エコキュートの修理 | 修理費用の相場や故障の対処方法

「お湯が出ない」「湯量が安定しない」「お湯はりができない」とお困りですか?

エコキュートの修理費用も知りつつ、自己解決もできたら最高ですよね。

そこで今回は、エコキュートの修理費用の相場についてご紹介いたします。

自己解決する方法もご紹介するので、これを読めば無駄な工事を防げます。

早速、エコキュートの修理費用の相場について解説いたします。

LINEで簡単30秒見積もり
LINEで今すぐ料金にお答えします! 概算料金チェックもご活用ください。 LINEかんたん30秒見積もり タップで友だち追加
かんたん概算料金チェック
ご検討内容  
※多くの工事会社は料金の安い修理依頼を断り交換を促しますが、ミズテックでは修理のご相談も大歓迎です
お住まいの都道府県
お住まいの人数
ご希望の商品  
ミズテックのコミコミ価格なら修理本体+施工 ***,***円〜
概算見積ありがとうございます!
オペレーターより正式な見積を希望しますか?

    氏名
    お電話番号 ※ハイフンの入力は不要です

      氏名
      メールアドレス
      こちらより友達追加後、
      見積希望とお知らせください。
      見積希望を受け付けました!

      エコキュートの修理費用の相場と修理期間

      エコキュートの修理費用の相場と修理期間

      エコキュートが不調になった際に、メーカーの保証期間(購入後2~3年以内)であれば無償修理が可能です。

      まずは保証期間内であるか確認しましょう。

      もし保証期間外であった場合は、有償修理を検討しましょう。ここでは、エコキュート修理費用の相場・所要時間をご紹介します。

      エコキュートの修理費用の相場

      エコキュート修理費用は部品の大きさによっても相場が異なります。

      小さな部品や配管の交換程度であれば数万円程度、基盤全体・ヒートポンプ内部品の交換となると10万円以上、貯湯タンクの全体の交換であれば30万円以上必要です。

      修理箇所 費用
      貯湯ユニット内部の部分的な部品交換(三方弁、混合弁、風呂循環ポンプ 等) 約15,000円~50,000円
      ※交換部品により異なります。
      貯湯タンク 約300,000円
      基盤交換(貯湯ユニット、ヒートポンプユニット) 約50,000~100,000円
      配管交換 約20,000円~30,000円
      ヒートポンプユニット内部の部品交換 約100,000円~200,000円

      この記事には、部品代や出張代・技術費用などが含まれます。

      また、同じ個所の修理でも、機種や修理業者によって費用が異なります。

      一般的なメーカーや施工会社は、修理の相談に消極的で、売上につながる交換を勧めがちです(修理は技術力も問われます)。

      でも、給湯器駆けつけ隊(ミズテック)は、皆さまと長いお付き合いをしたいので、給湯器・エコキュートの修理も大歓迎です。高い技術力と充実の保証をそろえてお待ちしています。他社に断られた方も、お気軽にお問い合わせください。

      エコキュート修理の所要期間

      エコキュートの修理は、以下の条件が揃っていれば即日修理が可能です。

      • 故障が部品交換程度で解決する場合
      • 業者に交換部品の在庫がある場合

      修理のあとは、再びお湯を沸き上げるための時間が必要ですが、数時間から半日ほどでお湯が使えるようになります。

      部品の在庫がないと取り寄せ後の修理となるため、最大1〜2週間程度必要です。

      また、給湯器の設置から約10年程度経過している場合は、故障診断の前に、他の部品の劣化や安全性などを考慮して、給湯器の交換をお勧めする場合があります。

      【自己解決】エコキュート故障!原因と対応方法

      実は、エコキュートの故障と思われる現象の多くは自己解決でできることが多いです。

      ここではよくあるエコキュートの故障の原因と対応方法について解説します。

      症状1 リモコンにエラーコードが表示されている

      エラーコードとは、リモコン側で不具合の原因や発生所をお知らせするコード(数字または数字とアルファベットの組み合わせ)のことです。

      エラーコードが出た際は、何かしらの不具合が起きていることがわかります。必ずしも故障しているわけではありません。

      エラーコードの具体例(一部のメーカーから抜粋)

      メーカー エラーコード 内容
      パナソニック H76 リモコン通信異常、故障など
      ダイキン H37 お湯はりサーミスタ不具合など
      三菱 P37 ふろ循環ポンプ異常

       

      そのため、最初から故障したと思わずに、エラー内容を確認し、それぞれの対処法に従って冷静に対応することが大切です。

      また、エラーリセットを試すのもいいでしょう。

      1. 貯湯タンクの漏電遮断器(電源)、または、エコキュート専用ブレーカーをOFFにする
      2. 1分程経過した後、漏電遮断器、または専用ブレーカーをONにする

