【2022年版】エコジョーズの補助金-東京・千葉・名古屋の補助金をご紹介

「エコジョーズ購入を考えているが、果たして補助金はあるだろうか…」

エコキュートの導入に際して、補助金の存在が気になっている方も多いでしょう。

この記事では、エコジョーズ補助金の概要・金額から、申請要件・申請方法まで詳しくお伝えします。

申請に必要な書類や自治体ごとの申請要件も解説するので、エコジョーズ補助金の具体的な受給方法を理解できます。

この記事が、エコジョーズ 購入を迷っている方のお役に立てば幸いです。

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコジョーズの補助金はある | 国からの補助金は終了エコジョーズの補助金はある

      結論から述べると、エコジョーズの補助金は存在します。

      ただし、国からの補助金は終了しているため、注意が必要です。

      2010年までは国からの補助金も支給されていましたが、現在は自治体ごとの補助金のみ受給可能です。そのため、エコジョーズ導入に際して補助金を受け取れるかどうかは、各自治体の制度を確認する必要があります。

      自治体ごとの補助金も予算額に達したなどの理由で終了している場合がありますが、逆に延長しているケースもあります。

      後述する自治体ごとの補助金の申請要件・内容を確認し、エコジョーズ導入を検討してください。

      なお、現在のエコジョーズ補助金の相場は「1万円~3万円」ほどです。

      各自治体のエコジョーズの補助金

      現在、エコジョーズに対する国からの補助金はないため、各自治体の補助金をチェックする必要があります。ここでは、自治体ごとの主な補助金の内容を具体的に紹介します。

      東京都のエコジョーズ補助金

      東京都には、下記のようなエコジョーズ補助金があります。

      自治体 対象者 補助金の内容
      都内全域 対象期間中(~2022/3/31、申請受付期限1年間延長)に、一定の基準を満たす対象機器への買い替えた個人
      商品券等に交換可能な「東京ゼロエミポイント」を付与。
      高効率給湯器エコジョーズ、エコキュート、エコフィール、ハイブリッド給湯器 : 10,000ポイント
      大田区 以下のいずれかに該当し、省エネルギー設備を導入する事業者
      ・大田区内で3年以上継続して同一の業種(製造業)を営む中小企業者
      ・大田区外で3年以上継続して区が定める業種を営み、大田区内での操業を希望する中小企業者
      ・大田区内に土地を有し、当該土地に貸工場を経営する者
      助成対象経費の3分の1、上限は1,000万円
      東村山市 市内に住所を有し、市内に存する自己が居住する家屋に令和2年10月1日(木曜)から令和3年9月30日(水曜)までに補助対象機器のいずれかを新たに設置した方
      ※申請受付終了済み
      潜熱回収型給湯器:1万5千円
      武蔵村山市 市内に住所を所有しており、対象機器を市内の対象事業者から購入した方
      ※エコジョーズは令和3年度から補助対象外

      上記のように、2022年現在東京都内で受給できるエコジョーズ補助金は、かなり限定的です。

      令和3年度までは東村山市や武蔵村山市でも補助金を受給できましたが、2022年現在は申請受付終了および補助対象外となっています。

      したがって、東京都内で個人が受給できるエコジョーズ補助金は、「東京ゼロエミポイント」のみです。この制度を活用すると、エコジョーズの導入に対して1万円相当のポイントが付与されます。

      神奈川県(横浜市)のエコジョーズ補助金

      神奈川県には、下記のようなエコジョーズ補助金があります。

      自治体 対象者 補助金の内容
      横浜市 ・対象住宅の所有者、区分所有者及び賃貸住宅管理者
      ・対象の自治会・町内会館を管理する自治会、町内会及び地区連合町内会
      ・対象の共同住宅の集会所等を管理する組合
      1基につき30,000円(潜熱回収型給湯器、ヒートポンプ給湯器、太陽光発電設備など)
      座間市 住民登録のある者が市内に自ら所有・居住している住宅で、昨年度(令和2年4月1日~令和3年3月31日)リフォーム補助を受けていない個人が対象。 一律5万円
      葉山町 町内業者による住宅リフォームを実施する町民 一律5万円

