水回りリフォーム会社ランキング!費用や期間も徹底解説

「そろそろ水回りをリフォームする時期に入ったかな…」

そうお考えではありませんか?

長年同じ家に住んでいると、どうしても水回りは劣化してしまいます。

決して安い買い物ではありませんから、出来るだけ安く購入した上で

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

水回りリフォームの目安は10年〜20年|ライフスタイルに合わせて適切なリフォームを

水回りのリフォームは新築から、もしくは以前のリフォームから15年〜20年の期間が目安です。

15年程度使用した水回りであっても、綺麗に使用していればまだまだ使えそうと感じることもあるかもしれません。

しかし、見えない配管などの構造的な部分が腐食や劣化している可能性があり、そして配管などの劣化や腐食が進んでからではリフォーム費用が思いのほか高額になってしまうことが考えられます。

また、家族が増える、家族や自身が高齢になってくるなどすると今までと同じでは使いづらいこともあるでしょう。

さらに、最新の水回り商品は節水性能や節電性能が高い商品も増えており、リフォームすることで光熱費の削減にもつながります。

水回りのリフォームは一定期間が経過したための劣化を契機とすることはもちろんのこと、ライフスタイルの変化に合わせて適切に行うことが大切です。

マンションの水回りリフォームの注意点|管理規約は絶対遵守

マンションの水回りリフォームの注意点

分譲マンションの室内は専有部分と言われ個人の持ち物となっていますが、だからと言って自由に水回りのリフォームができるわけではありません。

マンションの水回りリフォームを行う際には以下の2点に注意しなければなりません。

  • マンションの管理規約を確認する
  • 配管の位置に注意する

それぞれのマンションでの水回りリフォームの注意点について詳しく解説します。

マンションの管理規約を確認する

マンションの水回りリフォームを行う場合には、まずマンションの管理規約を確認する必要があります。

管理規約とはマンションの管理や運営などについてまとめられているもので、その内容はマンションによって様々です。

そして、管理規約にはリフォームについても書かれていることが多く、リフォームをする場合には管理組合に申請が必要なこともあるのでしっかりと確認しておきましょう。

分譲マンションだからといって自由にリフォームを行えるわけではありません。

もし、管理規約を確認した上で不明確な場合には、管理組合に相談するようにしましょう。

わからないからといって勝手にリフォームを始めてしまうとトラブルの原因になってしまいます。

配管の位置に注意する

次に、マンションの水回りリフォームを行う上で注意しなければならないのが配管の位置です。

マンションでは配管の位置が決められており、配管の位置は変更できない場合が多くあります。

そのため、配管の位置によって行えるリフォームが限定されてしまう可能性があり、理想としていたリフォームができないこともあります。

例えば、キッチンをリフォームする場合に、壁付けのキッチンからカウンターキッチンにリフォームしたいとします。しかし、水道管や換気扇のダクトの位置からカウンターキッチンにはできないことも考えられます。

マンションの水回りリフォームは管理規約や配管の位置で制約されることもあるので、管理組合やリフォーム会社にしっかりと相談するようにしましょう。

水回りリフォームの費用相場|4箇所全てリフォームするなら200万円以上

水回りのリフォームを1ヶ所のみ行う場合の費用の目安は以下の通りです。

リフォーム箇所

費用相場

キッチン

50万円〜250万円

浴室

50万円〜150万円

トイレ

15万円〜60万円

洗面所

10万円〜50万円

 

マンションで水回り4ヶ所を全てリフォームする場合の費用相場は175万円〜300万円、一戸建ての場合には150万円〜250万円程度です。

リフォーム費用の目安にかなりの幅がありますが、スタンダードグレード以上グレードの商品を採用するのであれば200万円以上は必要と考えましょう。そして、デザイン性の高いものやハイグレードなものであればさらに費用が必要です。

4ヶ所全て、もしくは4ヶ所のうち3ヶ所をリフォームする場合には「水回りリフォーム4点セット」や「水回りリフォーム3点セット」といったパック商品を用意しているリフォーム会社が多くあります。

