エコキュートの価格(工事費込み)は?設置費用相場は30万円~

「エコキュートを買いたいけど、やっぱり高いのかな…」

そうお考えではありませんか?

そこで今回は、エコキュートの工事費込みの全体的な価格・初期費用について徹底解説いたします!

エコキュートに関する費用について抑えておきたいランニングコストについても解説するので、この記事を読めばエコキュートの価格について困ることはもうありません。

それでは早速、エコキュートの相場価格について解説いたします。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュートを買い替える際にかかる価格の相場はいくら?

一般的なエコキュートの設置には、本体価格に加えて工事費用もかかるため、高額になってしまうケースもあります。

そのほか、設置する場所や既存設備の撤去費用などを考慮すると、30〜70万円前後に収まります。

ここからは、エコキュートを買い替える際にかかる価格相場を解説していきます。

(中見出し)工事費込みの相場は?エコキュートを交換する際にかかる総費用

エコキュートを買い替える費用は

  • サイズや性能
  • 設置業者

によって大きく異なりますが、本体価格と設置費用でおよそ30万円〜70万円が相場とされています。

本体価格と工事費用の内訳は下記にまとめています。

エコキュート本体価格約20〜50万円
工事費用15〜25万円前後

工事費用や工事の流れが知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

電気温水器からエコキュートに交換して後悔?節約できる?工事の流れや費用シミュレーションを解説

エコキュートの価格に差が出るところはどこ?

価格に差が出る部分は大きく分けて2つあります。

  • サイズや性能の違い
  • 設置業者による違い

ここからはエコキュートの価格に差が出るところを解説していきます。

1.サイズや性能の違い

貯湯タンクの容量や本体の性能によって、値段が大きく異なります。貯湯タンクの容量が大きくなればなるほど、かかる費用も高くなります。

ただし、

  • 省エネ機能
  • 太陽光発電連動機能
  • 付属品追加部品を組み込む場合

上記が、価格に差が生まれる要因です。
容量や性能をしっかり確認して、最適なエコキュートを選びましょう。

2.設置業者による違い

エコキュートの設置にかかる工事費の相場は「15〜25万円前後」とされています。
工事費用は

  • 標準工事費:10~20万円
  • 標準工事費以外の工事費:3万5千円~5万5千円

の2種類に分けられ、専門業者によって、価格は若干変動する可能性があります。
自社施工を行っている専門業者であれば、工事費は上記の金額で収まる場合がほとんどでしょう。

反対に、ヤマダ電機やエディオンなどの家電量販店の下請け業者による工事の場合、中間マージンが発生するため、相場よりも高くなる傾向があります。

 

設置工事費の内訳

エコキュートの設置工事費の内訳は、「エコキュートの本体費用及び付属品代」と「工事費」にわけられます。

  • エコキュートの本体費:約20万円~50万円
  • 工事費:5万円前後

それぞれの費用について詳しく解説していきます。

1)エコキュートの本体及び付属品代

エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯ユニットからなります。

エコキュート本体の定価は、約20万円~50万円ほどです。

メーカー・ガス会社・電力会社から直接購入すると定価での購入になりますが、給湯器専門業者やハウスメーカーなどで購入すると、定価から60%~80%ほど安くなる場合があります。

駆けつけ隊
駆けつけ隊
エコキュート本体の価格は、定価から60%の値引きがされた価格が最低ラインだと覚えておくといいでしょう。定価からの割引が80%に近ければ最安値だとお考えください。

一般的にエコキュート本体及び付属品とは、「貯湯ユニット」「ヒートポンプ」「リモコン」の3つがセットとなった価格を指します。ただし、業者によってはリモコンと脚部カバーが含まれていない場合もありますので、ご注意ください。

■エコキュート本体価格(一般的なタンク容量)

種類タンク容量相場
給湯専用370L160,000円~330,000円
460L170,000円~360,000円
フルオート300L180,000円~330,000円
370L170,000円~450,000円
460L190,000円~500,000円
オート370L165,000円~260,000円
460L180,000円~300,000円
床暖房付き
フルオート
370L320,000円~370,000円
460L350,000円~410,000円

※タンク容量目安 300L(2~4人用)/370L(3~5人用)/460L(4~7人用)

