ダイキンエコキュートの交換費用は高い?寿命やカタログ、交換業者まで解説

「ダイキンエコキュートが良いって聞いたけど、交換費用はどれくらい?」
話題のエコキュートの中でもダイキン製が気になっているものの、交換費用が高いのでは心配になっているかもしれません。

この記事では、ダイキン製エコキュートを購入する上では必ず知っておきたい交換費用を、具体的な内訳とともに解説します。

さらにDIY交換と業者に依頼する場合の違いや、信頼できる業者の選び方も分かります。

この記事が、エコキュートの購入を迷っている方のお役に立てば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

ダイキンエコキュートを交換する目安とは?寿命は10年?

ダイキンエコキュートを交換する上でまず気になるのは、その交換目安でしょう。

エコキュートの寿命は約10年と言われており、使用から10年以上が経過したエコキュートは交換が必要です。

ダイキン製エコキュートには下記のような特徴があり、他社のエコキュートに比べても寿命が短いということはありません。

  • タンク缶に腐食しづらい高品質ステンレスを採用
  • 交換用ヒートポンプによって貯湯ユニットはそのまま使える
  • 徹底した水質調査で地下水・井戸水でも3年保証つき

上記の通り、ダイキン製エコキュートのヒートポンプは交換用であり、貯湯ユニットを残したままの交換も可能で経済的です。

ただし、扱い方などによっては貯湯ユニットの交換が必要なケースもあります。

また、使用状況や扱い方によっては15年近く使えるケースもありますが、毎日シャワーなどを使用している場合には7~8年ほどで不具合が出やすくなります

そのため、寿命が近づいているエコキュートは定期的に点検すること、寿命を迎えたエコキュートはできるだけすぐに新しい給湯器に交換することが重要です。

特に下記のような症状が出ている場合には、必ず業者に点検を依頼しましょう。

  • お湯が出づらい
  • お湯の温度が安定しない
  • お湯の量が安定しない
  • 水漏れが起きている
  • エラーコードが頻発する

ダイキンエコキュートの交換費用相場

ダイキン製エコキュートの交換目安が分かったところで、実際に交換する場合にかかる費用相場をチェックしましょう。

エコキュートの交換は、本体の交換やリモコンの交換など、交換内容によっても費用が異なるため注意が必要です。

エコキュート本体の交換費用

ダイキン製エコキュートの交換ではまず、エコキュート本体の交換費用がかかります。

ダイキン製エコキュートの本体価格は、2022年の新モデルのメーカー希望小売価格で100万円を超える商品も多いです。

ただし、実際に家電量販店や給湯器専門業者などを通して購入する場合には、30~70万円程度が相場となります。

また、エコキュート本体の価格はエコキュートの機能によっても差があるものです。

例えば、ダイキン製の給湯専用かつ370L(2~3人用)のエコキュートであれば、20万円台で購入できるケースもあります。

一方で、より容量が大きく、かつ多機能のフルオートタイプ(追い焚きや自動保温機能搭載)のエコキュートの場合、50万円以上の費用がかかるケースも多いです。

このような価格相場も念頭に、ご自身の予算やライフスタイルに合った給湯器を選びましょう。

リモコンの交換費用

ダイキン製エコキュートの交換では、リモコンの交換費用も発生します。

本体とは別にリモコン費用が発生するケースも多いため、必ず確認が必要です。

エコキュートのリモコンの価格相場は1~5万円程度です。

また、リモコン以外に脚部カバーの費用が別途発生するケースも見受けられます。

脚部カバーの価格相場は3,000~15,000円程度です。

エコキュート本体に比べるとリモコン・脚部カバーなどの付属品の価格は安いですが、安いと思って申し込んだらリモコンがついていなかったというケースもあります。

業者に見積もりを出してもらう際は、リモコンや脚部カバーの費用も必ず確認しましょう。

ヒートポンプの交換費用

既述の通り、ダイキンでは交換用ヒートポンプを採用しているため、ヒートポンプのみの交換も可能です。

特に不具合が起こりやすく劣化しやすいヒートポンプのみを交換することで、エコキュート全体を交換するよりも費用を抑えることができます。

古いヒートポンプを新しいヒートポンプに交換する場合の費用相場は、30~50万円程度です。

エコキュート本体の交換費用相場が30~70万円のため、ヒートポンプのみの交換はお得とは言えないかもしれません。

また、ヒートポンプのみの交換を行うためには、下記の条件を満たす必要があります。

・貯湯ユニットには異常がない
・既設の貯湯ユニットと新しいヒートポンプが接続可能である

他の箇所も劣化・故障している場合にはあとから修理・交換費用がかさむケースもあるため、注意しましょう。

なお、ヒートポンプを交換ではなく修理する場合の費用相場は、8~15万円程度です。

三方弁や混合弁の交換費用

ダイキン製エコキュートの交換では、三方弁や混合弁などの部品のみを交換するケースもあります。

三方弁や混合弁などの本体価格は8,000~12,000円程度であり、業者に交換を依頼した場合の交換費用は2~4万円が相場です。

また、エコキュート内部の基盤の交換費用相場は4~5万円程度であり、三方弁・混合弁などと合わせて5~6万円程度で交換できるケースもあります。

三方弁・混合弁の本体価格と業者による交換費用の差額を考えると、DIYでの交換を検討したい方も多いでしょう。

ただし、慣れていない人が弁の交換を行う場合には、水が噴き出したり他の部品などを損傷したりするリスクがあります。

ご自身で交換を行う場合には、水漏れなどの不具合の原因がどの弁にあるのかを把握した上で、安全を確保することが重要です。

このようなリスクを考慮すると、部品一つの交換であっても、DIYではなく専門業者に依頼する方がおすすめです。

ダイキンエコキュートはDIY交換と業者のどちらがおすすめ?

