エコジョーズの交換費用は高い?相場やメリット、エコキュートとの違いを解説

「エコジョーズに交換するときの費用って、実際高いの?」

エコジョーズへの買い替えを検討しているものの、費用面が気になっている方も多いでしょう。エコジョーズに買い替える際には、費用相場を必ず知っておきたいものです。

この記事では、エコジョーズへの交換費用に加え、エコキュートの違いやメリット・デメリットも紹介します。

エコジョーズへの交換費用を抑える方法も紹介するため、エコジョーズの導入を決めている方も必見です。

この記事が、給湯器選びに悩んでいる方のお役手に立てば幸いです。

\最短30分で駆け付け!/
Webで無料相談・見積もりをする

>>お問い合わせページ

エコジョーズへの交換費用の相場

エコジョーズの相場交換費用は40〜45万円程度です。

エコジョーズへの交換に際しては、本体費用に加え取り付け工事費用、そしてエコジョーズ特有のドレン排水工事費用が発生します。

それぞれの費用相場は、下記の通りです。

  • 本体価格:20~40万円
  • 工事費用:4〜6万円程度
  • ドレン排水工事費用:〜1万円

なお、上記のうち工事費用にドレン排水工事費用が含まれているケースもあれば、含まれていないケースもあります。

工事を依頼する業者に見積もりを出してもらい、前もって確認するのが得策です。

エコジョーズの交換費用を従来型と比較すると、下記の通りです。

  エコジョーズ 従来型 差額
給湯のみ 20万円前後 13~20万円 約0~7万円
オート 30~35万円程度 25~33万円程度 約2~10万円
フルオート 35~40万円程度 30~38万円程度 約2~10万円


上記の通り性能の高い機種の場合には従来型との差額も大きいです。

一方で従来型に比べて熱効率が高くガス代を節約できるため、長期的に使用していく中で初期費用の差額分を回収する形となります。

>>エコジョーズとは何かを詳しく見てみる

エコジョーズとエコキュートの違いとは?

エコジョーズへの買い替えを悩んでいる方にとって気になるのは、エコキュートとの違いでしょう。ここでは、エコジョーズとエコキュートの性能面および交換費用の違いをご紹介します。

性能面の違い

エコジョーズとエコキュートは、使用するエネルギー源や給湯の仕組みが異なります。

エコジョーズがガスを使用するのに対し、エコキュートは電気を使用します。

また、エコジョーズは必要な時に必要な分のお湯を作る瞬間湯沸かし式ですが、エコキュートは安い深夜料金の電気で夜間にお湯を作り貯めておく貯湯式です。

その他の違いも含めてまとめると、下記のようになります。

  燃料 タイプ 大きさ 飲料として
エコジョーズ ガス 瞬間湯沸かし式 75cm程度 (省スペース) 飲める
エコキュート 電気 貯湯式 200cm程度 飲めない (非常時の生活用水としては使える)

 

交換費用の違い

続いて、エコジョーズとエコキュートの費用の違いを見ていきましょう。本体価格や工事費用の違いは、下記の通りです。

  本体価格 工事費用
エコジョーズ 20~40万円 約5万円
エコキュート 30~70万円 約15万円

 

上記の通り、エコジョーズはエコキュートに比べて費用面でも安いことが分かります。

しかし、性能も違うためエコジョーズが合っている人もいればエコキュートが合っている人もいます。

後述するエコジョーズのメリット・デメリットも参考に、ご自身のライフスタイルや予算に合った給湯器を選びましょう。

>>エコキュートとの徹底比較を見てみる!

エコジョーズに交換するメリット3選

エコジョーズとエコキュートの違いが分かったところで、エコジョーズに交換するメリット3点をチェックしましょう。

1.熱効率が高くガス代を節約できる

エコジョーズのメリットとしてはまず、熱効率が高くガス代を節約できる点が挙げられます。

従来型のガス給湯器の熱効率が80%だったのに対し、エコジョーズの熱効率は95%です。

エネルギーを再利用してお湯を作るため、同じガスの使用量でより多くのお湯を作ることが可能です。

従来型に比べてガス使用量を13%ほどカットできるため、その分のガス代を節約できます。

例えば、関東地方にお住まいで都市ガスを利用している4人家族であれば、年に6~7万円の節約が可能です。

このようにエコジョーズは、ガス代を節約したい人に向いている熱効率の高い給湯器です。

2.お湯切れの心配がない

お湯切れの心配がない点も、エコジョーズのメリットの一つです。

エコジョーズは必要な時に必要な分のお湯を作る瞬間湯沸し式タイプの給湯器です。給湯器の中には、作ったお湯をタンクに貯めておく貯湯式の製品も多く、エコキュートも貯湯式に含まれます。

