menu

ガス給湯器が壊れる前兆?給湯器の寿命(耐用年数)と交換時期

「そろそろうちのガス給湯器が壊れる時期かも・・」

そうお考えではありませんか?

給湯器の不調をそのままにしておくと、甚大な被害に及ぶ可能性はあります。かといって、すぐに交換するのもはばかれますよね。

そこで今回は、給湯器が壊れる前兆をご紹介します。

その中でも危険な症状に当てはまっていたら、すぐに使用をやめて業者に交換を依頼してください。

○給湯器が壊れる前兆9選

  • エラーコードが何度も表示される
  • お湯の温度が安定しない
  • 異音がする
  • ガス臭いにおいがする→危険!
  • 追い焚きができない
  • 水漏れしている→危険!
  • 排気口周辺が黒く汚れている→危険!
  • 排気口周辺が前板がさびている→危険!
  • 黒煙が出ている→危険!

給湯器が壊れる前兆!給湯器寿命が来ている症状

給湯器が不調なまま長い期間使い続けることにより、最悪は人命をも脅かす事態に発展しかねません。

  1. 不完全燃焼によって一酸化炭素中毒
  2. 電気的ショートによる発火

特に一酸化炭素は、気がつかないうちに吸入すると軽い頭痛や吐き気、失神を引き起こし、最悪は意識不明となり死に至ることもあります。

ここでは、それを防ぐために給湯器が壊れる前兆をご紹介します。

エラーコードが何度も表示される

給湯器が不調になると、基本的にエラーコードが表示されます。

リセット操作などで一旦治ることもありますが、根本の原因が解決していない場合は再び表示されます。

何度もエラーコードが表示される場合は、部品の経年劣化による故障の可能性が高いです。

一旦はエラーコードの対処をしつつ、表示の頻度が高い場合は早めに業者に点検を依頼すると安心です。

お湯の温度が安定しない

お湯が出にくい・急に冷たくなることも良くあります。

様々ある原因の一つに、給湯器部品の経年劣化による故障も考えられます。

特に危険性はないのですが、あまりにも頻度が高いようであれば業者に相談するといいでしょう。

一部部品のみの劣化であれば修理がお得ですが、複数の部品にわたると給湯器交換の方がお得です。

異音がする

例えば「ピーッ」「ボンッ」などの音がなっていると、経年劣化故に不完全燃焼している可能性があります。

いつも鳴らない音が鳴り始めた場合は、業者に問合せするといいでしょう。正常な場合が多いですが、時々危険な音が鳴っているので要注意です。

正常音 異常音
  • ブーン
  • ピヨピヨ
  • グワン
  • ウーン
  • クックックー
  • ジュージュー
  • ピーッ
  • ボンッ
  • キーン
  • ゴーッ
  • ポコンポコン

ガス臭いにおいがする

給湯器からガス臭さ・焦げ臭さがした場合は、一酸化炭素中毒や爆発的な火災を引き起こしかねない非常に危険な状態であるかもしれません。

部品の経年劣化が原因で不完全燃焼が発生している可能性が高いです。

異臭がした場合は、できるだけ早く業者に連絡しましょう。

その他、異臭の原因などについては、以下の記事も参照してみて下さい。

追い焚きができない

操作ミスによる浴槽内の水不足・掃除不足などにより追い焚きができないことがあります。

その他にも、追い焚きに関係する部品の経年劣化による故障も考えられます。

特に危険性はないのですが、あまりにも頻度が高いようであれば業者に相談するといいでしょう。

一部部品のみの劣化であれば修理がお得ですが、複数の部品にわたると給湯器交換の方がお得です。

水漏れしている

給湯器から水が漏れ出ている場合、内部の水径路(熱交換器の破損など)の部品の経年劣化による水漏れの可能性があります。

水漏れは不完全燃焼や火災を引き起こすリスクが高いため、大変危険な状態です。

怪しい場合は迷わず業者に相談するといいでしょう。

その他、水漏れの原因などについては、以下の記事も参照してみて下さい。

排気口周辺が黒く汚れている

排気口周辺が黒く汚れている場合は、給湯器内部の部品の経年劣化が原因で不完全燃焼を起こし、黒いすすが排気口周辺に付着している可能性が考えられます。

すすが確認できる場合は不完全燃焼による一酸化炭素中毒の危険性が高まるため、給湯器の使用を即中止しましょう。

排気口周辺や前板が錆びている

排気口周辺や前板が錆びている場合は、給湯器内部からの水漏れによる腐食かもしれません。

錆が確認できるからといってその時点で寿命が近いとは判断しにくい場合もあります。

ただ給湯器下部の広範囲に渡って錆を確認することができ、穴あきが目視でわかる場合は、給湯器内部の部品の経年劣化による水漏れを疑っておきましょう。

黒煙が出ている

給湯器から黒煙が出ている場合、非常に危険な状態です。

給湯器内部の経年劣化によって不完全燃焼を起こしており、一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があります。

屋外設置給湯器の場合、自分で気づかないケースも多いです。

給湯器の購入後10年以上が経った場合、こまめに給湯器の状態を見ておきましょう。

 

ノーリツ・リンナイ給湯器の標準的な寿命(耐用年数)は?