結論から述べると、ダイキン製エコキュートの交換をDIYで行うのはおすすめできません

たとえ小さな部品のみの交換でも、水漏れや給湯器本体の損傷などのリスクが伴います。

集合住宅の場合には階下や隣室などに迷惑をかける可能性もあります。

また、給湯器本体の撤去・取り付け工事は資格がないと行えません。

重大な事故を引き起こすだけでなく、法律により罰せられることもあるため、注意が必要です。

同様の理由から、交換業者を選ぶ際にも必要な資格を揃えた優良業者かどうかを、必ず確認しましょう。

ダイキンエコキュートの交換業者の選び方3選

ここでは、ダイキン製エコキュートの交換を依頼する業者の選び方3選をご紹介します。

工事費込みで料金が安い業者を選ぶ

エコキュート交換業者を選ぶ際にはまず、工事費込みでの料金を確認し、安い料金の業者を選びましょう。

エコキュートは他の給湯器に比べて初期費用が高く、30~70万円ほどの費用がかかります。

しかし、業者によっても費用に差があるため、複数の業者に見積もりを出してもらって比較することで、安い業者を選ぶことが可能です。

ただし、安いだけで施工技術が乏しい業者や、提示された額と実際にかかる費用が異なる業者もいます。

そのため、下記のようなポイントをおさえて、信頼できかつ料金の安い業者を選ぶことが重要です。

  • 本体価格だけでなく工事費込みのトータル料金を提示してくれる業者
  • リモコン代などが別の場合にはその旨を記載している業者
  • 「後から高額請求された」などの口コミがない業者

口コミ・評判がよく技術力の高い業者を選ぶ

エコキュート交換業者を選ぶ際には、口コミ・評判も確認して技術力の高い業者を選ぶことも重要です。

いくら料金の安い業者でも、施工が雑な業者や技術力の乏しい業者では「すぐに壊れてしまうのでは?」と取り付け後に不安が残ります。

そのため、口コミなども通して、取り付け技術や施工時のスタッフの対応などをチェックしましょう。

また、ホームページに実際の工事の様子を写真や動画でアップしている業者であれば、より安心でしょう。

無資格で工事を行っている業者はもちろんNGですが、有資格でも丁寧に取り付け工事を行ってくれるとは限りません

できるだけ安全に長くエコキュートを使い続けるためにも、技術力が高く信頼できる業者を選びましょう。

保証・アフターサービスの手厚い業者を選ぶ

エコキュート交換業者を選ぶ際には、保証やアフターサービスの内容も必ず確認しましょう。

エコキュートは初期費用だけで50万円以上かかることもある高額な住宅機器であり、保証内容が乏しい業者を利用したことで、修理費用などがかさむケースもあります。

そのため、購入・取り付け後にどのようなアフターサービスをどれくらいの頻度・費用で受けられるかを、確認することが重要です。

エコキュートの寿命は約10年のため、10年間の保証をつけてくれる業者であれば安心でしょう。

また、土日祝日などを問わず不具合が発生した時にすぐに対応してくれる業者であれば、より安心してエコキュートを使い続けられるでしょう。

エコキュート工事はミズテックにお任せ!

ミズテック

もし給湯器・エコキュートの交換・修理をご検討中であればミズテックにお任せください!

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:エコキュートの業界最安値挑戦中!

ミズテックでは、エコキュートの業界最安値挑戦中です。定価の半額以下の値段にて、エコキュートの購入はもちろん、取り付け工事も行います。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

ダイキンエコキュートの2022年最新カタログと特徴

最後に、ダイキン製エコキュートの2022年版最新カタログをチェックしましょう。

ダイキンが公式に発表している2022年のエコキュートのラインナップは、下記の通りです。

(出典:ダイキン)

上記のようにメーカー希望小売価格では100万円を超える製品も多いですが、ミズテックでは70万円以下でのご提供も可能です。

また、上記の2022年最新版ダイキン製エコキュートには、下記のような特徴があります。

  • スマートフォンアプリで遠隔操作が可能
  • 給湯使用量の見える化により意識的な節約が可能
  • 業界最高レベルの給湯圧力を実現(従来比の110%)
  • 「ウルトラファインバルブ入浴」機能搭載

約20年前に初めて発売されて以降、エコキュートの給湯効率は進化し続けており、最新モデルを導入することでより効率のよい節約も可能となります。

「オール電化で長期的な節約を実現したい!」というかたは、ダイキン製の最新エコキュートの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ダイキン エコキュート 交換まとめ

この記事では、ダイキンのエコキュート交換について詳しく見てきました。

ダイキン製エコキュートの交換費用相場は、下記の通りです。

  • エコキュート本体の交換費用:30~70万円
  • リモコンの交換費用:1~5万円
  • ヒートポンプの交換費用:30~50万円
  • 三方弁や混合弁の交換費用:2~4万円

エコキュートのDIY交換には、さらなる故障のリスクなどが伴うため、専門業者に交換を依頼するのがおすすめです。

給湯器交換業者を選ぶ際には「料金の安さ」「技術力の高さ」「保証の手厚さ」などを兼ね備えた信頼できる業者を選びましょう。

ミズテックは、給湯器専門業者としてさまざまな種類のエコキュートを取り揃えています。

ダイキン製のエコキュートの在庫も豊富に確保している上に、最大91%オフの格安価格で給湯器をご提供できます。

さらに本体保証および工事保証が10年つく点も心強いでしょう。

ダイキン製エコキュートの交換を検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