エコワンだと後悔する?!失敗談や評判、光熱費を徹底調査!

「給湯器の中でもエコワンがいいって聞いたけど、実際どうなの?」
給湯器の買い替えを検討しており、エコワンが気になっている方も多いでしょう。

なかにはエコワンを買って後悔したというケースもあるため、自分に合っているとかどうかを見極めることが重要です。

この記事では、エコワンで後悔・失敗する理由やエコワンで後悔した人の口コミを紹介します。

また、口コミを踏まえたエコワンのメリット・デメリット、さらにはどんな人にエコワンが向いているかまで分かります。

この記事が、給湯器選びに悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコワンとは?エコキュートとガス給湯器のいいとこどり?

(出典:リンナイ)

エコワンと(ECO ONE)は、ガスと電気の両方を使ってお湯を作る、リンナイの高効率型給湯器です。

ガスと電気の両方を用いるため、従来のガス給湯器と同じく瞬間的にお湯を作る機能に加え、電気を用いてヒートポンプでお湯を作りタンクに貯めておくことも可能です。

通常時は熱効率の高いヒートポンプを用いてお湯を沸かし、タンクに貯めて使用します。

一方で、お風呂のお湯張りなどで大量のお湯が必要な場合にはガス給湯器の機能も用いるため、お湯切れの心配なくお湯を沸かせます。

高効率の給湯器としては、エコキュートも人気です。

エコキュートは電気のみを使うオール電化の給湯器であり、効率が高く電気代を節約できる反面、お湯切れの心配もあります。

エコワンであれば、お湯が足りない時にはガスでお湯を沸かせるために、エコキュートのようにお湯切れの心配がない点も心強いです。

ガス給湯器、エコワン、エコキュートの違いをまとめると、下記のようになります。

  エネルギー源 給湯効率 価格 メリット/デメリット
ガス給湯器 ガス 10~30万円 本体価格は安いが、ガス代はやや高い
エコワン ガスと電気 60~70万円 本体価格は高いが、光熱費が安くお湯切れの心配もない
エコジョーズ ガス (燃焼ガスも再利用) 30~70万円 本体価格が高くドレン排水の処理も必要だが、ガス代を抑えられる
エコキュート 電気 30~70万円 本体価格が高くお湯切れが難点だが、オール電化対応で電気代を抑えられる

 

上記のように、エコワンはエコキュートとガス給湯器のいいとこ取りとも言われる高効率給湯器です。

ただし、エコワンを導入したことで後悔したという人もいるため、注意が必要です。

エコワンを購入する前には、メリットだけデメリットも把握しておきましょう。

エコワンで後悔・失敗する理由3選

メリットの多いエコワンですが、エコワンで後悔・失敗するケースも少なくありません。

ご自身に合った給湯器を選ぶためにも、エコワンで後悔する場合の主な3つの理由をチェックしましょう。

光熱費が安いと聞いたがむしろ高くなった

エコワンで後悔する理由としてはまず、光熱費が安いと聞いていたのに高くなったことが挙げられます。

エコワンは、電気とガスを組み合わせて効率よくお湯を沸かす給湯器であり、従来のガス給湯器に比べても光熱費が安いと言われています。

しかし、使う時間帯や使う頻度などによっては、光熱費がむしろ高くなるケースもあるため、注意が必要です。

エコワンは、エコキュート同様にヒートポンプでお湯を沸かしてタンクに貯湯する給湯器ですが、エコキュートのように夜間にお湯を沸かすとは限りません。

1日の中でいつお湯を使うのかを学習してお湯を沸かすため、夜間の電気料金が安いプランで契約している方は、電気代が高くなる可能性もあります。

他にも、下記のような理由からエコワンに買い替えても光熱費が安くならないケースも多いです。

  • エコワン導入と同時に床暖房も購入した
  • エコワン導入と同時に温水ヒーターやパネルヒーターも購入した
  • 床暖房などの暖房器具を使用する頻度が多い
  • 厳寒期にエコワンを導入し始めた or 寒冷地に引っ越した

