給湯器が壊れる前兆?ガス給湯器の平均寿命と交換時期のサイン

LINEで簡単30秒見積もり

LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加

かんたん概算料金チェック

ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?
氏名
お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です
氏名
メールアドレス
こちらより友達追加後、見積希望とお知らせください。
見積希望を受け付けました!

ガス給湯器の平均寿命は?



ガス業界を掌握する経済産業省や給湯器メーカーでは、一般的な「寿命時期」を「設計上の標準使用期間」や「取替時期」、「交換時期」と表現しています。

設計上の標準使用期間とは、給湯器が安全上支障なく使用することができる期間で、給湯器メーカーはその目安を10年としています。

一般的に10年を経過した給湯器は、部品の劣化や摩耗が進むため、故障するリスクが高くなります。仮に故障した場合、部品を交換してしまえば本来の給湯能力を取り戻すことができます。

しかし、給湯器の製造終了から約10年間はメーカー側で部品を保有していますが、それ以上の期間が経過すると部品の保有がなく修理ができない可能性が高くなるため、給湯器の交換を余儀なくされるケースがあります。

また、故障した当該部品の交換が可能な場合でも、その後、他の部品の劣化による故障が懸念されます。

一般的な表現として用いられる「寿命」という言葉を使用するのであれば、給湯器メーカー側で交換する部品の保有がなく修理が不可能となった、または、部品を交換しても本来の給湯能力が回復しない時点が寿命時期であると言えます。

上述してきた内容より、給湯器の使用年数が10年以上の場合は、給湯器の寿命時期と認識しておくべきです。

<参考>
ノーリツ:【製品の寿命】点検・取り替えの目安について
リンナイ:ガス給湯器の点検・取替え目安は10年です

給湯器が壊れる前兆!給湯器の経年劣化の症状

エラーコードが何度も表示される

エラーコードが表示された場合は、一先ずリセット操作などで解決できることがあります。
しかし、潜在的な原因が取り除かれていない場合は、再びエラーコードが表示され給湯器の運転が停止します。

このように何度もエラーコードが表示される場合は、給湯器内部部品の経年劣化による故障の可能性が極めて高い事象であると言えます。

お湯の温度が安定しない

先ほどまでお湯が出ていたシャワーや水道のお湯が途中で水になる、またお湯が急に熱くなることがあり、その場合の原因は多岐に渡ります。

原因と対処法は、こちらの記事の「給湯器によくある故障や症状について⇒給湯温度が一定しない」でご紹介していますが、原因の一つに、給湯器部品の経年劣化による故障も考えられます。

異音がする

給湯器は以下の通り、「正常音」と「異常音」の2つの音に分けることができます。

正常音

異常音

ブーン

ピーッ

ピヨピヨ

ボンッ

グワン

キーン

ウーン

ゴーッ

クックックー

ポコンポコン

ジュージュー

 


ここで注意するべきは当然ながら異常音が聞こえる場合であり、場合によっては給湯器部品の劣化が原因で不完全燃焼を起こしているケースがあります。

経年劣化が原因で発生する異常音については、こちらの記事の「給湯器から異音が出る?うなり音の判別方法と対処法について」をあわせて確認してみて下さい。

ガス臭いにおいがする

給湯器からガスのにおいや焦げ臭い異臭を感じた場合は、給湯器内部部品の経年劣化が原因で不完全燃焼が発生し、一酸化炭素中毒や爆発的な火災を引き起こしかねない非常に危険な状態である場合があります。

その他、異臭の原因などについては、こちらの記事も参照してみて下さい。

追い焚きができない

追い焚きができない原因の多くは、浴槽内の水位不足による操作ミスや掃除不足などが主な原因ですが、その他にもおいだきに関係する給湯器部品の経年劣化による故障も発生することがあります。