瞬間式のエコジョーズであれば「貯めておいたお湯がなくなってすぐ使えない!」というお湯切れの心配がありません。さらに瞬間湯沸かし式は、外気の影響による放熱のロスも防ぎ、ガス使用量を抑えられるというメリットもあります

3.大きな設置スペースが要らない

エコジョーズのメリットとしては、大きな設置スペースが要らないことも挙げられます。

エコジョーズはコンパクトなタイプの給湯器であり、マンションのベランダなどへの設置も可能です。

エコキュートなど貯湯式の給湯器では大きなタンクおよびヒートポンプが必要となるため、広い庭を有する戸建て住宅以外への設置には向いていません。

エコジョーズは、エコキュートに比べると実に10分の1程度の大きさのため、設置スペースに困るケースは少ないです。

また、耐久性や耐食性も高く、長く使い続けられる点もメリットです。

マンションなどの集合住宅にお住まいで設置スペースが心配だった方にも、エコジョーズはおすすめと言えます。

エコジョーズに交換するデメリット3選

エコジョーズへの買い替えを行う前に、エコジョーズに交換するデメリット3点もチェックしましょう。

初期費用が高い

エコジョーズに交換するデメリットとしてはまず、初期費用が高い点が挙げられます。

エコジョーズは本体価格のみで30万前後かかるケースも多く、さらに取り付け工事費用やドレン工事費用なども発生します。

そのため、初期費用としてまとまったお金を用意しなくてはなりません。

エコジョーズ使用者は長期的に使用した場合のランニングコストによって初期費用を回収しますが、一人暮らしなどの場合には回収できないケースもあるため、注意が必要です。

ドレン排水の処理が必要になる

ドレン排水の処理が必要になる点も、エコジョーズのデメリットの一つです。

エコジョーズは製品の構造上ドレン排水が発生するため、中和器で中性化して無害な状態にする必要があります。

そのためにはドレン排水工事を行う必要があり、別途費用が発生します。

「節約したい」「面倒くさい」などの理由でドレン排水を放置すると、人体や建物に有害な酸性度の高いドレン排水を垂れ流すことになり危険です。

エコジョーズを使用する場合は必ずドレン排水の適切な処理が必要なため、導入前に理解しておきましょう。

ガス使用量が少ないと節約しづらい

エコジョーズに交換するデメリットとしては、大きく節約できるかどうかは人による点も挙げられます。

特に現在のガス使用量が少ない人の場合、エコジョーズによる節約のメリットは大きいとは言えません。

エコジョーズによる節約のメリットが大きいのは「現在お湯をたくさん使用している人」「世帯人数が多い人」です。

一人暮らしでガス使用量が少ない人がエコジョーズに買い替えても、月々のガス代における従来型との差額は小さいです。

その結果、高額な初期費用分を回収できずに終わるケースもあるため、注意してください。

>>エコジョーズは後悔するからやめとけ?

エコジョーズへの交換はこんな人におすすめ!

エコジョーズのメリット・デメリットが分かったところで、エコジョーズへの交換がおすすめな人の特徴を2点チェックしましょう。

下記に当てはまる人は特に、エコジョーズへの買い替えが向いていると言えます。

お湯をたくさん使っている人

現在お湯をたくさん使っている人は、エコジョーズへの交換がおすすめです。

エコジョーズは従来型のガス給湯器に比べて給湯効率が高いため、お湯をたくさん使っているほど買い替えがお得です。

また、エコキュートにはお湯切れというデメリットがありますが、エコジョーズであればお湯切れの心配もありません。

そのため、ガス代やお湯切れを気にせずお湯をたくさん使いたいという人に、エコジョーズは向いています。

特に、世帯人数が多く日常的なシャワーの使用量が多いという家庭であれば、エコジョーズに切り替えるメリットは大きいでしょう。

二酸化炭素の排出量も少なく省エネも実践できるため、家族みんなで環境に優しい生活を実践したい人にもおすすめです。

長期的なガス代の節約をしたい人

エコジョーズへの交換は、長期的なガス代の節約をしたい人におすすめです。

エコジョーズは従来のガス給湯器に比べて給湯効率が高く、より少ないガスで同量のお湯を沸かせます。

そのため、従来型からエコジョーズに切り替えることで、ガス代を節約することが可能です。

ただし、エコジョーズは従来型に比べて本体価格が高く、初期費用がかさむ点がネックです。長期的に見るとガス代の節約につながるものの、予算などの関係で高い費用を捻出できないケースもあるでしょう。