      神奈川県では、エコジョーズだけでなく、他の高効率給湯器や太陽光発電などと同様の補助金や、リフォームに付与される補助金があります。

      エコジョーズ以外にも補助金を受けられる対象機器は多いため、他の給湯器やその他の住宅設備の導入・併用なども考えつつ、最大限補助金を受給するのもおすすめです。

      埼玉県のエコジョーズ補助金

      埼玉県には、下記のようなエコジョーズ補助金があります。

      自治体 対象者 補助金の内容
      東秩父村 下記を満たす方
      ・村内に住所を有していること
      ・給湯器を設置する建築物及び建築物の敷地等に建築基準法等の違反がないこと
      ・申請時において村税の滞納がないこと
      1基につき20,000円
      横瀬町 対象建物を所有している個人が
      設置費用額の1/10、上限2万円
      三郷市 市内に自ら居住し所有する既存・新築住宅 に対象設備を設置する個人。
      潜熱回収型給湯器、CO2冷媒ヒートポンプ給湯器、LED照明器具:1万円
      久喜市 ・申請者が所有、もしくは申請者と生計を一にする方が所有し、自ら居住する市内の住宅の屋根等に補助対象機器を設置する。
      ・申請者もしくは申請者と生計を一にする方が、市内に自ら居住するための住宅を新築し、当該住宅に補助対象機器を設置する。
      ・市内に存する補助対象機器が設置された建売住宅を、自ら居住するために購入する。
      エコジョーズ :1万円
      ※令和3年12月で受付終了
      桶川市 市内に住宅を所有し、居住していること。または、新築し、居住すること。
      高効率給湯器2万円~5万円
      ※令和3年度分は受付終了

      上記のように、埼玉県のエコジョーズ補助金は、令和3年度分に関しては受付が終了してしまっているケースも多いです。

      ただし、令和4年度分の受付が開始されるケースもあるため、最新情報を随時チェックしましょう。また、埼玉県においては、市区町村からの補助金だけではなく、下記のような銀行から省エネルギー設備の設置に対してローンを受けられます

      • 埼玉りそな銀行
      • 武蔵野銀行
      • 埼玉縣信用金庫

      上記のような銀行からのローンも活用することで、エコジョーズ導入のハードルは下がります。

      埼玉県でエコジョーズなどの給湯器を新たに設置、あるいはエコジョーズつきの住宅の新築を検討している方は、銀行からのローンもぜひチェックしてください。

      千葉県のエコジョーズ補助金

      現在、千葉県において受給・受付可能なエコジョーズ補助金はありません。

      現在でも太陽光発電設備などに対する県からの補助金はありますが、エコジョーズやエコキュートに関する補助金は残念ながら受給できません

      そのため、新築やリフォーム時に補助金を活用したい場合には、太陽光発電設備などの導入を検討するのも一つの手です。

      愛知県(名古屋市)のエコジョーズ補助金

      愛知県には、下記のようなエコジョーズ補助金があります。

      自治体 対象者 補助金の内容
      扶桑町 ・既存の自己用住宅の修繕・補修などの住宅改善工事
      ・扶桑町内に本社を有する法人又は個人の施工業者を利用して行う工事
      ・潜熱回収型給湯器への取替潜熱を回収するための熱交換機を備えていること
      ・給湯熱効率が90%以上であること
      ・住宅改善工事:対象経費の10%(上限10万円)
      ・環境にやさしい住宅改善工事+住宅改善工事:対象経費の20%(上限20万円)
      ・扶桑町補助事業推進工事+住宅改善工事:対象経費の20%(上限20万円)