このパック商品は1ヶ所ずつリフォームするよりも費用を抑えることができますが、以下では3点セット・4点セットの費用相場をマンション、一戸建て別に解説していきます。

水回りリフォーム3点セット・4点セットの費用相場

水回りリフォーム3点セットや4点セットには、基本的に見積りには商品価格と工事費用の全てが含まれている場合が多いです。

その内容はリフォーム業者によって違いはありますが、マンションでも一戸建てでもグレード別に「ベーシック/スタンダード/プレミアム」の3段階程度を用意しています。

予算重視であればベーシック、デザインや機能性重視であればスタンダード以上のプランを選択するのがいいでしょう。

マンションの水回りリフォーム3点セット・4点セットの相場

マンションの水回りリフォーム3点セット・4点セットの費用相場は以下の通りです。

<水回りリフォーム3点セット>

リフォーム箇所

費用相場

キッチン・浴室・トイレ

70万円〜180万円

浴室・トイレ・洗面

80万円〜135万円

キッチン・浴室・洗面

70万円〜185万円

 

<水回りリフォーム4点セット>

リフォーム箇所

費用相場

キッチン・浴室・トイレ・洗面

90万円〜290万円

 

予算に限りがあるものの4ヶ所全てをリフォームしたい場合には100万円以下で行うこともできますが、スタンダード以上のグレードを求めるのであれば150万円以上が予算の目安です。

200万円以上の予算があれば高いグレードのリフォームも実現できます。

一戸建ての水回りリフォーム3点セット・4点セットの相場

一戸建ての水回りリフォーム3点セット・4点セットの費用相場は以下の通りです。

<水回りリフォーム3点セット>

リフォーム箇所

費用相場

キッチン・浴室・トイレ

80万円〜180万円

浴室・トイレ・洗面

80万円〜135万円

キッチン・浴室・洗面

80万円〜185万円

 

<水回りリフォーム4点セット>

リフォーム箇所

費用相場

キッチン・浴室・トイレ・洗面

100万円〜300万円

 

一戸建てはマンションと比較してリフォームの自由度が高いので予算の目安も高い傾向にあります。

ベーシックなプランでは100万円程度で4ヶ所全てをリフォーム可能ですが、スタンダード以上のプランを求めるのであれば150万円以上の予算が必要です。

また、200万円以上の予算があれば高いグレードのリフォームも実現できます。

水回りリフォームパックのメリット・デメリット

水回りリフォームの3点セットや4点セットといったリフォームパックは非常に魅力的ですが、選択する前にメリットとデメリットは理解しておかなければなりません。

特に、デメリットを理解しておかなければ理想とするリフォームが実現できなくなってしまうことも考えられます。

水回りリフォームパックのメリットは費用を抑えられること

水回りリフォームパックのメリットは、それぞれを個別にリフォームするよりも費用を抑えられることです。

これは、費用を抑えるためにランクの低い商品を使用しているというわけではなく、リフォーム会社がセット売りする商品を一度に大量に仕入れることで仕入れ価格を抑えられているためです。

また、3ヶ所や4ヶ所のリフォームの依頼を一度に受けることで人件費や養生費、施工日数も削減できます。

個別にリフォームを行うとその都度かかってしまう諸経費を大幅にカットできる、つまりリフォームパックは商品代と人件費などの諸経費の両面からコストを抑えられるために支払う費用も抑えることができます。

水回りリフォームパックのデメリットは制限されること

水回りリフォームパックのデメリットは設備の選択肢が制限されることです。

リフォームパックはリフォーム会社が「リフォームパック」用に用意した商品に限定され、その中身を自由に選択することはできません。

もちろんセット内容が気に入れば何も問題はありませんが、好みのメーカーや製品がリフォームパックに入っているとは限りません。

また、リフォームパックは原則として「設備の入れ替え」を前提とした制限もあります。

これは、リフォーム前が壁付けのキッチンであった場合には壁付けのキッチンを選択しなければならず、もしカウンターキッチンにしたいといった場合には別途費用がかかる可能性があります。

