お湯の臭いが気になる!エコキュートのメンテナンス方法とは

空気の熱を利用してお湯を沸かすというという特徴を持つエコキュート。近年の災害の経験から、非常時に溜まった水を使える、翌日に使用するお湯を、前日の深夜に沸かしてためておくことができるのがといったメリットから使用しているご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、長期間メンテナンスを怠ると溜めておいたお湯を臭く感じる方も中にはいるようです。

今回はエコキュートのお湯を臭いと感じる時の原因、解決策についてご紹介していきたい思います。

 

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?
氏名
お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
氏名
メールアドレス
こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
見積希望を受け付けました!

エコキュートのお湯が臭いときの原因

普通に使用している分には臭くなることはありませんが、エコキュートのお湯が臭い時に考えられる原因は以下の3つです。今回はPanasonicエコキュートのケースから考えてみます。

1.井戸水や温泉を使用しているため

エコキュートでは地下水や温泉は使用できません。配管を詰まらせる成分を含んでいるケースが多く、早期目詰まりの原因となり寿命が短くなることで、臭いに影響が出る場合があるようです。

2.長期間エコキュートを使用しておらず内部が劣化したため

こちらは不在時の対応でご紹介しております。長期間使用しない場合は沸き上げを休止し、貯湯ユニットの水抜きとヒートポンプユニットの水抜きを行います。
水をユニット内に溜めたままにすると内部が劣化し、臭いの原因になると考えられます。

3.タンク内の汚れの蓄積

上記2つの理由が関係してきますが、水を溜めておくタンク内に汚れが溜まることで臭いが発生しやすくなるようです。そのせいで配管も汚れていくので悪循環となって臭いが増していきます。

上記の3つの理由が臭いに関係してくるようです。

 

エコキュートに臭いの対策方法

エコキュートに限らずお湯が臭くなる原因は上記3つのように、配管・タンクが汚れているケースがほとんどです。どんな製品であってもメンテナンスは必須で、エコキュートの説明書でも年2、3回の水抜きを推奨しています。
細かなメンテナンスをすることで、臭いの原因を除去し長期間気持ちよく使えるようになります。

水抜きとは読んで字のごとく、タンクや配管内の水を抜くことです。水抜きをすることで配管・タンクを清潔に保つことが出来き、臭いの原因となる汚れを防ぐことが出来ます。 水抜きは2か所することが必要です。

1.貯湯ユニットの水抜き

貯湯ユニットは水とお湯を溜めておく場所です。ここが原因になるケースが多いようなので水抜きをしっかりと行うことが大事です。

2.ヒートポンプユニットの水抜き

ヒートポンプユニットは熱で水を温め、お湯を沸かす場所になります。こちらはお湯がでてくるのでやけどに注意がひつようです。

定期的にメンテナンスして、臭いや汚れの対策を進めましょう。

 

それでもエコキュートの臭いが気になるなら

メンテナンスを定期的に行うことで、臭いを気にせず長期間使い続けることが出来るようになります。しかし、メンテナンスを行っていても臭いが気になったりした場合は業者に任せるのが最適です。早期の対応で劣化を防ぐだけではなく、水抜きだけでは落とせない汚れも落とすことが出来るのでエコキュートを長期間保つことが出来るようになります。

施工業者の「ミズテック」ではエコキュートの施工事例も多く、数々の事例を経験しております。急な依頼にも迅速に対応することが可能ですので、メンテナンスや点検、修理など何かエコキュートでお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

ミズテックの工事は全てコミコミ価格なので標準設置であれば追加費用は一切かかりません。