      症状2 お湯が出ない

      給湯器からお湯が出ないときは、詳しい自己解決方法をご参照ください。

      原因や対処法は多岐にわたります。

      「お湯が出ない」からといって必ずしも故障ではありません。状況に応じて適切に対処しましょう。

      • 内的要因による原因と対処法
      原因 対処法
      ①経年劣化などによる基盤故障 リセット操作による復旧、または要部品交換
      エラーリセット操作は、上述の「症状1 リモコンにエラーコードが表示されている」を参照
      ②温度を感知するセンサー部品の故障

       

      • 外的要因による原因と対処法
      原因 対処法
      ①配管凍結 自然解凍を待つ
      ②断水 断水計画を確認する
      ③配管の詰まり 配管洗浄をおこなう(業者対応)
      ④貯湯タンク内の湯切れ 沸き増しを実施する
      ⑤エコキュートの電源を入れてから一晩経過していない
      ⑥止水栓の閉栓 開栓する
      ⑦貯湯タンクストレーナー詰まり ストレーナーの異物を除去する
      ⑧水栓の不具合 業者に点検を依頼

      ※上記外的要因の①~⑦までは、エコキュートの故障ではありません。

      症状3 お湯が溢れて止まらない

      自動湯はりで、お湯が止まらずに溢れて止まらない場合は原因が3つあります。

      基本的には水位設定不足やお手入れ不足が原因であることが多く、自己解決が可能です。

      原因 対処法
      ①浴槽の水位設定不足 ふろ水位の再設定
      ②ふろ循環口フィルターの詰まり 異物を除去する
      ③水位センサーや基盤の故障 要部品交換(業者対応)

      症状4 水漏れしている

       

      エコキュートの水漏れ原因は以下の2通りです。

      1. 機器特有の現象
      2. 機器の故障や配管の損傷

      もし1の場合は故障ではないため、特に必要な対処はありません。ただし2の場合は、早急な対応が必要です。

      例えば以下の現象が起きていた場合は早急にお問い合わせください。

      • ヒートポンプユニット底部からの水漏れが止まらない
      • 貯湯ユニット底部からの水漏れが止まらない
      • ヒートポンプ配管やふろ配管、給水、給湯配管から水漏れしている
      • 漏水を示すエラーコードがリモコン上に表示されている

      詳しい解決法は以下の記事で解説しました。

      万が一水道料金が高く請求された場合、自治体によっては、水漏れの発生状況によって水道料金の減免措置が適用できる場合があります。

      症状5 お湯の温度が安定しない

      お湯の温度が上がりにくい・不安定と感じた場合は、まず温度設定を高めに設定しましょう。

      それでも温度が不安定な場合は、全ての蛇口やシャワーにおいて不安定なのか確かめてみてください。

      発生場所 原因 対処法
      一部の水栓(蛇口・シャワーなど) 当該水栓の故障 水栓の交換(業者対応)
      全ての水栓
      • 部品の故障
      • 温度設定の異なるリモコンの優先権を切り替えた
      • 要部品交換(業者対応)
      • 優先権を切り替えない

      症状6 異音・異臭がする

      お湯が臭う・油が混じっているのは、エコキュートの配管工事の影響です。この場合はエコキュートの使用と共に消えていきます。

      また沸き上げ運転時に、ヒートポンプユニット内部から「コンコンコン」や「シャー」という動作音が短時間発生することがあります。

      これらの作動音は、エコキュートの使用時に発生する音であり、故障の音ではありません。

      1. コンコンコンという音がする:膨張弁(冷媒ガスの流量を調整する弁)の開度を補正する音
      2. シャーという音がする:膨張弁が開くことによって冷媒ガスが流れる音

      エコキュートの寿命・耐用年数・交換時期

      エコキュートの寿命(耐用年数)

      エコキュートは、大別すると「ヒートポンプユニット」と「貯湯タンクユニット」に分かれており、それぞれ寿命(耐用年数)が異なります。

      エコキュートの「ヒートポンプユニット」の寿命は、5~15年程度です。貯湯タンクユニットより早く壊れるかもしれませんが、ヒートポンプユニットだけ交換できます。

      駆けつけ隊
      駆けつけ隊
      ただし、メーカーが交換部品を保有しているのは製造中止から10年程度です。

      エコキュートは、ヒートポンプでつくった熱湯を貯湯タンクに貯め、水で適温にして使います。その貯湯タンクの寿命は、約10~15年です。

      以上が一般的なエコキュートの寿命ですが、実際のところはご使用の頻度や設置場所の条件によって変わります。15年を超えても問題なく使えるケースがあるのも事実です。ただし、長期でお使いの場合は、エコキュートに異常がなくても、一度点検していただくことをおすすめします。

      エコキュートの交換時期

      ご利用年数が10年を超えたら、そろそろ買い替えを検討する時期です。10年を超えると、ほとんどのエコキュートメーカーから交換用の部品がなくなります。

      エコキュートは、ガス給湯器のように保守点検の目安となる「設計標準使用期間」が定められていません。ですが、貯湯タンクユニットもヒートポンプユニットも、15年が耐用年数の目安になります。

      耐用年数を超えると、故障が頻発し始めます。修理してもすぐに別の不具合が発生する可能性が高く、部品もほとんど残っていないと思われますので、故障したタイミングで交換をご検討ください。

      エコキュートの修理業者をお探しであればミズテックにご相談ください!