このような制限についてはリフォーム会社によって様々なので、「リフォームパック内の費用で工事が可能か」「追加費用がかかる場合はいくらぐらいになるのか」といったことをリフォーム会社に確認しておくようにしましょう。

理想の水回りが実現できる全国展開のリフォーム会社ランキング

理想的な水回りリフォームを実現するためには、どのリフォーム会社に頼むかが重要です。

そこで、この記事では全国展開しているリフォーム会社を中心に、理想の水回りリフォームが実現できるリフォーム会社をランキング形式で紹介します。

 

サービス・会社名

1位

新築そっくりさん(住友不動産株式会社)

2位

LIXILリフォーム(株式会社LIXIL)

3位

積水ハウスリフォーム(積水ハウスグループ)

4位

ニッカホーム(ニッカホーム株式会社)

5位

大和ハウスリフォーム(大和ハウスリフォーム株式会社)

※弊社独自の調査

1位:新築そっくりさん(住友不動産株式会社)

新築そっくりさん

理想の水回りが実現できる全国展開のリフォーム会社ランキング1位は、住友不動産株式会社が提供する新築そっくりさんです。

新築そっくりさんを提供する住友不動産株式会社はリフォームだけでなくマンション・戸建て供給においても高い実績を誇っています。

そのようなスケールメリットを活かし、水周り製品においても大量発注によるコストダウンを実現することでグレードの高い設備もリーズナブルに導入可能です。

費用はリーズナブルですが品質管理は非常に厳しく行なっており、長年にわたって蓄積したノウハウを「施工要領書」にまとめ、スタッフ間で施工基準を統一できるようにしています。

また、新築そっくりさんでは質の高いリフォームを提供することはもちろんのこと、アフターサービスも充実しています。

水回りの設備は「保証料0円」で10年間の保証が保証が付帯されるので、機器本体が故障しても10年間は無料で修理してもらうことができます。

会社名

住友不動産株式会社

本社所在地

東京都新宿区西新宿2-4-1

設立年

1949年

資本金

1,228億500万円

従業員数

13,530人

営業拠点

沖縄を除く46都道府県

公式HP

https://www.sokkuri3.com/

2位:LIXILリフォーム(株式会社LIXIL)

LIXILリフォーム

理想の水回りが実現できる全国展開のリフォーム会社ランキング2位は、LIXILリフォームです。

LIXILリフォームの強みはなんといってもキッチンや浴槽などの水まわり製品を開発している会社であり、そのため水まわりリフォームに強いという点にあります。

営業所は全国に80ヶ所ありますが、近くにショールームがないといった方のためにはオンラインショールームを展開しており、専門の担当者に気軽に相談可能です。

また、LIXILリフォームはリフォーム後の保証やメンテナンスといったアフターサービスにもこだわりがあります。

例えば、10年保証は7,700円〜とお得な料金になっており、さらにリフォーム後も定期的に訪問するなどきめ細やかに対応してもらえます。

会社名

株式会社LIXIL

本社所在地

東京都江東区大島2-1-1

設立年

1949年

資本金

68,418百万円

従業員数

56,097人

営業拠点

九州・沖縄〜北海道まで全国80ヶ所

公式HP

https://www.lixil.co.jp/reform/

3位:ヤマダホームズ(株式会社ヤマダホームズ)

ヤマダホームズ

理想の水回りが実現できる全国展開のリフォーム会社ランキング3位は、ヤマダホームズです。

株式会社ヤマダホームズは高級注文住宅を得意とするハウスメーカーであり、注文住宅で培った提案力で暮らし方も含めたトータルな提案が魅力です。

また、初回に打ち合わせした担当者が最後まで担当することになるので、引き継ぎによる行き違いなどによるストレスがありません。

ヤマダホームズでは保証面も充実しており、水回り設備のリフォームについては無料で10年間の保証がつきます。

回数制限や保証上限もなく、出張料も含めて修理交換経費が無料になるのは嬉しいポイントです。

水回りだけでなく、家を全体的にリフォームしたいという方にもおすすめできます。

4位:ニッカホーム(ニッカホーム株式会社)