ガス給湯器の標準的な寿命は「10年」です。

給湯器の代表的メーカーであるノーリツ・リンナイもそのように述べています(以下参考参照)。

基本的な使用期間は12〜13年程度、長いと20年ほど同じ給湯器を使っている方もいます。

しかし製造修了から10年以上経つと、メーカーが部品の修理ができない可能性が高いです。その場合、給湯器の交換を余儀なくされます。

駆けつけ隊
駆けつけ隊
故障した当該部品の交換が可能な場合でも、その後、他の部品の劣化による故障が懸念されます。

給湯器の使用年数が10年以上の場合は、給湯器の寿命時期と認識しておくべきです。以下の参考情報も、あわせてご覧ください。

給湯器を交換する際のポイントと注意点

給湯器を交換する際のポイントと注意点

どこに依頼するか

給湯器の交換の依頼先は主に、「給湯器メーカー」「ガス会社」「給湯器専門業者」の3つの業者が挙げられます。

3つの業者はそれぞれに特徴があり、中でも給湯器専門業者は、どこの業者よりも格安で交換ができるので大変お得です。

しかし、業者選びは価格だけでなく、スタッフの対応の誠実さや分かりやすく丁寧な説明、安心感など最終的にはこの業者であればお任せできると思えることがとても大切です。

参考までに各業者の特徴は以下の通りです。

1、給湯器メーカー

主に給湯器の修理や点検をおこなっており、給湯器メーカーの強みである修理ノウハウの蓄積はどこよりも豊富です。主な給湯器メーカーは、以下のとおりです。

  • リンナイ
  • ノーリツ
  • パロマ
  • パーパス
  • 長府
  • ハーマン
  • ガスター

2、ガス会社

給湯器の修理と交換の両方を手掛け、何よりも日頃から身近な存在として、どこの業者よりも安心感は抜群です。主なガス会社は、以下のとおりです。

  • 東京ガス
  • 大阪ガス
  • 西部ガス
  • エネオスグローブエナジー
  • TOKAI
  • 地場企業

3、給湯器専門業者

主に給湯器の交換をおこなっており、一部の業者では修理も対応しています。強みとしては、交換費用が格安で品揃えが豊富であることが挙げられます。

大手の業者は全国展開、あるいはインターネットでサービスサイトを展開していて、24時間いつでも無料で工事の見積り依頼ができます。施工事例も豊富ですから、安心してお任せいただけるでしょう。

主な給湯器専門業者は、以下のとおりです。

  • ミズテック
  • 正直屋
  • 湯ドクター
  • キンライサー

弊社も、給湯器専門業者に当たります。インターネットを使ってカンタンな条件設定をしていただくと「概算料金」が調べられるフォームもご提供していますので、お気軽にご利用ください。

[gaisan-form]

給湯器の選び方

給湯器は、それぞれに搭載されている給湯能力や機能などに違いがあるため、下記の6つのポイントを参考にご家庭に合った給湯器を選んでみて下さい。

給湯器の設置タイプ

給湯器は、屋内設置用と屋外設置用があり、さらに設置タイプには、建物の壁面に設置する「壁掛けタイプ」と地面に直置きする「据え置きタイプ」の2通りがあります。給湯器交換の際には、現在設置されている場所と同じ場所へ設置することが一般的です。

給湯器の種類

給湯器の種類は、大きく6種類に分けることができます。そのうち下記の4種類が主流となっている種類です。

  1. 給湯専用:給湯のみのシンプルな給湯器
  2. ふろ給湯器:自動湯はり・給湯・循環式追い焚きを兼ね備えた給湯器
  3. 給湯暖房熱源機:自動湯はり・給湯・循環式追い焚き・暖房(床暖房・浴室暖房乾燥)を兼ね備えた給湯器
  4. 高温水供給式:自動湯はり・給湯・高温差し湯追い焚き(※)を兼ね備えた給湯器

※高温差し湯追い焚きとは、浴槽に高温水を供給し、おいだき機能つき給湯器のような追い焚き感覚を味わうことができる機能のこと

給湯器の選び方は、ご家庭のライフスタイルに合わせた選択が一番おすすめです。

例えば、ご家族の人数がご夫婦2人であれば、お風呂に入っている時間がそれほど長くないため、給湯のみでお湯を貯める給湯専用タイプを選択する方法があります。

人数の多いご家庭では、いつでも温かいお風呂に浸かることができ、お湯が減っても足し湯ができる機能をもったふろ給湯器を選択するなどといった考え方があります。

なお、給湯器の選び方についてはこちらの記事でも解説しています。もっと知りたい方はあわせてご覧ください。

給湯器の給湯能力

給湯器の能力とは、一般的に「号数」で表され、一般家庭では10号、16号、20号、24号の4種類が主流です。号数が大きいほど、一度に多くのお湯を出すことができます。