上記のような理由から、エコワンに買い替えても光熱費が高くなることは珍しくありません。

使い時期や頻度、他の住宅機器との兼ね合いによっても光熱費は変動することを、理解しておきましょう。

初期費用が高かった

エコワンで後悔する理由としては、初期費用が高かったことも挙げられます。

効率よくお湯を沸かせて光熱費を削減できるケースも多いエコワンですが、どうしても初期費用は他の給湯器よりも高くなる傾向にあります。

エコワンの導入費用相場(本体価格 + 工事費用)は60~70万円です。

しかし、エコワン同時に床暖房など他の設備も購入すると、初期費用はよりかさむものです。

エコワン購入を検討している方は、エコワンの初期費用が他の給湯器よりも高いことを念頭に、予算に合った製品を選ぶことが重要です。

また、他の住宅機器も購入するのか、分割払いは可能かどうかなども、合わせてチェックするようにしましょう。

運転音が気になった

運転音が気になったことでエコワン購入を後悔している、というケースも存在します。

エコワンはエコキュート同様にヒートポンプの室外機が必要な給湯器です。

公式による運転音は、下記のように公表されていますが、運転音が気になるかどうかには個人差があります。

  • ヒートポンプユニット:46db(A)
  • ガス給湯器部分:49db(A)以下 (通常のガス給湯器と同様)

購入した本人や家族がエコワンの運転音によって不快感を覚えるだけでなく、近隣住民の睡眠を妨げてしまうケースもあるため注意が必要です。

エコワンの運転音が騒音トラブルを引き起こし、後悔するという事態を防ぐためには、稼働時間帯や設置場所などの工夫を行うことも重要になります。

 

エコワンで後悔した人の評判・失敗談

新しい給湯器を購入するのであれば後悔せず快適に使い続けたいものですが、そのためにはご自身に合った製品を選ぶことが重要です。

エコワンで後悔しないためにも、実際に後悔したという人の具体的な評判・失敗談もチェックしましょう。

エコジョーズとの差額70万円、いやー大きい失敗をした気がする。

ガスは使えば使うほど安くなる仕組みなんだから、素直にエコジョーズにしとけばよかったですあー考えれば考えるほど残念だ

ちゃんとショールーム行って、見積もりとって、比較すべきでした…。

(出典:Amebaブログ)

上記は、「エコワンの初期費用が予想以上に高く、エコジョーズにするべきだった」という口コミです。

近年では、エコワンだけでなくエコジョーズ やエコキュートなど他の省エネ系給湯器を選ぶ人も増えています。

どの給湯器も従来のガス給湯器よりは初期費用が高いですが、それぞれにかかる費用やメリットは異なります。

オール電化の家庭であればエコキュートを導入する選択肢もありますが、ガスを使い続ける場合にはエコワンかエコジョーズで悩む方も多いです。

一般的には、エコジョーズよりもエコワンの方が初期費用が高く、光熱費は安いケースが多いです。

ただし、購入先の業者やライフスタイルによっても差があります。

各給湯器のメリット・デメリットを踏まえ、予算とライフスタイルに合った給湯器を選びましょう。

工務店の標準が、エコキュートかエコワンで、どちらにするかめっちゃ悩んでる_(:3 」∠)_次までに決めなきゃダメなの

今のところお風呂好きの旦那さんやし、湯切れが怖いからエコワンで考えてるけど、更新時にはエコワン高いもんなぁ、んでゆうほど光熱費下がらなそう

(出典:Twitter)

上記は、「エコキュートとエコワンのどちらを選ぶか悩んでいる」という口コミです。

エコワンを選んだ際の費用の高さで後悔しないかを悩んでいる一方で、エコキュートのお湯切れのデメリットも懸念されています。

口コミのようにエコキュートとエコワンのどちらを購入するかで悩む人は多いです。

オール電化住宅に引っ越すタイミングでエコキュートを導入する家庭も多いですが、オール電化ではないものの、エコワンを使って節約を実現できたという家庭も多いです。

それぞれのメリット・デメリットを比較し、業者とも相談しながらご自身に合っている給湯器を購入しましょう。

太陽光パネルを上げないのであれば、エコワンの性能はフルに使えません。

あれは日中のタダの電気でお湯をある程度作る点ではエコキュートと同じですが、湯切れがありませんよね?でもタンクが小さい。

エコワンもエコキュートも時間帯別の契約にするとか太陽光パネルを上げないとコストメリットを出せませんので、ここは大事です。

床暖房も太陽光も予定がないのであれば、エコワンはほぼ無用の長物と言えるでしょう。

(出典:Yahoo!知恵袋)