関連記事:エコキュートの仕組みとは|メリット・デメリットを分かりやすく解説

2)エコキュートの工事費用の相場

エコキュートの工事費用相場は、およそ15万円~25万円です。

エコキュートの工事費用は、「標準工事費」と「標準工事費以外の工事費」の2つに分けられます。
標準工事費の相場は10万~20万円、標準工事費以外の工事費は3万5千円~5万5千円程度です。

エコキュートの工事費は、自社施工をおこなっている専門業者だと上記の相場内で収まる傾向にありますが、ヤマダ電機やエディオンといった家電量販店など下請け業者による工事の場合は中間マージンが発生する分、相場よりも高くなる傾向にあります。

駆けつけ隊
駆けつけ隊
工事費の高いメーカーに依頼しても、結局作業するのは我々のようなエコキュート取り付け専門業者であることも多いです。

■一般的な標準工事費

項目相場備考
基礎工事20,000~50,000円機器設置含む
既存機器撤去費5,000~15,000円ガス給湯器、電気給湯器含む
配管工事費20,000~45,000円給湯、給水、ふろ配管
電気工事費40,000~60,000円ブレーカー増設、専用回路設置
電力会社申請費15,000~30,000円機器交換の情報申請
試運転調整費3,000~5,000円リモコン操作など機器の取り扱い説明含む
諸経費5,000~10,000円移動車輛の経費や有料駐車場代など

■標準工事費以外の工事費

項目相場備考
機器搬入費15,000~30,000円ユニック車による吊り上げ
壁貫通工事費5,000~10,000円
配管延長工事費25,000~25,000円配管延長費
分電盤交換費25,000~40,000円回路数により異なる
循環アダプター設置費5,000~10,000円

標準工事費以外の工事費は、既存の設備が使用できれば必ずしも必要ではありません。見積もりの段階でしっかりと確認しておきましょう。

エコキュート買い替え・交換時のポイント

エコキュートの買い替え・交換時には、以下2つのポイントをおさえておきましょう。

  1. エコキュートの設置場所:エコキュートを設置するのに十分なスペースがあるか
  2. エコキュートの容量:ご家庭の人数に合ったエコキュートの性能か

1.エコキュートの設置場所

エコキュートの設置に必要な条件4つ

  1. ヒートポンプユニット外形寸法
  2. 貯湯ユニット外形寸法
  3. 通風路
  4. メンテナンススペース

自宅にエコキュートのタンクを置く十分なスペースが確保できるかどうかチェックしましょう。

エコキュートのタンクを設置するスペースが少ない場合、選択できるエコキュートのタイプが限られます。

エコキュートを設置するのに必要なスペースが確保できているか、見積時に業者に確認してもらいましょう。

エコキュートの設置場所について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

2)エコキュートの容量

エコキュートの容量は、家族の人数に合わせて決定しましょう。

家族構成やお風呂、キッチンでのお湯の使用頻度など、どのような生活スタイルであるかを十分に考慮し、どれくらいお湯を使用するか明確にしておきましょう。

<タンク容量の目安>
1人〜2人家族:300Lのエコキュート
3人〜4人家族:370Lのエコキュート
5人〜6人家族:460Lのエコキュート
7人家族以上:550Lのエコキュート
エコキュートの容量・サイズの決め方について、こちらの記事で詳しく解説しています。

相場価格よりも安くエコキュートを設置する方法はある?

エコキュートを相場価格よりも安く設置する方法は主に3つあります。

  • 複数の業者に見積もりをもらう
  • エコキュートの補助金を利用する
  • エコキュートのグレードを見直す

ここからは、エコキュートを相場価格よりも安く設置する方法をご紹介します。

1.複数業者に見積をもらおう

エコキュートの設置を請け負っている複数の業者に見積もりをしてもらい、値段を比較してみましょう。

最安値だけではなく、各業者が提供しているサービスの内容やオプションを一緒に確認することで、おおよその値段が把握できます。
見積もりを比較して、ご自身の予算に合った業者を選んでください。

見積りのときにチェックするポイント

見積もりの際に、下記の項目を一緒にチェックしておきましょう。

  • 追加費用はかかるのかどうか
  • 設置場所に十分なスペースがあるか
  • 標準工事(基本工事)の範囲はどうか
  • 適正なタンク容量を選択しているか
  • 工事費込みの価格になっているか
  • オプション料金が含まれているか
  • 10年保証がついているか

これらはエコキュートの設置に関わる重要な項目ですので、見積もりの際は必ず確認してください。

業者のスピード感や対応もチェックしておこう!

