電気温水器の寿命は何年?交換目安や買い替え時の注意点も解説!

「電気温水器の寿命ってどのくらい?何年使えるの?」

普段使っている電気温水器に不具合が生じて、寿命が何年なのか気になった方も多いでしょう。

この記事では、電気温水器の寿命目安とともに、買い替え・交換の目安となるサインも解説します。

寿命かその他の不具合かを見極める手順や、寿命を迎えた電気温水器の買い替えのポイントも紹介するので、実際に寿命を迎えた電気温水器を使用中の方も必見です。

この記事が、電気温水器の買い替えについて悩んでいる方のお役に立てば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

電気温水器の寿命の目安は10年!

電気温水器の寿命

電気温水器の寿命の目安は、10年です。

15年近く使える場合もありますが、基本的には10年前後で買い替える必要があります。

また、使い始めて7年~8年が経つと、不具合やエラーが多くなります。電気温水器を7年以上使っているという方は、業者に点検を依頼するのがおすすめです。

また、電気温水器をできるだけ長く使うためには、説明書に則った正しい使い方を心がけるとともに、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。

パッキンや逃し弁などの消耗品の部品を定期的に取り替えることも、電気温水器の寿命を伸ばすことに繋がります。

賃貸マンションなどにお住まいの場合には、使用年数がはっきり分からないこともあるでしょう。そのような場合でも、続いてご紹介する5つのサインを参考にし、修理や買い替えを行ってください。

電気温水器の寿命や買い替えの目安となるサイン5つ!

電気温水器の寿命・買い替えの目安となるサイン

電気温水器の寿命目安は10年であることが分かりました。

しかし、電気温水器の使用年数が分からない場合もあるでしょう。ここでは。電気温水器の寿命や買い替えの目安となる5つのサインを紹介します。

お湯だけでなく水も出ない

お湯だけでなく水も出ない場合には、電気温水器が寿命を迎えている可能性があります。

電気温水器からお湯だけでなく水も出ない場合には、電気温水器本体や給水管の詰まりが考えられます。

経年劣化によって詰まりが生じることも多いため、電気温水器が寿命である可能性も高いです。お湯だけでなく水も出ない場合には、電気温水器の寿命を疑い、買い替えを検討すべきです。

お湯の減りが早い

お湯の減りが早い場合にも、電気温水器の寿命を疑うべきです。お湯の減りが早い原因としては、逃し弁の故障が挙げられます。

あるいは、ブレーカーが作動していたり、スイッチがオフになっていたりする可能性もあります。

お湯の減りが早い場合には、ブレーカーとスイッチを確認した上で、逃し弁を取り替えましょう。それでも直らない場合には、業者を呼んで点検・修理してもらう必要があります

このように、お湯の減りが早くなった場合も、電気温水器の寿命・買い替えを考えましょう。

お湯が沸かない・温度が低い

電気温水器の買い替え目安としては、お湯が沸かない・温度が低いという症状も挙げられます。

お湯が沸かない・お湯の温度が低いという症状は、ブレーカーやスイッチに問題がなければ、電気温水器の内部の故障によって引き起こされている可能性が高いです。

ブレーカーやスイッチを確認してもお湯が沸かない・温度が上がらない場合には、電気温水器が寿命を迎えていることも多いです。

水漏れしている

電気温水器の寿命・買い替えのサインとしては、水漏れも挙げられます。

水漏れは、経年劣化による貯湯タンクや給水管の腐食によって発生することも多いです。

水漏れは電気温水器の寿命のサインであるだけでなく、さらなる事故の原因にもなり得ます。

また、放置すると水道代もかさむため、できるだけ早く業者に連絡してください。

エラーが頻発する

エラーが頻発している場合も、電気温水器の寿命を疑うべきです。

給湯器のエラーは一時的なものが多く、基本的にはその都度解除すれば問題ありません。

しかしエラーが頻発している場合には、電気温水器本体の寿命が近づいており、不具合を起こしている可能性も高いです。

「最近エラーが続くな」と感じた方は、すぐに業者に連絡して点検してもらいましょう。

電気温水器が寿命かどうかを確認する方法3つ!