参考までに、家族構成が1人~2人の場合は16号~20号、3人以上の場合は20~24号が必要号数の目安です。

給湯器の機能

ふろ給湯器と給湯暖房用熱源機には、機能として「フルオートタイプ」と「オートタイプ」の2種類があります。

オートタイプ給湯器の主な機能は、給湯・自動湯はり・自動追い焚き・自動保温で、フルオートタイプの給湯器は、前述した機能に加えて「自動足し湯」と「追い焚き配管洗浄」ができる機能を兼ね備えています。

実際に両者の違いが顕著な点は、追い焚き配管洗浄であり、ふろ給湯器と給湯暖房用熱源機の機能を選ぶ際は、洗浄機能の必要性の有無で検討してみて下さい。

給湯器リモコンの機能

給湯器のリモコンは、給湯器メーカー各社で特色に違いがあり、給湯器リモコンのデザインや操作性などで給湯器メーカーを選択する方がいるほどです。

リモコン機能は正直好みが分かれるため、各社のカタログやホームページをご覧ください。

給湯器従来型とエコジョーズ

給湯器は、従来から使用されてきた給湯器(従来型)と、ガス光熱費削減や環境性に配慮したCO2削減などを目的として、排熱を再利用してお湯を作るエコジョーズ給湯器の2種類があります。簡単に説明すると、両者の大きな違いは熱効率にあります。

従来型に比べエコジョーズは熱効率が高く、毎月のランニングコストを抑えることができます。ただし、機器本体の価格は従来型が安いため、ランニングコストまでを含めて10年後までを見据えた選び方がおすすめです。

給湯器の選び方については、あわせて以下のページも参考にしてみて下さい。

給湯器の価格と交換費用

給湯器本体の価格や交換にかかる費用は、業者によって大きく異なります。価格だけでみると、一般的に交換を専門としているミズテックのような給湯器専門業者が安く交換することができます。

目安となる交換費用相場については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

給湯器の交換は迅速に対応してもらえる業者へ依頼しよう

給湯器の故障は、早期対応が大切であり、ガス事故を未然に防ぐ重要なポイントです。給湯器の不調を感じたら、迅速に、そして幅広く対応してもらえるプロの業者へ相談しましょう。

給湯器専門業者「ミズテック」に相談すれば、急なご依頼でも最短30分でかけつけ、交換のアドバイスをはじめ、高度な技術と確かな経験をもって格安での交換が可能です。

給湯器専門業者に依頼するなら安心・格安のミズテックがおすすめです!

給湯器駆けつけ隊ミズテック

もし給湯器専門業者に給湯器交換を依頼するのであれば、ミズテックへの依頼がおすすめです!

ミズテックは、エコキュートを含めた給湯器の設置・修理・交換に対応しています。24時間365日であり、最短30分で駆けつけ対応いたします。

下記から簡単に工事費の見積もりが可能です。気になる方は、是非お気軽にチェックしてみてください。

[gaisan-form]

ミズテックがエコキュート交換業者として選ばれる、主な理由を3つご紹介いたします。

メーカー直仕入れで格安価格を実現
ミズテックでは、ガス給湯器や電気温水器などの機器をメーカーから直接仕入れています。メーカーから直接かつ大量に仕入れているので、機器の価格を抑えてご提供できます。

また、給湯器の点検や取り付け工事を当社の専門スタッフがおこなうことで、工事の経費も少なく抑えています。このようなコスト削減努力によって、他店よりも安い販売価格を実現しています。

施工10年保証
ミズテックでは施工後無償で10年保証が必ずつきます。エコキュートであれば、メーカー保証期間後にミズテック独自の保証をつけることも可能です!

最短30分で訪問可能
ミズテックは、給湯器でお困りの方のために即日対応しており、最短30分で駆けつけられます。急なご依頼にも迅速に対応しますので、お気軽にご相談ください。

「給湯器が壊れてお湯が出ない」「給湯器から異音がして怖い」といったトラブルや緊急時には、どこよりも早く対応させていただきます。

給湯器に関するよくある質問

よくある質問

給湯器のご利用者様の悩みを少しでも解決するべく、「よくある質問」をまとめました。ぜひ、参考にしてください。

給湯器を20年〜30年使うと、寿命はきていますか?

給湯器の寿命は一般的に10年であるため、20年〜30年であればいち早く交換することをおすすめします。

20年〜30年使っていると、一酸化炭素中毒などの危険性もあります。命の危険性もあるため、交換を前提とした点検を検討してください。

賃貸マンションの給湯器寿命はどれくらいですか?

マンションの給湯器の寿命も、変わらず一般的に10年です。

もし10年以上の給湯器を使用している場合は、故障の可能性を考えておくべきでしょう。少しでも不調が感じられた場合は、その旨を大家さんや管理会社に連絡しておきましょう。

給湯器寿命 まとめ

ここまで給湯器の寿命についてまとめてきましたがいかがでしたか?

給湯器の寿命は10年です。それ以上使うことも可能ではありますが故障の可能性が高くなります。

無理して使い続けると一酸化炭素中毒などの危険性もあるため、なるべく早めに交換することをおすすめいたします。

この記事が少しでもお役に立つと幸いです。

https://mizu-tech.co.jp/blog/blog/12139/

ページ上部へ