各業者のサービスの質も一緒にチェックしておきましょう。

  • 対応にスピード感がある
  • 対応が丁寧でわかりやすい
  • 細かい部分を調整してくれる など

業者によって、対応にも大きな違いがあるため、事前に評判やレビューを確認する必要があります。

2.エコキュートの設置補助金を利用しよう!

エコキュートの設置には、多くの自治体や政府が補助金を出しており、補助金を利用して安くエコキュートを設置できます。補助金の内容は下記にまとめています。

基本補助額8万円/台
加算要件【A要件】:インターネットに接続可能な機種で、翌日の天気予報や日射量予報に連動することで、昼間の時間帯に沸き上げをシフトする機能を有するものであること
【B要件】:補助要件下限の機種と比べて、5%以上CO2排出量が少ないものとして、a又はbに該当するものであること
追加額【A要件のみ】:2万円/台
【B要件のみ】:4万円/台
【A要件+B要件】:5万円/台

エコキュートは省エネ効果が期待できるため、設置費用の一部を補助するといった内容です。
「2024年エコキュート設置補助金」の詳細は下記を参考にしてください。

2024年エコキュート買い替え補助金を徹底解説!対象・金額・申請方法・期間など

給湯省エネ事業

給湯省エネ事業は、『少ないエネルギーで効率よくお湯をつくれる給湯器の設置』に対して補助金を出す制度です。
これは、2030年に向けたエネルギー需給の達成することを目的とする事業で、エコキュートも補助金の対象になっています。

各自治体の補助金制度

お住まいの各自治体でも、エコキュートの設置に対して補助金を出しています。

例えば、東京都では「災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業」として、工事費の3分の1を負担しています。

条件は『太陽光で発電した電力を使用できるエコキュート』です。
そのため、エコキュート単体で補助金申請はできませんが、条件を満たせば補助金を受け取れます。

3.エコキュートのグレードを見直そう

ご自身のライフスタイルに合ったエコキュートのグレードを選ぶことで、設置費用を安くできる場合があります。

  • ここから10年間の家庭の生活スタイルで選ぶ
  • エコキュートのサイズによる価格表
  • 小さすぎないサイズを選ぶ
  • エコキュートで安くなる電気代はいくら

それぞれ解説していきます。

ここから10年間の家庭の生活スタイルで選ぼう

エコキュートを選ぶ際は、ここから10年間に起こるライフスタイルの変化で選びましょう。
エコキュートの平均寿命は10年〜15年といわれており、今後の家庭の生活スタイルで選ぶと、長く効率的にお湯をつくり続けられます。

例えば、現在一人暮らしの方でも、今後二人暮らしになる予定があれば、一つ上のグレードでも問題ありません。

エコキュートのサイズによる価格表

エコキュートのサイズによる価格は下記にまとめています。

300L約20万円から30万円程度
370L約25万円から35万円程度
460L約30万円から40万円程度
550L〜560L約35万円から50万円程度

ただし、ここで無理に小さくしすぎないように注意!

タンクの容量は値段に直結するため、「安い値段に抑えよう」と、気軽に小さい容量にグレードダウンするのはおすすめできません。

各家庭の使用量によりますが、タンクが小さすぎると、

  • お湯が足りなくなる可能性がある
  • 何度も沸き上げが必要になる
  • 結果的に不便になり、サイズ変更が必要になる

といった問題が起こります。
ご自身のライフスタイルに合わせた適切な容量を選びましょう。

エコキュートで安くなる電気代はいくら?