上記は「太陽光パネルを上げないとエコワンのメリットは少ない」という口コミです。

エコワン導入と同時に太陽光パネルも取り付けることで、より効率的な節約を行いやすくなります。

また、床暖房との相性も良く、床暖房にエコワンを利用した場合、消費エネルギーを20%削減できるとされています。

このように、他の機器と組み合わせることでエコワンの性能をフルに活かし、効率的な省エネと光熱費削減を実現できるのは事実です。

ただし、暖房機器などを導入しない場合でもエコワンのメリットを感じられた人もいます。

ご自身の予算や目的に合わせて、エコワンとその他の機器を組み合わせましょう。

エコワンで後悔しなかった人の評判・口コミ

ここまでエコワンで後悔した人の評判・失敗談を見てきました。

一方で、エコワンを導入しても後悔しなかった、むしろメリットを享受できたという人もいます。

去年家を建てたました!家には太陽光パネル、蓄電池、エコワン、床暖房、等々設備をつけました。

満足しております。

床暖房をつけるなら、全館がいいと思います!後個人的につけておけば良かったと後悔したのは玄関にタッチレスキーですね!

(出典:Twitter)

上記は「エコワン・太陽光パネル・床暖房などを組み合わせて導入し満足している」という口コミです。

エコワンと太陽光パネルや床暖房などを組み合わせると、より効率よくエネルギー消費を削減でき、快適な生活を送りながらも光熱費を抑えやすくなります。

床暖房や太陽光パネルなどを効率よく活用したい方にこそ、エコワンはおすすめと言えます。

リンナイアプリ使って1ヶ月。

当然ながら外出先からも湯張りが出来て、完了通知も届く。

ソレより何より使用頻度やエコワンに関する光熱費もグラフで詳細がわかり面白い。

(出典:Twitter)

上記は、「リンナイアプリでエコワンの光熱費を見れる機能がよい」という口コミです。

リンナイはリンナイアプリをリリースしており、下記のような機能を外出先などでも使用できます。

  • 帰宅途中の電車の中からお風呂のお湯張りを行う
  • 厳寒期に外出先から床暖房をONにする
  • 給湯器の光熱費の目安を随時チェックできる
  • 離れて暮らす家族の給湯器の使用状況を確認できる

上記のようなリンナイアプリの機能はエコワン利用者からも好評を博しており、便利な諸機能により快適な生活を送れる点は心強いでしょう。

エコワンが最高です!おかげ様で光熱費安いです(≧∇≦)b

(出典:Twitter)

上記は「エコワンで光熱費が安くなった」という口コミです。

上記のようにエコワン導入によって光熱費が安くなったことをメリットに挙げるユーザーは多いです。

エコワン導入により、給湯費用を月額5,000円以下に削減できるケースも少なくありません。

そんなエコワンは、従来のガス給湯器よりもガス代を節約したい方などにおすすめです。

ただし、後述する「エコワンのデメリット3つ:使い方によっては光熱費が下がらない」も確認してください。

 