想定使用年数や予算なども考慮し、長期的な節約の恩恵を受けたい場合には、エコジョーズがおすすめです。

なお、光熱費を節約する上ではエコキュートに買い替えてオール電化にするという選択肢もあります。

ただし、エコキュートはエコジョーズ以上に初期費用がかかる点には注意が必要です。

また、リモートワークで日中家にいて電力を使う場合は、深夜料金に比べると節約しづらいです。このような点も考慮し、ご自身に合った給湯器を選んでください。

 

エコジョーズの交換費用を抑える方法2選

エコジョーズは初期費用が高いため、できるだけ交換費用を抑えたいものです。

ここでは、エコジョーズの交換費用を抑える2つの方法をご紹介します。

工事費込みで安い専門業者から購入する

エコジョーズを安い費用で導入するには、専門業者を利用し工事費込みの安い価格で購入するのがおすすめです。

給湯器の価格はメーカーごとに異なるだけでなく、提供する業者によっても変わります。

また、給湯器の交換には本体価格に加え、古い給湯器の撤去費用や新しい給湯器の取り付け工事費用が発生します。

給湯器専門業者の中には、メーカーから直接給湯器を仕入れており、工事も自社で行うことで安く給湯器を提供できる業者も存在します。

一方で、見積もり時に工事費込みの価格を提示せず、あとから高額な費用を請求する悪徳業者もいるため、注意が必要です。

エコジョーズを購入する業者を選ぶ際には、費用の安さはもちろん、工事費込みの価格を提示してくれる明朗会計の業者を選びましょう。

費用が安く施工まで一貫して行ってくれる優良業者であれば、疑問点が生じてもすぐに解決できるので安心です。

複数の業者で見積もりを比較して購入する

エコジョーズの交換費用を抑えるためには、複数の業者で見積もりを比較してから購入することも重要です。

既述の通り、工事費用込みでコストが安く明朗会計の業者を探すことは非常に重要です。

少しでも費用を抑えるためには、複数の業者に見積もりを出してもらい、比較するのがおすすめと言えます。

一社だけで即決してしまうと、契約してから「もっと安い業者があったのに…」と後悔する可能性もあります。

エコジョーズへの買い替えを行う際には、複数の業者の費用を比較し、吟味してから契約を行いましょう。

>>エコジョーズでの補助金まとめ

エコジョーズの交換費用を安く抑えるならミズテックにご相談を!

「エコジョーズへの交換を考えているけれど、どこに頼めばよいか分からない…」
「初期費用の高いエコジョーズだから、できるだけ安い費用で購入したい…」

上記のような悩みをお持ちの方は、給湯器駆けつけ隊のミズテックにご相談ください。

ミズテックは20,400件以上の施工実績を誇る給湯器専門業者であり、さまざまな種類の給湯器を豊富に取り揃えています。

ノーリツ・リンナイという大手メーカーの正規販売店であり、大手ならではの人気商品を特別価格でご提供できます。

施工まで自社スタッフが責任を持って行う点も安心でしょう。

また、最短30分の訪問が可能であり「できるだけすぐに新しい給湯器を取り付けたい!」という方にもおすすめです。

見積もりは無料で行っているため「まずは価格がどのくらいなのかを知りたい」「他の業者と比較したい」という方もお気軽にご相談ください。

エコジョーズ 交換費用 まとめ

この記事ではエコジョーズの交換費用について詳しく見てきました。

エコジョーズの交換費用は従来型のガス給湯器に比べると高いですが、ガス代を節約できる点がメリットです。

また、エコキュートに比べると初期費用は安く、お湯切れの心配がない点などが強みです。そんなエコジョーズをできるだけ安く導入するためには、業者選びも重要です。

エコジョーズへの交換費用を安く抑えたい方は、ミズテックにご相談ください。

メーカーから給湯器を直接仕入れており、格安価格でのご提供が可能です。見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
ページ上部へ