      愛知県におけるエコジョーズ補助金は、上記の通り扶桑町における補助金のみです。

      扶桑町のエコジョーズ補助金は、給湯熱効率などに関する規定もあるため、申請前に必ず確認しましょう。

      なお、名古屋市では現在エコジョーズ補助金を受けることはできません

      名古屋市では太陽光発電設備や蓄電設備、エネファームなどの補助金があるため、補助金を活用したい方はそちらも確認してください。

      エコジョーズの補助金の申請から交付まで方法3ステップ

      エコジョーズの補助金の申請から交付まで方法3ステップ

      続いて、エコジョーズの補助金申請から交付までの手続きを見ていきましょう。

      申請から交付までの手続きを、3つのステップに分けて詳しく解説します。確実に補助金を受給するべく、各ステップを必ず確認してください。

      申請書類を集めて提出する

      エコジョーズの補助金を申請する上ではまず、各自治体の補助金制度を確認します。

      補助金制度があっても補助金残額がなくなると受給できないため、注意が必要です。

      補助金制度を確認したら、申請書類を集めて提出します。エコジョーズ補助金の申請に必要な書類は、下記の通りです。

      • エコジョーズ補助金交付申請書
      • 契約書の写し
      • エコキュートの規格などがわかる資料(仕様書・承認図面・カタログなど)
      • エコキュートを設置する場所の配置図
      • 住民票の写し
      • 市町村税の滞納が無いことを証明する書類(納税証明書など)

      上記に加え、自治体ごとに必要な書類がある場合は、全て収集して提出する必要があります。必要書類を全て提出し終え、補助金の申請が通ると、「補助金交付決定通知書」が送付されます。

      工事後に工事内容についての書類申請をする

      補助金交付決定通知書を受け取ったら、購入・工事に移ります。工事が終わったら、工事内容についての書類申請を行います。

      工事完了後30日以内、または市区町村で指定された期限内に、工事内容に関する報告書の申請が必要です。報告書の他に、下記のような書類の提出を求められるケースもあります。

      • 補助金交付請求書
      • 対象機器設置に係る領収書のコピー
      • 対象機器の保証書のコピー
      • 対象機器設置状況の写真

      工事内容の報告書が確認されると「確定通知」が送付されます。

      補助金請求に関する書類を提出する

      工事内容の報告書を申請し、確定通知を受け取ったら、補助金請求に関する書類の提出に移ります。

      実績報告書」および「補助金請求の書類」に必要事項を記入し、補助金を請求します。

      請求が受理されると、指定した口座に補助金が振り込まれます。なお、申請を取り消す場合には「エコジョーズ助成金交付申請取下届」などの提出が必要です。

      エコジョーズの補助金における2つの注意点|申請は購入前に行う!

      エコジョーズの補助金における2つの注意点

      エコジョーズの補助金を受給するためには、既述の手続きを確実に済ませたいものです。

      また、補助金を申請する上で注意しておきたいポイントは他にもあります。補助金を確実に受け取るために知っておきたい2つの注意点を見ていきます。

      補助金申請はエコジョーズを購入する前に行う

      エコジョーズの補助金申請は、エコジョーズ購入前に済ませておく必要があります。

      エコジョーズ購入後に補助金の申請を行っても、受理されず補助金を受け取れないため、注意が必要です。

      申請のタイミング一つでお得な補助金を受けられない可能性があるため、補助金の申請は必ずエコキュートの購入前に行いましょう。

      エコジョーズ の導入を考えている人は、購入を急ぐ前にまず、自治体ごとの補助金がないかを確認してください。もし補助金がある場合には、補助金の申請を行ってからエコジョーズ の購入・工事に移りましょう。