水漏れしている

給湯器の底から水漏れが目視で確認できる場合は、大雨などで水が入り込む以外に、給湯器内部の水径路(熱交換器の破損など)の部品の経年劣化が原因の場合があります。

水漏れは不完全燃焼や火災を引き起こすリスクが高いため、大変危険な状態であると認識しておくべきです。
その他、水漏れの原因などについては、こちらの記事も参照してみて下さい。

排気口周辺が黒く汚れている

排気口周辺が黒く汚れている場合は、給湯器内部の部品の経年劣化が原因で不完全燃焼を起こし、黒いすすが排気口周辺に付着している可能性が考えられます。

すすが確認できる場合は、不完全燃焼による一酸化炭素中毒の危険性が高まるため、明らかな寿命であると捉えて給湯器の使用を即中止しましょう。

排気口周辺や前板が錆びている

排気口周辺や前板が錆びている場合は、給湯器内部からの水漏れによる腐食が一つの原因であることが挙げられます。

ただし、錆が確認できるからといってその時点で寿命が近いとは判断しにくいケースもありますが、錆が給湯器下部の広範囲に渡って確認することができ、また穴あきが目視で分かるような状況の場合は、給湯器内部の部品の経年劣化による水漏れを疑っておきましょう。

黒煙が出ている

給湯器内部の経年劣化によって不完全燃焼を起こしており、一酸化炭素中毒を引き起こす可能性が非常に高い危険な状態で完全な故障です。

屋外設置型の給湯器の場合は、定期的にご自身で屋外の給湯器の状態を確認する機会が少ないため、ご自身よりもご近所やガス会社などの周囲からの気づきで判明することが多いケースです。

経年劣化の放置は危険

給湯器が不調であるにも関わらず、長い期間に渡って不調のまま使い続けることにより、最悪は人命をも脅かす事態に発展しかねません。

給湯器の不調の状態で使い続けることによる最も怖い危険性は以下の通りです。

①不完全燃焼によって一酸化炭素中毒症状を引き起こす危険性
②電気的ショートによる発火の危険性

特に一酸化炭素は、無色無臭の毒性の強い気体であり、吸入すると気がつかないうちに軽い頭痛や吐き気、失神を引き起こし、最悪は意識不明となり死に至ることもあるため、このことを深く認識しておく必要があります。

給湯器を交換する際のポイントと注意点

どこに依頼するか

給湯器の交換の依頼先は主に、「給湯器メーカー」「ガス会社」「給湯器専門業者」の3つの業者が挙げられます。

3つの業者はそれぞれに特徴があり、中でも給湯器専門業者は、どこの業者よりも格安で交換ができるので大変お得です。
しかし、業者選びは価格だけでなく、スタッフの対応の誠実さや分かりやすく丁寧な説明、安心感など最終的にはこの業者であればお任せできると思えることがとても大切です。

参考までに各業者の特徴は以下の通りです。

■業者の特徴
①給湯器メーカー
主に給湯器の修理や点検をおこなっており、給湯器メーカーの強みである修理ノウハウの蓄積はどこよりも豊富です。
<給湯器メーカー>
リンナイ・ノーリツ・パロマ・パーパス・長府・ハーマン・ガスターなど

②ガス会社
給湯器の修理と交換の両方を手掛け、何よりも日頃から身近な存在として、どこの業者よりも安心感は抜群です。
<ガス会社>
東京ガス・大阪ガス・西部ガス・エネオスグローブエナジー・TOKAI・地場企業など

③給湯器専門業者
主に給湯器の交換をおこなっており、一部の業者では修理も対応しています。強みとして交換費用がどこよりも安く、品揃えが豊富であることが挙げられます。
<給湯器専門業者>
ミズテック・正直屋・湯ドクター・キンライサーなど

給湯器の選び方

給湯器は、それぞれに搭載されている給湯能力や機能などに違いがあるため、下記の6つのポイントを参考にご家庭に合った給湯器を選んでみて下さい。

あわせてこちらの記事も参考にしてみて下さい。

■給湯器の設置タイプ
給湯器は、屋内設置用と屋外設置用があり、さらに設置タイプには、建物の壁面に設置する「壁掛けタイプ」と地面に直置きする「据え置きタイプ」の2通りがあります。給湯器交換の際には、現在設置されている場所と同じ場所へ設置することが一般的です。