エコキュートを導入した場合、ひと月あたりの電気代はおよそ1,000円〜3,000円です。
全国の電気代の平均は7,000円前後なので、エコキュートを導入するとひと月あたり約4,000円の節約になります。

エコキュートは従来のガス給湯器と比較して、電気代が76%も削減できるというデータもあります。
エコキュートの設置には費用がかかりますが、将来の光熱費を考えると大きな節約につながります。

4.専門業者に設置を依頼しよう

エコキュートの設置や交換を専門にしている業者を選ぶことで、エコキュートを安く設置・交換できるケースがあります。

一方、ヤマダ電機やエディオンといった家電量販店やハウスメーカー、リフォーム業者等へ依頼すると、価格がさらに高くなる場合もあります。

エコキュートの設置・交換を依頼できるのは、主に以下の業者です。

  1. ガス会社(東京ガス・大阪ガス)
  2. エコキュートメーカー(パナソニック、三菱電機、コロナ…など)
  3. 家電量販店・ハウスメーカー
  4. 専門業者

エコキュートの交換・設置を安く、早く対応するのは、専門業者です。価格については、ガス会社・メーカー・ハウスメーカーの最大半額以上安くなる可能性があります。

例えば弊社ミズテックでは、エコキュートをメーカーへ直接交渉し格安で仕入れています。

業者によって、対応にも大きな違いがあるため、事前に評判やレビューを確認する必要があります。

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:エコキュートの業界最安値挑戦中!

ミズテックでは、エコキュートの業界最安値挑戦中です。定価の半額以下の値段にて、エコキュートの購入はもちろん、取り付け工事も行います。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュートの工事を申し込む前のチェックポイント

工事を申し込む前に、いくつかの重要なチェックポイントがあります。
チェックポイントを抑えることで工事もスムーズに進行し、業者とのミスマッチもなくなります。

ここからは工事を申し込む前に確認しておきたいポイントをご紹介していきます。

1.エコキュートが入るスペースは確保できる?

まずは、エコキュートを設置できる十分なスペースが確保できるのかを事前に確認しておきましょう。
また、設置する場所だけでなく、エコキュートの機器を搬入する経路の確認も忘れずに行います。

エコキュートの設置にあたって、倉庫の設置やリフォームなど住環境に変化があるかもしれません。
新しく設置するエコキュートのスペースは余裕を持って確保しておきましょう。

2.交換となった場合の費用はいくらかかる?

従来のガス給湯器や電気給湯器からエコキュートに交換する場合は、「既存の設備をどれくらい流用できるか」でも、設置費用が変わってきます。
もし、これまで配置していたエコキュートと、メーカーや機種が大きく異なる場合は、基礎工事からやり直す可能性があります。

予期せぬ部分で追加工事が必要になり、追加の費用がかかるかもしれません。
サイズや性能、追加工事など各家庭で異なりますが、工事費込みで30万円〜70万円が相場となっています。

3.追加費用がかかる工事はある?

エコキュートの設置する段階で追加費用がかかる可能性があります。
追加費用がかかる工事は下記の通りです。

  • 配管工事
  • 基礎工事
  • 水道工事 など

既存の設備を全て流用できる場合は、基本的に追加費用はかかりません。

  • 配管が劣化している
  • 既存の機器と異なるメーカー など

経年劣化が激しい場合や、既存のメーカーと大きく異なる機器の設置には、追加で工事が必要になる可能性があります。

4.10年補償やアフターサービスはついている?

エコキュートの平均寿命は約10年〜15年といわれており、10年を経過した頃から劣化による故障が発生します。
1年〜3年の短い保証期間では、エコキュートの経年劣化による故障に対応してもらえません。
できるだけ、エコキュートの寿命である10年保証がついている業者を選びましょう。

業者によって保証内容も大きく異なります。

  • 保証期間
  • 修理費の有無
  • 部品代・出張費の有無 など

1回目の修理は無料でも、2回目以降は修理費がかかるなど、業者によって保証内容に差があります。
長く安心してエコキュートを使い続けるためにも、保証内容がしっかりとした業者を見極めましょう。

関連記事:エコキュートの修理|修理費用の相場や故障の対処方法

関連記事:エコキュートが故障したらどうする?応急処置から修理・買い替え・交換費用まで徹底解説!

エコキュート価格 まとめ

エコキュートの設置には、本体・工事費用合わせて、30万円~70万円ほどかかります。

もしエコキュートの購入価格を下げるのであれば、エコキュート専門業者による交換をおすすめいたします。

ミズテックでは、エコキュートを格安で自社仕入れ・自社工事を行っております。気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

おすすめのエコキュート

ページ上部へ