電気温水器が寿命かどうかを確認する方法3つ

電気温水器の寿命が気になる方は、お伝えした5つのサインも確かめましょう。

たとえ電気温水器が不調だとしても、寿命ではない可能性もあります。電気温水器が本当に寿命なのかを確認する方法として、下記の3点を確かめてみてください。

凍結・断水・停電などがないか

電気温水器でお湯が使えない場合にはまず、凍結・断水・停電などがないかを確認してください。

寒冷地では冬場に凍結が起こりやすいですが、凍結によって電気温水器が正常に動かないことも多いです。また、地震などの自然災害によって一時的に断水・停電していることもあります。

このような場合には、自然解凍や通水・通電を待つことで、電気温水器を正常に使える可能性もあります。

電気温水器でお湯が使えない場合には、寿命による故障なのか凍結などにより一時的に使えなくなっているかを、第一に確認しましょう。

止水栓や電源がONかどうか

電気温水器が寿命かどうかを判断する上では、止水栓や電源のON/OFFも確認しましょう。

止水栓が閉まっている場合には、電気温水器に給水することができないため、お湯も沸かせません。

ご自身で止水栓を閉めることは基本的にないかもしれませんが、念のため止水栓が閉まっていないかを確認しましょう。

また、電気温水器の電源が入っていない場合にも、電気温水器は動かないため、お湯を沸かせません。何かの拍子に電源がOFFになっていないかも、確認してください。

7年〜10年以上使っているか

凍結や止水栓・電源などを確認した上で、電気温水器の使用年数を確認しましょう。

お伝えしたように、電気温水器の寿命は10年前後です。まだ使える状態だとしても、7年~8年以上使用している電気温水器は不調・故障のリスクも高く、買い替えが必要なこともあります。

「まだ10年経っていないから大丈夫」と思っていると、突然電気温水器が使えなくなることもあるため、注意が必要です。

使用年数を確認して10年以上経過している場合には買い替えを検討し、まだ10年に達していない場合でも早めに点検をしてもらうのがおすすめです。

寿命を迎えた電気温水器の買い替え・交換のポイント3つ!

電気温水器の買い替え・交換のポイント

電気温水器が寿命を迎えている場合には、できるだけ早く買い替える必要があります。

しかし、安易に電気温水器を買い替えて、トラブルに発展したり高い費用を払って後悔したりするケースもあります。

ここでは、電気温水器交換前に知っておきたい重要なポイントを、3点ご紹介します。

マンションでは買い替え可能な給湯器をチェック!

マンション在住の方が寿命を迎えた電気温水器を買い替える場合には、まず買い替え可能な給湯器をチェックする必要があります。

賃貸マンションでは、規定によって買い替えられる給湯器の種類や貯湯タンクの容量が決まっているケースも多いです。

規定を無視して給湯器を買い替えてしまうと、あとから貸主側とトラブルに発展する可能性もあります。

そのため、マンションにお住まいの方はまず、大家さんや管理会社に給湯器が寿命で使えなくなった旨を伝えることが重要です。

使用者が故意に給湯器を壊したわけではなく、経年劣化で給湯器が使えなくなった場合には、貸主側が修理・交換費用を負担してくれます。

分譲マンションの場合にはご自身で電気温水器の交換費用を負担するケースが多いですが、設置場所や種類などに制限が設けられていることもあります。

ご自身でマンションを購入した方でも、電気温水器の交換前には必ず管理会社に連絡しましょう。

費用相場は本体価格10万円~20万円・工事費用7万円~10万円!

電気温水器の費用相場は、「本体価格が10万円~20万円・工事費用が7万円~10万円」です。

電気温水器の容量や種類によっては、相場よりも費用が高くなるケースもありますが、業者によっても費用は異なります。

そのため、相場に基づき複数の業者に見積もりを出してもらった上で、できるだけ安い料金の業者を選ぶのがおすすめです。

また、業者を選ぶ際には、料金の安さだけではなく「見積もりで提示された金額以上に取られないか(明朗会計か)」「施工技術は確かか」などもチェックしましょう。

ランニングコストを考えるならエコキュートもおすすめ!

