エコキュートのフルオートとは?セミオートとの違いやメリット・デメリット、人気ランキングを総まとめ

「エコキュートのフルオートって何だろう」「うちはフルオートにするべきなのかな」

そうお悩みではありませんか?

エコキュートは種類や機能も多く、選び方に迷ってしまいますよね。

そこで今回は、エコキュートのフルオートタイプとは何かを詳しく解説いたします!

セミオートとの違いやメリット・デメリットについても解説するので、この記事を読めばエコキュートの機種などについて迷うことはもうありません!

それでは早速、エコキュートのフルオートとは何かを解説していきます。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコキュートのフルオートタイプとは

三菱エコキュート SRT-W465 460Lフルオート 角形標準タンク

エコキュートのフルオートタイプとは、給湯や追い焚き、保温、貯水足し湯といった機能が全て自動化されているタイプのエコキュートです。

ボタン一つでエコキュートのあらゆる機能が利用できるため利便性が高いほか、オプション機能を付けることで入浴時間をさらに快適にすることができます。

エコキュートのフルオートとセミオートの違いは?

フルオート/オート/給湯専用

エコキュートには以下の3つのタイプがあります。

  • フルオート
  • セミオート
  • 給湯専用

セミオートはメーカーによって表記に違いがあり、ダイキンは「オート」、三菱は「エコオート」と表記されます。

フルオートとセミオートの最も大きな違いは追い焚き機能の有無です。

  フルオート セミオート
給湯
追い焚き ×
保温 ×
足し湯
熱回収機能 ×
追い焚き配管自動洗浄機能 ×
オプション機能追加

 

追い焚きは専用配管から残り湯を回収し、温め直したお湯を再び浴槽に戻すという流れですが、追い焚き専用配管はフルオートタイプにしか付いてないためセミオートで追い焚きを利用することはできません。

しかし、セミオートでお湯を温め直すことができないわけではありません。

足し湯機能を使うことでお湯を温め直すことは可能ですが、足し湯も手動で行う必要があり、また入浴中の高温の足し湯は熱さを感じる場合もあります。

一方フルオートでは温め直すためではなく浴槽の水位が下がったことを感知して自動で適切な水位まで戻すために足し湯を行います。

ボタン一つで家族全員が適切な水位での入浴が可能です。

その他にも自動保温機能や熱回収機能、追い焚き配管洗浄機能、オプション機能の追加などフルオートとセミオートでは大きく違いがあります。

オプション機能はセミオートでも使用できるものがありますが、フルオートでしか利用できないオプションが多くあり快適な入浴時間をより快適なものにすることができます。

エコキュートをフルオートにする4つのメリット

エコキュートには3つのタイプがあることは前述しましたが、その中でもフルオートを選択することには以下の4つのメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

ワンタッチでさまざまな機能が使用できる

エコキュートをフルオートにするメリット1つ目は、ワンタッチで様々な機能が使用できるという点です。

エコキュートは浴室内やキッチンにリモコンが設置されていますが、その内容は視覚的に分かりやすく、そのボタンをワンタッチするだけで給湯や追い焚き、配管洗浄といったさまざまな機能を使用できます。

また、機種によってはボタンではなく液晶画面のリモコンや音声案内の充実により、さらに感覚的に使用できるようになっています。

自動運転で省エネ効果

エコキュートをフルオートにするメリット2つ目は、自動運転で省エネ効果があるという点です。

フルオートタイプのエコキュートには学習機能が搭載された機種が多くあります。

過去に利用した湯量や浴槽内のお湯の冷め方、浴槽内のお湯の減り方などを学習することで、家庭ごとに適切な給湯や保温、足し湯などを行うことが可能です。

このような学習機能を使用することで、自身で給湯や追い焚きを行うよりも確実な省エネを実現できます。

エコキュートのフルオートにすることで毎日快適に入浴することと省エネを同時に実現可能です。

追い焚き配管の自動洗浄で衛生的なお風呂に

エコキュートをフルオートにするメリット3つ目は、追い焚き配管の自動洗浄ができるという点です。

エコキュートではフルオートタイプのみに追い焚き機能がついているため、セミオートタイプや給湯専用タイプにはない追い焚き配管が設置されています。

配管が他のタイプと比較して1本多いことから掃除が面倒に感じるかもしれませんが、フルオートタイプのエコキュートでは多くの機種で追い焚き配管の自動洗浄機能が付いており、いつでも衛生的に入浴することができます。

追い焚き配管は使用済みのお湯が通ることから他の配管と比較して汚れやすいものであり、自動洗浄がなければ自身で薬剤での洗浄を定期的に行わなければなりません。

しかし、自動配管洗浄があれば自身での薬剤洗浄の頻度を少なくすることができます。

ただし、すべての機種に追い焚き配管の自動洗浄があるわけではないため、追い焚き配管の洗浄機能が必要な場合には機能の有無を確認してから購入するようにしましょう。

オプションでさらに快適な入浴時間

エコキュートをフルオートにするメリット4つ目は、フルオートだけに追加できるオプションが多くあるという点です。

エコキュートはオプション機能を追加することでさらに快適な入浴時間を過ごすことができるようになりますが、多くのオプションがフルオートでしか利用することができません。