エコワンのメリット3つ

エコワンを使用した人の口コミ・体験談をチェックしました。

続いて、製品の特性や使用者の口コミを踏まえ、エコワンの主なメリット3つを見ていきましょう。

給湯効率が高く光熱費を削減できる

エコワンのメリットとしてはまず、給湯効率が高く光熱費を削減できる点が挙げられます。

エコワンはガスと電気を組み合わせてハイブリット型の給湯器であり、効率よくお湯を沸かすことが可能です。

エコキュート同様にヒートポンプを使って効率よくお湯を沸かすため、ガス給湯器に比べて光熱費を削減できます。

エコワンは、従来型ガス給湯器と比べて約62%も給湯光熱費を削減できるとされています。

年間のランニングコストに換算すると、約6.8万円もの節約を実現することが可能です。

このような特性を持つエコワンは「長期的に光熱費を節約していきたい」と考えている方におすすめです。

暖房機能付きのモデルがある

エコワンのメリットとしては、暖房機能付きモデルの存在も挙げられます。

エコワンの使用により、下記のような暖房機能を効率よく稼働させることが可能となります。

  • 床暖房
  • 温水ルームヒーター
  • パネルヒーター

エコワンを利用することにより、上記の暖房器具を効率よく稼働させ、冬場の光熱費を抑えることも可能です。

さらに、太陽光発電システムを設置した家庭向けたの「PV活用モード」搭載機種も発売されています。

太陽光発電で余った電力をエコワンのヒートポンプ沸き上げに活用できるなど、メリットは多いです。

このように、床暖房や太陽光パネルなどを使っている方や新たに導入する方にも、エコワンはおすすめと言えます。

災害時・停電時でも使用できる

エコワンには、災害時・停電時でも使用できるというメリットもあります。

電気のみで給湯できるエコキュートは電気オール電化住宅に適している給湯器ですが、お湯切れの心配や停電時に使えない点などがデメリットです。

リンナイのエコワンであれば、非常用電源を使うことで、ガス熱源機によりお湯を沸かすことができます。

また、ガスが遮断された場合でも電気によってお湯を沸かすことができますし、ガス・電気ともに使用できない場合でも、貯湯タンク内のお湯・水を非常用生活水として利用できます。

このように、電気とガスの両方を使うエコワンは、災害時に強いというメリットがあります。

「オール電化は不安」という方や「災害に強い住宅設備を探している」という方にも、エコワンはおすすめです。

エコワンのデメリット3つ

エコワンには、光熱費を削減できるメリットや災害時でも使用できるメリットなどがあると分かりました。

続いて、メリットと同時に知っておきたいエコワンのデメリット3点も確認しましょう。

初期費用が高い

エコワンのデメリットとしてはまず、初期費用の高さが挙げられます。

一般的に、エコワンの導入には60~70万ほどの費用が必要となります。

この初期費用は、同じく高効率型の給湯器として人気のエコジョーズやエコキュート以上に高い費用です。

既述のようにメリットの多いエコワンですが、長期的な光熱費の節約よりも予算内での安い給湯器の購入を優先したい方には、最適な製品とは言えないでしょう。

ただし、良心的な料金体系の業者を選んで工事費用を抑える、分割払いによって少ない予算でもエコワンを購入する、などの選択肢もあります。

エコワンの費用が気になる方は、複数の業者に見積もりを出してもらい、できるだけ安い業者を見つけるのも一つの手です。

使い方によっては光熱費が下がらない

エコワンのデメリットとしては、使い方によっては光熱費が下がらない点も挙げられます。

エコワンはエコキュート同様にヒートポンプで給湯を行えますが、エコキュートのように夜間に沸き上げを行うとは限りません。

そのため、夜間の電気料金が安いプランを契約している方の場合、光熱費を期待していたほど節約できないケースも多いです。

他にも、下記のような理由でエコワンで光熱費が下がらないケースにも注意が必要です。

・プロパンガスより安い都市ガスを使っており、ガス代があまり安くならなかった
・お湯張りや暖房機能などをあまり使わない家庭で、さほど光熱費が安くならなかった

一方で、「プロパンガスを使用しており毎日お湯張りをする4人以上の家庭」などであれば、エコワンのメリットをより享受しやすいでしょう。

このような理由から、エコワンによって光熱費が下がりやすい家庭・ライフスタイルなのかも確認した上で、最適な給湯器を選ぶことが重要です。

騒音問題が発生することがある

エコワンのデメリットとしては、騒音問題が発生する可能性も挙げられます。

エコワンはエコキュート同様に室外のヒートポンプユニットが必要であり、その運転音によって近隣住民から苦情が寄せられる、といったケースも見受けられます。

特に、杜撰な工事によって運転音が共振しやすいような環境に設置した場合、騒音問題は発生しやすいため注意が必要です。

エコワンによって騒音問題を引き起こさないためには、設置場所を工夫し防振・騒音対策を施してくれる優良業者に工事を依頼することが重要です。

騒音によってエコワン購入を公開しないためにも、施工実績が確かで信頼できる業者を選びましょう。

エコワンで後悔しない人の特徴3選

エコワンのメリット・デメリットが分かったところで、エコワンで後悔しない(=エコワンが向いている)人の特徴3選を見ていきましょう。

光熱費を下げたい人

エコワンで後悔しない人の特徴としてはまず、光熱費を下げたい人が挙げられます。

エコワンは従来型のガス給湯器に比べて年間レベルでは約6.8万円ほど光熱費を節約できます。

初期費用は高いものの、長期的に給湯器を使い続けることを考慮すると、光熱費を節約して初期費用の元を取ることも十分に可能です。

特に「使用湯量は多いが省エネ性の高い給湯器を使用していない人」や「都市ガスよりも高いプロパンガスを使用している人」などは、エコワンによって光熱費を節約しやすいです。