      補助金の申請期限に気を付ける

      エコジョーズの補助金申請においては、補助金の申請期限にも注意が必要です。

      エコジョーズの補助金申請期間は、年度始めの4月から「その年の終わり(12月)まで」「あるいはその年度の終わり(翌3月)」と定められていることが多いです。

      この期間内に申請を行わないと、該当する補助金を受給できなくなるため注意が必要です。また、先着順の補助金も多いため、年度が変わったタイミングで早めに申請するのが得策です。

      また、工事完了後の書類提出には主に、30日以内という期限が設けられています。

      エコキュートの補助金を受給するためには「補助金申請→工事→工事完了報告→補助金請求」の各ステップを全て確実に終える必要があります。

      申請書類を提出して工事を済ませただけでは、補助金を受け取れません。そのため、工事完了後は必ず30日以内に「工事内容の報告書」および所定のその他書類を提出しましょう。

      エコジョーズ 補助金 まとめ

      この記事では、エコジョーズの補助金について詳しく見てきました。

      現在、エコジョーズ に対する国からの補助金はありませんが、自治体ごとの補助金を受け取れる地域もあります。

      エコジョーズ補助金の相場は1万円~3万円ですが、他の住宅設備に対する補助金を受給できる地域も多いため、自治体ごとの制度をチェックしましょう。

      エコジョーズの補助金の申請から受給までの流れは、下記の通りです。

      1. 申請書類の収集・提出
      2. 工事→工事完了報告
      3. 補助金請求

      工事後に申請を行ってもジョーズ の補助金は受給できないため、注意が必要です。

      あくまで工事前に申請を開始し、工事完了報告を含めて順番に各ステップを完了させる必要があります。初期費用のかさむエコジョーズをできるだけ安く導入すべく、ぜひ補助金を活用してください。

      なお、補助金を受給するとしてもエコジョーズの導入費用は高いものです。エコジョーズの導入を悩んでいる方は、給湯器専門業者の「ミズテック」に相談してみてください。

      安心の保証と実績で選ぶなら駆けつけ隊

      弊社・ミズテックでは、給湯器の修理・交換を承っております。給湯器のことでお困りの方は、要望も含めてお気軽に弊社までご相談ください。初めての方も大歓迎です。

      最初はお気軽に概算お見積りもできます。以下フォームは15秒で入力完了するため、是非お気軽にお確かめください。

      かんたん概算料金チェック
      ご検討内容  
      ※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
      お住まいの都道府県
      お住まいの人数
      ご希望の商品  
      ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
      概算見積ありがとうございます!
      オペレーターより正式な見積を希望しますか?

        氏名
        お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

          氏名
          メールアドレス
          こちらより友達追加後、
          見積希望とお知らせください。
          見積希望を受け付けました!

          ミズテックがお客様から選ばれる理由・評価いただいている点は、以下の3つです。

          メーカー直仕入れで格安価格を実現
          ミズテックでは、ガス給湯器や電気温水器などの機器をメーカーから直接仕入れています。メーカーから直接かつ大量に仕入れているので、機器の価格を抑えてご提供できます。

          また、給湯器の点検や取り付け工事を当社の専門スタッフがおこなうことで、工事の経費も少なく抑えています。このようなコスト削減努力によって、他店よりも安い販売価格を実現しています。

          本体&施工10年保証
          メーカー保証の期間を過ぎた給湯器の修理は、基本的に有償です。ただし、一部のメーカーは有料の保証制度を設けていて、加入すると最大10年まで保証期間が延長されます。
          いっぽう、弊社ミズテックは「本体と施工」両方に対して、無料で10年間の保証をご用意しています。生活に欠かせない給湯器を、末永く安心してご利用ください。
          ※一部給湯器を除きます

          最短30分で訪問可能
          ミズテックは、給湯器でお困りの方のために即日対応しており、最短30分で駆けつけられます。急なご依頼にも迅速に対応しますので、お気軽にご相談ください。

          「給湯器が壊れてお湯が出ない」「給湯器から異音がして怖い」といったトラブルや緊急時には、どこよりも早く対応させていただきます。