例えば、ダイキンでは「ウルトラファインバブル入浴」がオプション機能として用意されていますが、これはフルオートタイプのみの対応です。

また、オプションではなくシリーズ別に機能を分けている場合もあります。

例えば、三菱の場合には「ホットあわー」というマイクロバブルの機能が「Pシリーズ」のみに、浴槽のお湯の菌の増殖を抑える「キラリユキープ」は「Pシリーズ」と「Sシリーズ」のみの対応といった具合です。

エコキュートのフルオートはオプション機能が充実している、もしくはシリーズ別で機能の充実がはかられているため、自身の状況に合わせてさらに快適な入浴時間を過ごすことができます。

エコキュートをフルオートにする3つのデメリット

エコキュートのフルオートには他の2タイプと比較して以下のデメリットがあります。

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

本体価格が高い

エコキュートをフルオートにするデメリット1つ目は、本体価格が高いという点です。

前述したようにエコキュートのフルオートは給湯だけでなく保温や追い焚き、足し湯などといったさまざまな機能を自動で行うことができます。

よって給湯専用やセミオートとの機能差が大きい分、エコキュートの本体価格もフルオートの方が高くなってしまいます。

ただし、価格差はあまり大きくはなく、機能差と10年程度は使用することを考慮すれば価格でフルオートとセミオートを間用必要はないでしょう。

以下はエコキュートのフルオートとセミオートの価格さの一例です。

  • 370リットル

三菱Aシリーズ(フルオート)<SRT-C37>

三菱Aシリーズ(セミオート)<SRT-C37>

価格差
415,750円 387,750円 30,000円

コロナハイグレードタイプ(フルオート)<CHP-37AX3>

コロナスタンダードタイプ(セミオート)<CHP-37SAX3> 価格差
395,500円 367,500円 28,000円
  • 460リットル

ダイキンSシリーズ(フルオート)<EQSN46SFV>

ダイキンSシリーズ(セミオート)<EQSN46SSV>

価格差
447,250円 425,550 21,700円

パナソニックJシリーズ(フルオート)<HE-JU46HQS>

パナソニックJシリーズ(セミオート)<HE-JU46HSS>

価格差
509,600円 445,600円 64,000円

上記のように、フルオートとセミオートの価格差は約20,000円〜65,000円程度です。

機種や設置業者によっては1万円程度の差のエコキュートもあることから、大きなデメリットとも言えなくなっています。

機能が多すぎると感じる場合も

エコキュートをフルオートにするデメリット2つ目は、機能が多すぎると感じる場合もあるという点です。

家族が多い場合には追い焚き機能や保温機能など便利な機能が多いフルオートのエコキュートですが、世帯人数が2人程度だったり高齢の世帯にはあまり必要のない機能だったり機能自体が複雑に感じることもあるでしょう。

特に世帯人数が少ない場合には省エネ性能も感じづらいために本体価格の高さがネックになるかもしれません。

世帯人数が2人以下の世帯や追い焚きや保温といった機能を毎日使わないという方の場合にはフルオートではなくセミオートや給湯専用のエコキュートでも問題ないかもしれません。

新たに配管工事が必要になる可能性あり

エコキュートをフルオートにするデメリット3つ目は、新たに配管工事が必要になる可能性があるという点です。

フルオートには追い焚き用の配管が必要になります。

初めてエコキュートを使用するご家庭はもちろんのこと、これまでエコキュートを使用していたご家庭でもセミオートや給湯専用からの買い替えの場合には新たに配管工事が必要です。

配管工事はお風呂の壁と浴槽に穴を開け新規に配管を通すという工程が必要ですが、そのため思ったよりも工事代金が高くなってしまったという事態も考えられます。

後で後悔しないためにも、工事代金を含めた見積もりをしっかりと取るようにしましょう。

フルオートのエコキュートでは入浴剤に制限がある!

フルオートのエコキュートを使用している場合には使用できる入浴剤に制限があります。

また、フルオートのエコキュートで入浴剤を使用する場合には以下の点に注意しましょう。

  • メーカー推奨の入浴剤を使用する
  • 自動配管洗浄をオンにする
  • 入浴剤の使用方法を遵守する
  • 定期的に薬剤を使用した配管洗浄でメンテナンスを行う

