給湯器見積もりの内訳解説!交換時の相場費用や依頼時の注意点も解説

「給湯器の見積もりってどうやって見るの?内訳は?」
給湯器購入にあたって、見積もりの見方や内訳が気になっている方も多いのではないでしょうか。

給湯器を選ぶ際は、見積もりだけでなく、相場費用と見積もり書の見方や、内訳を理解するのが大切です。

本記事でご紹介している給湯器の事前知識を得ることで、後悔せず納得した価格で給湯器を交換できるようになります。

さらに、給湯器の費用を安く抑える方法や注意点も解説するため、見積もりに関する不安を一気に解消できます。給湯器は、キッチンやお風呂で利用するお湯を作るための大切な生活必需品です。

給湯器の費用でお悩みの方はぜひ、最後までお読みください。

 

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

給湯器交換の見積もりに含まれる費用の内訳とは?

給湯器交換業者に見積もりを出してもらう際は、、内訳の明細と相場を事前に把握しておきましょう。

給湯器交換の見積もりに含まれる費用は、大きく下記の2つに分けられます。

給湯器本体の価格

給湯器交換の見積もり費用には、給湯器本体の価格が含まれています。

給湯器の本体価格相場は10~40万円ほどです。

安い機種であれば10万円台で購入できますが、最新のエコキュートなどであれば50~70万円の価格となるケースもあります。

給湯器交換業者に見積もりを依頼した場合、メーカーの希望小売価格よりも安い価格が記載されています。

小売業者から消費者に給湯器が販売される際には、メーカーが公式に提示している価格の5〜8割引の価格となるケースが一般的です。

そのため、希望する給湯器がメーカーのWEBサイトで、予算を上回る価格だったとしても、業者ではメーカー価格の半分以下で売られているケースもあります。

ただし、交換業者によっては、給湯器本体とリモコン代は別になるケースもあるため、「本体価格」がどこまで含まれるのか注意しましょう。

交換工事費用

給湯器交換の見積もり費用には、交換工事費用も含まれています。

施工業者による給湯器の交換工事にかかる費用で、「標準工事費」と「標準工事以外の工事費」に分かれていることが多いです。

標準工事費用の相場は2~6万円程度で、標準工事以外の相場は2~3万円程度です。

標準工事では、業者が設定している範囲内で行える交換作業で追加費用はかかりません。

一方の標準工事以外の作業では、給湯器の設置場所や工事の難易度によって費用が増減します。また、給湯器の種類によって工事内容も異なるため、費用にも差が出ます。

さらに、同じ種類の給湯器でも業者ごとに工事費用は異なるため、安く、かつ施工技術力も高い業者を選ぶのも重要です。

 

給湯器交換の見積もりの見方・内訳を表でチェック

続いて、より具体的な見積もりの見方と内訳のチェック方法をご紹介します。

下記は、給湯器交換見積もりの一例です。

商品代 本体価格 ¥200,000
割引(60%オフ) ¥120,000
割引後本体価格 ¥80,000
工事費用 機器撤去処分費 ¥5,000
機器設置工事費 ¥10,000
配管接続費 ¥30,000
保温復旧費 ¥3,000
試運転調整費 ¥3,000
諸経費 ¥10,000
その他 出精値引き -¥3,000
合計 ¥138,000

 

上記の表を見ても分かる通り、給湯器交換にかかる費用は「本体価格」(商品代)と「工事費用」の2項目に分かれています。

さらに、メーカー価格と割引後の価格も同時に記載している見積もり書も多いです。

工事費用は、商品代よりも詳細に記載され、大まかに下記3つの項目に分類されます。

  • 古い給湯器の撤去及び処分費用
  • 新しい給湯器の取り付け設置場所に関わる費用
  • 移動車両や駐車場代などの諸経費

見積もりは、聞き慣れない名称の項目も多く、実際にはどんな作業なのか分からないケースもあります。

不明点や疑問点があれば、交換業者へ作業内容を確認し、納得できない場合は、きちんと交渉しましょう。

特に、「工事費一式」とまとめて記載してあるケースは注意が必要です。

工事費用の内訳が分からず、曖昧なため相場よりも高い費用を支払わされたり、工事完了後に追加の工事費を請求されるケースもあります。

また、交換工事費用」でもご紹介したように工事費用は「標準工事」の他、「標準工事以外の工事費用」がかかるケースがあります。

主な内容は下記の通りです。

  • 高所や設置が難しい場所への搬入・足場設置費用
  • 経年劣化に伴う配管の交換費用
  • 電源コンセント増設費用 など

上記の費用が見積もり時には、計上されていないケースもあるため、事前見積もりと実際の請求額が変動した場合は、理由と内訳をしっかりと担当者に説明してもらいましょう。

実際に訪問して現地調査を行ってから、追加工事が判明するケースもあります。

見積もり書の見方や内訳を知っておくことで、業者間の相見積もりや比較がしやすくなり、悪徳業者からの高額請求を避ける効果も期待できます。

 