初期費用だけではなく長期的なランニングコストも考慮しながら、お得な給湯器を選びましょう。

オール電化に不安がある人

オール電化に不安がある人も、エコワンで後悔しづらい・エコワンが向いていると言えます。

オール電化住宅向けの省エネ性給湯器としてはエコキュートが人気です。

ただし、エコキュートは電気のみで稼働するためにお湯切れの心配がある・停電時にお湯を使えなくなるなどのデメリットもあります。

オール電化住宅で生活することで、より効率的な省エネを実践しやすい一方で、災害時などに不安が残る方も多いでしょう。

エコワンは、ガスまたは電気の一方が使えない場合でも給湯できる特性などから、災害時でも心強い給湯器です。

このように、オール電化に不安がある人にも、エコワンはおすすめです。

床暖房と合わせて費用を抑えたい人

床暖房と合わせて費用を抑えたい人にも、エコワンはおすすめです。

エコワンと同時に床暖房を導入し、エコワンによって床暖房を稼働させることで、高い暖房費用も安く抑えることが可能です。

既述の口コミにもあった通り、床暖房や太陽光パネルを導入している人の方が、エコワンの性能をフルに活用でき、メリットは多くなります。

「床暖房を導入したいけど最終的にかかるコストは抑えたい」という方にも、エコワンの導入はおすすめとなります。

給湯器選びで後悔したくない方はミズテックにお任せを!

「エコワンの購入を検討しているけど、自分に一番合った給湯器が何なのか分からない…」
「給湯器を買い替えて省エネしたいけど、どの業者に工事を頼めばよいか分からない…」

上記のような悩みをお持ちの方は、給湯器専門業者のミズテックにご相談ください。

ミズテックは、従来型のガス給湯器から最新の高効率給湯器までを幅広く取り揃えています。

メーカー直仕入れによって特別な格安価格での提供を実現しており、最大91%オフで購入することも可能です。

また、給湯器交換工事の施工実績は20,400件を超えており、高品質な取り付け・交換工事は高く評価されています。

給湯器の種類や費用面のご相談も無料で承っているので、お気軽にお問い合わせください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコワンに関するよくある質問

最後に、エコワンに関してよくある質問をチェックしましょう。

エコワンは都市ガスの家庭ではメリットが少ない?

都市ガスはプロパンガスに比べてガス代が安いため、たとえ高効率のエコワンを導入したとしても、ガス代の大幅な削減は見込めないかもしれません

プロパンガスを契約している家庭で、かつ毎日お湯張りをするなど使用湯量が多い場合であれば、エコワン導入による節約のメリットは大きいでしょう。

エコワンによってどのくらい光熱費を削減できるかは、家庭ごとに異なるため、契約しているガスの種類や生活スタイルも考慮し、最適な給湯器を選びましょう。

エコワン 後悔 まとめ

この記事では、エコワンで後悔するケースとしないケースについて見てきました。

エコワンで後悔する主な理由としては「初期費用の高さ」「光熱費削減度合いの低さ」「騒音問題」などが挙げられます。

エコワンはガスと電気を効率よく組み合わせてお湯を沸かせる給湯器であり、場合によってはメリットが少なく後悔してしまう人もいるようです。

一方で、「現在使用しているガス代・電気代が高い人」や「オール電化が不安な人」「床暖房と組み合わせたい人」などにとってはメリットが大きく、おすすめと言えます。

ご自身に合った給湯器を選ぶためには、予算やライフスタイルを含めた諸条件を踏まえ、各製品を比較することが重要です。

給湯器駆けつけ隊のミズテックでは、給湯器に関する相談を無料で行っています。

エコワンやその他の給湯器の買い替えで悩んでいる方は、お気軽にお問い合わせください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