ニッカホーム

理想の水回りが実現できる全国展開のリフォーム会社ランキング4位は、ニッカホームです。

ニッカホームは九州から東北まで88ヶ所に拠点を持つリフォーム専門会社であり、完全自社施工にこだわりを持っています。

営業担当と施工担当が一体となってリフォームに取り組むので、施工品質を高く保つことで顧客満足度を高めることにつながっています。

また、ニッカホームでは環境への取り組みにも力を入れており、廃材使用率は約80%と高い数字です。

リフォームと廃材は切っても切れない関係ですが、持続可能な社会を目指してリサイクルにも力を入れています。

理想の水回りリフォームはもちろんのこと環境にも配慮したリフォームにしたいという方におすすめのリフォーム会社です。

会社名

ニッカホーム株式会社

本社所在地

愛知県名古屋市緑区篭山2-1225

設立年

1987年

資本金

8,000万円

従業員数

1,249人

営業拠点

九州〜東北まで全国88ヶ所

公式HP

https://www.nikka-home.co.jp/

5位:大和ハウスリフォーム(大和ハウスリフォーム株式会社)

大和ハウスリフォーム

理想の水回りが実現できる全国展開のリフォーム会社ランキング5位は、大和ハウスリフォームです。

大和ハウスリフォームでは「Heart One Reform(ハートワンリフォーム)」をコンセプトに、住む人のライフステージに合わせてその時に一番心地よいカタチへと住まいを進化させることを目指しています。

水回りのリフォームもライフステージに合わせてリフォームする必要があり、大和ハウスリフォームのコンセプトにもピッタリです。

また、水回りだけでなく、将来の大幅なリフォームについてもしっかりと相談することができます。

会社名

大和ハウスリフォーム株式会社

本社所在地

大阪府大阪市中央区博労町3-5-1

設立年

2003年

資本金

1億円

従業員数

2,247人

営業拠点

全国72ヶ所

公式HP

https://www.daiwahouse-reform.co.jp/

水回りのリフォーム費用を抑える4つのコツ

水回りリフォームは4ヶ所全てのリフォームとなると少なくとも100万円近くの費用が必要であり、個別のリフォームであっても決して安くはありません。

そのため、少しでもリフォーム費用を抑えたい方は多いでしょうが、水回りリフォームの費用を。抑えるにはコツがあります。

水回りリフォームの費用を抑える4つのコツは以下の通りです。

  • 4点セットなどの水回りリフォームパックを利用する
  • 必ず複数の業者から相見積もりを取る
  • 住宅ローン減税を利用する
  • 水回りのリフォームで利用できる補助金を活用する

それぞれの費用を抑えるコツについて詳しく解説していきます。

4点セットなどの水回りリフォームパックを利用する

水回りリフォームの費用を抑えるのであれば、この記事中にも触れた4点セットや3点セットといった水回りリフォームパックを利用すべきです。

リフォームパックは設備の選択肢を狭めてしまうデメリットもありますが、1ヶ所1ヶ所リフォームする場合と比較してかなり費用を抑えることができます。

希望する設備があり譲ることができないという方にはおすすめできませんが、各リフォーム会社が提供するリフォームパックに気にいるものがあれば必ず利用すべきです。

グレードの高い設備がお得に導入できる可能性があるのもリフォームパックの良い面です。

必ず複数の業者から相見積もりを取る

水回りリフォームの費用を抑えるには必ず複数の業者から相見積もりを取ることが重要です。

相見積もりを取ることでより安い業者を見つけることができるのはもちろんのこと、適正価格を知ることもできます。

そして、見積りを受け取ったら合計費用だけを確認するのではなく、その内訳を確認するようにしましょう。

その見積りの中には商品代金だけでなく工事費や出張費、廃材処分費といった諸経費が含まれているのか、追加費用がかかる可能性はあるのかなどしっかりと確認する必要があります。

