です。

      エコキュートの青い水汚れの原因

      銅石鹸とは何なのでしょうか?

      銅イオン+脂肪酸=銅石鹸(青い水汚れの元)

      銅イオンと脂肪酸が組み合わさったものが銅石鹸。

      実は、エコキュートの配管には銅が使用されています。

      水中に溶け出した銅イオンと、石鹸や人体の油分に含まれる脂肪酸が反応して青い銅石鹸となるのです。

      銅が溶け出すと聞いて、人体への影響など不安になるかもしれませんが、銅自体は銅鍋などもあるように日常的に口に入れている成分ですのでご安心を。

      ただ、脂肪酸とかけ合わさった青い水汚れは菌の繁殖による感染症などを引き起こす恐れもありますので、放置せずに何とか綺麗にしたいものです。

      青い水汚れが出たときの対処方法

      • 浴槽用洗剤か、台所用の油汚れ専用洗剤で浴槽を洗う
      • 洗剤をスポンジに付けてこするか、水汚れ箇所に洗剤を付け2〜3分おいてからこする
      • それでも無理なら、アルカリ系洗浄剤で

      さすがに青い色がしっかりついているので、

      「これは業者さんを呼んだほうが…」

      と思いがちですが、浴槽用洗剤や台所用の油汚れ専用洗剤でだいたい落ちます。

      そもそも水中に溶け出す銅イオンは微量ですし、水が通る配管内で膜が形成されるので使うごとに溶け出す量は減っていきます。

      注意すべきなのは相方である脂肪酸の方。脂肪酸の付着をきちんと取り除き、浴槽を清潔に保つことで青い水汚れはほとんど防止できます。

      洗剤をスポンジに付けてこするか、色がついた場所に洗剤を付け2〜3分おいてからスポンジでこすってみて下さい。

      もしそれでも落ちなければ、アルカリ系洗浄剤をご使用下さい。

      こまめに清掃することで防げる汚れです。

      エコキュートに関するご相談・交換はミズテックまで

      エコキュートは貯めたお湯を利用する仕組みの上に成り立っています。

      貯めたお湯である以上、少々の不純物や汚れが混ざってしまうのは致し方ないこと。その積み重ねで黒いカスや白いカス、青い水汚れが発生します。

      これを予防するには、定期的な水抜き清掃や洗浄などのメンテナンスが重要です。

      ご自身で出来ることも多いですが、

      • 時間がない
      • 問題の切り分けが面倒くさい
      • 自分でやるのはなんだか不安だ

      そんな時はミズテックにご一報下さい。

      ミズテックなら、顧客満足度97.3%の対応力でお客様のエコキュート問題を素早く解決します。

      汚れやメンテナンス方法に関する不安も、我慢や放置はしないで気軽に遠慮なくご相談ください!