入浴剤を使用する場合には上記の注意点を守りながらメーカー推奨の入浴剤を使用するようにしましょう。

例えば、パナソニックで推奨されている入浴剤でも三菱では使用できないということも考えられるため、使用しているメーカー推奨の入浴剤のみを使用するようにしてください。

メーカー推奨以外の入浴剤を使用した場合には以下のトラブルが起こる可能性があります。

  • フィルターの目詰まり
  • 配管の根詰まり
  • 配管の腐食

上記のようなトラブルが起きるとお湯が出ない、エコキュートからの水漏れといった故障につながることもあります。

故障すれば修理費用もかかりますが、メーカー推奨外の入浴剤を使用したことでメーカー補償が受けられない可能性もあります。

入浴剤を使用する場合にはメーカー推奨のものだけを使用するようにしましょう。

>>各メーカーで推奨している入浴剤について詳しく見てみる

エコキュートをフルオートから給湯専用にすることは可能か

エコキュートをフルオートで購入したものの、子どもの独立など家族構成の変化によって次は給湯専用でもいいという場合もあるでしょう。

フルオートから給湯専用にするには追い焚き配管の撤去などの工事が必要になりますが変更することは可能です。

フルオートが非常に便利なことからセミオートや給湯専用に変更することは非常に稀ですが、ご家庭の状況に合わせて選択するようにしましょう。

フルオートのエコキュート370l人気ランキング

1位:三菱電機「エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W375」

フルオートのエコキュート370l人気ランキング1位は、三菱電機「エコキュート Aシリーズ フルオートダブル追いだき 370L SRT-W375」です。

主な機能は以下の通りです。

  • 年間給湯保温効率3.3
  • 三菱こだわりの先進仕様
  • フルオートW追いだき
  • スマートリモコン
  • 耐震クラスS
  • 電力自由化対応
  • 省エネ制御
  • あったかリンク
  • お天気リンクEZ/AI

2位:パナソニック「エコキュート NSシリーズ フルオート 370L HE-NS37KQS」

フルオートのエコキュート370l人気ランキング2位は、パナソニック「エコキュート NSシリーズ フルオート 370L HE-NS37KQS」です。

主な特徴は以下の通りです。

  • 年間給湯保温効率3.3
  • エコキュート専用アプリ
  • ソーラーチャージ
  • AIエコナビ
  • 真空断熱材
  • 4本脚耐震設計技術
  • HOME IoT(AiSEG)対応

3位:ダイキン「エコキュート フルオート 370L EQ37WFV」

フルオートのエコキュート370l人気ランキング3位は、ダイキン「エコキュート フルオート 370L EQ37WFV」です。

主な特徴は以下の通りです。

  • 年間給湯保温効率3.6
  • パワフル高圧給湯
  • スマート貯湯
  • ターボ沸き上げ
  • ツイン給湯
  • 温浴タイム
  • チャイルドロック

フルオートのエコキュート460l人気ランキング

1位:三菱電機「エコキュート フルオートダブル追いだき 460L SRT-W465」

フルオートのエコキュート460l人気ランキング1位は、三菱電機「エコキュート Aシリーズ フルオートダブル追いだき 460L SRT-W465」です。

主な機能は以下の通りです。

  • 年間給湯保温効率3.3
  • 三菱こだわりの先進仕様
  • フルオートW追いだき
  • スマートリモコン
  • 耐震クラスS
  • 電力自由化対応
  • 省エネ制御
  • あったかリンク
  • お天気リンクEZ/AI

2位:ダイキン「エコキュート フルオート 460L EQ46WFV」

フルオートのエコキュート460l人気ランキング2位は、ダイキン「エコキュート フルオート 460L EQ46WFV」です。

  • 年間給湯保温効率3.3
  • パワフル高圧給湯
  • スマート貯湯
  • ターボ沸き上げ
  • ツイン給湯
  • 温浴タイム
  • チャイルドロック

3位:パナソニック「エコキュート NSシリーズ フルオート 460L HE-NS46KQS」

フルオートのエコキュート460l人気ランキング3位は、パナソニック「エコキュート NSシリーズ フルオート 460L HE-NS46KQS」です。

主な特徴は以下の通りです。

  • 年間給湯保温効率3.3
  • エコキュート専用アプリ
  • ソーラーチャージ
  • AIエコナビ
  • 真空断熱材
  • 4本脚耐震設計技術
  • HOME IoT(AiSEG)対応

>その他でおすすめなエコキュートを見てみる

エコキュート工事はミズテックにお任せ!

ミズテック

もし給湯器・エコキュートの交換・修理をご検討中であればミズテックにお任せください!

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:エコキュートの業界最安値挑戦中!

ミズテックでは、エコキュートの業界最安値挑戦中です。定価の半額以下の値段にて、エコキュートの購入はもちろん、取り付け工事も行います。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

まとめ

エコキュートには「給湯専用」「セミオート」「フルオート」の3つのタイプがありますが、各メーカーから出されているエコキュートの7割程度がフルオートタイプです。

フルオートは非常に便利な機能が多いですが世帯人数などによっては価格が高くなることもあるため、ご家庭の状況に合わせて選択する必要があります。

ただし、選択肢はフルオートタイプが非常に多いので、エコキュートの購入を考えている場合には基本的にフルオートタイプを基本線として問題ないでしょう。

  フルオート セミオート
給湯
追い焚き ×
保温 ×
足し湯
熱回収機能 ×
追い焚き配管自動洗浄機能 ×
オプション機能追加
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