また、アフターサービスなどの保証内容もしっかりと確認しておかなければなりません。

例えば、10年保証が無料で付帯されるような業者であれば、他の業者よりも多少高くても将来的にはお得と考えることもできます。

住宅ローン減税を利用する

水回りリフォームの費用を抑えるコツとして住宅ローン減税を利用することもできます。

住宅ローン減税はどのようなリフォームにも活用できるわけではありませんが、対象となれば所得税から控除され控除されることで間接的に費用を抑えることが可能です。

住宅ローン減税の対象となるリフォームは以下の通りです。

  • 耐震リフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネリフォーム
  • 同居対応リフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム
  • その他の増改築

この中で、耐震リフォーム以外は水回りリフォームでも該当する可能性があります。

例えば、トイレや浴室に手すりを付ける、段差を無くすなどすればバリアフリーリフォームとして住宅ローン減税の対象となります。

住宅ローン減税を受けるために予算を超えるリフォームを行う必要はないですが、対象となるリフォームを行なっている場合には住宅ローン減税の申請を行うようにしましょう。

水回りのリフォームで利用できる補助金を活用する

水回りリフォームの費用を抑えるコツとして、水回りのリフォームで利用できる補助金を活用するという方法もあります。

補助金は各自治体で申し込むことができ、住宅ローン減税と併用できることも多いです。

例えば、大阪府和泉市では「いずみ安心住まいる(スマイル)事業」として、転倒防止の手すりをトイレや浴室に付けるといった水回りのリフォームには最大45,000円の補助金が出ます。

これは、家庭での事故を防止するためのリフォームに交付される補助金なので、単純な水回りリフォームでは受けることができないという点には注意が必要です。

(参照:和泉市「いずみ安心住まいる(スマイル)事業」

また、神奈川県横浜市では省エネ住宅補助制度という補助金があり、水回りのリフォームで浴室のみ適用になりますが、浴室に高断熱浴槽(「こどもみらい住宅支援事業」において登録されている建材、もしくはJIS A 5532に規定する「高断熱浴槽」と同等以上の性能を有するもの)を導入する場合には34.9万円の補助金が出ます。

(参照:横浜市「省エネ住宅補助制度」

水回りリフォームに活用できる補助金はあまり多くはありませんが、省エネやバリアフリーに絡めた水回りリフォームであれば活用できる補助金が多くの自治体から出ています。

省エネやバリアフリーに当てはまりそうであればお住まいの自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

水回りリフォームにかかる期間

水回りリフォームにかかる期間の目安は主に以下の通りです。

リフォーム箇所

期間

キッチン

約2日〜3週間

浴室

約3日〜1週間

トイレ

約1日〜5日

洗面所

約1日〜3日

キッチンは交換工事のみであれば2日以内に終わる場合が多いのですが、壁付けからカウンターキッチンなどレイアウトの変更が生じる場合には配管工事や電気工事が必要となり、最大で3週間程度かかります。

浴室も浴槽の入れ替えだけであれば3日程度で終わりますが、在来浴室からユニットバスへのリフォームの場合には1週間程度の期間が必要です。

トイレや洗面所は基本的に数日で終了しますが、トイレの内装工事が発生した場合には5日程度みた方がいいでしょう。

給湯器工事はミズテックにお任せ!

ミズテック

もし給湯器の交換・修理をご検討中であればミズテックにお任せください!

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:給湯器が最大91%OFF!

ミズテックでは、最大91%オフで給湯器を購入できます。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

まとめ

水回りのリフォームは新築、もしくは以前リフォームした時から10年〜20年でリフォームが必要になります。

10年〜20年経過していればライフスタイルにも変化が生じるので、変化に合わせた適切なリフォームを行うといいでしょう。

そして、適切なリフォームを行うためには、どのリフォーム会社に頼むかが非常に重要です。

今回紹介したリフォーム会社を中心に複数社から見積りを取り、理想の水回りリフォームができるリフォーム会社を選ぶようにしましょう。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