給湯器の種類別の見積もり相場を比較

給湯器本体の価格は「給湯専用→オート→フルオート」と高性能になるほど高額になります。

また、号数や容量も大きいほど価格が上がる傾向があります。

そのため、エコジョーズやエコキュートなど、高効率型で省エネタイプの給湯器は、従来型に比べて高いです。

給湯器の種類別の本体価格相場は、下記の通りです。

  • ガス給湯器:8~20万円
  • 電気温水器:10~25万円
  • エコジョーズ :15~40万円
  • エコキュート:20~50万円

特に「号数・容量が大きく」かつ「フルオート機能」の給湯器は、価格幅の上限に近い金額と見込んでおくべきでしょう。

また、工事費用も、現在使っている給湯器と買い替える給湯器の種類によって高くなるケースがあります。

例えば、ガス給湯器からエコキュートに切り替える工事では、ガス給湯器間の工事よりも工程が多いため、工事費用はかさみます

このように、給湯器の種類によって本体価格と工事費用が変動することを踏まえた上で、交換を依頼しましょう。

 

給湯器交換はどこに頼むのがベスト?3つの業者を比較

続いて、ガス会社・家電量販店・専門業者に依頼した場合の費用やメリット・デメリットを比較します。

  メリット デメリット
ガス会社 ガス機器の扱いに長けており安心してガス給湯器の交換を任せられる ・費用が割高
・オール電化系の給湯器には非対応
家電量販店・ホームセンター ・給湯器の種類が多い
・給湯器以外の住宅機器も扱っている(住宅全体のリフォームも可能)
・全国チェーンであれば対応エリアが広い

・実際の施工は下請けに任せており安心感では劣る

給湯器専門業者 ・費用が安い(5~8割引)
・給湯器の種類と在庫が多い
・最長10年の手厚い保証
・給湯器交換の技術力が高い
・業者によっては対応エリアが限られている
・給湯器以外の住宅機器のリフォームには不向き

ガス会社に頼んだ場合

東京ガスなどのガス会社でも、給湯器の交換を依頼することが可能です。

ただし、「家電量販店・ホームセンター」「給湯器専門業者」に比べて費用は割高の傾向があります。

費用が高い理由は割引率が低く、値引きを行ってくれるケースが少ないためです。

一方で、ガス機器のプロフェッショナルであるため、ガス給湯器の工事を任せる際は安心感があります

ただし、ガス会社が扱っているのは基本的にガス給湯器であり、電気温水器やエコキュートなどには対応していない点にも注意が必要です。

ガス会社は、すでにガス給湯器を使用しているご家庭や、同じくガス給湯器に買い換える方におすすめです。

家電量販店・ホームセンターに頼んだ場合

給湯器交換は、家電量販店やホームセンターに依頼することも可能です。

費用相場は、ガス会社よりも安く、専門業者よりも高くなる傾向があります。また、ホームセンターの方が家電量販店よりも、比較的安くなることがあります

大手の家電量販店やホームセンターのメリットは、全国チェーンであることが多いのと、対応エリアが幅広日本のどこでも依頼できる点が強みでしょう。

また、扱っている製品もガス給湯器からエコジョーズ 、エコキュートと豊富で、希望する給湯器がない方や迷っている方にもおすすめです。

さらに、給湯器以外のリフォームにも対応しているため、住宅全体のリフォームを一任したい方にも向いています。

一方で、実際の施工は下請け業者が行うケースが多いため、工事の安心感ではガス会社や給湯器専門業者に劣ります。

また、扱っている給湯器の種類は多いものの、給湯器以外も扱っていることもあります。時期によっては、全種類の給湯器の在庫を常に揃えているわけではない点にも注意が必要です。