■給湯器の種類
給湯器の種類は、大きく6種類に分けることができます。そのうち下記の4種類が主流となっている種類です。

①給湯専用:給湯のみのシンプルな給湯器
②ふろ給湯器:自動湯はり・給湯・循環式追い焚きを兼ね備えた給湯器
③給湯暖房熱源機:自動湯はり・給湯・循環式追い焚き・暖房(床暖房・浴室暖房乾燥)を兼ね備えた給湯器
④高温水供給式:自動湯はり・給湯・※高温差し湯追い焚きを兼ね備えた給湯器
※高温差し湯追い焚きとは、浴槽に高温水を供給し、おいだき機能つき給湯器のようなお
いだき感覚を味わうことができる機能のこと。

給湯器の選び方は、ご家庭のライフスタイルに合わせた選択が一番おすすめです。

例えば、ご家族の人数がご夫婦2人であれば、お風呂に入っている時間がそれほど長くないため、給湯のみでお湯を貯める給湯専用タイプを選択する方法があります。人数の多いご家庭では、いつでも温かいお風呂に浸かることができ、お湯が減っても足し湯ができる機能をもったふろ給湯器を選択するなどといった考え方があります。

■給湯器の給湯能力
給湯器の能力とは、一般的に「号数」で表され、一般家庭では10号、16号、20号、24号の4種類が主流です。号数が大きいほど、一度に多くのお湯を出すことができます。

参考までに、家族構成が1人~2人の場合は16号~20号、3人以上の場合は20~24号が必要号数の目安です。

■給湯器の機能
ふろ給湯器と給湯暖房用熱源機には、機能として「フルオートタイプ」と「オートタイプ」の2種類があります。

オートタイプ給湯器の主な機能は、給湯・自動湯はり・自動追い焚き・自動保温で、フルオートタイプの給湯器は、前述した機能に加えて「自動足し湯」と「追い焚き配管洗浄」ができる機能を兼ね備えています。

実際に両者の違いが顕著な点は、追い焚き配管洗浄であり、ふろ給湯器と給湯暖房用熱源機の機能を選ぶ際は、洗浄機能の必要性の有無で検討してみて下さい。

■給湯器リモコンの機能
給湯器のリモコンは、給湯器メーカー各社で特色に違いがあり、給湯器リモコンのデザインや操作性などで給湯器メーカーを選択する方がいるほどです。

リモコン機能は正直好みが分かれるため、各社のカタログやホームページをご覧ください。

■給湯器従来型とエコジョーズ
給湯器は、従来から使用されてきた給湯器(従来型)と、ガス光熱費削減や環境性に配慮したCO2削減などを目的として、排熱を再利用してお湯を作るエコジョーズ給湯器の2種類があります。
簡単に説明すると、両者の大きな違いは熱効率にあります。

従来型に比べエコジョーズは熱効率が高く、毎月のランニングコストを抑えることができます。
ただし、機器本体の価格は従来型が安いため、ランニングコストまでを含めて10年後までを見据えた選び方がおすすめです。

給湯器の価格と交換費用

給湯器本体の価格や交換にかかる費用は、業者によって大きく異なります。
価格だけでみると、一般的に交換を専門としているミズテックのような給湯器専門業者が安く交換することができます。

目安となる交換費用相場については、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

給湯器の交換は迅速に対応してもらえる業者へ依頼しよう

給湯器の故障は、早期対応が大切であり、ガス事故を未然に防ぐ重要なポイントです。

給湯器の不調を感じたら、迅速に、そして幅広く対応してもらえるプロの業者へ相談しましょう。

給湯器専門業者「ミズテック」に相談すれば、急なご依頼でも最短6時間でかけつけ、交換のアドバイスをはじめ、高度な技術と確かな経験をもって格安での交換が可能です。