      給湯器駆けつけ隊ミズテック

      弊社ミズテック(駆けつけ隊)では、価格を抑えてエコキュートや給湯器の修理を承っています。

      エコキュートの故障や配管の損傷などは、その時々によって早期発見と早急な対応が必要です!

      ミズテックでは、急なご依頼でも土日祝日含めて、最短30分でかけつけ、大手メーカーすべての製品に幅広く対応。

      もしエコキュートの交換が必要となった場合も、メーカーから直仕入れを行うことで定価の80%OFFなど格安価格でご提供可能です。ご自宅に合う機器選びからお手伝いいたします。

      弊社に修理をご依頼いただく流れは、以下のとおりです。

      ①見積依頼
      無料見積のご依頼は、メール・LINE・フリーダイヤルでお申し込みいただけます。フリーダイヤルは、土日祝も休まず毎日9時から18時まで対応しております。

      ②現地調査
      現地にて、エコキュートの状況や故障箇所の診断をおこないます。メールやLINEでお写真を送っていただけますと、現地調査なしで見積りできる場合がございます。

      ③工事日程決定
      必要な部品が調達できる日を確認したあと、お客様のご都合をお伺いしたうえで工事日を決定します。工事は、土日祝でも承っております。

      ④修理
      弊社スタッフがご自宅にお伺いして、エコキュートを修理いたします。

      ⑤修理完了後にお支払い
      修理が完了したら、代金をお支払いください。お支払い方法は「現金・お振り込み・クレジットカード」からお選びいただけます。
      エコキュート修理に関する疑問や不安などございましたら、なんでもお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフが、丁寧にお答えいたします。

       

      エコキュートで起こる、故障と間違えやすい症状

      エコキュートで起こる、故障と間違えやすい症状

      エコキュートで起こるトラブルは、故障したかも知れないと思うことでも、実はエコキュート特有の現象によって故障ではないケースがあります。

      ここでは、エコキュートの故障と間違えやすい事例をご紹介していきます。

      症状1 凍結や断水などの外的要因によるトラブル

      主にお湯がでない、お湯が溜まらないなど、一見故障した?と思ってしまうケースは、断水していた、凍結していた、浴槽の栓が抜けていたなどの外的要因が潜んでいる場合があります。

      外的要因による多くのトラブルは、故障ではない可能性が高く、ご自身で対処できるケースばかりです。よくある外的要因は、上述の「症状2 お湯が出ない」をご覧ください。

      症状2 ヒートポンプから結露水が出ている

      この水漏れは、ヒートポンプが運転する仕組みに関係する結露水であり、故障による水漏れではありません。エコキュートは、深夜に沸き上げ運転をおこなうため、早朝の時間帯に結露水がみられ、時間の経過と共に乾きます。

      症状3 逃し弁から水が出ている

      水は熱を加えると温度が上昇して体積が膨張するため、膨張した分が逃し弁から排出されます。
      通常起こり得る現象であり、直接的な故障ではありません。

      症状4 お湯から油が出る、お湯が臭う

      エコキュートの配管工事を実施した際の油や臭いがお湯に混じることがあります。
      この現象は故障ではなく、エコキュートの使用と共に消えていきます。

      症状5 異音がする

      沸き上げ運転時に、ヒートポンプユニット内部から、「コンコンコン」や「シャー」という動作音が短時間発生することがあります。

      これらの作動音は、エコキュートの使用時に発生する音であり、故障の音ではありません。

      1. コンコンコンという音がする:膨張弁(冷媒ガスの流量を調整する弁)の開度を補正する音
      2. シャーという音がする:膨張弁が開くことによって冷媒ガスが流れる音

       

      エコキュートの修理に関するよくある質問

      よくある質問

      エコキュートの修理はDIYでできますか?

      まずご自身での修理は推奨しておりません。 上記「エコキュートのよくある故障!原因と対応方法」でご紹介した症状が概ねご自身で対応できる範囲であるとお考え下さい。 またミズテックや各メーカーでは、修理依頼を受けた際に、まずお客様ご自身で復旧できないかを考え、独自で蓄積している情報や経験からさまざまな方法をアドバイスさせていただいております。

      エコキュートの寿命をのばすコツを以下の記事でご紹介しています。あわせてご覧ください。

      エコキュートの寿命・耐用年数は10~15年。20年使ったら交換が必要?

      エコキュートの修理 まとめ

      ここまでエコキュートの修理についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

      基本的に