電気温水器が寿命を迎えてしまった場合には、エコキュートに買い替えるのもおすすめです。

初期費用のかかるエコキュートですが、長期的なランニングコストを考えるとお得です。電気温水器とエコキュートを比較すると、下記のようになります。

 

設置費用

電気代

メリット

デメリット

電気温水器

安い

高い

  • ガス給湯器に比べて安全性が高い
  • 省スペース
  • 貯湯式のものは災害時の水を確保できる
  • 湯切れする
  • 水圧が低い
  • エコキュートに比べると電気代が高い

エコキュート

高い
(電気温水器の3倍程度)

安い
(
電気温水器の1/4程度)

  • 電気代が安い
  • 環境に優しい
  • 補助金がもらえることも
  • 災害時の水を確保できる
  • 設置費用が高い
  • 入浴剤の使用に制限がかかる

 

初期費用がネックとなるエコキュートですが、長期的に使うことを考えるとメリットも大きいです。

給湯器を買い替えるのが約10年に一度であることを考えると、電気代の差で初期費用の元を取ることも可能です。

電気温水器が寿命を迎えてしまったという方は、ぜひエコキュートへの切り替えもご検討ください。

寿命を迎えた電気温水器を買い替えるならミズテックにお任せ!

給湯器駆けつけ隊ミズテック

寿命を迎えた電気温水器の買い替えは、信頼できる業者に依頼する必要があります。

ミズテックは、大手メーカーの電気温水器の在庫を豊富に確保している上に、エコキュートなどの省エネ機器も取り扱っています。

ミズテック

ミズテックに依頼するメリット

ミズテックのメリット①:最短30分で駆けつけ対応可能

ミズテックは、最短30分で駆け付け対応可能です。

もちろん、土日祝も対応しております。

ミズテックの自社ですべて受付~工事を行っており、非常に早く対応できます。

ミズテックの速さのひみつ

ミズテックのメリット②:給湯器が最大91%OFF!

ミズテックでは、最大91%オフで給湯器を購入できます。

安さの秘密は「コストカット」です。仕入れから工事まで自社で行うことによって、70%コストカットしています。

ミズテック安さのひみつ

給湯器はすべてメーカーから直接仕入れており、非常に安価に給湯器を販売できます。

さらに工事は弊社の専門スタッフが行うので、仲介料0で安くサービスを提供いたします。

ミズテックのメリット③:経験豊富な技術者が対応

ミズテックに所属している経験豊富な技術者が、あなたのもとに駆け付けいたします。

ミズテックには、高度な技術と確かな経験を持った有資格の専門スタッフが多数在籍しています。

お客様アンケートでも97.3%の満足度を獲得しているように、高品質な施工技術・丁寧な対応は高く評価されています。

技術力の必要な修理も積極的に受け付けており、安心して修理を依頼できます。

まずはお気軽に、お見積りしてみてください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

電気温水器 寿命 まとめ

この記事では、電気温水器の寿命について詳しく見てきました。電気温水器の寿命目安は10年です。使用年数以外で買い替えの目安となるサインは、下記の5つです。

  • お湯だけでなく水も出ない 
  • お湯の減りが早い
  • お湯が沸かない・温度が低い
  • 水漏れしている
  • エラーが頻発する

上記のような症状が出ている場合には、電気温水器が寿命を迎えている可能性も高いので、早めに買い替えるのがおすすめです。

電気温水器を買い替える際には、料金や買い替え後の機種などを考慮して、安くて対応の早い業者に工事を依頼しましょう。

ミズテックでは、三菱やパナソニックなど大手メーカーの電気温水器を扱っており、種類も豊富です。

また、エコキュートも相場より安く購入できるため、エコキュートへの切り替えを検討している方にもおすすめです。

無料見積もりも行っているため、電気温水器の寿命が気になる方は、お気軽にご相談ください。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