希望する給湯器の型番や品番が分かっているのであれば、メモをしておき、事前に店舗へ在庫確認をしておくのもおすすめです。

給湯器専門業者に頼んだ場合

給湯器専門業者へ依頼した場合、「ガス会社」「家電量販店・ホームセンター」よりも安価で依頼できます。

メーカーから大量に一括仕入れを行うことで、定価の5〜8割ほどの価格で購入することが可能です。

扱う給湯器の種類も多く、人気のエコジョーズやエコキュートへの切り替えを検討している方にもおすすめです。

また、独自の保証制度を設けている業者もあり、給湯器の寿命に合わせて最長10年のサポートを受けられる点も魅力です。

給湯器にかかる費用を抑えるためには、長く使い続けることも重要なため、手厚いアフターサービスを受けられるのは心強いでしょう。

デメリットとしては、業者ごとに対応エリアが限られていること、給湯器以外の住宅機器の扱いは乏しい点などが挙げられます。

しかし、給湯器交換に関しては数ある依頼先の中でも最も安く、かつ技術的にも信頼できます。

費用を安く抑えて、かつ安心して工事を任せたい方には、給湯器専門業者が最もおすすめです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

 

給湯器交換にかかる費用を安く抑えるポイント3選

給湯器交換の費用を安く抑える3つのポイントをお伝えします。

  1. 複数の業者に見積もりを出してもらい比較する
  2. 口コミ・評判がよく技術力の高い業者を選ぶ
  3. 保証・アフターサービスの手厚い業者を選ぶ

複数の業者に見積もりを出してもらい比較する

給湯器交換にかかる費用を安く抑えるためには、複数の業者の見積もりを比較することが重要です。

1社のみの見積もりでは、交換料金が高いのか判断できません。

複数の業者に見積もりを出してもらい、内訳や工事費も含めた合計費用を比較することで、どの業者が良心的な料金設定なのかが初めて分かります。

ただし、概算見積もりの金額が安くても、実際の請求額は高額な業者も多い点には注意が必要です。

依頼を検討している業者が、明朗会計なのか、工事後の費用変動があるのかも含めて、見積もりを比較・検討することが求められます。

「工事後に高額請求されて後悔した」という事態を避けるためにも、必ず複数の業者の見積もりを比較してから、工事を依頼しましょう。

口コミ・評判がよく技術力の高い業者を選ぶ

給湯器交換にかかる費用を安く抑えるためには、技術力の高い業者を選ぶことも重要です。

技術力の乏しい業者に工事を依頼した結果、取り付けに不備があって結局修理費用がかさんでしまう、というケースも考えられます。

そのため、前もって下記のような観点で業者を選び、信頼できる業者を選びましょう。

  • 口コミで技術力の高さが評価されている
  • 公開されている施工実績が多い
  • 必要な資格を有している
  • 作業員が責任を持って対応してくれる

特に、希望している種類の給湯器の豊富な施工実績があり、口コミでも高く評価されていれば、安心して工事を任せられるでしょう。

たとえば、お住まいの地域が北海道など寒冷地の場合、給湯器には凍結防止や断熱材などの対応が必須となります。住居環境の条件に合った適切な商品を案内できる知識を持った業者であれば、不安や気がかりなことへの相談もできますね。

さらに、工事の作業員の態度は悪くないか、対応に不満が無かったかなど、コミュニケーション部分の口コミもチェックすると良いでしょう。

保証・アフターサービスの手厚い業者を選ぶ

給湯器交換業者を選ぶ際は、技術力の高さとともに保証・アフターサービスの内容も重要となります。

保証・アフターサービスが充実している業者であれば、万が一施工に不備があった場合でも、無料で再工事や修理を受けられます。

給湯器の寿命は10年ほどですが、使用年数が経つにつれて不具合・故障は多くなります

そのため、保証期間が長く、無料または安い料金でメンテナンスや修理を提供している業者であれば、給湯器を長く使い続けられます。

エコジョーズやエコキュートに切り替えて光熱費を節約する人も増えていますが、初期費用が高い点もネックです。

初期費用が高いからこそできるだけ長く使い続け、長期的な節約を実践したいものです。

そのため、業者が提供している保証・アフターサービスの期間や内容はしっかりと確認しておきましょう。

 

給湯器交換業者に見積もりを出してもらう際の注意点3つ

給湯器交換業者に見積もりを依頼する際も、いくつか注意点があります。依頼前に必ず下記3点を確認しましょう。

  1. 費用だけでなく対応エリアも確認が必要
  2. 詳細な見積もりには現場写真が必要なこともある
  3. 概算見積もりと実際の費用は異なることもある

費用だけでなく対応エリアも確認が必要

給湯器交換業者に見積もりを出してもらう際は、費用に加えて対応エリアの確認も必要です。

交換工事に対応しているエリアは業者ごとに異なるため、ご自身の居住地域が対象に含まれているか確認しなくてはなりません。

たとえ、どれだけ料金が安くても、対応エリア外では工事を行うことができません。

エリア外でも工事対応をしてくれる業者もありますが、高額な特別料金が発生する可能性もあるので、事前確認が必要です。

詳細な見積もりには現場写真が必要なこともある

給湯器交換業者から、より詳細な見積もりを出してもらうには、既存の給湯器や周辺の他、住宅内外の現場写真が必要なケースもあります。

給湯器の種類やサイズなどによっても交換費用は異なるため、写真によって具体的な機種や大きさ、搬入経路などを把握できないと、正確な見積もりを出せない業者もあるためです。

写真を提出する時間がない場合は、必要情報を入力するだけで見積もりをもらうことも可能ですが、実際の点検・工事に際して見積もり額が変わる可能性も考慮しておきましょう。

また、求められる現場写真は業者によって異なります。

概算見積もりと実際の費用は異なることもある

給湯器の見積もりは、最初に出される概算見積もりと実際の費用が異なることも多いため、注意が必要です。

給湯器交換の見積もりの見方・内訳を表でチェック」でもご紹介した通り、実際に現場に到着して点検・工事を始めてから分かる追加工事もあり、事前の見積もりに記載されていない「標準工事以外の工事費用」が発生するケースもあるためです。

さらに、「詳細な見積もりには現場写真が必要なこともある」のように、現場写真なしで見積もりを行った場合も実際の費用は、高額になる可能性があります。

昨今では、簡単なフォーム入力などのみで大まかな見積もりを受けられる業者も増えていますが、あくまで実際の費用は変動します。

優良業者であれば、見積もり表に具体的な項目を記入してくれる上、価格が変動する旨もきちんと伝えてくれるでしょう。

一方で、「工事費一式」などと曖昧な形でしか見積もりを出してくれない業者は、あとから高額請求をしてくる可能性が高いため注意が必要です。

給湯器工事はミズテックにお任せ!

ミズテック

もし給湯器の交換・修理をご検討中であればミズテックにお任せください!

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:給湯器が最大91%OFF!

ミズテックでは、最大91%オフで給湯器を購入できます。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

 

給湯器 見積もりに関してよくある質問

最後に、給湯器の見積もりでよくある質問2つをチェックしましょう。

給湯器交換の見積もりが無料なのはなぜ?

給湯器交換の見積もりを無料で受けられるのは、業界全体で見積もりの無料が通例対応となっているためです。

Webサイトで給湯器交換業者を検索すると、ほとんどの業者が無料見積もりに対応しています。

お客さまとしても、複数の業者から無料見積もりを出してもらい、全体の費用や内訳を比較し、どの業者を選ぶか検討することができます。

1社のみに見積もりの依頼と申し込みをしてしまうと、他社と比較して高いのか安いのかが分からず、損をしてしまう可能性もあります。

無料見積もりを上手に活用し、ご自身に合った業者へ依頼できるようにしましょう。見積もりは早ければ当日や、翌営業日以内に提出してくれる業者も多いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

給湯器交換の見積もりが相場より安すぎる業者は怪しい?

給湯器交換の見積もりが、相場より極端に安い場合、一部ですが下記のような業者も存在するため注意が必要です。

  • 実際の請求額は見積もりより高額な業者
  • 施工技術が乏しい業者
  • 無資格で工事を行う違法業者

企業努力やキャンペーンなどで、相場よりも安い価格を実現しているケースもあるため、全てが悪い業者とは限りません。

とは言え、見積もりが、相場より10万円以上も安い場合は、内訳に記載されていない項目があったり、無資格で格安工事を提供していたりするケースも考えられます。

そのため、見積もりを受ける際は、必ず具体的な項目・内訳までチェックし、必ず他社の見積もりと比較しましょう。

 

給湯器 見積もりまとめ

この記事では、給湯器の見積もりについて、詳しくご紹介させて頂きました。

給湯器交換の見積もりは、主に「給湯器本体価格」と「工事費用」と2つの内訳に分けられます。

給湯器の交換費用は安ければ10万円台ですが、機種によっては50万円以上と価格差が大きいです。費用は依頼する業者によっても違います。

複数の業者に見積もりを依頼して比較し、できるだけ料金が安く、信頼できる業者を探すことが重要です。

「費用を賢く抑え、実績のある安心した業者へ給湯器交換を依頼したい」方は、ぜひミズテックの無料見積もり相談をご利用ください。

リンナイやノーリツ、パナソニックなど人気メーカーの給湯器も多数取り扱っております。

ご相談やご連絡は、メールやお電話(TEL:0120-121-141)・LINEでも受け付けております。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